総合格闘技

日本格闘技界と外敵

日本格闘技界の歴史は、強力な外敵との戦いの歴史であった。



極真空手に衝撃を与え、後にキックボクシングが誕生するきっかけを作ったムエタイ。



そのキックボクシングでは見られない派手なバックスピンキックで日本に一大ブームを巻き起こしたアメリカンマーシャルアーツ。



まさに黒船と呼ぶべきグレイシー柔術が日本の総合格闘技界に技術革新を迫り、バーリトゥードへの開国を余儀なくさせられた。



その後の総合格闘技全盛期に台頭したのが、柔術や柔道、サンボ等をベースにした格闘家らが主宰する町道場だった(グラバカ、修斗ジム等)。彼等はU系格闘技団体にアンチテーゼを投げかけ、実戦でその優位性を実証した。



アマチュア時代の実績で町道場の格闘家たちを凌駕する本格的アスリートたち(世界選手権覇者、オリンピック代表、オリンピック金メダリスト等)が次々とプロ転向し、そのポテンシャルの高さを見せつけたりもした。



K-1では、フランシスコ・フィリヨの神懸かりの一撃が極真ブラジル幻想を膨張させた。



総合格闘家らの猛威にも曝されたK-1。体力面で圧倒され、時にはボクシング技術の低レベルぶりを露呈もした。



大晦日の魔裟斗は外敵を相手にした“異種格闘技戦”の連続だったが、そこで魔裟斗と戦ったボクサーたちは、満足な調整期間を与えられない状態でリングに上がらされた。身内同士の戦いでは有り得ないシビアさに、外敵を迎え撃つことがいかにハイリスクであるかがうかがい知れた(もう大晦日の風物詩が見れないと思うと淋しいものだ。魔裟斗のローキック三昧と饒舌)。



そして現在、外敵の攻撃に曝されているのが日本の総合格闘技界だ。アメリカンMMAに迎合するか独自の道を進むかという方向性が定まらない中で、青木やマッハ、五味ら、日本のトップ選手が金網の中で惨敗し続けている。

しかし、これまでの日本格闘技界の外敵迎撃の歴史を振り返ると、金網やエルボーに適応しながらも、アメリカンMMAに飲み込まれてしまうようなこともなく、更なる進化を遂げるんじゃないかと思えてくる。

ただ、選手個人の技術的な問題はクリア出来ても、桁違いのペイパービューの売り上げ件数に象徴される商業規模の格差に言及して、日本格闘技界の存続を悲観するファンも少なからずいるかもしれないが、日本なりのビジネスモデルが見つかるはずだ。USA Dynamite!!で5万人以上の観客を動員したFEGの実力を侮るな(笑)

今日開催されたSRC.13が、今後のジャパニースMMAの方向性を示すような大会になってくれたことを祈るばかりだ。



※現在外出中につき、SRC.13は予約録画したものを明日視聴して、観戦記を書くことになります。今からK-1心中閲覧を含めてネット断ちいたします。ツイッターについても、よほど訴えたいことでもない限りはツイートいたしません。

それにしても甘デジのルパン三世はすごい爆発力。あっと言う間に5箱出しました。

K-1ファンと総合ファンの線引き?

海外出張でしばらく更新を怠ってましたが、常連の皆様方からは「web新はどうしたのだろうか?」とか「更新を楽しみに待ってますよ!」みたいなコメントが寄せられるかなと思っていたら、書き込まれたのは、

「インフルエンザか、豚野郎」

・・・・・。

まぁ、よがんすべ。『K-1心中』に生温い空気は不要ってことよ。

世の中には星の数ほどのblogがありますが、そのほとんどがヲタ同士の寄り合いだったり傷口の舐め合いだったり、外部から見ると薄気味悪いようなコミュニケーションばかり。

そのような寄り合い系blogには、そのblogで取り扱っている題材の印象を悪化させる危険性が秘められてます。例えば、かつて゛打倒『K-1心中』゛をスローガンに掲げたK-1ファンのblogがありましたが、あまりにも盲信的にK-1を賞賛する内容に対して、「このblogを読んでるとK-1が嫌いになる」という趣旨のコメントがいくつも寄せられていたように記憶しています。

そのblogの管理人さんがK-1を愛する気持ちは理解できますが、極めて人目に付きやすいスポナビブログを利用したり『K-1心中』に絡むことで多くのアクセス数を稼ぐのであれば、より多くの人間がK-1に興味を持ってくれるような内容のblogを書くべきでしょう。間違っても「K-1の素晴らしさが解る人だけが楽しめれば良い」みたいな姿勢を打ち出してはいけません。かつては多くの一般大衆にとって関心の的であったからこそK-1は絶大な人気を誇ったわけですから。それに、そもそも一般的にK-1ファン=素人ファンと認識されている中で、玄人のつもりで何を書いても嘲笑されるだけなのです。

K-1が好きならば、まずはK-1の現状に目を背けないこと。ネット上で「K-1(笑)」みたいな扱いを受けて久しいですが、昨年大晦日の惨敗劇でさらに権威が失墜したのがK-1の現状です。

秋山のオイル問題はスルーしようとした体たらくの専門誌も、さすがにK-1惨敗については大きな問題として誌面で取り上げているようです。

ここで私が一つ言いたいのは、K-1惨敗を総合のファンが喜んでいるという風な見方は絶対にしてはいけないってこと。

そもそもK-1と総合に線引きして何になる?

総合のファンが「K-1(笑)」を念頭に置くようなネガティブな見方でK-1に接することは、総合のファン自身にとってもK-1にとってもベストな形ではありません。

総合もK-1も互いに敵視してどうするの?って。世の中には目標にしなければならない商業規模を誇るプロスポーツがいくつもあります。総合もK-1も同じプロ格闘技として、社会的地位を高めていかなければならないのです。

総合とK-1が敵対するのはリング上だけで十分。

今年のK-1のテーマは、「総合のファンをいかに取り込むか」です。ダッチムエタイという小さい世界に止まることなく、K-1ファイティングネットワークの中心となる日本の市場を活性化させるためには、総合のファンにもチケットを購入してもらう必要があるのです。

総合のファンを取り込むことが出来れば、GP決勝大会を再び東京ドームで開催することも夢ではないでしょう。

当ブログにおいては、専ら総合を観戦しているファンの方々ともK-1の面白さを共有できるようなエントリーを従来どおりに書いて行きたいと思ってます。



※海外出張は嘘です。本当の更新遅延の要因はいくつかございます。

まず一つは、年度末はテンションが下がる時期ってこと。一年間のダメダメな仕事ぶりのツケが回ってくるから(笑)

もう一つは花粉症。30年近く苦しんでます。


58b24f50.jpg〔広告〕欲情の作法

男と女の根源的な違い。それを理解すれば、新しい愛がはじまる。実践的最新恋愛講座。

ワールドビクトリーロード

本題に入る前に所信表明の書き漏れ分を一つ。

身の丈に合った物書きを心がける
K-1心中がいくら多くの方々に支持されているとは言え、私は格闘家としても物書きとしても単なる素人でありますから、常に謙虚な姿勢を忘れないようにしたいと思います。

自分のブログを紹介するときに、「舌鋒鋭く」とか「格闘技界をメッタ斬り」とか「鋭い視点で・・」みたいなフレーズを用いる人もおりますが(能力がある人はそれで良いと思います)、私は常に自分を省みて、身の丈に合った物書きをしていく所存です。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さて、日本に新たな総合格闘技団体が発足しました。

「ワールドビクトリーロード」

そして、

「日本総合格闘技協会」

細かい情報はスポナビや他のブログを参照していただくとして・・・

私はこのグループの本気さを感じ取りました。彼らは総合格闘技を本気で世に送り出そうとしています。

コミッション委員会を設置した公明正大な競技運営が機軸。

某団体のEPが口先だけでそのようなことを打ち出したことがありましたが、こちらはすでに中枢が組織化されています。

そして、既存の団体とも協力関係を築く準備があるということで、日本の格闘技界が再編されそうな予感を感じます。

FEGもつべこべ言わずに傘下に入ってください。自浄作用なんて期待できないのだから。

「日本総合格闘技協会」が「FEG」や「ワールドビクトリーロード」等の運営団体を統括する。それで良いじゃないですか?

またおって(・∀・)/

≫≫≫人気blogランキングへ

HERO'Sの63kg級でKIDvs所の実現を

KIDのアマレス北京五輪チャレンジは、同級第一候補の湯元選手が世界選手権で1回戦負けしたことにより、首がつながった形になりました。

しかし、当初は私もKIDのアマレス復帰を応援していましたが、今となっては総合に専念して欲しい気持ちが強いので、喜んで良いものかどうか。それにKID自身も以前のような五輪へのこだわりがなくなっているような気がするのですが、それは私の気のせいでしょうか?

ところで、KIDが総合で主戦場とするHERO'Sですが、KIDのための階級としてミドル級の下に63kg級が設定される公算が高いようです。

その場合、他の日本人選手は誰かしら?と考えると、70kg級(ミドル級)としては体が小さくて苦戦続きの所英男らを受け入れるには、63kg級は軽過ぎると思われます(これから体も大きくなるでしょうから)。

逆にレスリング60kg級も視野に入れているKIDにしてみれば、所らに適するであろう65kg級は重過ぎるとなります。

主催者としては当然ダントツの人気を誇るKIDに適した63kg級の新設を推進するのは間違いないでしょうが、一方で63kgと70kgの中間の階級を作るとは考えにくい。そこまで階級を細かく設定するに見合うだけの人材がいないから。

このように、階級の間隔が離れ過ぎていると、所のように“デッドゾーン”に入ってしまう選手が現れ、せっかくの人材を活かせなくなるという現象が起きます。

当然KIDには新たな階級でがんばって欲しいですが、果たしてHERO'S中量級のエース候補だった所はこの先どうやって表舞台に再浮上しようと言うのでしょうか?

先日のミドル級トーナメントを目の当たりにして、所がそこに割り込むのはほぼ不可能であることは誰しも異論はないでしょう。

となれば、せっかく体を大きくしてきたこれまでの方針を180度転換し、63kgまで減量しなければなりません。

それに成功すれば、KIDvs所という夢のカードといっても過言ではない組み合わせも生まれるわけで、これはこれで歓迎すべきことだと思います。

問題提起したと思ったら勝手に答えを導き出したり、私も忙しい人間ですわ。

またおって(・∀・)/(まとまらない文章を締める際にも有効活用できるこのフレーズ。使い勝手良し)

≫≫≫アークショーーーーン!!人気blogランキングへ

PRIDE一部カード発表

私の提示した予想カードをあざ笑うかのようなタイミングでPRIDE34の第一弾カードが発表されました。

<ライト級ワンマッチ>
青木真也(日本/パラエストラ東京
ブライアン・ローアンホー(オランダ/レッドデビル)

<ウェルター級ワンマッチ>
瀧本 誠(日本/吉田道場)
ゼルグ“弁慶”ガレシック(クロアチア/チーム・トロージャン)

<ミドル級ワンマッチ>
ヒカルド・アローナ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
ソクジュ(カメルーン/チーム・クエスト)

ローアンホーとガレシックの実力が未知数なので何とも言えませんが、瀧本の惨敗ぶりが見れればそれで満足です。ガレシックがんばれ!でも"弁慶"ってミドルネームがどうも、、、。キテレツなミドルネームを持つ選手はしょぼいからなぁ。"PLAYBOY"とか。

PRIDEデビュー戦でホジェリオを秒殺したら、次はアローナ。果たしてソクジュはこの険し過ぎるハードルをクリアできるのか?

アメリカ大会が延期になるという不吉なニュースを吹き飛ばすようなサプライズカードを期待してます。

HERO'S観戦記 その一

■モーvsミンス
風呂から出たらマイティ・モーが勝ち名乗りを受けてました。モーがパンチで勝ったのは予想通りですが、HERO'Sはキム・ミンスをどう扱いたいのかよくわからないというか酷使し過ぎじゃないか?せっかくの柔道五輪メダリストなんだから、もっと使い方があると思いますよ。

■高谷vsジダ
すごい喧嘩をみせてもらいました。普通の人間いや普通の格闘家だったら最初の右アッパーで鼻骨のみならず心も折れてますよ。

■上山vsシャオリン
シャオリン、強過ぎる。パウロ・フィリオを彷彿とさせる極めの強さを感じました。シャオリン、シャオリンって言ってると何だか柔術ヲタみたいで恥ずかしいわっ!

■ベルナール・アッカvs韓国相撲
最初のハイキックは相手が相手だけに決まった感じでしたが、素直にこの勝利を評価するしかあるまい。ついでにレフェリーのストップのタイミングも良かったです。こちらも素直に評価しましょう。大晦日はよほど応えたみたいですね。

秋山の対戦相手決定的

桜庭欠場により秋山の対戦相手はK-1GP開幕戦のあとに発表されるとのことですが、もう決まりでしょう。

1回戦、不可解な裁定で秋山に負けた金泰泳選手しかいませんよ!

PRIDE武士道 勝敗予想

<第12試合 ライト級ワンマッチ>
○五味隆典(日本/久我山ラスカルジム)
●デビッド・バロン(フランス/フレンチコネクション)
今は五味が負ける時ではないから、これは五味が勝つ試合。スタンドのパンチでKO。

<第11試合 ウェルター級グランプリ 2回戦>
●三崎和雄(日本/GRABAKA)
○ダン・ヘンダーソン(米国/チームクエスト)
三崎にとっては前回の対戦が最大の勝機だった。今回はダンもしっかり調整してくるはず。ダンの判定勝ち。

<第10試合 ウェルター級グランプリ 2回戦>
●郷野聡寛(日本/GRABAKA)
○ゲガール・ムサシ(オランダ/レッドデビルインターナショナルジュロージン)
寝て強し、立てばなお強し。圧倒的なリーチ差に苦しむだろう。ムサシの判定勝ち。

<第9試合 ウェルター級グランプリ 2回戦>
○長南 亮(日本/チームM.A.D)
●パウロ・フィリオ(ブラジル/ブラジリアントップチーム)
パウロの顔が腫れる。TKO。

<第8試合 ウェルター級グランプリ 2回戦>
○デニス・カーン(韓国/アメリカントップチーム)
●アマール・スロエフ(アルメニア/レッドデビル)
スタンドのパンチでKO。

<第7試合 ワンマッチ>
○美濃輪育久(フリー)
●バタービーン(チームバタービーン)
なんやかんや言っても、結局は無難に足関節で一本。

<第6試合 ライト級ワンマッチ>
○桜井“マッハ”速人(日本/マッハ道場)
●ルシアノ・アゼベド(ブラジル/ヘノヴァサオンファイトチーム)

<第5試合 ライト級ワンマッチ>
○石田光洋(日本/Tブラッド)
●クリスチャーノ・マルセロ(ブラジル/シュートボクセアカデミー)
意表を突くハイキックで尻餅をつくが、体勢を立て直しパウンド葬で判定勝ち。

<第4試合 ライト級ワンマッチ>
○川尻達也(日本/Tブラッド)
●クリス・ブレナン(米国/ネクストジェネレーション)
コーナーでのスタンドレスリングを制し、テイクダウン。パウンドでTKO。

<第3試合 ライト級ワンマッチ>
○帯谷信弘(日本/総合格闘技木口道場チームラスカル)
●ギルバート・メレンデス(米国/シーザー・グレイシーアカデミー)

<第2試合 ライト級ワンマッチ>
●青木真也(日本/パラエストラ東京)
○ジェイソン・ブラック(米国/ミレティッチMA)

<第1試合 ライト級ワンマッチ>
●日沖 発(日本/アライブ)
○ジェフ・カラン(日本/チームカラン)

HERO'Sミドル級と武士道ライト級

シリーズ化したこの話題ですが、赤蠍さんからコメントが寄せられました。表面的な事象で判断し、武士道>HERO'Sというイベントの格付けをされがちな世論(と言うか私の私論)に警鐘を鳴らすご意見です。

まずもって赤蠍さん、コメントありがとうございます。

さて、私はK-1とPRIDEのどちらを愛しているかと聞かれたらK-1と答えます。K-1を愛しているからこそ苦言ばかりになってしまいます。

が、ここ数年はPRIDEの方がはるかに面白いと感じてます。

自分の中では、かつて同じジムにいた川尻選手や石田選手が武士道で活躍していることへの羨ましさ、K-1(HERO'S)の大会運営のダメさ加減が入り混じり、ダメだし記事ばかり書いてしまいます。

言われてみると、HERO'SにはKID、須藤、宇野、ヤヒーラ、メンジバー、カルバンら強豪が揃いました。あとはこれだけの素材をどう料理するかです。このへんがどうもHERO'Sは下手糞な気がします。

赤蠍さんからの別のご指摘で、体格的に不利で勝算が低くとも高額なギャラをもらってHERO'Sミドル級のオファーを受けた軽中量級の選手(所、高谷ら)の判断は責められるべきものではないというコメントをいただきました。

たしかにKIDの成功例がありますから、少ないチャンスにかけることは間違いではないでしょう。

ただ、例えば須藤と高谷がゴング前に対峙するシーンを見ると、どう見ても高谷が勝てそうもないほどの体格差、オーラの違いが伝わってきます。試合内容にしても、先にコメントをいただいた「い」さんは高谷が中盤までは攻勢だったと指摘されましたが、私の見方としては逆に須藤の懐が深かったと感じました。

現実的にはミドル級未満では大きなイベントがないわけですから、選手の金銭的・社会的欲求を考えれば、本来の階級よりも重い階級に出場することは致し方ないので、であればKIDのように2階級上の選手を倒すだけの技術、体力を養って試合に臨んでほしいと思います。

昔からの常連さん以外にも、「い」さんや赤蠍さんのように私の記事をチェックしてくれている方々がいる、しかも内容について見識のあるコメントを寄せてくださる。今後はより一層ブログの更新に精が出ます。

なんじゃこりゃ!HERO’ミドル級。一方、武士道ライト級は・・・

KIDの離脱によって興醒めした感が強いHERO'Sミドル級。

加えてKIDに勝ち逃げされた形の須藤も欠場。大晦日には中途半端な状態でTKO負けし、並々ならぬ復讐心を抱いていただろうに、戦う意欲も失せたのだろう。また、この出場メンバー8人の中の一人に加わるのを嫌ったか。自身のステータスをも貶めかねないと。

それにしても本当にひどい面子です。まぐれ勝ちした総合グリーンボーイのマンバ、そのマンバに負けたが敗者復活した所、昨年のトーナメントで須藤に格の違いを見せつけられた高谷、変則マッチでやっとKIDと試合になった安廣。

う〜ん、、、出場メンバーの一人、元“メジャーリーガー”の宇野が可哀想な気がしてきました。

所もなんだか人気が出ましたが、フランカ・ノゲイラにまぐれ勝ちしただけのバブル人気じゃない?風呂なしアパートに戻る日も遠くはない?メンジバー戦で真価が問われるでしょう。

一方、出場選手といくつかのカードが発表されたPRIDE武士道ライト級は猛者揃いって感じ。帯谷の鋭い眼光におじさんの子宮がキュンとしちゃった!(え?)ただ、青木と日沖(←何者?)を含めて世界王者トリオってのは言い過ぎな気がしますけど。

五味、マッハ、川尻、石田は絶対に面白い試合になりそうだもんなぁ。ぐだぐだ判定になる見込みが極めて少ないというのは強みですよ。

HERO'Sは彼らを向こうに回して「世界最強王者決定戦」と銘を打つのはいかがなものか?70キロ級と85キロ級を同時開催するHERO'Sと武士道はどうしても比較されてしまいます。誰がどう見ても劣勢な(特に中量級)HERO'Sに出場する選手に奮起を促したい(なんだ?俺は主催者か?)。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ