PRIDE武士道

三崎がフィリオに負けて、、、でも肩車されて???

51a97a72.jpgここ最近は職場の同僚が録画したDVDを借りて観ることに甘んじているPRIDEですが、今回の武士道も多分に漏れず今朝DVDを借りました。

早く帰宅してDVDを観たいな〜、間違っても関連ウェブサイトを見て結果を知ってしまうことがないように〜と、赤鬼青鬼も踊り出すほどに心浮かれて仕事していたのですが、お昼休みにもう体が覚えちゃってるんでしょうね。無意識にスポナビを開いてしまいました。

その瞬間、私の目に飛び込んできたのは、三崎が肩車されている姿でした。

三崎が優勝したんだぁ・・・

この日最も知ってはいけないことを知ってしまったようです。

でも、そこは典型的なB型のオプティミストな私ですから、トーナメントの結果は知ってしまえど、三崎がどのように勝ったのか、また、ワンマッチも面白そうなカードが揃っているからとプラス要素だけ考えるように気分を転換しました。

で〜、ただいま帰宅してDVDを観てるのですがぁ〜、

三崎、速攻で負けてるじゃん。。。

ちょっと整合性が保てない〜、頭の中が混乱系〜、みたいな。とりあえずDVDを観続けてみます。って言うか観るしかないでしょ。

※画像はパウロ・フィリオ

HERO'Sミドル級と武士道ライト級

シリーズ化したこの話題ですが、赤蠍さんからコメントが寄せられました。表面的な事象で判断し、武士道>HERO'Sというイベントの格付けをされがちな世論(と言うか私の私論)に警鐘を鳴らすご意見です。

まずもって赤蠍さん、コメントありがとうございます。

さて、私はK-1とPRIDEのどちらを愛しているかと聞かれたらK-1と答えます。K-1を愛しているからこそ苦言ばかりになってしまいます。

が、ここ数年はPRIDEの方がはるかに面白いと感じてます。

自分の中では、かつて同じジムにいた川尻選手や石田選手が武士道で活躍していることへの羨ましさ、K-1(HERO'S)の大会運営のダメさ加減が入り混じり、ダメだし記事ばかり書いてしまいます。

言われてみると、HERO'SにはKID、須藤、宇野、ヤヒーラ、メンジバー、カルバンら強豪が揃いました。あとはこれだけの素材をどう料理するかです。このへんがどうもHERO'Sは下手糞な気がします。

赤蠍さんからの別のご指摘で、体格的に不利で勝算が低くとも高額なギャラをもらってHERO'Sミドル級のオファーを受けた軽中量級の選手(所、高谷ら)の判断は責められるべきものではないというコメントをいただきました。

たしかにKIDの成功例がありますから、少ないチャンスにかけることは間違いではないでしょう。

ただ、例えば須藤と高谷がゴング前に対峙するシーンを見ると、どう見ても高谷が勝てそうもないほどの体格差、オーラの違いが伝わってきます。試合内容にしても、先にコメントをいただいた「い」さんは高谷が中盤までは攻勢だったと指摘されましたが、私の見方としては逆に須藤の懐が深かったと感じました。

現実的にはミドル級未満では大きなイベントがないわけですから、選手の金銭的・社会的欲求を考えれば、本来の階級よりも重い階級に出場することは致し方ないので、であればKIDのように2階級上の選手を倒すだけの技術、体力を養って試合に臨んでほしいと思います。

昔からの常連さん以外にも、「い」さんや赤蠍さんのように私の記事をチェックしてくれている方々がいる、しかも内容について見識のあるコメントを寄せてくださる。今後はより一層ブログの更新に精が出ます。

なんじゃこりゃ!HERO’ミドル級。一方、武士道ライト級は・・・

KIDの離脱によって興醒めした感が強いHERO'Sミドル級。

加えてKIDに勝ち逃げされた形の須藤も欠場。大晦日には中途半端な状態でTKO負けし、並々ならぬ復讐心を抱いていただろうに、戦う意欲も失せたのだろう。また、この出場メンバー8人の中の一人に加わるのを嫌ったか。自身のステータスをも貶めかねないと。

それにしても本当にひどい面子です。まぐれ勝ちした総合グリーンボーイのマンバ、そのマンバに負けたが敗者復活した所、昨年のトーナメントで須藤に格の違いを見せつけられた高谷、変則マッチでやっとKIDと試合になった安廣。

う〜ん、、、出場メンバーの一人、元“メジャーリーガー”の宇野が可哀想な気がしてきました。

所もなんだか人気が出ましたが、フランカ・ノゲイラにまぐれ勝ちしただけのバブル人気じゃない?風呂なしアパートに戻る日も遠くはない?メンジバー戦で真価が問われるでしょう。

一方、出場選手といくつかのカードが発表されたPRIDE武士道ライト級は猛者揃いって感じ。帯谷の鋭い眼光におじさんの子宮がキュンとしちゃった!(え?)ただ、青木と日沖(←何者?)を含めて世界王者トリオってのは言い過ぎな気がしますけど。

五味、マッハ、川尻、石田は絶対に面白い試合になりそうだもんなぁ。ぐだぐだ判定になる見込みが極めて少ないというのは強みですよ。

HERO'Sは彼らを向こうに回して「世界最強王者決定戦」と銘を打つのはいかがなものか?70キロ級と85キロ級を同時開催するHERO'Sと武士道はどうしても比較されてしまいます。誰がどう見ても劣勢な(特に中量級)HERO'Sに出場する選手に奮起を促したい(なんだ?俺は主催者か?)。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ