魔裟斗

武尊のスタア街道お膳立て

魔裟斗復帰戦とRIZINを特集した、週刊プロレス増刊号の格闘技通信を立ち読みした。注目していたHIROYAvs.ウィッキーを見たら、記事は1ページだけ。武尊の何てことない消化試合の半分だった。これは、間違いなく主催者の意向。とにかく武尊を売り出したいのだ。格闘技記者だって、本来ならば武尊の試合よりHIROYAvs.ウィッキーにページ数を割く価値があるのは解るはずだから。

また、武尊は、関根勤の口利きで、フジテレビ『正直ちい散歩』というロケ番組に出演したらしい。関根勤が格闘技界に貢献してるつもりになってるのは悪いことではないが、そこまでお膳立てしてもらった武尊が、果たして魔裟斗の何分の一の知名度を得られるだろうな?

それを数値で表すことはできないが、感覚的に数十分の一レベルではないかと思う。

かつて、K-1MAXのテレビ中継があった翌日には、職場で誰かには必ず声を掛けられた。

「魔裟斗はすげーな!」

そんな風に武尊が扱われるところ、皆さんは想像できます?正直、できませんよね?

根本的に、武尊はアスリートとしては極めて優秀なのだろうが、人としての魅力が乏し過ぎる。何かをやってくれそうな期待感を抱けないのだ。

新生K-1の軽量級王者。それ以下でも以上でもない。ただ、それだけ。

魔裟斗のように枠からハミ出る存在にならないと、スタアとは呼べないのだ。敷かれたレールの上を走るだけなら馬鹿でもできる。

武尊のライバルはトーマスってことだ。それで良い。

魔裟斗、一夜限りの復活について

魔裟斗vs.kidは、nasneで予約して元旦に視聴しました。

事前に他のサイトから得ていた情報は以下のとおり。

・14ozグローブ使用

・KIDがUFCと契約中のため、エキシビジョン扱いで、大っぴらに宣伝もできない。

魔裟斗vs.KIDはエキシビジョンマッチ扱いと知っても、私は愕然とはしませんでした。そもそも、魔裟斗が一夜限りの復活するというテレビショーとして行われるワンマッチですから、公式なものではないのは当然のことだからです。

で、実際に録画視聴してみると、KIDは上着を着て試合をするし、会場からは格闘技特有の熱が全く伝わってきませんでした。

壮大なエキシビジョンマッチ。サッカー選手がゴールの的を目掛けてボレーシュートを成功させるアトラクションの豪華版といった雰囲気でした。よくこんなもののために魔裟斗は半年間もモチベーションを持続して練習を続けてこれたものだと感心しました。よほどテレビへの露出が好きなのでしょう。というか、それが彼ら芸能人の生命線なのです。

この魔裟斗vs.KIDを見て、格闘技はゲームではなく、ファイターの生き様を観るものだと再認識しました。テレビ視聴率のためにお膳立てされた格闘技では、次に繋がることも皆無で、生き様を見ることは不可能。面白くもなんともなかった。最後はダウンを一回奪った魔裟斗が判定勝利したが、最後はどう締めて良いものかとリングアナもしどろもどろになっていた。全く意義のないことなのだから、締めるもクソもないのだ。

ただ、魔裟斗は強かった。誰もが魔裟斗に復活してもらいたいと思ったはずだ。魔裟斗は「リングに立つことは二度とない」と言っていたし、70kg以下に落とすのも極めて困難なのだろう。

どうせやるならば、UFCに縛られたKIDではなく、HIROYAを相手にした真剣勝負をやるべきだった。しかし、これはあくまで格闘技側のものの見方。テレビ視聴率戦争とは畑違いである。

RIZINに一度出たきりで終わるだろうキックボクサーと同じ。次に繋がることをしないとダメなんです。

まとまりなくてすみゃんせん。



web新の格闘ウィークエンダー

<魔裟斗EPの総括>
K-1公式サイトより(めんどうくせえし、見る価値も無い糞サイトだからリンクは省略)。

ミルコ・クロコップ VS. ランディ・ブレイク
ミルコ選手は相変わらず強いし、また会場の人気もありました。ただ、あのダウンはミルコ選手が気を抜いた事から生まれたと思うし、ダウンはダウンです。試合中は常に相手から目を離してはならないし、気を抜くべきではないとは思います。


色んな意味で残念な総括だな。

決勝トーナメントは盛り上がるかな?初戦でサメドフがミルコを劇的にKOするくらいの展開が求められる。



<SB違い>
琴奨菊、SB内川&松田に奮闘約束

大関がシュートボクサー相手に奮闘を約束するだなんて,シュートボクシングも出世したものだと思ったがSB違いでした。



<視聴者を会場に誘導する>
しばらく前にテレビの歌番組で,SKEだかNMBだか忘れたが,本来劇場でしか披露しない曲を歌ってるのを視聴した。昔で言えばおニャン子クラブの会員番号の歌みたいな曲だったのだが,軽妙なテンポで,視聴していて楽しく,一度劇場へ足を運んで生で見てみたいなという気持ちになった。

数年前まではテレビ中継があった格闘技界も,その当時に視聴者を会場へ誘導する工夫をしておけば良かったのにと思うが,もう後の祭りだ。逆にテレビの格闘技中継で流すべきでないグダグダ試合を垂れ流し,視聴者を会場に呼ぶどころか,格闘技ファンや〜めた!って人を増やしただけだった。

この先,外国資本で番組を枠買いするチャンスを得られるようなことがあるならば,過去を反省し,惰性で試合を垂れ流すだけの番組作りはしないで欲しい。

『格闘技オンエアバトル』とかどうだろうかね?




》web新のTwitter

魔裟斗、コラっ!

沈みかけた船から逃げ出すタビネズミのようにK-1を引退し、芸能界入りした“反逆のカリスマ”魔裟斗。

彼はK-1が廃れた後でも自身に商品価値が残るとでも思っていたのだろうか?

役者として使いものにならないのは言うまでもないし、S-1スポーツでのスポーツキャスター役も未だに板の付かず、各スポーツ界の重鎮らに囲まれてアップアップする姿が痛々しい。まるで稲作が終わり用水路の水が無くなったせいで、水たまりで酸欠死を待つばかりのタナゴやモロコのようだ。

顔もカイデーだし、時に発汗がハンパないし(参考)。

魔裟斗の売りってなにぃぃぃっ!?





≫web新のTwitter

佐藤嘉洋の使命はK-1の新ジャンル開拓

惜しいところで、今年も優勝を逃した佐藤嘉洋。

ここで佐藤批判をしたら悪人扱いされそうだが、面白くなかったものを面白いとは言えない。

正直、私は佐藤のMAX制覇にはもう付き合えない。と言うか、MAX制覇にどれだけの価値があると言うのか?

PPVを録画したものを再生して、決勝戦を見ているが、この白けたムードは何だ?会場も静かだが、選手もお通夜に参列するような顔しやがって。

いや面白かったよ、観客も熱狂していたよと言う人がいるならば、魔裟斗とクラウスで争った決勝戦がどんな状況だったかを思い出して欲しい。

ファンが乗れない現在のK-1MAX。

そりゃそうだ。MAXは魔裟斗のために作られたカテゴリーであり、その魔裟斗が抜けた今となっては存在価値など無いに等しいのだ。

佐藤には新たな道を歩んでもらいたいと思う。

まずは、70kgまで落としたガリガリの体を何とかして欲しい。あの体型は一般的に受け入れられ難い。

ならば、もっと重い体重で試合をしてはどうか?

事実、佐藤は、MAX制覇の条件付きではあるが、80kg級の試合に臨むことも視野に入れているとのツイートをしていた。

魔裟斗の後追いはもうやめて、K-1のライトヘビー級を開拓することに身を捧げてみてはいかがだろうか?

ルールブックでは85kgと規定されているK-1ライトヘビー級だが、もし佐藤が80kgまでが増量の限界だと判断したならば、ルールブックを書き換えさせれば良い。

かつて魔裟斗が試合中にルールブックを“書き換えさせた”結果、自身が被害者となった形の佐藤だが、今度は己の魅力でK-1を動かせば良いだけの話だ。

軽重量級の夜明けは、洗練された-70kgに比べて泥臭い試合の連続になるだろうが、だからこそ佐藤の魅力が存分に発揮できる場になると思うのだ。

皆さんはいかがお考えでしょうか?来年も-70kg制覇にチャレンジする佐藤嘉洋を見たいですか?




》web新のTwitter

魔裟斗の向こう側

いよいよ明日に迫ったK-1MAX決勝大会ですが、話題はトーナメントではなく、石井慧に集中しております。

何せ、対戦予定だったナンセンがドタキャンし、急遽、柴田勝頼戦が組まれることになったのです。

ナンセンの欠場は、表向きは体調不良とアナウンスされるのでしょうが、実際にはギャラ交渉の決裂じゃないですか?豪州の無名キックボクサー如きに足元見られやがって。情けない。

誰が悪いって、泉のバカですよ。柔道銀メダリストに総合ルールで勝利したっていう箔を付けてしまった罪は大きいよ。

試合内容も大切だけど、それもケースバイケース。プロ選手は勝ち負けの重みってものをしっかりと考えるように。自分に黒星が一つ増えるだけじゃ済まないの。日本の格闘技界に響いてくるの。

解ったか?この馬鹿野郎。


------------


で、柴田です。

プロレスラーですから、もちろん応援したいですが、勝つ姿を全く想像できない自分がいます。

打撃で突破しようにも、圧倒的な体格差・体力差で跳ね返されてしまうだろうし、寝技になったら毎度毎度のダッチワイフでしょう。

そんな柴田に、『別冊・プロレス昭和異人伝』のshingolさんからアドバイスが!

・柔道の選手は徹底的に組もうとしない相手に、強引に組み付くアタック技術は無いので、もう組む事を徹底的に避けて欲しい…

・柔道家が裸体の相手に、強引に組み付くときは、殆どオーバーハンドで脇マルアキで首に組み付いて来ます。その時、すかしたら逆に柴田も倒せる…

おかげさまで「どうせ柴田が負けるだろ」くらいにしか思っていなかったこの一戦の楽しみ方が分かってきました。

グラップリングの上級者であれば、shingolさんと同じように考えてる人は少なからずいることと思いますが、我々のような素人にも解り易く伝えてくれる存在はshingolさんだけ。ここが重要ですよ。

そんなshingolさんが書き綴る『別冊・プロレス昭和異人伝』は、世界最高のプロ格ブログと呼んでも異論はないでしょう。


------------


石井の陰に隠れる形になってしまったK-1ワールドMAX決勝トーナメント。

私は今回は地上波中継で済まそうかと考えていましたが、Twitter上で佐藤嘉洋の意気込みを聞き、PPVでしかと見届けようという気持ちになりました。

その意気込みとは、MAXを連覇した暁には、世界のベルト、そして80kg級の試合までも視野に入れて活動の場を広げていくというものでした。

近頃はK-1ファイターになることがゴールだと考えてるような低次元のキックボクサーが少なくないように思いますが、佐藤はK-1で優勝することすらも通過点なのです。これに乗らずにはいられないでしょ。

確かに佐藤が正解。だって、MAXで優勝したって、それは魔裟斗の後追いでしかないのだから。




》web新のTwitter

スポーツキャスター・魔裟斗の“突っ込んだ取材”

TBS系列のスポーツ情報番組『S-1』でキャスターを務める魔裟斗が、サッカーW杯日本代表GKの川島永嗣にインタビューを敢行したとのニュース(SportsWatchより)。

ベルギー行きについて、川島が「基本的には年末まで帰ってこれないですね」というと、なんと魔裟斗は「彼女とかは?お見送りとかは?」とストレートに質問。一旦は「一番の大ファンである両親がきてます」と濁した川島だったが、「彼女いないんですか?」と食い下がる魔裟斗に、川島は「ストレートですね。まあ、その辺は次回お会いした時に」と苦笑いするしかなかった。

う〜ん、魔裟斗にしてみればそれが"突っ込んだ取材"のつもりだったのだろうけど、下品で軽薄で頭が弱い印象しか残らない。

まぁ、全世界に普及するスポーツ競技のトップ選手に対する気後れを、妻が女優(矢沢心)であるというステータスで挽回しようとしたのかもしれないが・・・。

川島の苦笑いの裏側には間違いなく冷笑もしくは嘲笑が隠されていたことだろう。

何だかK-1というジャンル自体がコケにされたような気分になった。





悔しいですっ!(もちろんザブングルで)





<オマケ>
納涼★恐怖画像シリーズ其の壱
※決してひとりでは見ないで下さい・・・

≫web新のツイッター

『笑ってこらえて』に魔裟斗がゲスト出演します!

今週の『笑ってこらえて』は2時間スペシャルで、魔裟斗がゲスト出演します!(他にピンコ泉とケンドーコバヤシ)

この番組を知らない人のために簡単に内容を説明すると、まずはゲストとして登場するタレントの印象について街頭インタビューを行い、そのVTRを見ながらゲストが誰かを当てるクイズで始まるバラエティ番組です。

果たして街の人々は魔裟斗をどのように言い表すのでしょうか?興味津々です。

間違っても「ボクサー相手にローキック使ってばかりでズルイ」なんてコメントが流されることはないでしょう。せいぜい「亭主関白っぽい〜」「うん、絶対そう思う〜」程度じゃないでしょうか?

そこで、唐突ですが“笑ってこらえて!格闘家編”を考えてみました。さて、ゲストは誰でしょう?

最初のゲスト。街頭インタビューの結果は以下のとおり。

1.オタクっぽい。

2.攻めがイヤらしい。ねちっこい。

3.関節技が凄い。

4.スパッツの色がケバい。

5.自分では大黒柱になりたがってるけど、周囲はそんなに期待してない感じ。

二人目のゲスト。街頭インタビューの結果は以下のとおり。

1.黒くてデカい。

2.日焼けサロンに通ってそう。

3.ファンに声をかけられると泣いて喜びそう。

4.DREAM出場とか夢見てそうだけど、絶対に通用しなさそう。

5.メガトンにしては体が締まって見えるのは、やはりガースーばりに黒光りしてるせいもあると思う。

今年のDynamite!!は勝者と敗者の明暗が見所

2009年も今日で終わりです。今年一年を振り返ると、下半期は公私に渡って軸のぶれた生活を送ってしまったと反省しております。この乱れは、『K-1心中』にも、更新頻度の著しい低下という形で表われました。私の世迷言と笑いを楽しみにしておられた方々にはたいへん申し訳なく思っております。

ただ、更新頻度低下の原因は、生活の乱れだけではありません。とにかく格闘技が面白くない。今年1年を振り返っても、どんな試合が行われたのか印象に残っているものはほんの数試合程度。K-1のアリスター旋風とバダ・ハリの復活、KIDのKO負け、所の復調。正直、思い出せるのはこの程度。

格闘技は視聴率が稼げる優良コンテンツという見方をされています。大晦日の晩に複数のテレビ局で格闘技中継を流していた時期に比べれば低調な昨今ではありますが、未だにTBSがDynamite!!を中継しているわけですから、数字を取りやすいコンテンツであることに変わりはないと言えるでしょう。

しかし、数字は稼げても、視聴者の印象に何も残らない番組ってのもどうなのかな?と思いますよね。これまで当ブログに何度か書いてきたことですが、視聴率やスポンサーの意向ばかりを気にして、番組の質が低下してしまっていることを憂います。

もっと格闘技の面白さや感動を伝えられるような番組作り、カード編成をしてほしいものですが、普通に格闘技の試合をやっていたのでは、地上波テレビのコンテンツとして物足りないのも事実。いくら格闘技の世界で認知されている選手でも、一般層を相手にした場合は力量不足なのです。無責任な格闘技ファンは、「色物を起用せずに本格的な格闘技の試合で勝負して欲しい」等と戯言を口にしがちですが、マニアの間だけで認知されている一流選手同士のカードを組むだけで一般層を取り込めるのであれば苦労はありません。

例えば、魔裟斗の引退試合の相手を務めるアンディ・サワーは、格闘技ファンであれば知らない者はいない一流選手ですが、テレビ番組としては刺身のつまに過ぎません。実際に、今朝放送されたDynamite!!宣伝番組において使われていた写真では、魔裟斗が中央、その両隣に石井と吉田、そしてKIDら数名の選手が並んでいましたが、そこにサワーの姿はありませんでした。

そんなことを書くとKヲタに怒られそうですが、私はサワーがそんな扱いではまずいと思うから、いつもブログでK-1にダメだしばかりしてしまうのであって、この現状で問題ないと思うKヲタの方々は、私には一切関与せず、K-1の面白さを伝えるブログでも作って欲しいと思いますよ。当ブログに質の低い反論コメントを寄せたりするから、私もKヲタや格ヲタを馬鹿にしたくなるわけで・・・。

ホント、Kヲタってのはよくわからない人種ですよ。キックボクシングには見向きもせず、K-1人気に乗っかる形でこっちの世界に踏み込んできたくせに、K-1の人気が低迷し、単なるヘビー級のキックボクシングに成り下がってしまいかねない現状を憂うこともない。海外市場の開拓も大切でしょうが、日本のテレビ番組として生き残る術を見つけることが最優先なんですよ。K-1はテレビ番組だからこそK-1足り得るわけだから。

まぁ、無名の外国人同士が蹴りっこしてるキックボクシングでも楽しめると言うならば楽しめば良いし、前述したとおり、その楽しさを自分のブログでアピールするなりすれば良いだけの話です。その地道な活動が、もしかしたらK-1から(笑)をはずせる一役を担うことになるかもしれませんよ(笑)

話が逸れてしまいましたが、今日のDynamite!!はどれだけのインパクトを残すことができるでしょうか?

魔裟斗の引退と石井のデビュー戦というメインのイベントの影に隠れることなく、各選手がメインイベンターのつもりで試合に臨んでほしいと思います。

私としては、川尻と青木絡みの試合がにわかに楽しみになってきました。記者会見での舌戦は格闘技の醍醐味の一つでもありますから、対戦相手を全否定するかのようなコメントを発した彼ら4人は良い仕事をしてくれました。

格闘技ファンを熱くさせられないようなものが一般層に受け入れられるわけがありませんからね。喧嘩や殺し合いをイメージさせるような、敗者には何も残らないような試合を見せて欲しいと思います。

殺し合いと言えば、「殺し合いをするならば拳銃を使えば良い」みたいな、ナンセンスの極みとも言えるコメントが寄せられたことがありますが、そんな奴はソマリアにでも行ってろw

格闘技は今こそ原点に立ち返る必要があると思いますよ。敗者は奈落の底に落ち、勝者に栄光を与える。一般層だって、そんな明暗が見たくて格闘技にチャンネルを合わせるわけだから。

どっちが勝っても大勢に影響が出ないような試合なんて見たくもない。敗者にもスポットが当たり、複数スターが共存できたことがK-1・PRIDE人気の一因であったのも事実ですが、選手がそれに甘え過ぎではダメ。亀田と内藤のタイトルマッチがあれだけの注目を集めたという事実をよく考えないと。

今日のDyamite!!も、「勝者と敗者の明暗」に注目して観戦したい。この重要なテーマを体現してくれるのは、間違いなく石井慧だと思います。

web新のプロ格雑感

<“大麻力士”若麒麟がIGF入り>
中牧が土下座&スクワット三昧でFMW入りした時のような泥臭い演出が欲しかった。



<五味が魔裟斗戦に名乗りを上げ損なった>
五味がバリジャパの試合後に、「こんな勝ち方じゃ魔裟斗の相手に名乗りを上げることはできないね」と言ったとか。どこまで本気なのかわかりませんが、サワーとかペトロシャンなんかより、よっぽど五味の方が見たい。

そして五味には、魔裟斗戦を経てスターダムにのし上がった山本KIDのようにステップアップしてほしい。アメリカで試合しても仕方ないだろw



<屈辱…棚橋、TAJIRIがダメ出し&毒霧>
外敵でもTAJIRIみたいな安牌はウェルカムなんだな。



<北岡連敗も現役続行宣言>
辞めるわけないじゃん!廣田に負けた後だって、辞める気なんて微塵もなかったと私は思ってますよ。辞める理由がどこにあるのよ。不動産とか株とかで不労所得がたんまりあるとか言うなら別だけどさ。



<郷野が入場パフォーマンス封印>
3連敗中とあっての判断だと思いますが、それ以前にパフォーマンスが全然面白くないもん。封印してもらってありがたいよ。従えてる2人を含めて素人感丸出しが売りなのかもしれないけど、あれは白けるよ。自演乙とどっこいどっこい。

須藤元気は本当に偉大だったなぁ。

試合後にホーンバックルに対してなんちゃって英語で再戦をアピールしたみたいだけど、本格的な英語でスピーチしてほしかったな。そしたらみんな「おおっ!」ってなったと思うよ。本気度の伝わり方が違ったはず。

つーか再戦あんまり見たくない。郷野は日本人相手が一番輝くと思う。瀧本とやれよ。



<横田が光岡倒す>
光岡とフルラウンド戦って下すってのはなかなかすごいことだと思う。横田のことは“深海魚の燻製みたいな顔”などと揶揄した私ですが、前回のKOも含めて見直したなぁ。マイクは相変わらずだったみたいだけど(苦笑)

戦極のライト級は混沌としてきた感じ。



<小見川クソッタレ>
試合を見ていないんで何とも言えませんが、僅差の判定とは・・・このクソッタレ!!

小見川もなぁ、時代が違ってたら多分マッハ氏といっしょにTOPSに来て、私と打撃のスパーリングをしたんだろうな。で、本物のジャブってものを体験しただろう。力まずに打ってもスナップが効いているとこんなに強いジャブが打てるのか、と。

ジャブと言えば、前回のMAXで魔裟斗が「K−1の選手で左(ジャブ)が打てる選手は少ない」って言ってたけど、私が予てから当ブログで書いてることと同じだよね。

K−1愛があればこそのダメ出しなんですよ。魔裟斗も私も。

web新のK-1MAX雑感(五味ならば?、レフェリングの妙味、渡辺一久、ドラゴのK-1愛、K-1vs.MMA)

<五味ならば?って・・・>
もし五味が魔裟斗と戦っていたら「善戦できた」とか「もっと盛り上がった」とか言う人もいるでしょうが、私はそう思いません。

我々が魔裟斗が川尻相手に負けることはないだろうと思いながらもなぜハラハラしながら観戦したのかというと、それは川尻が何をやってくるかわからないという未知数の部分と、一発の怖さがあったからですが、五味にはそれがないんですよ。

比較的きれいなボクシングをする五味が相手だったら、魔裟斗は川尻戦よりも気楽に試合に臨んだことと思われます。

まさか、当ブログにお越しの方の中には、五味ならば魔裟斗に勝てたかも?なんて思ってる方はいないとは思いますが、五味であっても魔裟斗に勝つなんて絶対に無理ですよ。



<レフェリングの妙味>
妙味と呼ぶにはあまりにもお粗末な人気選手寄りのレフェリング。今回のMAXでも私が確認できた限りで2件ございました。

ひとつは、観戦記でも書きましたが、HIROYAがパンチを被弾してダウンしたにも関わらず、スリップダウン扱いになった件。

スリップダウンとは、軽く当たった程度の攻撃(ノーダメージ)でバランスを崩して倒れることを言いますが、私の目にはHIROYAは明らかにダメージがあって倒れたように見えました。

レフェリーとしての立場を超越した意思が加味された角田のレフェリングによってスタア候補が命拾いしたのです。

しかし、あの後HIROYAが盛り返したじゃないかと反論する方がいるかもしれませんが、わずか3ラウンドしか行われないK-1においては、ポイントを2点失うか否かはとてつもなく大きいことなんです。それ以降の戦い方を左右する要素になりますから。

もうひとつはKIDのダウン。あれはカウントする必要があったのでしょうか?

コメント欄にもどなたかがお書きになりましたが、私は即時試合を止めるべきだったと思います。あれがKIDではなく逆にジェヒだとしたら、レフェリーは即座に試合を止めていたことでしょう。自信満々のオーバーアクションで体を割り込ませて。

レフェリーは「試合を正しく裁くこと」と「選手の安全を守ること」だけを考えて判断を下して欲しいと思います。間違っても一方の選手に偏ったジャッジをしたり、人気選手の試合をより長い時間お客さんに堪能して欲しいなんてことを考えてはいけません。

こんなこと書いてて情けなくなってくるわ(苦笑)



<K-1の魅力>
極めて退屈だったサワーとキシェンコの戦い。技術的にはハイレベルなのでしょうけれど、倒し倒されのK-1の醍醐味には程遠い内容でした。

そのことについて、観戦記の中で私が「(今の)K-1の一流選手同士の戦いを見ていると、(反面教師的な意味合いで)なぜK-1が人気格闘技になったのかが見えてくる。K-1人気の要因は、力量に差のある選手を対戦させることでKO決着を意図的に量産したことなのだ。」と書いたところ、反論がございました。

アーツやホースト、バンナら一流選手同士が鎬を削った結果としてKOが量産されたことがK-1の魅力だったのだろう、と。

おっしゃるとおり、K-1黎明期のファイターは負けを恐れぬ打ち合いを演じてくれました。そのこともK-1が人気を博した大きな要因の一つであることに私も異論はございません。補正コメントをありがとうございました。

レジェンドファイターらが身を粉にして築き上げたK-1人気を、現行のファイターらが食い潰している現況を憂います。自分だけが日本で小銭を稼げればそれで良い、後は野となれ山となれ、ではなく、K-1というジャンルを担うような選手が出現してくれることを願ってます。

キックボクサー同士の緊張感に乏しい星の取り合いを見せられていたのでは、ファンはあっという間に離れていき、K-1以前の単なるキックボクシングに戻ってしまいます。

ファンの方々も、自分がどうしてK-1以前の格闘技に見向きもしなかったのか、K-1やPRIDEになぜ興味を持ったのかをよく考えて欲しいものです。



<渡辺がK-1にくれたもの>
こんなヤツとは絶対に絡みたくない。そう思わせるほどに危険な香りを放つ格闘家、渡辺一久。ベビーフェイスばかりじゃつまらない。

渡辺の試合の煽りVに辰吉丈一郎が登場し、渡辺のK-1デビュー戦に対して歯に衣着せぬダメ出しをした姿。こんな無骨な風景が今までのK-1に乏しかった。



<ドラゴのK-1愛>
観客席から身を乗り出して魔裟斗-川尻戦を観戦していたドラゴ。魔裟斗が攻勢に出ると、立ち上がらんばかりにエキサイトしていました。

それは、ドラゴが魔裟斗個人を応援していただけなのでしょうか?

私は違うと思います。

ドラゴは、大晦日のような失態がこれ以上あってはならない、魔裟斗がここで負けたらK-1が終わってしまう、という危機感が強かったのではないかと思います。

私には、このドラゴの姿が、かつてミルコが初めてMMAに挑んだ試合(K-1対猪木軍での藤田和之戦)をリングサイドで石井館長とともにエキサイトしながら観戦していたバンナとベルナルドの姿と被りました。

その姿は、彼らの気持ちの中にあるK-1愛の表れなのです。K-1はステータスが全てであって、それが凋落することは絶対に許してはいけないのです。

愛情の薄い人間は、K-1ファイターが他流試合で負けたことにも目を瞑ることが出来るのでしょう。



<K-1vs.MMA>
大晦日にバダと武蔵、武田の三馬鹿が大失態を演じたK-1ですが、今回は魔裟斗とジェヒがMMAファイターに勝利して盛り返した格好です(HIROYAクラスではアングルうんぬん関係ないし、渡辺はボクサーであることがアイデンティティだから除外)。

これをもって、K-1側の何勝何敗みたいに星取り勘定している方もおられますが、それって情けなくない?星が五分になったとか、恥ずかしくて私は口に出来ません。

大晦日の失態は永遠に語り継がれるべきものであり、K-1ファイターにはそれを教訓として精進してもらいたいと思います。

あと、物事を断片的にしか見ることができない人間が、私に対して「MMAファイターのほうが打撃が上のはずだったんじゃないか?」などとコメントしてますが、あんたは幼稚園生なのか?と、情けなくなってきます。

K-1ファイターもMMAファイターも十人十色なんですよ。ボクシング技術が著しく稚拙なK-1ファイターもいれば、ボクシングの試合に出ても恥ずかしくないようなパンチを打てるMMAファイターもいるんです。

それじゃ情けないだろうと。立ち技最強を自負するK-1ならば、それ相応のボクシング技術を有していてしかるべきだと私は思います。膝蹴りがあるからボクシングのようなパンチは出せない云々の意見はありますが、試合の中には様々な局面があるわけですからね。思い切りパンチを打つことだけに専念できる瞬間だってあるのです。

さらに言えば、蹴りを意識した状態で放つパンチも、純粋なボクシングとしてのパンチを打つことが出来て初めて強打できるんじゃないでしょうか?

楷書が書けない人がまともな草書や隷書を書けないのと同じことだと思います。

そーゆー意味で考えると、競技内容がかけ離れているからこそ肩肘張らず素直にボクシングジムで教えを乞うことが出来るMMAファイターの中にパンチが上手い選手が少なくない事実も納得できるんじゃないでしょうか?

K-1ファンこそ川尻選手に感謝すべき

私はとても悲しい。

何が悲しいかって、川尻が魔裟斗に完敗したことを受けて、「ほれ見ろ」みたいな声が一部のファンの間から出ていることが残念でならない。

いや、正しく言うならば、そんなこと言ってるファンは滑稽でしかない。あなた方はテレビに噛り付いてこの一戦を楽しんだわけでしょ?それは誰のおかげなの?って。あれがサワーとかキシェンコ相手だったら、あそこまで熱狂できなったでしょ?

川尻が大晦日に武田を完膚なきまでKOして“K-1の危機”というアングルを作り、魔裟斗戦が決まってからはアジテーションでファンをヒートアップさせてくれた川尻に対しては、感謝の言葉しか浮かばないはずですよ。

この感謝の意は、DREAMファンより、むしろK-1ファンこそ表すべきだと思う。だって、K-1に一番足りないもの=熱気、熱狂の坩堝と化す会場の盛り上がりを持ち込んでくれたのが川尻なのだから。とてつもない川尻効果。

さらに言い過ぎるならば、K-1ファンだか何ファンだか知らないが、みんな川尻の手のひらの上で踊ってただけなんだよって。

やってやるって!

最後に私個人の感想を少しばかり。

この一戦が始まるまで、私はすごく複雑な気持ちでいました。だって、魔裟斗と言えば私がこよなく愛するK-1の象徴的存在だし、一方の川尻選手はかつて同じジムでスパーリングを繰り返したお方ですから。

私が結婚を機に土浦のジムを辞めてからも、川尻選手をはじめ岩瀬選手や石田選手らの活躍は常にメディアを通じてチェックし、「うわぁ〜、凄いなぁ」と驚きながら応援し続けてきました。

しかし、今回の魔裟斗戦となると話は別なんです。自分が目指し、あと一歩のところまで来ていた(主観w)K-1のリング、その頂に立つ魔裟斗が、MMAファイターに負けてもらっては困るんです。これ以上K-1のステータスが下がることは許されないのだから。魔裟斗が巻けたらK-1が終わってしまうから。

だから、今回は魔裟斗を応援した私でした。

あと一言。川尻の顔が好きになれないってコメントがありましたが、川尻選手は人間的にとても気持ちの良い青年です。以前にも書きましたが、私が結婚する際に嫁さんを連れてジムに挨拶に行った際には、練習の手を止めてイスを出してくれた川尻選手。

いかにも無愛想で鉄面皮的な雰囲気を醸し出してる川尻選手ですが、それは茨城在住の一青年である自分と、世界のトップで戦うファイターとしての自分を区別し、クラッシャーに変身するための意味合いがあるんじゃないかと私は思ってます。

web新のK-1MAXテレビ観戦記 これがK-1です!

番組冒頭で2004年Dynamite!!で行われた魔裟斗とKIDの一戦のハイライトが流されましたが、あの試合を客席で観ているお客さんたちの表情がとっても素晴らしく良い顔してた。本当にスタア同士の一戦を堪能しているって雰囲気。昔、大衆が力道山や大鵬の試合をこんな感じで観てたんだろうなぁって思いました。



○HIROYA(判定3-0)ロペス×
ロペスの煽りVの中に「出典:ザンビディス」が出た時点で、これは期待できない選手なんだなぁと。良い映像が拾えなかったんだなぁと。

しかし、なかなかの強打を披露し、いきなりK-1のお家芸発動!!(爆笑)

第1ラウンド、HIROYAはダウンでしょ、明らかに。まぁ、いいや。笑えたから。

しかし、第2ラウンドからいきなり失速したロペス。ダウンを喫する。

スタミナのない選手なのか?

空気を読んだのか?

袖の下が渡されたのか?

第3ラウンドはHIROYAの猛攻に防戦一方のロペスで、HIROYAの判定勝利となりました。

たしかにHIROYAは良い体をしているし、左ボディブローも悪くない。

しかし、初めから主催者が特定の選手をプロテクトしながら育てるような手法は受け入れにくい。格闘技ファンの大半が成人男性なんだから、黄色い声援にばかり頼っていたのでは、本当のスタアは誕生しないと思います。



○ジェヒ(KO)KID×
まずKIDがどんな構えを見せるのかに注目しましたが、何とも中途半端な感じで嫌な予感がしましたが、まさかこんな負け方をするとは思いませんでした。

KIDはなぜあんなに勝ち急いだのか?

KIDはガードを下げた構えがベスト。ガードをすることでステップワークがおかしくなる。

あとは気持ちの問題。守りに入った人間は弱くなるものです。



○渡辺(KO)山本×
やっぱパンチの伸びが違うわ。MMAファイターを相手にした試合で、本当ならばK-1ファイターがこんな勝ち方をしてほしいもの。

K-1ファイターに足りないものを渡辺は持っている。それはボクシング技術とフィジカルの強さ。

山本篤をKOで退けた渡辺。次はKID戦か?

しかし、この渡辺の強さを見せ付けられては、KIDも及び腰になるだろう。



○山本(判定)ドラゴ×
佐々木希の顔をアップで映すのは止めてほしい。『漂流教室』で怪虫に殺された女児みたいな顔。

すんません。本題に入ります。



<詫び状>
私は、山本がドラゴに勝てるわけが無いと予想しましたが、山本の文句なしの完勝でした。山本を舐めてました。申し訳ありませんでした。




この試合結果を分析すると、山本の左ミドルがポイントでした。ドラゴはそれをかなり嫌がった。

そして、ドラゴは接近戦をするしかなくなった。本来であれば、もっとパンチを強打できる距離で戦いたかったはずだが、その距離は即ち山本の左ミドルの射程距離であった。

うん、前回エントリーで書いたように、やっぱり今大会のポイントは左ミドルキックだったな(笑)



○サワー(延長判定)キシェンコ×
まぁ、どこに出しても恥ずかしくないテクニカルな一戦であったのは間違いないが、何か物足りない。

それは、どっちが勝っても大勢に影響が無い試合だからか?

上級者同士の潰し合いに食傷気味なのか?

(勝敗は別にして)試合の行方が見えてしまい、驚きが無いからか?

K-1の一流選手同士の戦いを見ていると、なぜK-1が人気格闘技になったのかが見えてくる。K-1人気の要因は、力量に差のある選手を対戦させることでKO決着を意図的に量産したことなのだ。

延長戦に及んだサワーとキシェンコの死闘は、見ていて痛々しささえ感じられた。



○ペトロシアン(判定)クラウス×
サワーvs.キシェンコをフルラウンド流したならば、この試合をもっと長く見せてほしかった。

ペトロシアンのキャラ作りはやや強引か?(笑)



○魔裟斗(KO)川尻×
やっぱり格闘技の試合はこうでなくてはいけないって言うモデル的な試合だった。

格闘技はゲームであってはダメなんです。試合前からファンが体を震わせて身構えるような緊張感。私はテレビの前でこの試合を観ていて、己の心臓の鼓動が聞こえてきましたよ。

その緊張感さえあえば試合内容なんてどうでも良い。いや、試合内容も最高だった。

この試合の後にこそ、魔裟斗には「これがK-1です」とマイクで宣言してほしかった。

また後日、感想を書かせていただきます。

ぃょぃょK-1MAX 魔裟斗とKIDのミドルキックが明暗を分ける?!

直前の展望をいろいろ書きたいのですが、時間が無いので出先から携帯で簡単に投稿させていただく。

今日のK-1MAXでは、ミドルキックがキーポイントになる。

その試合は、魔裟斗vs.川尻とKIDvs.ジェヒ。

川尻の弱点はレバー。彼がアマチュア時代に何度もスパーリングをした私だから知っている。

当然、弱点を克服することで世界のトップクラスに登り詰めたのでしょうが、もしかすると弱点が弱点のままかもしれません。

そこに、MMAではあり得ない鋭さの魔裟斗の左ミドルが炸裂したら・・・。

続いてKID。前回のエントリーでは「KIDのミドルキックが炸裂。ヤバイ」と予想を書きましたが、別の意味でヤバイような気がしてきました。

それは、いくらKIDとは言えども、キックボクサー相手にキックボクシングのリズムで戦うのは危険が大き過ぎるだろうってこと。

K-1ルールでも活躍してきたKIDは、彼ならではのリズムで戦っていたことが大きな勝因だったはず。俗に言われる動物的な動きってヤツ。

しかし、最近ではムエタイに傾倒してるKID。DREAMでのウォーレン戦ではアップライトの構えから繰り出すミドルキックが印象的でしたが、今日の試合も同様のスタイルで臨むのだとしたら、本当にヤバイかもしれません。

web新のK-1MAX勝敗予想 公式記録より印象が大切

明日に迫ったK-1MAXですが、本来は大会のメインイベントとなるはずのトーナメント戦が、魔裟斗やKIDら人気選手の前座扱いとなる試合順が発表されました。


オープニングマッチ

スーパーファイト(日菜太、HIROYA)

ファイナル8

スーパーファイト(KID、渡辺)

リザーブファイト(城戸、佐藤)

スーパーファイト(魔裟斗)


トーナメント戦“ファイナル8”が前座扱いされ、K-1ファンの歯軋りが聞こえてきそうですが、主催者のFEGは、台所事情も知らずに視聴率至上主義を批判するファンを挑発しているのか?(笑)

まぁ、ファンは台所事情なんて知る必要もないですけどね。

それにしても、この試合順。トーナメント軽視以外の他に何か理由があるのでしょうか?

さて、そんな余計なことはさて置き、勝敗予想をさせていただきます。



○ドラゴvs.山本×
こちらのエントリー参照。

あの佐藤にローを蹴られながらも地力勝ちしたドラゴ。普通ならば、あれだけリーチ差で有利な佐藤が先にスタミナ切れするわけがない。打撃格闘技ってのは本来そーゆーもの。ドラゴの圧力、スタミナは相当なもののはずです。

ただ、日本予選トーナメントでは山本も脅威の粘りを見せました。TATSUJI戦、長島戦を経てボロボロの状態で臨んだ決勝の小比類巻戦では、負けはしましたが1度のダウンを奪い返し、観客を驚愕させました。

山本が持ち前の地力でどこまで食い下がれるか。そこに尽きるでしょう。



○ペトロシアンvs.クラウス×
キックボクサーとしての完成度の高さの違い。クラウスのファイトスタイルは、ボクシングにキックを付け足したものでしかありません。



○サワーvs.キシェンコ×
キシェンコって何か顕著な実績を残してますかね?

昨年のMAX準決勝でサワーに勝った試合も、ほとんど差のない判定。キシェンコの方が(決勝で戦う)魔裟斗にとってイージーな相手だから勝たせてもらえただけでしょう。いや、主催者にそのような申し合わせがあったとは思いませんが、あの時のMAXに関わる人間全ての意識の中に、「魔裟斗を優勝させたい」、「サワーの独走を許したくない」の2点が蔓延していたと思うのです。

今回の試合は、そのツケをサワーが取り返す形になるでしょう。



○ホルツケンvs.ブアカーオ×
前述の山本同様にブアカーオもミドル級としては小柄の選手です。この5年間、大型選手を相手に戦ってきたうえ、パンチの攻防が多いK-1の特性の影響で、ブアカーオの体はかなり疲弊していると思われます。ジダ戦でも第1ラウンドにさほど強くヒットしていないパンチでダウンを奪われました。

そのためブアカーオはファイトスタイルを本来のムエタイスタイルに回帰させています。

となると、リーチのあるホルツケンを倒すために一気に間合いを詰めてパンチを入れるような戦い方がしにくい。

さらにホルツケンはジャブと前蹴りで相手を突き離し、近付いても膝や左のフック・アッパーがあります。

ブアカーオにとってはローで崩すことに勝機を見出すしかないように思えますが、3ラウンド制ではそれも困難でしょう。前回のシャヒッド戦では終盤にローが効いてきた印象のあるホルツケンでしたが、負傷しており万全ではなかったと言う説もありますし。

また、ホルツケンのフック系パンチのモーションに合わせてのカウンターを狙おうにも、リーチ差が大きく如何ともし難そうです。



○KIDvs.ジェヒ×
DREAMフェザー級GPで見せたミドルキックのキレ。炸裂するっしょ。ヤバイ。



○渡辺vs.山本×
ボクサーがK-1ルールに挑む場合、相手がMMAファイターであることは非常に好都合だと思うんです。キックボクサーのようにローキックを多用しないだろうし、ローを打ってきたとしても中途半端で、逆にパンチを合わせやすい。

渡辺の魅力が炸裂する試合になりそう。山本に勝って欲しいとは思いますが。



○城戸vs.ケスナー×
序盤にケスナーの強打がヒットしなければ、城戸に勝機はあるか?

久々に“キックボクサー”城戸康裕の持ち味が存分に味わえる試合が見たいですが、ケスナーは距離を詰めてパンチを狙ってくる選手なんで、ちょっとダーティな試合になるかも?

でも最後は接近戦を凌いだ城戸が、美しいフォームのハイキックでKO勝利という希望的予想。



○佐藤vs.メス×
ネットがあれば馬鹿でも物知りってことで、ユーリ・メスの戦績を調べてみると、強豪には勝てないが、弱い相手には取りこぼさない。そんな感じの選手です。



○魔裟斗vs.川尻×
こちらにエントリーを参照。

特別なことをしない魔裟斗であれば、勢いに乗る川尻と言えども勝機を見出すのは困難ではないか?

あと、魔裟斗がパンチの打ち合いをしないことについて、ブアカーオがジダ相手に打ち合わなかったことを引き合いに出した方がおりましたが、魔裟斗とブアカーオは別人ですから。そのような一元的な考え方はつまらないですよ。

あと、これまで魔裟斗がボクサー相手の試合前に必ず行ってきた「パンチで打ち合いします」発言並びに打ち合い回避について、「あれは単なるリップサービス」などと、理解ある捕らえ方をしてあげられるファンもおられますが、それによって魔裟斗が軽んじられてきたのも事実です。

今回の川尻戦、足を止めて打ち合いしろとは言いませんが、アンチをも納得させられるような勝ち方をしない限りは魔裟斗の負けだと思いますよ。

K-1の公式記録なんて、何の価値もないのですから(そもそもK-1に「公式」という概念がない。今のところは。)。

客をいかに納得させたか、どれだけのインパクトを残すことが出来たか。これが重要です。

川尻戦もいつもの魔裟斗・・・のようです

激熱の公開記者会見を見る限りでは、もしかしたら魔裟斗は川尻の挑発に乗って打ち合いに挑むのではあるまいか?というノリでしたが、やっぱり魔裟斗は魔裟斗。絶対に絶対に負けてはいけない己の立場を理解しており(当然か)、これまでの“異種格闘技戦”同様に蹴り主体で戦う意向のようです。

それは、昨日の公開練習での発言から読み取れます。

「でも熱さの中に冷静さがないと、去年のトーナメントみたいに倒されちゃうから。熱くなってもそこは冷静に」

「どういう試合をするかは考え中です。パンチだけが打ち合いじゃないんで。K−1の試合だし」

そーゆーことです。

この発言を聞く前は、もしかしたら・・みたいな不安がありましたが、普通に魔裟斗が勝つ試合になるんじゃないでしょうか(私は一方的に魔裟斗を応援してるわけじゃないですけど。そこら辺の複雑な心境は後日に)。

まぁ、魔裟斗がどんな戦法を用いようとも、このカードが実現するってことだけでエキサイティングです。良しとしましょう。

あと、昨日の発言の中にユニークなものがありました。

「いいんじゃないですか、吠えていれば。俺はドーンと構えておけばいい。吠えてた方が面白い」

公開記者会見で吠えまくっていたのは魔裟斗の方だった印象ですがw




魔裟斗の過去の“異種格闘技戦”関連エントリーはこちら
(ビンス・フィリップス戦、鈴木悟戦、大東旭戦等)

魔裟斗の相手はやっぱり川尻がベスト

魔裟斗vs.川尻というマッチメイクに文句があるならその対案を出して欲しいと言う気持ちを込めてアンケートを行ってますが(右サイドバーから投票してください)、予想どおりアンディ・サワーが1位を独走しております。

これまで魔裟斗は、サワーと2度対戦し2回とも負けてますが、その試合がトーナメントの準決勝と決勝だったこともあり、ワンマッチでの実現を求める方の気持ちは解ります。

さらに、02年の『WorldMAX〜世界一決定戦〜』開始以降の魔裟斗は37戦してわずか4度しか黒星を喫していませんが、その全てがトーナメント準決勝か決勝での敗戦であり、さらにその内の2試合がvs.サワー戦。

02年準決勝 クラウス戦  3R判定
04年決勝  ブアカーオ戦 延長判定
06年準決勝 サワー戦   3R判定
07年決勝  サワー戦   2R TKO

たしかに、このままサワーとのワンマッチが行われないままに魔裟斗が引退してしまうのは納得いかないという声にも頷けます。

しかし、魔裟斗の優勝を2度も阻んだサワーとの決着戦というアングルが、どれほど世間に対してアピールできると言うのでしょうか?

それなりの注目は集めるかもしれませんが、私は結局のところ“スタア選手”魔裟斗があと2試合で引退してしまうという事実以外の要素はどうでも良いのではないかとさえ思ってます。

むしろ、魔裟斗にとってもK-1にとってもダメージを残さない形での引退ロードを用意するためには、相手がK-1ファイターではない方が得策だと思うのです。

魔裟斗にとってのダメージとは負けて引退すること。であればK-1ルールに不慣れなMMAファイター(若しくはボクサー)が適役。

K-1にとってのダメージとは、主力級の選手が引退する選手に負けてしまうことでK-1のステータスが下がってしまうこと。であれば、対戦相手は部外者、やはりMMAファイター(若しくはボクサー)が適役。

とは言え、サワーが相手ならば魔裟斗が負けたとしてもダメージは少ない。サワーが相手では仕方が無いって空気になるだろうから。

私はそーゆー緊迫感の無い試合が一番嫌いですよぉぉぉ!!!

絶対に負けられない試合に臨む魔裟斗が見たいんだ。だからこそ私は川尻がベストの対戦相手だと思ってます(サワーには今年のMAXを制覇してもらって、大晦日に魔裟斗戦を行えば良いだろうし)。

石井館長ならば理解してくれると思うな。

そんな館長と討論できるイベントがあるらしいじゃない。まぁ、客席から挙手して発言させてもらう程度のものみたいだけど(場合によっては立ち見になるかも・・とのこと)。

私は都合が悪くて参加できませんが、どなたか私の代理で参加してもらえませんかね?参加費2,500円は自己負担で(笑)

都内にお住まいで気軽に会場へ行ける方、ぜひ当ブログで私が主張してきたことを代弁してみてください。

K-1MAXのいちばん熱い夏 魔裟斗vs.川尻 Vol.2(心理戦。まずは川尻の勝利)

(Vol.1からのつづき)
前回のエントリーで、魔裟斗vs.川尻のカード発表記者会見における両者のマイク対決は川尻に軍配が上がったと書きましたが、ホント、試合は既に始まってるんですよ。

通常のK-1のように身内同士がなぁなぁでやってるようなカードではなく(勝っても負けても次が保障されている試合のどこをなぁなぁじゃないと言う?)、勝ち負けが極めて重要な意味を持つ試合ほど、心理的な駆け引きの重要性が高くなるのです。

カード発表会見という第1段階で、まずは川尻が"1ラウンド決着必至の打ち合い=喧嘩をする"という言質を魔裟斗から取ってしまったことが大きいです。魔裟斗はフットワークを駆使して戦ってこそ強さを発揮するタイプですから、足を止めての打ち合いになれば川尻の勝つ確率は高まるはずだから。

でも、勘違いしないでください。私は、打ち合いになれば川尻の方が強いとか魔裟斗が馬鹿正直に足を止めるファイトスタイルに変えてくる等とは思ってませんからね。

では、川尻がこの心理戦で何を勝ち得たのか?という話になりますが、それは2点あると私は思います。

1つは、魔裟斗がどんなファイトスタイルで戦うかを考えたときに、心に迷いが生じる可能性が高くなったことです。心理的な揺さぶりと言うのでしょうか。

これまで"絶対に負けられない"異種格闘技戦的な試合における魔裟斗は、逃げるスタイルと揶揄されるほどにフットワークを駆使する安全性の高い戦い方を徹底してきました。フィリップス戦、大東戦、鈴木悟戦とも打ち合いはほとんど回避して、決定打は全て右ローキック。山本KIDとの試合ではハイキックでダウンを奪いましたが、試合運びは同様に足を使ったものでした。

この冒険しない部分が魔裟斗の物足りなさであり、アンチ魔裟斗が突いてくる要素にもなっていました。そして、その風潮を受けて、対戦相手の川尻もこんな言葉を吐きました。

「僕の知る限りでは魔裟斗選手の試合は“ケンカ”の割には判定が多いので、勝っても負けてもKOで終わらせたい」」

いかがでしょうか?

ヘビー級選手の倒し合いが面白くてK-1ファンになったようなにわかに限って「KOだけが勝ちじゃない」とか言い出すから滑稽で面白いのですが、確かにジャンルを背負う魔裟斗からすれば、負けない戦い方をせざるを得ないのは当然のこと。

そして、来たる川尻戦も同様の戦い方をすれば魔裟斗は負けないと断言できる。

だから川尻にとっては純K-1の試合ではなく、喧嘩腰の殴り合いという、勝機の見出せる自分の土俵に魔裟斗を上げる必要があるのです。

しかし、前述したように魔裟斗が馬鹿正直に足を止めて打ち合いをするとは思えません。例年大晦日の対ボクサー戦直前になると恒例の「パンチで打ち合っちゃおうかな」宣言が飛び出すものの、何事も無かったかのように打ち合いを回避してきた魔裟斗ですから。

そんな魔裟斗の強い信念(と言ってよいのかわかりませんが・・)を、少しでも揺さぶることができたならば、この舌戦の成果は大きかったと言えるでしょうし、実際に魔裟斗がいつもどおりに打ち合いを回避したとしても、試合前の調整段階で心に迷いが生じ、メンタル面で何らかのマイナスの影響が出るかもしれません。

山田トレーナーの存在も正直、不気味です。

川尻が心理作戦で勝ち得たもの、2つ目は、短期決戦という勝敗を度外視した戦いを宣言したことで、川尻は非常に穏やかな精神状態で試合までの練習に取り組むことが出来るようになったことです。

それに、短期決戦で試合が終われば、負けてもイメージダウンを最小限にとどめることができますから。

川尻にとって避けたいのは、フルラウンド戦い、ローキックでダメージを蓄積され、意識があるままにダウンを余儀なくされること。これは印象が悪い負け方。特に"クラッシャー"の異名をとる川尻にとっては尚更心を折られる姿を見せることはできません。

逆に短期決戦でKOされれば、やはり魔裟斗は役者が違った。K-1ルールでは・・・で済むことであり、他競技のトップファイター相手に玉砕したことを称える声が上がるかもしれません。

以上2点を記してみましたが、心理作戦に成功した川尻が、今後さらにどのような揺さぶりをかけてくるのかも見所でしょう。

(つづく)

魔裟斗と武田の引退ロードに何を望む?

1d918980.jpg魔裟斗は人気も実力もピークのままに引退しようとしています。

顔が変形し呂律が回らないドランカー状態の姿を、これから生まれてくる子供に見せたくない。そうなる前に引退する。それも一つの考え方、美学です。

そこには他者が口を挟む余地がないのは理解してますが、正直、物足りなくも感じるのがファンの正直な気持ちです。

逆に、近い将来の引退を明言した武田幸三の肉体はボロボロです。ムエタイの王座を奪取したことが遠い昔のことのように感じられます。

魔裟斗と武田。日本の立ち技格闘技を牽引してきた二人の、まったく対照的な引退ロードはこの先どのように展開していくのでしょうか?

選手自身にとっては綺麗に現役生活に終止符を打ちたいでしょう。

我々ファンとしても、ぶざまな格好で引退してほしいとは思いません。

しかし、もしかしたらぶざまに散ってしまうかもしれない危険に満ちた引退試合に挑む姿を見たいという気持ちもあるのが正直なところ。それが当たり前。ファンは身勝手な存在だから。

屁理屈こねる人もいるかもしれませんが、とにかく面白いものが見たいから格闘技を見てるわけでしょ?我々は。

武田はさらにボロボロになって引退するのか?

魔裟斗は川尻相手に取り返しのつかない黒星を喫するのか?

私は武田がボロボロになるのを期待しているわけではありませんし、魔裟斗が川尻に負けることを望んでいるわけでもありません。

しかし、その危険を冒す戦いに身を投じてほしいと思ってます。

何度も言いますが、そんな風に身勝手なのがファンであり、そんなファンを唸らすことができるのがプロフェッショナルだと思うから。

違います?

私は無責任ですか?ならばあなたは責任が取れるの?

ファンの分際で(笑)

web新の格闘ウィークエンダー 090426(魔裟斗、K-1MAX、戦極、修斗、Krush.3ほか)

今週の土日は珍しく何の予定もなく、自宅でのんびりしているweb新です。まぁ、予定が入ってるとか忙しそうにしてる奴に限って、実際には予定と言っても録画しておいたテレビ番組を土日にまとめて視聴するとか犬小屋のペンキ塗りをする程度の雑用しかないものですよね。

さて、今週1週間はどんなニュースがあったでしょうか?



<草剛、夜中の信号無視程度の公然わいせつで逮捕>
偽善者ヅラした草剛のことが嫌いだった私ですが、今般の事件で彼のことが少しだけ好きになりました。しばらくは地デジのCMみたいな表向き潔白な仕事は来ないでしょうが、逆に俳優として化けるチャンスかもしれません。



<大阪女児行方不明事件は母親と同居人が殺害に関与?>
また起きてしまった児童虐待死事件。学校や児童相談所、地元民生委員はいったい何をやってたんだ!?と怒りがこみ上げるばかりです。小学生が顔に痣を作って、様子も変だとなれば、これは間違いなく虐待されてるって判るでしょ?この事件を未然に防げなかった関係者に対して厳しい罰を与えないと、また同様の事件が起きますよ。今朝も、ベランダで朝を迎えた子供がどこかにいるかもしれません。

この事件で私が気になったのは、この母親の顔付き。絵に描いたように荒んだ顔でしたが、この母親だって生まれつき荒んでいたわけではありません。子供の頃はキラキラと輝く瞳をしていたことでしょう。それが様々な外的要因で道を踏み外していったわけです。

男に利用されるだけ利用されて、我が子を殺して、これから刑務所に入ることになるのでしょうが、服役を終えた彼女をどのような人生が待っているのでしょうか?



<五味が魔裟斗の相手に名乗り?川尻は?>
今更五味なんてお呼びじゃないです。必然性もないし。川尻は知名度が低いとか言う人がいますが、一般的な知名度としては五味もどっこいどっこいでしょ。

一方の川尻は「自分から魔裟斗とやりたいとは言ってない」「魔裟斗よりカルバン」等と、にわかにトーンダウン。自己の商品価値を高める意味でも魔裟斗戦は実現させるべき。このままでは格闘技ファンにだけは支持されているだけの選手で終わってしまいますよ。



<佐藤、王座獲得に失敗 WBA世界ミドル級>
【クレーフェルト(ドイツ)25日共同】世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチ12回戦は25日、ドイツのクレーフェルトで行われ、挑戦者で同級14位の佐藤幸治(帝拳)はチャンピオンのフェリックス・シュトゥルム(ドイツ)に7回2分46秒でTKO負けし、竹原慎二以来2人目の日本人最重量級王座獲得はならなかった。
 佐藤は1回からシュトゥルムの素早い左ジャブを浴び続け、劣勢を強いられた。連打を放っても王者の鉄壁のガードを崩せず、完敗だった。


1回からシュトゥルムの素早い左ジャブを浴び続け・・って、惨憺たる状況が目に浮かぶようです。

負けるべくして負けた。関係者も含めて誰も佐藤が勝つとは思ってなかったでしょうね。



<KEI山宮が三沢コスプレで公開練習>
中途半端なことやりやがって(画像はこちら)。



<瀧本誠がウェルター級転向>
総合格闘技を舐めてました発言でお馴染みの瀧本誠が、5・2『戦極』代々木大会でウェルター級転向初戦を行うようです。

オリンピック金メダリストという貯金は完全に食い潰した瀧本ですから、もう裸一貫でトライするしかありません。ウェルター級でも通用しないからと言って、さすがにライト級まで落とすことは不可能でしょうし。夜中に全裸で暴れまわってブルーシートで捕獲される等して話題を振りまくか?

ちなみに5・2代々木大会のカードはご覧のとおり。

■戦極〜第八陣〜

5月2日(土) 東京・国立代々木競技場第二体育館 開場14:00 開始16:00

<第9試合 フェザー級グランプリ2回戦 5分3R>
日沖 発(ALIVE)
ロニー・牛若(チーム・トロージャン)

<第8試合 フェザー級グランプリ2回戦 5分3R>
小見川道大(吉田道場)
ナム・ファン(Ma Du アカデミー)

<第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R>
横田一則(GRABAKA)
レオ・サントス(ノヴァ・ウニオン)

<第6試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R>
シャンジ・ヒベイロ(ユニバーシティ・オブ・ジュウジュツ)
KEI山宮(GRABAKA)

<第5試合 フェザー級グランプリ2回戦 5分3R>
金原正徳(パラエストラ八王子/チームZST)
ジョン・チャンソン(CMAコリア/KTT)

<第4試合 フェザー級グランプリ2回戦 5分3R>
マルロン・サンドロ(ノヴァ・ウニオン)
ニック・デニス(Ronin MMA)

<第3試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R>
瀧本 誠(吉田道場)
マイケル・コスタ(シュート・ボクセ・アカデミー)

<第2試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R>
トラビス・ビュー(エリート・パフォーマンス)
スタニスラブ・ネドコフ(ブルガリアン・ブシドー・フェデレーション)

<第1試合 戦極ライト級ワンマッチ 5分3R>
真騎士(戦極育成選手)
毛利昭彦(毛利道場)

こんなんでチケットは売れるんでしょうか?



<何気に面白そうな5・10修斗伝承>
五味にルミナ、古豪・加藤鉄史、DREAMフェザー級に出場したウィッキー、人気女子選手の藤井恵、そして廣田VS.石田の越境対決など、なかなか面白そうなカードが揃った5・10修斗伝承。戦極よりもよっぽど面白そうです。

欲を言えばマッハにも出て欲しかった。



<全日本キック『krush.3』カード発表>
エース・山本真弘はMAキックフェザー級王者の“狂拳”竹内を迎え撃つ。スンマセン、竹内の試合を見たこともないのに“狂拳”とか書いてますw

前回大会では初のK-1ルールにトライして失態を晒した石川は、K-1軽量級のエース候補、上松と対戦。キックルールならば石川でしょうが、前回以上の恥を掻くんじゃないかと心配です。だって、K-1ルールでは何もできないのだから。前回の大月戦は、ヒジは使えない、首相撲も制限された中で、非常にぎこちない戦いぶりでした。言うちゃ悪いけどガガンボみたいでしたよ。

前回大会で“井の中の絶対王者”山内を下した廣野は外国人選手と対戦。

ファイヤー原田も再び登場。今回も観客にアピってお茶濁しか?

その他、卜部、嶋田、日下部のK-1甲子園組も出場予定。K-1ファンにとっては涎を垂らしたくなるところでしょうが、よいこのK-1ファンのように口先だけの玄人気取りではなく実際に会場に足を運ぶ本物のファンが多い後楽園ホールは敷居が高いか?



<山本“日本人魂”!対戦相手にドラゴ指名>
日本人魂ってなに?勝敗は二の次で、とりあえず絶叫しながら前進すれば良しとする、弱者に都合のいいコンセプトか?



<自演乙に外国人選手が失笑>
クラウスに秒殺負けした自演乙ですが、前日軽量ではその特異なふるまいに外国人選手から失笑が漏れた様子。

この画像を見る限り、コスプレする前に筋肉を身にまとえって感じ。

それと入場シーンの完成度が低過ぎるのも低評価の一因。ぐだぐだ状態のフジモンみたいなテンパリ顔はどうにかならないか?

それに、どうしても須藤元気のパフォーマンスと比較されてしまいます。入場でも試合でも観客を満足させられた須藤はやっぱり一流でしたね、と。

web新プロデュースのK-1スカンジナビアGP with魔裟斗夫妻

土曜の朝は本当に清々しい。5時半からは『週刊フジテレビ批評』を見る。K-1に対するクレームを送ったら採用されるかな?

引き続きテレビを見ていたら、F-1バーレーンGPのCMが流れた。バーレーンという中東の風土の中でF-1GPが行われることを強調したイメージCMだったわけですが、海外でGPを開催するのはK-1も同様。

どうでしょうか、開催国の固有の風土を紹介するとともにご当地ファイターをピックアップする等の形式でK-1中継番組を作ってみては? 例えば、スカンジナビGP+魔裟斗&矢沢心夫妻の北欧紀行なんていかがでしょうか?

夏には日照時間が20時間以上にもなる北欧では、真夜中でも太陽が昇った状態、Midnight Sunが見られます。
矢沢心「ねぇ、今、夜中なんだよ〜」
魔裟斗「ね、信じられないよね。太陽が沈んでないじゃん」
矢沢心「ねぇ」
魔裟斗「なに?」
矢沢心「真夜中の太陽ってさ、なんかあなたのイメージにピッタリ」魔裟斗「なんだよそれ(照笑)・・・ん〜、でもわからんでもないかな?」

続いて、スカンジナビアと言えばフィヨルドと呼ばれる入り江も観光名所。そこを2人がクルージングデート。
矢沢心「すごい地形だよね〜。両側が断崖絶壁。ここは川じゃなくて海なんだよ〜」
魔裟斗「♪入〜り江に〜、浮〜かぶもの〜が〜たり〜・・・ってか」
矢沢心「ちょ、ちょっとあんた歳いくつ?その歌、カルロス・トシキじゃん。それに「ってか」って、吉幾三入ってるしw」
魔裟斗「俺だって歌いたくもなるよ、この美しい地形を前にしたらさ」

北欧と言えばサウナ発祥の地。日本のそれとは比較にならない高温サウナに夫婦で挑みます。
矢沢心「暑い暑い〜。あたしもうダメ」
魔裟斗「情けないな〜。俺はまだまだいけるよ」
矢沢心「だって、あなたはいつも試合前の減量でサウナ使ってるもん、平気だよ〜」
魔裟斗「まあな」

数字を取るにはグルメが必須。サーモンやニシンを使った北欧の郷土料理に夫妻で舌鼓。
矢沢心「食べるわね〜」
魔裟斗「大晦日までまだ何ヶ月もあるじゃない。ガンガン食べちゃうよ、俺」
矢沢心「試合直前はすごいストイックになるもんね」
魔裟斗「試合前は美味しい食べ物のことなんか頭から消えるから」

旅先での出会い。今年のスカンジナビアGPに出場するリカルド・ノードストランド(フィクションです)と湖畔で遭遇する魔裟斗。
魔裟斗「K-1でオレに次いで男前のファイター、ノードストランド選手です(笑)。どう、調子は?」
リカルド「私は2004年のスカンジナビアGPに出場し、決勝戦で敗退している。今回はそのリベンジだ」
魔裟斗「やっぱり負けてもリベンジする気持ち、ハートが大事だよね」
リカルド「前回も試合前にこの湖で精神統一したんだ。ここは気持ちが落ち着く場所さ」
魔裟斗「じゃ、優勝することを祈ってるから。頑張って!」

エピローグ。
矢沢心「あたし、オーロラが見たい」
魔裟斗「じゃ、冬にまた来ようか?」
矢沢心「うん!絶対だよ!約束だよ!」
魔裟斗「今年の大晦日で俺も現役引退。だから来年はどこへでも連れてってあげられる」
矢沢心「元日にこっち来ようか?」
魔裟斗「お前は無茶言うよな(苦笑)」

K-1MAX 皆さんの感想

K-1ワールドMAX開幕戦の観戦記に対してお寄せいただいたコメントの集約です。

<ブアカーオ>
・底力を感じた。
・パンチを貰い過ぎる弱点は直っておらず。
・終わった選手と言うイメージ。
・K-1ルールではもう限界。ムエタイルールの試合ならば見てみたい。
・投げまくったことで、ダウンを奪われた汚名を挽回した。
・試合前に下剤でも飲まされたのかと思うほどに精彩を欠いた様子だった。

<ドラゴ>
毎回よく戦っている。

<佐藤嘉洋>
・佐藤は蹴りを出した後にパンチをもらうのが印象悪い。
・パンチをもらってアゴが跳ね上がるのが印象悪い。
・佐藤の無様な敗北に終わったメインイベントで大会自体が台無しになった。
・スタミナ切れとは、メインイベンターの器ではないしプロ失格。
・魔裟斗のことやジャンルを背負うとか言う資格なし。
・帰路につく客を良い気分にさせないで何がメインイベンターか(現地観戦者より)。
・対戦相手の手を挙げる姿に賛否両論。
・日本人2なんて調子に乗るな。
・ドラゴがもっとコンビネーションを打てる選手だったらKOされていた。
・リザーブマッチで復活してほしい。
・お爺ちゃんがお口をポカ〜ンと空けて見ていた。
・魔裟斗にこだわり過ぎ。

<魔裟斗>
・魔裟斗とHIROYAのエキシビションに見入った。
・しょーもないエキシビションだった。
・山本真弘と裕樹の試合を解説させた方が良かった。
・色んな感情がこみ上げてきた。
・武蔵とやってほしかった。
・防具付けて、しかも1ラウンドのみで拍子抜け。

<自演乙>
・自演乙とクラウスは実力差が大き過ぎた。
・スピードもない、蹴りもない。
・日菜太の方が期待できる。
・調子の良し悪しがあるだろうから今後に期待。
・クラウスにKOされて嬉しかった。
・コスプレが似合ってない(禿同 ※web新注)。

<ペトロシャン>
・期待大。絶対王者候補。
・蹴りは素晴らしいがパンチ主体のK-1ではどうか?
・ジャブが素晴らしい。矢のような速さ。

<山本優弥>
・2回戦は誰と当たってもきつそう。

<キシェンコ>
・今まで線が細い印象だったが、今回は力強さを感じた。
・胸板が厚くなっていた。オーラを感じた。

<その他>
・実況がセンスない。
・メインキャスターもしっかりしてほしい。
・大きく差をつけたがるジャッジがいた。
・日本人選手は基礎体力を向上させるためにレスリング等のトレーニングにも取り組むべき。
・初めてこのブログ(K-1心中)を発見した(ありえねぇっ!! ※web新注)

以上、集約させていただきました。佐藤へのダメ出しが多いことは期待の裏返しってことでしょうね。

逆に勝った山本に対するコメントが少なかったのは、誰も期待していないってことです。言うちゃ悪いけど。

そして、皆様のコメントを一言でまとめるとこうなるでしょう。

外国人選手が淡々とキックボクシングやってるだけのような大会はK-1じゃねぇっ!!!

7・13K-1ワールドMAXベスト8も魔裟斗との闘い

MAX開幕戦当日に更新した観戦記でキシェンコの試合の感想が抜けておりました。

印象に残らない試合だったのかな?と思い返すと、強いて言えば三回目のスタンディングダウンはタイミングが早過ぎたかな?と。

試合数が多いから早めに試合をストップするように主催者から審判団に要請が出ていたのかな?、、、そんな印象です。有り得ないことを普通にやってるのがK-1だから。TPOレフェリングは御家芸。

さて、開幕戦の結果はほぼ順当。キシェンコ、サワー、ブアカーオ、クラウス、ペトロシアン、ドラゴ、ホルツケン、山本が二回戦に進出しました。

この八人をクラス分けすると以下のようになるでしょうか?

(超一流)サワー、キシェンコ、ペトロシアン

(一流)クラウス、ブアカーオ

(一流半)ホルツケン、ドラゴ

(二流)山本

昨年までのMAXは、代わり映えしない面子で争っている印象がありましたが、昨年ベスト4の魔裟斗と佐藤がいないことに加えて、サワーとキシェンコに対抗できそうなペトロシアンの出現、クラウスとブアカーオの巻き返しなど、新たな見所が増えました。

そして昨日の抽選会で決まった二回戦のカード。

キシェンコvs.サワーはでかいですね。この2人の内、どちらかしかベスト4に残れないわけで、他の選手にはビッグチャンスと言えるでしょう。鼻水垂らしながら観てる我々としても嬉しい。前述しましたが、昨年ベスト4の魔裟斗、佐藤、キシェンコ、サワーの内、今年は1人しか残らないことが確定したわけですから。フレッシュ!!フレッシュ!!

残りの3枠争いの展望は・・・?

まず唯一の日本人選手としては極めて小粒で頼りない山本は、開幕戦で佐藤に勝ったドラゴと対戦します。

山本は「俺がドラゴを止める」とか言ってるようですが、別にドラゴが日本人キラーであるような印象など誰も抱いていないと思うし(山内がドラゴに負けたことも、一般的には名も無い地味なキックボクサーが当たり前のようにK-1の外国人選手に負けたって印象しか残していないでしょう)、誰も山本がドラゴに勝つ姿をイメージできないでしょ?

苦し紛れにバックハンドブローを繰り出すのかな?肘が当たることを計算に入れて(苦笑)

とりあえず、反則のバックハンドと白鳥の湖みたいなエキセントリックトランクスが見せ場か?

逆にドラゴが山本を完膚なきまで叩きのめせば、日本人キラーという個性が浮かび上がってくるかもしれません。ドラゴvs.TATSUJI、自演乙など、面白そうなカードが組めそうです。

続いてクラウスvs.ペトロシャンですが、これが2回戦で実現してしまうのはもったいない。でも、実際に対戦するとペトロシャンが圧勝したりして。ペトロシャンのジャブとローキックに翻弄されて、ラッシングファイトに手を染めるクラウスの姿を想像してしまいました。

もう1試合はブアカーオvs.ホルツケンですが、とりあえず面白い試合をして注目を集めてくださいとしか言えません。

以上のワールドMAXトーナメント2回戦が行われる7・13大会では魔裟斗のワンマッチが行われることも決まってます。果たして相手は川尻になるのか?

正直、私は川尻以外に相手はいないと思ってます。年を追うごとにスポーツライクな雰囲気が強くなっていくK-1ですが、このカードならば「これぞ格闘技!」と言えるような緊張感あふれる試合になるのは間違いないでしょう。

私がこのカードを自宅でTV観戦するならば、一切のワレモノを収納してからにしますね。

でも、魔裟斗vs.川尻が組まれたら、トーナメントなんてどうでも良くなってしまいますよね(笑)

今後のエントリーでは、7・13MAXの試合会場に足を運びたくなるような刺激のあるワンマッチをいくつか提案していきたいと思います。

web新のK-1ワールドMAX開幕戦 地上波テレビ観戦記

※遅ればせながらMVPとベストバウトのアンケートを開始しました。右サイドバーから投票をよろしくお願いします。



○山本(判定)チビン×
前にも問題提起させてもらいましたバックハンドブローですが、肘ありのキックルールならばOKでも、グローブの部分以外での攻撃が認められていないK-1では反則とすべき。

白ける試合でした。



○ブアカーオ(延長判定)ジダ×
ほらね、私が言ったとおりムエタイの奥深さが伝わる試合だったでしょ?

MMAファイターが初っ端にパンチで突っ込んで来るのは定石。K-1ファイターがフラッシュダウンすることもあるでしょう。しかし、そこで終わっちゃダメなんですよ。

そしてジダを投げ飛ばす投げ飛ばす。これくらい格の違いを見せ付けてくれれば文句ないです。あまりにも面白い試合で、いつの間にか中腰でテレビを観ている自分がいました。

ところで本戦のジャッジで27-27がありましたが、ちょっと理解不可能。



○クラウス(KO)長島×
あんまり気持ち良く負けてくれたんで、二回目ダウンした瞬間に思わず爆笑してしまいました。

まぁ、このまま終わる長島ではないでしょうが、まずは肉体改造から。



魔裟斗(判定なし)HIROYA
つまんねえエキシビションでした。何も起こらなかった。起こるわけないか。



○サワー(判定)ケスナー×
退屈な試合でした。どうあがいてもケスナーに勝ち目なしの試合だったから。かと言ってサワーも攻めあぐねる。放送枠9分間を無駄に使ったようなもの。第1ラウンドに3ノックダウンで終わってしまえば良かったのに。

30-24という判定は凄かった。ケスナーは毎回ダウンしたんでしたっけ?



○ペトロシアン(KO)ハン×
ペトロシアンは良い選手ですね。バランスの良い攻撃と、速くて伸びとキレのあるジャブはこの私も認めざるをえません。

また、組み付いてくる相手の捌き方を見ていると、柔道をやらせても良い線行くんじゃないかと思わせるセンスをも感じました。

ヒース・ヒーリングと偽HGを足したような風貌のチンギスでしたが、今日の試合は生涯最悪の経験になったことでしょう。何もできない上にボディを効かされてKO負けしたわけですからね。



○ドラゴ(延長判定)佐藤×
佐藤はメインイベンター失格。死ぬまで「魔裟斗の下」と言われ続けるがいい。

まさかドラゴ相手にこんな試合をするとは想定外でしたよ、本当に。

魔裟斗に比べて華やかさが足りないとかそんな次元の話じゃないですからね。実力が足りない。

そして、スタミナ切れを起こしてお見合いする姿は普通の人にしか見えませんでした。

K-1MAXの先が思いやられます。今日の中継の中に魔裟斗の過去の試合がいくつか挿入されましたが、そーゆーことなんでしょ。魔裟斗じゃないと数字が稼げない。

K-1ワールドMAXvs.魔裟斗の引退ロード

e22dbc8f.jpg昨日のフットサルは楽しかったなぁ。新緑の中、そよぐ風も心地良く、最高のスポーツ日和でした。

予選リーグは2勝2分の勝ち点8で2位になり、決勝トーナメントへ進出。準決勝は惜しくも1-2で負けましたが、3位決定戦は2-1で勝利しました。

手前味噌ですが、素晴らしい。いや3位になったことよりも、ド下手糞だった選手が点に絡むくらい活躍するようになったことが素晴らしい。昔は誰もいないところにパスを出す、競り合いには絶対負ける、走れなくなっても控えと交代しない等、最悪なプレーの連発だったのに、今日はドリブルで相手を抜くし、ゴールまで決めるしで、今まで練習を続けた甲斐があったというものです。

フットサルが終わって帰宅し、テレビを点けると、サムライTVで4・16DEEP後楽園大会が放映されていました。

いやぁ、自慢の大画面テレビでMIKU選手を見させてもらいましたよ。顔も可愛い上に仕草も可愛い。ファンにとっては何か悪く言われたら頭に血が昇るのも解るような気がしました。

試合の方は相手が弱すぎて何とも言えませんが、次は地元の富山でタイトルマッチをするそうですので、地上波の情報バラエティ番組等で追っかけ特集を組んでみる価値はあるような気がしますね。せっかくの逸材なのですから、周囲の人間は現状に満足せず、世に出してあげられるように何らかの働きかけをしてやって欲しいものです。地上波に登場したら一気にブレイクするでしょ。

宮田の試合も観ましたが、こちらも相手が弱すぎて秒殺勝利。しかし、初っ端に左フックをヒットされたのはいただけなかった。相手が非力だったからノーダメージでしたが、あそこで一発入れられるというのは危ない兆候だと思いました。また、フィニッシュのフロントチョークも強引。相手が相手だったから極ったのでしょう。

メインでは菊野克紀が危なげないKO勝利でDEEPライト級王者になりました。総合格闘技の中で空手の強さを知らしめると同時に、まだまだ総合の打撃には進化の余地もあることを示してくれました。じりじりと相手ににじり寄る独特の構えは、空手の三戦立ちを応用したものだそうです。次はいよいよDREAMで誰と対戦するのでしょうか?非常に楽しみな選手が現れました。

さて、いよいよ開催が明日に迫ったK-1ワールドMAX開幕戦ですが、2009年のK-1中量級チャンピオンを決めるトーナメントよりも、魔裟斗の引退ロードの方が注目されているのが現状じゃないでしょうか?

K-1ファンの方々は「そんなことはない。あくまでもトーナメントが主役なのだ」と言うのでしょうが、それはあくまで井戸の中の声。世間様は「魔裟斗の試合はあと何回観られるのか?」という声一色のはずです。土曜夕方にも、トーナメントを差し置いて魔裟斗引退特集番組が放映されてましたしね。

トーナメント出場選手の中でもっとも魔裟斗を意識しているのは佐藤嘉弘でしょう。その佐藤はドラゴを相手にメインイベントをどう締めることができるでしょうか?魔裟斗が仕留め切れなかったドラゴをどう料理するのか?目の前の敵以上に、魔裟斗人気の方が手強いですからね。強いインパクトを残して勝つ必要があります。

佐藤以外の選手は、魔裟斗が引退することをどう見て、どう行動しようとしているのでしょうかね?名もない外国人選手が幾人かエントリーされてますが、サワーと対戦するリーロイ・ケスナーの所属先は何なの?「アファファ」って?(失笑)

結局は魔裟斗vs.HIROYAのエキシビションマッチが一番インパクトを残しそうな予感がします。単なるエキシビションでは終わらないでしょうから。笑いながら拳を交えあうようではお客さんがしらけちゃいますからね。

エキシビションで使用されるグローブは14オンスだそうですが、14オンスは結構小さいです。ノックアウトも狙えます(私は16オンスを使った試合で、ボディブローでKOしたことがあるけどなw)。HIROYAの頑張り次第で、十分に緊張感のある試合になる可能性はあると言えます。

一方、トーナメントのカードを見てみると、魔裟斗vs.ワールドMAX開幕戦というアングル抜きでも楽しみな試合がブアカーオvs.アンドレ・ジダの一戦です。こちらはムエタイとMMAの他流試合ですが、これまで失態を演じ続けてきたK-1ファイターらとは違い、ブアカーオがムエタイの奥深さを見せ付けてくれるんじゃないかと期待してます。

あとは自演乙vs.アルバートおじさんでしょうか。自演乙がクラウスのリズムをどう崩すか?変則的なパンチとステップワークでクラウスをイライラさせて欲しいですね。非常に楽しみな一戦です。

あとはよう知らん。けど、ダッチムエタイという小さい世界から抜け出てくる意気込みがある選手ならば、私の琴線にも触れることでしょう。そしたらblogに取り上げますよ。

他に比類なき存在 魔裟斗

現在の日本格闘技界で最も有名な選手は魔裟斗でしょう。

そして、他の選手とは桁違いであろう多額のファイトマネーを稼ぎ、女優さんと結婚し、金融商品のCMに起用され、バラエティ番組ではゲストとして最も"高い"座席に座らされる魔裟斗は、金銭的にも社会的にも最も高い次元で欲求を満たしたファイターです。

昨日の引退発表会見が、K-1を放送していないテレビ局のニュース番組でも報じられたことも異例のこと。

まさに他に比類なき成功を収めた格闘家であることに誰も異論は無いでしょう。

そんな魔裟斗が横浜大会の解説中に放った一言が波紋を呼んでます。

「俺を舐めてる奴がいるから、やっちゃおうかな」

舐めてる奴とは、前回のDREAMの煽りVで「再度K-1で戦うなら相手は魔裟斗だけ」と語った川尻達也を指しているのは間違いありません。

実際のところは川尻は魔裟斗を舐めてはいません。K-1公式サイトのインタビューでは、

「魔裟斗さんに勝つなんて、今から陸上を始めて金メダルを獲るくらい難しいですよ」

と語ってます。

しかし、川尻がいくら魔裟斗に勝利することを高いハードルだと語っても、本心から魔裟斗をリスペクトしていたとしても、魔裟斗にとっては自分への挑戦を表明されれば「舐めてるのか?」となるのでしょう。

それは、相手が総合格闘家だろうがK-1ファイターだろうが魔裟斗にとっては関係ないことなのだと思います。

格闘技界において魔裟斗は他に比類なき存在なのだから。

魔裟斗引退、そして・・・K-1心中閉鎖

エープリルフールの今日は、巷ではいろんな嘘が飛び交っているのでしょうね。

「俺の肛門、薔薇の花みたいになってる」

「私のおじいちゃん、今でもシベリアに抑留されっ放しなんだ」

さて、今日はK-1について思うところをいくつか書いてみようと思います。



<K-1におけるステロイド使用>
K-1に限らず日本の格闘技界はステロイドの使用についての対処が甘いようです。

体が急激に大きくなったアリスターについては、ステロイドの使用が公に疑われている中で、主催者は何等コメントを出すこともなく試合に出場させました。

果たしてルールに則った検査は行っているのでしょうか?

この問題は主催者にとっては神経質になるところだと思いますよ。スポンサー離れを招きかねないから。大相撲だってドーピング検査をする時代ですし。



<武蔵vs.田村の展望>
発表もされていないのに気が早いようですが、武蔵-田村戦の展望を。

どなたかがコメント欄に書き込んでくれましたが、アリスターや川尻と違って田村はK-1でも正攻法のスタイルだろうから、K-1ファイターにとってはリズムを崩されることもなく、やりやすい相手ではないか、と。

いや、これはそのとおりかもしれませんね。まずはローキックの蹴り合いから入るキックボクシング的予定調和の世界みたいな。う〜ん、想像できてしまう。

でも、負け戦はしない田村です(HERO'Sでの金泰泳戦は大誤算)。何か策があるのでしょう。



<バンナはOK>
テイシェイラ戦、延長終了のゴングがなると、左手を高々と掲げて勝利をアピールしたバンナ。もし、これが武蔵だったら非難轟々だったでしょうね。

生温い目のKヲタにしか支持されなくなったバンナを見るのは辛いものがありますね。



<魔裟斗、年内引退>
HIROYAとのエキシビションを除くと残り2試合で引退。果たしてそのカードは?

引退試合となるDynamite!!では、今年のワールドMAX王者と戦いたい意向のようですが、7月は川尻戦か?

魔裟斗vs.川尻が実現したら、世界で一番複雑な気持ちになるのはこの私じゃないでしょうか?

川尻選手とはTOSPジムで幾度となくスパーリングを行った私ですので、彼の試合はTVの前で食い入るように応援してきましたが、魔裟斗戦となれば、これまでのようには素直に応援できないと思います。

何といっても魔裟斗は、私が(真剣にではなくても)目指したK-1の頂点に君臨する選手なのだから。



<K-1横浜MVP等アンケート実施中>
当ブログ右サイドバーより投票をお願いします。

web新のK-1横浜TV観戦記その2(這う這うの体で勝利したボンヤスキーに幻滅)

皆さん、正直どう感じましたか?

私は、パワーファイターを相手にしたボンヤスキーの相変わらずの弱々しさしか感じられませんでした。過去にボタやプレデターら大型選手に苦戦したのと同様に。

一方のアリスターは動きの緩慢さが目立ちましたが、パンチと膝蹴りで確実にダメージを与えていました。

この試合のポイントは、第2ラウンドのジャッジだったと思います。私の目には10−9でアリスターでしたが、ジャッジは3人ともイーブンでした。アリスターにとってはアウェーですから致し方ありませんが、もしジャッジのうち2人が私同様の判断を下していたら、第3ラウンドのアリスターの試合運びはもっと丁寧になり、不用意にパンチをもらってダウンするようなことはなかったはずです。

それにしてもボンヤスキーには幻滅しましたね。のそりのそりと近付くアリスターに対して成す術無く後退し、毎度毎度の亀ガード。本来ならば、距離を詰めて来るアリスターに対してジャブや前蹴り、ミドル等で間合いをキープしなければならないのに、それが全く出来ない。

そして、解説の魔裟斗もその効果を認めたアリスターのチャランボが効いて足元は覚束ないわ、鼻血は垂れ流すわで、K-1王者の威厳など微塵も感じられませんでした。

ボンヤスキーはあれで良いと思ってるのかな?思ってるんでしょうね、試合後の表情を見る限りは。

試合に勝ったにもかかわらず試合内容の悪さをリング上から詫びる殊勝な選手もいますが、ボンヤスキーにそんな気持ちは微塵も無いのでしょう。GP決勝という大舞台でダブルビジョンを訴えて試合を終わりにしてしまうだけのことはあります。ボンヤスキーはアレと同じ。目が見えないふりして障害者手帳や生活保護を受給しているオッサン。

試合結果だけを見ればK-1王者が外敵を退けたとなるのでしょうが、そんなもんはKヲタのオカズにしかなりません。何度やっても結果は同じだろうという印象を観客に植え付けるくらいに完勝することがボンヤスキーに与えられた使命だったはずなんですが、何とも煮え切らない一戦となってしまいました。

最後に余談ですが、解説の魔裟斗の発言に注目。

「大晦日からK-1が総合に負け続けていて、俺を舐めたようなこと言ってる奴もいるみたいだから、俺、総合とやっちゃおうかな」

待ってました。他流試合に滅法強い男の出陣予告。魚群並に激熱です。

大晦日Dynamite!!の解説時には、川尻との対戦を谷川に振られても「僕はやりません」と一蹴していた魔裟斗ですが、どうやら重い腰を上げてくれそうです。ワールドMAXなんてどうでもいいから、今年の魔裟斗は他流試合をテーマにしたワンマッチ一本に絞ってほしいと思います。

K-1vs.総合の他流試合はまだまだ続きます。

しかし、忘れてはいけないのは、K-1ファイターは自分達のリングにおいて、自分達のルールで、総合格闘家を迎え撃っているのだということです。

魔裟斗はトーナメントを辞退するべき

一昨日(24日)、囲み取材に応じた谷川EPは、昨年のK-1ワールドMAX優勝者・魔裟斗の今年の動向について、今月中に方向性が出る可能性があることを示唆しました。

方向性とは、昨年制覇したK-1ワールドMAXトーナメントに出場するか辞退するか、です。

それについて、はじめに私の意見を言わせていただくと(誰も聞いてないよw)、魔裟斗のトーナメント辞退は大歓迎です。

その理由としては、魔裟斗自身のモチベーションがそこまで上がらないだろうということが一つ。ただでさえトーナメント戦に関してネガティブな発言をしていた魔裟斗ですから、昨年に2度目の優勝を果たした時点で魔裟斗の中では「トーナメントは終わり」になったと思われます。

もう一つの理由としては、魔裟斗のようなスポンサー受けするスタア選手がトーナメントに出場することで、試合の判定等において厳正なジャッジメントが行われなくなる懸念が挙げられます。昨年もすったもんだありましたが、無理に魔裟斗を優勝させようという余計な働き掛けがなければ、公平なトーナメントが行われることでしょう。

さらにもう一つの理由は、魔裟斗不在のトーナメントであっても、その権威が下がることはないと思われるからです。K-1MAXにおいて、魔裟斗は何人かの強豪の中の一人に過ぎません。魔裟斗以外にサワーやブアカーオ、佐藤、キシェンコなど、優勝候補に相応しい選手が数名いるわけですから、トーナメントの権威という観点からも魔裟斗が抜けることでのマイナス分は極めて少ないと言えるでしょう。

まぁ、その点ではMAXとヘビー級は大違い。昨年のGP開幕戦、シュルトとアーツの一戦では、多少の手数が多かっただけで息も絶え絶えのアーツを判定勝ちさせてシュルトをGPから追放し、決勝大会ではどんぐり達が背比べした挙句、バダ・ハリの反則暴走で幕を閉じました。シュルト抜きで誰と誰が競おうが、「どうせシュルトには敵わないんでしょ?」で終わり。それがK-1ヘビー級の行き詰った現状です。

以上、魔裟斗がトーナメントを辞退するべき理由をいくつか挙げましたが、そうなると魔裟斗の今後は・・・?

取材時に谷川EPは70kgのタイトル創設に言及していましたが、魔裟斗が狙うのはそこ以外にないでしょう。前述したようにトーナメント戦には消極的な魔裟斗でも、タイトルマッチにはモチベーションを上げて挑むのではないかと思われます。

流れとしては、今年の夏に行われるMAXのファイナル8(なんだか書いてて恥ずかしい)の大会で、70kg王者決定戦を行うのはいかがでしょうか?組み合わせは魔裟斗vs.ブアカーオあたりでいかがでしょうか?

となるとこの二人は今年のワールドMAXトーナメントには不参加となります。魔裟斗とブアカーオ抜きでは物足りないとお嘆きのご貴兄もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、毎年変わり映えしない面子で争われる準決勝戦〜決勝戦に飽き飽きしてませんか?魔裟斗とブアカーオが抜けることで、新鮮なメンバーで優勝争いが行われるという効果も生まれるのです。

この記念すべきMAX初となるタイトルマッチの勝者が今年のワールドMAXトーナメント覇者を迎え撃つ形での初防衛戦を大晦日に行うのも良いでしょう。

最後に、魔裟斗の東京マラソン出場について。

魔裟斗の長距離走能力がいかほどのものか判りませんが、『芸能人筋肉番付』に出たときのような失態を演じないで欲しいと願うばかりです。まさか曙に負けることはないでしょうが、運動神経の良さげな芸能人に負けるんじゃないかと心配です。

バダ・ハリと同じ人気選手であるが故の魔裟斗の苦言

BlogPaintクルマのルームミラーに映る利根川の夕陽。赤く輝く太陽が、利根川河川敷に美しい夕焼けの景色を作り出しましたが、冬至間近ですから5時を過ぎる頃には辺りは暗闇に。輝く夕陽は準決勝までのバダ・ハリのようで、その後の暗闇は・・・(なんだそれw)。

K-1公式サイトのMVP投票はバダ・ハリが断トツの一位だとか。でも、毎度のことですが、公式サイトの投票はアンチの冷やかし票が大多数を占めてますからね。バダ・ハリはアンチに格好の餌を与えてしまったわけです。

アンチに煽られる要素が増えるばかりのK-1。

さて、GPファイナル出場者の中で最も期待をかけられていながら、K-1史上最悪のスキャンダラスな事件を引き起こしてしまったバダ・ハリに対して、主催者はどのような処分を下すのでしょうか?

解説席の魔裟斗の発言の影響で「一年間の出場停止」という処分案が一つの基準になりつつあるようですが、私としてはちょっと受け入れ難い部分もあります。あんな事件を起こしたバダ・ハリとは言え、彼の次の試合を観たいというのが正直なところですから。

品行方正だがボクシング技術がアマチュアレベルで、二回りほども体が小さい相手に呆気なくKOされるようなキックボクサーよりも、態度は悪くても強くて色気のあるバダ・ハリの方がはるかに魅力的ではあるとは思いませんか?

しかし、皆様のコメントを読ませていただくと、厳罰を下すべきであるという意見が多いのも事実です。

そこでこんな落としどころはいかがでしょうか?

・ヘビー級王座の剥奪・・・王者としての品位に欠ける。

・ファイトマネー返上・・・ファンに詫びる気があるならば、返上したファイトマネーを何らかの形でファンに還元せよ(例:自腹で「K-1ファン感謝祭」あるいは「K-1大喜利」みたいなイベントを開催)。

・大晦日に“踏みつけ大将軍”マウリシオ・ショーグンと総合ルールで対戦・・・踏みつけられる痛みを味あわせる。さすればレミーを男優呼ばわりできなくなる?

主催者は今週中にも態度決定するようですが、果たしてどんな処分が下されることやら。“心神喪失状態につき処分せず”とかだったら面白い。

ところでコメント欄でURLを教えていただいたので、決勝戦の模様をYouTUBEで再確認させていただきました。

第1ラウンドにハリがダウンした後、ダウンカウントを数え始めるのが遅いことについて魔裟斗が「(今から)ワンじゃないでしょ」と怒りのコメントを発しているようですが(私はTV中継で観た時、「ダウンじゃないでしょ」と聞き違え、魔裟斗にしては珍しく馬鹿な見解だなと思って見てました)、魔裟斗にしてみれば、かつて組織ぐるみで自分に有利な判定を下された挙句に延長戦で完敗したブアカーオ戦の苦い記憶が脳裏に浮かんだのでしょう。

また、MAXを牽引する魔裟斗だからこそ、ヘビー級新世代の旗手であるバダ・ハリの失態は残念極まりなかったことでしょう。

[広告]あの、ハリ−グラハム戦が収録された『K-1 WORLD GP 2006 in AUCKLAND / LAS VEGAS』
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ