映画

スターウォーズEP7の物足りなさと新境地

今月18日に公開されたスターウォーズEP7は、既に2回鑑賞してきました。2回とも2D字幕です。

スターウォーズですから面白くない訳はありませんが、何か物足りないんですよ。何が物足りなかったか考えてみました。

まず、抜群にカッコ良いシーンが無かったこと。例えば、EP2で言うと、ジオノーシスの戦いの中でトレバー卿を撃ち殺したジャンゴ・フェットが、ガンマンよろしく拳銃を指で回してから腰のホルダーにしまうシーン。あれは何百回観ても飽きない。また、ジャンゴがメイスに殺される直前、正確な射撃で猛獣を1発で仕留めるシーンも最高だった。EP7においても、行方不明だったポー・ダメロンがXウィング戦闘機に乗って登場するシーンで、戦闘翼を開く場面で「Set,Attack position!」みたいな号令があれば何百回でも観たくなるシーンになったはずだ。

あと物足りなかったのがクリーチャー。なんなんだ、あの、ソロが輸送していた怪物は。メンインブラックに出てきそうなノリの暴れ方だったけど、スターウォーズはもっと途方もないクリーチャーを登場させるべき。例えばEP1のサンドアクアモンスター。体長数百メートルはあろうかという巨大さに度肝を抜かれた。また、アニメ『クローンウォーズ』で、アナキン率いる爆撃機編隊がバルモーラ・ランで遭遇したネブレイマンタ。超巨大なエイのような生物と宇宙空間で遭遇するって、スターウォーズならではの世界観だよね。

逆にEP7で新しく見ることができたのは、ストームトルーパーの人間味。EP4をオマージュしたであろう立ち話のシーンはさて置き、宇宙から降下中の揚陸艦の中で待機する姿からはトルーパーたちの緊張感が伝わって来たし、レイに逃げられたカイロ・レンが一人でキレている場面に遭遇した2人組が踵を返して立ち去るシーンでは「あー、またやってるよ」という心の叫びが聞こえてきそうでユニークでした。ライトセーバーを持つフィンと戦ったトルーパーの白兵戦用ウエポンも凄かったし、フィンを見つけた時に裏切り者と言い放つようなシーンは、旧三部作ではあり得ませんでした。

いやー、スターウォーズって本当に良いですねー。正月が終わって席が空いてくるであろう頃に4D版を観に行こうかな^ ^

では最後に皆さん、いつものやつをご唱和お願いします。私が「なに?バルモーラ・ランだと!?」と言ったら「まずい!すぐに引き返せ!!」ですからね…って、そんな唱和があるかっ!

ヤングスカイウォーカーが再び暗黒面に足を踏み入れる物語

030b8dda.jpg今日は何の日でしょーーーかっ?

映画『クローンウォーズ』の先行上映日ですっ!!!私は今宵のレイトショーのチケットを予約済です。

『クローンウォーズ』とは、『スター☆ウォーズ』(☆マークなんて入ってないだろw)のエピソード2と3の間の物語をCGアニメで映画化したものです。

CGとはいえアニメというと敬遠しがちな御仁もおられるかと思いますが、この映画に限ってはとんでもないですよ。実写に劣らぬ出来映えであろうことは私が保証します。

そもそも『スターウォーズ』の新三部作は、実写とは言ってもCGだらけの映画のため、今回のアニメ版も違和感なく受け入れることができるはずです。

それに効果音は新三部作と全く同じ。ライトセーバーの音、戦闘機の飛行音、ドロイドの音声など、当然ですが実写と全く同じです。

登場人物にしても雰囲気がとてもよく出ています。予告編で見たドゥークー伯爵なんて、クリストファー・リーの演技以上に“セレーノの貴族”っぽい高慢さがにじみ出ているし、その配下にある分離主義勢力の幹部たちに至ってはエイリアン種族ですから実写もアニメもまったく同じといっても過言ではない出来映えで登場することでしょう。

主役のヤングスカイウォーカーにしても、大根役者のヘイデン・クリステンセン(『ジャンパー』主演)に比べればアニメの方がマシなくらいです(言い過ぎ?)。

また、『クローンウォーズ』の時系列は前述したとおりエピソード2と3の間ということで、エピソード3で惜しくも暗殺されてしまったジェダイナイトらが活躍するシーンを見ることが出来るはず。その代表格がメイス・ウィンドウであることに誰も異論はないでしょう。3では、シディアスをあと一歩のところまで追い詰めながら、血迷ったヤングスカイウォーカーに斬りつけられて形勢逆転されるとシスの電撃を受けてビルから落下し、摩天楼の露と消えたウィンドウ。思えばシディアスとヴェイダーの初めての共同作業の犠牲になったのがウィンドウだったのです。

そんな“ジェダイ最強の戦士”が『クローンウォーズ』で“復活”するわけですが、なんとその声を担当するのが、サミュエル・L・ジャクソン。メイス・ウィンドウその人なのですっっっ!ひゃっほーーーーぅ!「Not!yet!」

そう言えば新三部作でメイス・ウィンドウ役に選ばれたサミュエル・L・ジャクソンは、マスターヨーダと共演できることに小躍りして喜んだと言う話です。かなり思い入れのある役柄なのでしょう。

できればオビ=ワンの声もユアン・マクレガーにやってほしかったなぁ。クローントルーパーの声も微妙に重要だけど、まさかティムエラ・モリソン本人ではないだろうなぁ。

さて、『クローンウォーズ』のあらすじですが、銀河共和国と分離主義勢力との戦争が激しさを増す中、ジェダイ評議会にある要請が届きます。

“ジャバ・ザ・ハットの息子が誘拐された。救出して欲しい”

巨大犯罪組織の首領であるハット卿との関係を友好にすることで銀河辺境域での物資等輸送ルートを確保するなど戦況を有利に進められると考えたジェダイ評議会は、その要請を受諾。アナキン・スカイウォーカーたちを救出の任務に就かせるのだった。

・・・とそんな感じで始まるストーリーです。

やばいっ、絶対にやばい展開。アナキンとハットが関わるなんて、ただで済むわけがない。そこにドュークーの手下である゙はぐれジェダイ゙アサージ・ヴェントレスが絡んでくると、、、。

あー、もうやだ。観るのが怖い。多分、アナキンは生まれ故郷の惑星タトゥイーンで、ハットの裏切りやヴェントレスの卑劣な戦法に理性を失い、再びダークサイドに足を踏み入れることになるんだろうなぁ。母の敵討ちとしてタスケンレイダーを惨殺した時のように、、、。

[追記]
多分、ヴェントレスに追い詰められて、弟子のアソーカが殺され、アナキンは暗黒面の淵に・・・。そんなクライマックスが目に浮かぶ。

ジェダイパダワンのアソーカは、見るからに足手まといキャラだもんなぁ。

ピンキリって言葉はジェダイのためにあるようなもんでね。アナキンやケノービ、ウィンドウ、そしてヨーダのように、単独でドロイド部隊を殲滅してしまうような強いジェダイってのは、実はほんの一部なんですよ。

ちなみにナイトになれない不出来なパダワンはジェダイ農場で働くことになるんですよ。スターウォーズトリビアでした。

いよいよ上映です。

エレファントマン

9d2cf218.jpg『エレファントマン』という映画はご存知でしょうか?

単に怖いだけの映画ではありませんが、この映画を見た誰も彼もがヒューマニズム的なものに感動しなければならない訳でもありません。

見世物小屋にいた“エレファントマン”ことジョン・メリック青年は、ある医師に救出され、入院生活を送ることになるのですが、何も知らない女性看護師がメリックに給食を運んで行ったシーンが非常に怖い。恐怖と恐怖の衝突みたいな。メリックの顔を見た看護師は恐怖でショック状態に陥りましたが、一方のメリック自身も、それまでは家畜同然の扱いを受けてきたため、人間と接触するのが怖いのです。

“エレファントマン”はその後、どのような人生を歩み、どのような最期を迎えたのでしょうか?映画『エレファントマン』は、こちらよりお買い求め下さい。

余談ですが、娘とスーパーで買い物をしていた時のエピソードを1つ。

娘と店内通路を歩いていると、対面から顔が奇形の男性が歩いて来まして、もし娘が露骨な反応を示したら失礼してしまうなと緊張しましたが、娘はほとんど何の反応も示さずにすれ違いました。その後、商品棚の影で私は娘を抱き寄せ、「お前は偉いな。お利口さんだな」と語りかけると、娘はしくしく泣き出しました。

私は娘が、男性の顔を恐れて泣いたのではなく、男性の境遇が可哀相で泣いたのではないかと思ってます。

他人の心の痛みが分かる人間に育ってほしい。私のこれまでの人生を反省し、娘にはそうあってほしいと願ってます。

最後に、“エレファントマン”メリック青年が書き残した詩を紹介します。(X51.orgより引用)※リンク先には、見る人によっては恐怖を感じる画像が掲載されておりますので注意してください。

”私の姿がどこかおかしいのは事実だ
しかし私を咎めることは神を咎めることだ
もし私が自分を創りなおすことが出来たならば
私はあなたを落胆させはしないだろう

もし私が巨大で塔に触れることが出来たとしても
あるいは手のひらで海を掴むことが出来たとしても
私は精神によって測られるべきである
精神こそが、人間のもの差しなのだから”
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ