鈴木みのる

web新のプロ格事業仕分け

<期待を込めて採択>
■高木が右肘一閃、修斗王者を秒殺
"ビッグマウス"高木が復活した。レスラーでありながら、今回はスタンドの肘攻撃で相手を斬り裂き、過去には鈴木悟をKOしたこともある高木は買いの選手。

私はムエタイルールでの佐藤嘉洋戦なんて見てみたいと思う。高木が通常試合をしている77kg前後での契約体重ならば現実的。



<方向性次第>
■『SMASH』で小路晃vs.鈴木みのる

真剣勝負の定義が問われる試合と私は見ている。

何も格闘技だけが真剣勝負ではないというのが私の持論。いくらシナリオのない格闘技戦と言えど、そこに闘いがなければ真剣勝負とは呼べないと思うのだ。

逆に、シナリオが決められたプロレスの試合であっても(筆舌に尽くし難いのだが)俗に言う"一瞬のリアリティ"が垣間見れる試合であれば、私は真剣勝負として胸をときめかせながら観戦することが出来るのだ。



<どうでもいい>
■蝶野正洋がIGFプロデューサー就任「自分の生き方を伝える」
蝶野の生き方とは?蝶野のEP就任でIGFがどう変わっていくのか?

私にはビジョンが全く見えません。詳しい方がおりましたら教えてください。


■12.11「K-1 WORLD GP FINAL」制覇へ、グーカン・サキ「僕はダークホースじゃない、本命さ!」


■アーツが本心を語る。今年が最後のトーナメントか!?


アーツやサキの試合より、この画像の方が数倍面白い(面白さの方向性が違うかw)。

web新の格闘ウィークエンダー090117(ミノワvsみのる、修斗伝承、UFC93、石井慧)

<自演乙の試合が観れる>
賛否両論の長島☆自演乙☆雄一郎ですが、私はリング上がすべてだと思ってるんで(プロモーション活動はまた別の意味で重要)、とりあえず2月のMAX予選を観るまでは静観します。

ちなみに過去の自演乙の試合映像をサムライTVで観ることができます。ネット動画が苦手な方におススメです。

「DEEP PROTECT IMPACT 2008」 
2008.12.22新宿FACE
【放送スケジュール】
2009年
1月14日(水)22:00〜24:00
1月16日(金)19:00〜21:00
1月18日(日)15:00〜17:00
1月20日(火) 8:00〜10:00
1月29日(木)26:00〜28:00 他

【対戦カード】
●三島☆ド根性ノ助×北田俊亮
<キックルール>
●長島☆自演乙☆雄一郎×サクシー・ケイ・リバー
●MIKU×篠原光ほか



<2・10DEEPでミノワマンvs鈴木みのる>
プロレスルールで実現とのこと。両者が揃った公開記者会見の様子は以下のとおり。

ミノワマン(緊張した面持ちで)
「今回、鈴木さんと試合をすることになりました。ルールは相手の土俵のプロレスルールで勝負したいと思います。これがプロレスデビューだと思って、自分自身のプロレスをぶつけたい」

鈴木みのる
「美濃輪と一緒に(パンクラスで)やっていて、それから離れて何年か経つけど、俺のこともプロレスのこともナメてると思う。その(ミノワマンの)心の底から粉砕したい」
「やるなら覚悟してやってもらいたい。次の予定とか入れない方がいい。あ、救急病院は予約を入れておいた方がいいよ」

ミノワマン
「子どものころから目指していたのはプロレス。今でもプロレスラーだと思っている。自分自身のプロレスをぶつけたい」

鈴木みのる
「プロレスルールの試合をやっておかないと、恥ずかしくてリアルプロレスラーなんて名乗れないじゃん。だからとりあえずやっておこう……そこがナメてると思うけどな」
「大みそかとかミノワマンがやってるのをテレビで見てるけど、プロレスとはまったく思えない。よく“リアルプロレスラー”を名乗れるなと思ってるよ」
「(先輩を超えたいとか)そういう心配はしなくていい。無理だから。ムダな心配、ムダな努力」

ミノワマン
「自分が見た“リアルプロレス”をぶつけるだけ。(みのるが持つ)プロレスの大技に気をつけたい」

鈴木みのる
「俺、大技ねぇんだけどな」(ニヤリ)

いかがでしょうか?一口にプロレスの試合と言っても具体的にどんな展開になるのか想像できかねますが、この言葉の応酬だけでも十分に期待が膨らみますね。アントンをも唸らすような試合をしてほしい。

ぜひとも観たいカードですが会場観戦は無理なので、サムライTVでニアライブ中継をしてくれると嬉しいのですが・・・。



<1・18『修斗伝承05』に小見川と朴が出場>
出直しと言ったら修斗に失礼ですが、小見川の姿勢は素晴らしいと思います。総合格闘技への取り組みの本気さが伝わってきます。

出直しと言えば、朴光哲も同大会にメインイベンターとして出場します。朴はDREAM.1でハンセンに判定負けして以来の試合ですが、あの試合は観ていて退屈でした。しかもテレビ中継の初っ端にこの試合が延々と3ラウンド通して流されたことが理解不能。DREAMが昨年一年を通して視聴率が振るわなかったのはこの試合が原因じゃないかとも思うわけです。

お茶の間の視聴者に対するDREAMの第一印象を、この朴-ハンセン戦で与えてしまったという致命的な番組編集ミス。どこの馬鹿がディレクターをやってるのでしょうか?

話が逸れてしまいましたが、当大会はサムライTVで1月24日に放送予定です。約一週間遅れ。ちょっと観る気が失せますよね。ニアライブ中継をお願いしますよ。



<お馴染みのファイターが多数出場するUFC93>
あと数時間後に開始するUFC93は、日本の格闘技ファンに馴染みのある選手が何人も出場します。

まずメインに登場するダン・ヘンダーソン。グレコローマンとボクシングを融合させたファイトスタイルでオクタゴンでも結果を出し続けることができるか?

セミはマーク・コールマンとマウリシオ・ショーグンの因縁マッチ。PRIDEでの対戦は、試合序盤にショーグンが腕を脱臼か何かして消化不良で終わってしまいました。セコンドの乱入がかなりエキサイティングだったように記憶してます。コールマンはまだまだ頑張りますねぇ。応援したいです。

デニス・カーンは今回がUFC初登場でしょうか?日本においてはPRIDEで活躍するも、HERO'S、DREAMに移ってからは秋山、ムサシに連敗と精彩を欠いてますが、果たしてどんな試合を見せてくれるのか?階級はミドル級のようですが、ウェルター級に落とすことは不可能なのか?

他にも、古豪ジェレミー・ホーンやパンクラスで育ったとも言えるクリス・ライトルなども出場します。TV放映は、WOWOWにて18日(日)夜11時50分から。観戦記を書こうと思ってますので、ぜひお読みください。



<石井慧がヒール宣言>
アメリカントップチーム(ATT)で練習するために石井が渡米しました。ATTと言えば、DREAMでお馴染みのJZ・カルバンや戦極ミドル級王者のジョルジ・サンチアゴを擁する名門ジムです。石井の成長に期待しましょう。

そして、毒舌も健在。こんな台詞を残して日本を発ちました。

「横綱みたいになりたい。記者に『お前ら、もういいだろ、どけっ!』とか『あっち行け!!』とか悪態をつきたいですね」

「大学なんてどうでもいい。腐ったミカンと一緒にいたら、自分まで腐ってしまう。クビにできるもんなら、やって欲しい。そんな度胸はないと思うけど」

いや〜、痛快ですね。外野の雑音に惑わされることなく(惑うわけないか)、アメリカで伸び伸びと練習して来て下さい。

格闘技ファンで石井を叩く人たちって何なんでしょうね?オリンピックで金メダルを獲ったばかりの現役バリバリの選手がこっちの世界に来てくれたと言うのにね。感謝する以外に無いはずですよ。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ