RiSE

日菜太‐キシェンコ戦に見た、これからの格闘技興行モデル

日菜太がキシェンコに勝利したことは、日菜太の実力を考えれば金星扱いするほどのことではない。

金星を与えたいのは、この試合を実現したRISEだ。

K-1が海外の投資家から資金集めをしないと立ち行かなくなるという不安定な情勢の中で、これからの格闘技興行はメインイベンターの総取り方式にシフトすべきで、今回のRISEはその先進的モデル興行だったと言える。

先が見えない状況では、なるべくリスクの少ない興行を打たねばならない。

ローリスク興行とは、経費をかけない興行のこと。小さい会場、必要最低限の有名選手起用。

そして収益性を上げるため、PPVの売り上げに重点を置くことが重要。どうせドームやたまアリのような大会場で開催できないならば、どこの小会場で開催してもチケットの売り上げはたかが知れている。

ならば、安い料金のPPVで数を稼いではどうかと言う提言。

今では3,150円が定番となっている格闘技のPPV料金だが、かつては525円なんて格安のPPVもあった。

そこで日菜太vs.キシェンコの実質ワンマッチ興行をPPVで放送した場合だ。私は525円では安過ぎると思う。1,050円でどうかと思う。

生で日菜太vs.キシェンコが見れるのだ。1,050円でも安いと思わないだろうか?

まぁ、ライトなファン層にもPPV購入していただかないと薄利多売が成り立たないので、メイン1本ではなく、若手の前座2〜3試合とTATSUJIクラスが登場する
セミファイナルを加えよう。

これを高いと言うような奴は、K-1ファンを辞めた方が良い。何の役にも立たないファンは、お客様にはなれないのだ。

キシェンコに80kg級大会参戦のススメ

本日開催のRISEでキシェンコと日菜太の試合が行われるが、この試合は71kgの契約体重で行われるらしい。

キシェンコも日菜太もMAXの中では大型の部類に入るから、70kgで行うよりも良いコンディションで試合に臨めるのではないかと思われる。

たぶん、2人とも通常体重は80kg近いか、もしかすると80kgを超えているかもしれない。

80kgと言えば以前に谷川EPが、Krushで80kg級のトーナメントが行われる予定がある旨のツイートをしていたのを見かけたことがあるが、もしそれが実現したならば、私はキシェンコを出場させたい(佐藤嘉洋でも構わない)。

だからと言って何もキシェンコに通常体重で80kgトーナメントに出ろと言うのではない。ベストの動きができる体重(71〜75の範囲と思われる)で出場して並みの80kg級ファイターらと戦えば、普通にキシェンコが勝つのではないかと思う。

そうなれば、一般的に退屈なファイターに見られがちなキシェンコ(※)の商品価値が見直されることになると思うのだ(※試合内容よりも世界のトップファイター同士が試合をするという“K-1パッケージ”を眺めているだけの一部のK-1ファンにとっては何が退屈なのかも解らないだろう)。

80kg級に放り込まれたキシェンコは、そのスマートな肉体とファイトスタイルが際立つ。そして冷たく勝利するその雄姿を見た観客は、改めてMAXのレベルの高さを認識することになるのだ。

逆に80kgトーナメントの意義が問われないかという懸念も出るかもしれないが、そんなことはない。70kg級のファイターに負けてしまうという現実を直視するところから始めればそれで良い。

実力が伴わないスタアを捏造するなんて作業はもう必要ないのだ。完全実力派のキシェンコが、80kg級という新天地でスタアの素養を身に着けてしまうという思わぬ副作用が生じても面白いとは思わないだろうか?



》web新のツイッター

R.I.S.E.は面白い

4月に聖地・後楽園ホールに初進出するR.I.S.E.という新興格闘技イベントはなかなか興味深いカードを組んでくれます。また、R.I.S.E.出身のTATSUJIや尾崎がMAXで活躍したように、ここで活躍する選手の視界にはK-1出場が見えており、それが戦いの熱源になっているのは間違いないでしょう。このイベントの位置付けは総合格闘技で言えばDEEPみたいな感じでしょうか。

私が最も注目している選手はやはりMAX出場を常々口にしているが行動がイマイチ伴わない須藤信充です。行動が伴わないと言うのは、軽重量級の試合に出場したりしてMAXの階級に照準を絞っていないからです。元々は60垉蕕料手なのだから、余計な色気を見せずに打倒・魔裟斗に専念してほしいと思います。今回の龍二戦は宣言したとおりのKO勝利が最低条件でしょう。

全日本キックミドル級王者・TOMOとの対戦が組まれたマグナム酒井は、何年か前に某大会で私と同じトーナメントにエントリーしたことがあり、順当に行けば私と準決勝あたりで対戦するはずでしたが、私が体調不良により1回戦勝利後に棄権して実現しませんでした。今回のTOMO戦はK-1ライトヘビー級参戦への試金石になるでしょう。

メインに登場するロバーツは、かつて某アマチュア大会決勝で対戦した私の同門K氏の顔面をハイキックで破壊しました。

他にも久々の格闘技戦復帰となる村浜の戦いぶりとか、今回はカードがくまれていませんが青柳の試合後のダンス等、見所が多いR.I.S.E.です。K-1に新階級が設置されたことで戦いの場が広がり、キック系の選手はモチベーションが上がっていることでしょうから、自分が開拓者になるつもりで面白い試合をしてほしいと思います。

ガックリ・・須藤、MAX参戦見送り

どうかしてるよ、まったく。なんで須藤がMAXに出ないの?表向きは「4階級制覇の方が魅力的だった」とのことだけど、いったい裏で何があったのか?条件面での折り合いが付かなかったのか?本当は魔裟斗VS須藤が組まれるはずだったのが、魔裟斗の不出場で流れたのか?

魔裟斗戦が組めないならば、他の誰かを相手にワンクッション置いてもいいじゃない。須藤がいるMAXの風景だけでも刺激的だよ。

まったくファンのニーズを解ってないよ、FEGは。K-1の原点は「どっちが強いか?」「誰が最強か?」だったはず。

須藤は「俺の方が魔裟斗より強い」と公言してはばからず、しかもRISEで着実に実績を積み重ねてきたんじゃない。なのになぜ・・・?

ところでこのRISE80キロトーナメントですが、参加選手の顔ぶれを見ても知らない顔ばかり(失礼)。とは言えど体格的には須藤が圧倒的に不利。

この重量級の舞台で須藤は輝けるのか?須藤のMAX参戦は今が旬だと思うんだけど。本当に惜しい。惜し過ぎる。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ