hiroko

web新のプロ格雑感101205(IGF、SMASH、佐々木信治、HIROKO)

<笑う準備をして猪木を見るな!>
パチンコ店のイベントに猪木が出向く際には、"猪木氏に対して軽率な対応は厳に慎むように"との応対マニュアルが店員らに配布されるらしい。

自尊心が人一倍高いであろうにもかかわらず、そのキャラの立ち具合から一般人に笑われることも少なくない猪木であるから、その取り扱い要注意となるのは当然だろう。

そんな猪木がIGF興行では笑いの的になってばかり。一昨日の大会でも、シンとの絡みが大うけ、いや小うけだった。

ピストルで狙撃されたという小芝居を打つくらいだから、笑いが起こることを前提でやってはいるのだろうが、私にはどうも観客の"眼差し"がしっくりこない。最初から猪木を笑ってやろうと構えているように思えてならないのだ。

IGFの会場に足を運ぶ彼らにとって、猪木とはどのような存在なのだろうか?



<マニアのおかげで成り立つプロレス 『SMASH.10』スカパー観戦記>
サムライで『SMASH.10』のTAJIRIvs.スターバックを見た。

私はこのタイトルマッチが組まれた経緯を知らないので、どう見ればこの試合を楽しめるのか分からないままに試合を観終えてしまった。

楽しめなかったのは、予習をしなかった私が悪いのか?いや、予習なしの観客にとっても楽しめるのが大衆娯楽だろう。私はそう思う。

また、試合後には別の外国人選手が乱入し、客席からはブーイングが飛んでいた。ここはブーイングするところですねとしたり顔したマニアのブーイングが。

かつてのプロレスはそうではなかった。爺さんも婆さんも、父ちゃん母ちゃんも、ちびっ子たちも、みんな本気になって悪役を怒っていた。昭和のプロレスはそれだけ迫真のエンターテイメントだったのだ。

マニアのおかげで成り立っているようなプロレスは、大衆娯楽とは呼べないシロモノだ。いつまでこんな三文芝居を演じ続けるつもりなのだろうかと首を捻るばかりである。



<プロ選手たちのブログやツイッター>
今の時代、ブログやツイッター等、個人で手軽に情報を発信できるツールを使っているプロ選手は多いが、有効活用している選手は決して多くはない。

特に目立つのが、郷野のように身内や太鼓持ち系ファンとしか交流しない選手。ちっぽけな満足感に浸るばかり。

あとは、格闘技マニア向けにしか発信していないタイプ。例えば、修斗環太平洋ウェルター級王座決定戦が決まった佐々木信治のブログ。佐々木は対戦相手について以下のように記述している。


タイトルマッチ

児山選手は同じインスピリットの選手で、普段は会うとよく話しもする仲ですが試合が決まった以上は思い切りぶつかりたいと思います。


“同じインスピリット”ってどーゆー意味よ?両者ともにインスピリットというグッズ販売会社にスポンサードされているという意味なのだろうが、これを一般の人が見たら同門対決だと勘違いするよ。

一般的には無名の選手のブログなんてどうせマニアにしか読まれないだろうと言われればそれまでだが、自ら天井を低く設定するのは残念なこと。

佐々木は私も以前から注目している有望株だけに、外の世界にも目を向けて欲しいと切に願う次第(セクシ山以上の色気を醸し出している佐々木信治をweb新が紹介したエントリーはこちら→ 『DREAM1』の裏側で 修斗・大阪大会)。



<米国に羽ばたくジョシカクの女王>

女王様HIROKO、大物の初戦相手に気合

皆様はHIROKOをご存知か?

日本女子格闘技界重量級の女王と呼ばれる大型ファイターだ。重量級とは言え容姿も端麗で、web新にとっては長野とか風香よりもよっぽど好み。

そんなHIROKOが今月17日に開催される『ジュエルス』というジョシカクイベントで大一番に挑む。相手はなんと北京五輪女子レスリング63kg級銅メダリストのランディ・ミラー。

ジョシカクの世界で、これほどの外敵が未だかつて存在しただろうか?(詳しくないので、他におりましたら教えてください)

しかもミラーはこの試合が総合デビュー戦なのだから、HIROKOにとっては絶対に負けられない試合になる。

イロモノの極みであるジョシカクが、社会的欲求をパンパンに満たしたオリンピックメダリスト(しかもデビュー戦の)と試合をするわけだから、ここでHIROKOが惨敗でもしたら、ジョシカクのステータスは大暴落するだろう。

また、HIROKOはこの試合を米国進出の足がかりにするとの意気込みを語っている。レスリング米国代表のミラーもプロ転向するくらいだから、米国の女子格闘技熱は高まりつつあるのだろう。

ここはしっかりと勝利し、2011年には全米デビューと羽ばたいてほしいと思う。



》web新のTwitter

web新のプロ格雑感100817

<SRCの希望の星になれるか!?高木健太>
22日のSRC14で行われるウェルター級GP1回戦としてのヤスベイ榎本戦を控えた高木健太の活きの良い発言に注目。



「最低1分以内で倒す。ベストは踏みつけで病院送り」

「ヌルい。和田(拓也)の試合とかホントに見ててお客さんから金取れない」

「SRCはスターがいないし、華もないのでオレがなる」

「優勝してチャンピオンになって、DREAMウエルター級も乗っ取ってやりたい。ウエルター級の日本人は誰もいないんでオレがやるしかない」

スポナビより)



これは非常に楽しみな選手が登場してくれた。競技の世界に逃げ込まないスタンスが好印象。

彼が言うとおり、6月に先行して行われた同GP1回戦で勝利した和田拓也の試合は本当に退屈だった(顔自体も健忘症風味で退屈)。満足度に応じて客が料金を決める温泉宿があるらしいが、和田の試合には100円ですら払いたくない気分だよ。

退屈な選手はこれ以上増えて欲しくない。よく見るとパ・リーグの選手みたいな名前の高木健太だが、その名に反してド派手な試合を演じていただきたいものだ。




<KG改め朱里>
ハッスル時代はKGとして活躍していた朱里。現在はSMASHという新団体で活躍しているようだ。

KG時代は無味無臭で、気になる存在ではなかったが、オフィシャルブログを見る限りではやっと色が出てきたかな?といった感じ。

何でも彼女は日本人とフィリピン人のハーフだそうで、確かによく見るとエキゾチックな顔立ちをしている。

ちなみに父と母のどちらが日本人なのかは知りませんが、乳はかなり小さいようですね。




<郷野聡寛の失態>
減量中だけに血液が脳に回り切らずの失策か!?

総合格闘家の郷野聡寛(35)が、「英会話教室で一緒だった素敵なお姉さん」(本人談)が経営するチーズケーキ店をおススメ店として自身のブログで紹介したところ、サーバー移転済みの旧サイトへのリンクを貼ってしまうというとんだ失態を演じてしまった模様です。



試合の向こう側
(文系総合格闘家 郷野聡寛オフィシャルブログ)



また、紹介したチーズケーキ店は現在休業中であり、それにも関らず強〜〜〜引におススメするあたりに郷野選手の下心が垣間見えるような気がしてなりません。




ところが、この女経営者。近頃レイキとかヒーリングに凝っているようで(苦笑)、ブログにこんなことを書いてます。


マヤ暦や、ヒーリングをするようになってから、シンクロや流れを感じることがとても多くなりました。

一つは・・

小さなネットブックが欲しいなぁ〜・・って考えていたら

友人がゴルフのコンペで優勝して、ネットブックよりも更に少しグレードアップした小さめの同じブランドのソートパソコンをゲット!

要らないからあげるよ・・!と!

ラッキー@^^@

もう一つ、最近月のパワーを取り入れた女性だけの集まりを考えていたところ、昔仲良かった友人にも連絡が取りたいと思っていると、

偶然にも3人に10年ぶり?15年ぶりの友人にばったり出会ったり、

バス停で待っていたお婆さんとお話をしていて、タクシーに乗るつもりだったので、仲良くなったついでに乗せて行ってあげたら、実は母のお店に来ていた昔の常連さん

面白い事が沢山ありました。

話せばまだまだ沢山ありますが、今日はこの辺で・・^^




うわ〜ん、怖いよ〜!!!

私も実生活上でその類の女性と関わったことがありますが、真剣に話されるからこちらとしては笑いを堪えるのが大変。この真剣さは私を騙すための演技なのか、それとも本気でレイキとか信じ切ってるのか等と思い巡らせていると、ついつい顔が笑ってしまいますからね。





<HIROKO>
身長180僂離献腑轡ク選手がいたとは驚き。

HIROKO、レスリング五輪銅メダリストとヴァーリトゥードマッチ

私はHIROKOが単なるでくのぼうではないか?とうがった見方をしてますが、同じく考えている人も少なくないはず。

今度の試合で真価が問われるでしょう。





》北朝鮮とも繋がるweb新のtwitter
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ