長州力

人と人、人と事の組み合わせで新たな価値を創出する

人と人、人と物、人と事の組合せで新たな価値を創出する。

例えば、新日本プロレスのドーム大会で、カードを組むことができない不人気選手を寄せ集めてバトルロイヤルをやらせるにしても、ニュージャパンランボーという呼称を用いるだけで面白そうに思えてくる。

また、プロレスに関するこんなイベントを見つけた。

『GUM ROCK FES.In 日本武道館』

お口の恋人ロッテが主催する「対決」をテーマとしたフェスティバル。そのメインイベントとして、長州と藤波のシングルマッチが行われるのだ。

通常のプロレスとしてはとても武道館のメインイベントとして耐え得るカードではないが、このフェスティバルに組み込まれることで名勝負数え唄が息を吹き返した形だ。

プロレスと言えば、女子プロ界の問題児である世IV虎にしても、プロレスに居場所がなければ、RIZINでギャビ・ガルシアと戦わせれば良い。話題をさらうことは確実。修斗とパンクラスのチャンピオン同士のカードがRIZINで組まれたとしても、世IV虎vs.ギャビに比べたら屁みたいなものだ。

よいこの格ヲタにとっては認めたくないことだろうが、悲しいけど、これ、現実なのよね。

よーし、今日のおさらいしておくぞ。

あぶれたレスラーを集めて、ロイヤルランボー。

対決がテーマのロッテのフェスティバルで蘇る名勝負数え唄

世IV虎とRIZINの組み合わせ。

ギャビと凶悪女子プロレスラーとの組み合わせ。

これらの組合せで新しい価値が創出されるね。


マグマの価値は

“第3新東京ドーム”とか“師弟、心、重ねて”とか“「またぐなよ」の擬似連続予告”とか、エヴァとマグマがこんなに相性が良いとは驚いた。

それにしても「経営が苦しい」とか「まだまだへこたれませんよ」とかガラガラの会場背景予告のようなブラックジョークさえも生温かく包み込むのがプロレスLOVEの良いところなんだと思う。















》web新のTwitter

小手先の打撃。本当に怖い打撃。

別冊・プロレス昭和異人伝のshingolさんと、元新日本プロレス役員・上井文彦氏の対談。こちらで明日まで公開中(延長も?)。全盛期のFEG社内の様子を上井氏が語ってくれてます。


━─━─━─━─━─



印象に残っているプロレスの試合の一つに、長州力と小川直也がタッグマッチで対戦した試合がある。

この試合、小川が長州とがっぷり四つに組むことはなかった。遠い間合いからオープンフィンガーグローブを装着した拳でジャブを繰り出し、長州を遠ざけ続けたのだ。

あのパンチは印象がとても悪かった。いかにも小手先の技といった感じがした。

それとは逆に、打撃の怖さが感じられたのは、あの小川−橋本戦(99年1月4日)での乱闘の中でジェラルド・ゴルドーが繰り出したパンチ。

掟破りして橋本をKOした小川に掴みかかろうとする平田らを制止したのが、ゴルドーのパンチ。まるで槍を突き刺したかのような鋭さだった。平田は頭を下げてゴルドーの胴にしがみ付くのが精一杯で、それを解かれてからは、パンチを恐れて接近することすら出来なかったし、他のレスラーたちも、村上のことは攻撃しても、ゴルドーには誰も近付こうとしなかった。

長州とのグラップリングから逃げるための手段として用いた小川のパンチと、リアルな乱闘の中でレスラーたちをたじろがせたゴルドーのパンチ。同じパンチでも、使う場面によって印象は大きく異なるものだ。





》web新のTwitter
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ