東京マラソン

魔裟斗はトーナメントを辞退するべき

一昨日(24日)、囲み取材に応じた谷川EPは、昨年のK-1ワールドMAX優勝者・魔裟斗の今年の動向について、今月中に方向性が出る可能性があることを示唆しました。

方向性とは、昨年制覇したK-1ワールドMAXトーナメントに出場するか辞退するか、です。

それについて、はじめに私の意見を言わせていただくと(誰も聞いてないよw)、魔裟斗のトーナメント辞退は大歓迎です。

その理由としては、魔裟斗自身のモチベーションがそこまで上がらないだろうということが一つ。ただでさえトーナメント戦に関してネガティブな発言をしていた魔裟斗ですから、昨年に2度目の優勝を果たした時点で魔裟斗の中では「トーナメントは終わり」になったと思われます。

もう一つの理由としては、魔裟斗のようなスポンサー受けするスタア選手がトーナメントに出場することで、試合の判定等において厳正なジャッジメントが行われなくなる懸念が挙げられます。昨年もすったもんだありましたが、無理に魔裟斗を優勝させようという余計な働き掛けがなければ、公平なトーナメントが行われることでしょう。

さらにもう一つの理由は、魔裟斗不在のトーナメントであっても、その権威が下がることはないと思われるからです。K-1MAXにおいて、魔裟斗は何人かの強豪の中の一人に過ぎません。魔裟斗以外にサワーやブアカーオ、佐藤、キシェンコなど、優勝候補に相応しい選手が数名いるわけですから、トーナメントの権威という観点からも魔裟斗が抜けることでのマイナス分は極めて少ないと言えるでしょう。

まぁ、その点ではMAXとヘビー級は大違い。昨年のGP開幕戦、シュルトとアーツの一戦では、多少の手数が多かっただけで息も絶え絶えのアーツを判定勝ちさせてシュルトをGPから追放し、決勝大会ではどんぐり達が背比べした挙句、バダ・ハリの反則暴走で幕を閉じました。シュルト抜きで誰と誰が競おうが、「どうせシュルトには敵わないんでしょ?」で終わり。それがK-1ヘビー級の行き詰った現状です。

以上、魔裟斗がトーナメントを辞退するべき理由をいくつか挙げましたが、そうなると魔裟斗の今後は・・・?

取材時に谷川EPは70kgのタイトル創設に言及していましたが、魔裟斗が狙うのはそこ以外にないでしょう。前述したようにトーナメント戦には消極的な魔裟斗でも、タイトルマッチにはモチベーションを上げて挑むのではないかと思われます。

流れとしては、今年の夏に行われるMAXのファイナル8(なんだか書いてて恥ずかしい)の大会で、70kg王者決定戦を行うのはいかがでしょうか?組み合わせは魔裟斗vs.ブアカーオあたりでいかがでしょうか?

となるとこの二人は今年のワールドMAXトーナメントには不参加となります。魔裟斗とブアカーオ抜きでは物足りないとお嘆きのご貴兄もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、毎年変わり映えしない面子で争われる準決勝戦〜決勝戦に飽き飽きしてませんか?魔裟斗とブアカーオが抜けることで、新鮮なメンバーで優勝争いが行われるという効果も生まれるのです。

この記念すべきMAX初となるタイトルマッチの勝者が今年のワールドMAXトーナメント覇者を迎え撃つ形での初防衛戦を大晦日に行うのも良いでしょう。

最後に、魔裟斗の東京マラソン出場について。

魔裟斗の長距離走能力がいかほどのものか判りませんが、『芸能人筋肉番付』に出たときのような失態を演じないで欲しいと願うばかりです。まさか曙に負けることはないでしょうが、運動神経の良さげな芸能人に負けるんじゃないかと心配です。

東京マラソンの"関門乱闘"を空想する

芸能人も多数参加した東京マラソン。カンニング竹山や猫ひろし、勝又、ジャガーの夫、日テレのアナウンサーらがゴールする度に徳光が涙。

そんなに感動的ですか?

義足の人が頑張ってる姿には素直に声援を送りたくなりますが、なんで健常者が5時間6時間もかけて完走して涙してるのよ?

そんな安っぽいヒューマンドラマのような風景よりも、私が面白いと思ったのは、コース途中に設けられた関門を制限時間内に通過できるかどうかの瀬戸際の様子。例えば最終第8関門の豊洲駅前を6時間24分以内に通過できないと、バスに乗せられて強制送還されてしまうのです。

数秒遅いだけで通過できなった人の不満そうな顔ったら。不満ならばもっと速く走れば良いじゃないかと思うんですが、私は高みの見物をしながらこんなことを空想してしまいました。

制限時間が過ぎたため、失格したランナーに向かって両手を広げてコースを遮る係員。その係員に対し、そこ退けそこ退けと詰め寄るランナー。仕舞いには乱闘が始まるが、相手の目やアゴなどの急所は殴らない。まさにお互いのプライドがルール。相手が前傾姿勢になったところで2〜3秒の間を置き、小刻みに助走をつけて鳩尾にトーキック。倒れた相手の背中にオーバーアクションのストンピング。バウンドする受け手。

これが東京マラソン名物の"関門乱闘"だ!!!みたいな。早過ぎる春の風物詩としていかがでしょうか?

え?あり得ないって?まぁ、そりゃそうですね。お互い見ず知らずの人間同士が殴り合いなんてしたら大変な惨劇になってしまいます。

高度にディフォルメされた戦いは、プライドと確固たる格闘技の下地を持つ男たちだからこそ演じることが出来るわけですから。

素人が関門を通過したいがためにやれるような芸当じゃございません。それだけはハッキリ言わさせてもらうわ。

え?自分で空想しといて誰に向かって断言してるんだ?ってか。

それはですね、お笑いやアイドルの引き立て役程度の存在感しか示せない、昨今のダメレスラーに対しての台詞ですよっ!

わけわかめ?ぃゃはは。芋洗坂係長に免じて許してやってつかぁさい。

≫≫≫人気blogランキングへ
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ