天田ヒロミ

夢が膨らむBOXFIGHT

BOXFIGHTの旗揚げ興行のメインカードが決まった。天田ヒロミvs.須藤信充。非常に楽しみなカードだ。

今年に入ってから突如旗揚げが発表されたこの新興格闘技イベントについて、これまでに何人かのブロガーが言及しているのを見かけたが、格闘技の本質を理解しているブロガーほどBOXFIGHTに高い評価を与えているように思える。

さて、BOXFIGHTとは、短期決戦型のボクシングであり、蹴りなしのK-1でもある。

10ラウンドとか12ラウンドのボクシングを観続けるのは辛い。選手に余程思い入れでもない限りは敬遠されがちだ。その証拠に、ボクシング界ではA級ボクサーの4ラウンドマッチをやらせるようなイベントを開催している。BOXFIGHTはこれと同じく、短期決戦型にすればボクシングがもっと面白くなるのではないかという発想だ。

K-1ファイターの蹴り技は確かに魅力的だ。ミルコの"妖刀"左ハイキック、カークウッドウォーカーを悶絶させた武蔵のミドルキック、魔裟斗の大晦日ローキック、コヒの前蹴り、アリスターの膝蹴りなどなど。しかし、私は必ずしもK-1に蹴りが必要だとは思わない。むしろ、K-1ファイター同士の戦いでも、蹴りなしルールで見てみたいカードがいくつもある。

天田ヒロミvs.西島洋介
レイ・セフォーvs.西島洋介
ジェロム・レ・バンナvs.西島洋介
ジェロム・レ・バンナvs.マット・スケルトン
天田ヒロミvs.鈴木悟

考えれば他にもまだまだあるだろうが、これらのカードの内いくつかは実現可能であり、試験的に蹴りなしのK-1特別ルールで行ってみるのも面白いという旨を過去に何度も書いたと思うが、今後のBOXFIGHTで実現する可能性がある。

ここで、こんな反論をしてくるファンがいるのではないかと想像できる。

「わざわざボクシングを辞めてK-1に転向した鈴木や西島にBOXFIGHTをやらせてどうする?」と。

そんなことはない。鈴木も西島も蹴りがやりたくてK-1に転向したわけではないのだ。自己のパフォーマンスを発揮することでファイトマネーを稼げる場所としてK-1を選んだのだ。

ならば、BOXFIGHTが十分なファイトマネーを支払えるならば、鈴木や西島がそこで試合をするのも自然な流れと言えよう。

最後にこんなBOXFIGHTエキシビションマッチを提案して、今回のエントリーを閉じさせていただく。こんな刺激的なカードはK-1でも見られないだろう。


魔裟斗vs.大東旭




web新のtwitter

何度も言わせるな!今こそ天田vs.西島

あの立嶋篤史が久々に試合を行った先日のキックボクシングの大会で、こんなカードがひっそりと行われていた。


<セミファイナル ヘビー級 3分3R ※ヒジなし>
●松本哉朗(藤本/日本ヘビー級王者)
(2R0分24秒 KO)
○天田ヒロミ(フリー/K-1 JAPAN GP 2004優勝)



天田、元気やん!いけるやん!(ちなみに対戦相手の松本はK-1MAX参戦経験あり!!いつの間に肥大化したの?)

予てから私は、せっかく獲得した西島を(それなりの大金を叩いただろう)有効活用する手段として天田ヒロミとの試合を組むように訴えているが、なかなか実現しない。

天田の前科がネックだ等としたり顔で語る人もいるかもしれないが、それなら百歩譲って、ノーテレビにするかKrush等の系列興行で組めば良い。

今のK-1に必要なものは観客を熱くさせるカード。これ以外にない。マニアが熱狂できないジャンルが一般層を取り込めるわけがないからだ。

元ボクシング王者と“我が生涯に蹴りなし”をスローガンに掲げる元アマボク王者naK-1ファイターとの闘い。これで会場がヒートアップしないわけがない。

何だったら私が興行を打つよ!

外国人選手に多額のファイトマネーを払わなくても、日本人だけで十二分に面白いカードが組めるってことを知ってほしい。

よし、リアルK-1ジャパン大会のカードを考えよう。うん、そうしよう。

西島がK-1に継続参戦を示唆!次戦の相手は天田ヒロミでお願いします(web新)

一昨日のK-1で行われた西島とアーツの特別試合。予想以上の熱戦になりました。

まぁ、スロウィンスキーやカラエフを一流のファイターだと認識していた目利きの(笑)K-1ファンたちには不評だったのでしょうが、彼はこれまでK-1に参戦してきたボクサーとは一味も二味も違うところを見せてくれました。

それは、大東や鈴木、あるいはフィリップスらが小銭欲しさでK-1に出場したのとは違い、西島は闘いの場を求めてK-1に転向した志の高さが要因でしょう。

また、初戦の相手がアーツだったのは重荷過ぎましたが、逆に言えばこれ以上ないくらいに強烈なローキックの洗礼を最初に受けれたことはラッキーなことかもしれません。

さらには西島も語ったように、アーツの懐の深さに苦しみました。ラウンド間には地団駄を踏む仕草で、その苛立ちが伝わってきました。自分の攻撃が届かないってのは、ホントにイライラするんですよ。でも、その気持ちが観客に伝わるってのもファイターとしては重要な要素です。逆に最終予選トーナメントには、気持ちが全く伝わらずに淡々と試合をするファイターが何人もいましたね。

そして、嬉しいことに西島は「このままでは終われない」と、K-1への継続参戦を示唆しました。次の相手として谷川EPはバンナかセフォーの名前を挙げており、それも悪くはないと思いますが、私は天田ヒロミを推薦します。

前科のある天田は使いにくいのかもしれませんが、K-1はもうスポンサーの目の色を伺うのはやめた方が良い。それが、昨日の試合前の煽りVでアピールしていた新生K-1のあるべき姿でしょう。

西島と戦えば天田も再生するかもしれません。先月、マイナーなイベントのタイトルを奪取した天田に、今こそビッグチャンスを与えるべきです。

西島も輝き、天田も蘇る。そんな相乗効果が生まれるようなマッチメイクがK-1には見られません。よく検討して欲しいと思います。

西島洋介vs.天田ヒロミのボクシング対決が見たい

8・11代々木大会で組まれた西島洋介vs.ピーター・アーツですが、K-デビュー戦となる西島に対していきなりアーツをぶつける意図が理解できません。

K-1における経験値、体格差、体力差等を考慮しただけでも西島に勝ち目がないのは目に見えておりますし、加えてアーツはジャブで相手を突き放す戦い方をスムーズにこなす選手です。どこをどう見ても西島のK-1デビュー戦が芳しい結果になるとは思えないからです。

なぜ、FEGは西島と言う目玉選手をぞんざいに扱うのでしょうか?

いや、西島のみならず、谷川体制下のK-1にボクシング界から転向してきた選手の冷遇されぶりと言ったらありませんでした。

まるでK-1の優位性をアピールするかのように、元ボクサーたちを噛ませ犬同然に扱ってきました。

まぁ、ボクシングで峠を過ぎたファイターがK-1でトップになれるわけもないので、噛ませ役として起用する手法を理解できないわけではありませんが、噛ませ役にしてももっと上手く使えたのではないかと私は常々思ってきました。

鈴木悟にしても大東にしても、最初から潰すつもりなのかと思わせるような強豪相手に完敗デビューを強いられましたが、もし私がプロデュースしたならば、逆にK-1の方から噛ませ犬を用意してデビュー戦から数試合を戦わせ、ボクサーをK-1ルールに順応させると同時に、連勝を重ねさせることでヒール人気を高めるという手法を用いたと思います。

今回の西島にしても、まずは日本人ファイターとぶつけるのが得策でしょう。私は予てから、プロボクシングの元世界ランカーである西島がK-1に参戦するならば、アマチュアボクシング元王者の天田ヒロミと対戦させてみたいとブログで書いてきました。

くしくも、昨日開催された『HEAT』という格闘技イベントに出場した天田ヒロミが試合に勝利し、そのイベントのヘビー級タイトルを獲得しました。FEGとしてはこの結果が見込めたはずなのだから、西島のカード発表を数日だけ遅らせ、対戦相手をタイトルホルダーになった天田ヒロミにするべきだったんじゃないかと思うのです。

西島vs.天田であれば、試合結果も読み難い。ボクシング技術では西島に圧倒的なアドバンテージがありますが、K-1ルールでの試合経験は天田に分があり、さらに天田は“我が人生に蹴りはなし”というスローガンをいとも簡単に破棄してローキックを多用してくることが予想されます。

ま、西島vs.アーツは既に決まったカードなんで今更の感はありますが、西島がK-1第2戦に臨む機会があるならば、是非とも天田ヒロミとのボクシング対決を実現して欲しいと思います。

秋山叩きとK-1ジャパンへのクレーム

a1344814.JPG前回のエントリー『秋山が戦いたいと思っている相手とは?』の中で、

いつまでも秋山叩きするのはやめませんか?秋山が出る大会は絶対に見ない!って言い切れる人ならばいいですけど、どうせ秋山の試合を喜々として見るのですから、許せない!なんて息巻くのは滑稽でしかありません。

と書いたことに対して、

秋山叩きはやめろ、するなら見るなって理論は強引。あなたもK-1のベテラン日本人でしょっぱい試合する人さんざん叩いてたでしょうに。

というコメントが寄せられました。

はて?

一部の格闘技ファンが執拗に秋山を叩き続けることと、私がK-1ジャパンの旧世代ファイターを叩いたことは同じ意味合いを持つ行為でしょうか?

私は、秋山に対して「試合に出すな。永久追放しろ」などと馬鹿な主張はせず、せっかくの高い商品価値を活かしましょうと言ってるのです。一方で旧世代のK-1ジャパンファイターに対しては、勝てる見込みのない世界予選に放り込むようなことはせず、台頭が目立ってきた若手選手を相手にマッチメイクした方が面白い試合が見れるだろうと提案し続けてきました。

そして、実際にK-1ジャパンにおいてはそのような流れになってきました。昨年のワールドGP開幕戦での澤屋敷vs藤本、年末のドラゴン道場興行で行われた強太郎レンジャーvs中迫、そして先の横浜大会においては、駄目なジャパンの象徴的存在だった中迫強が新鋭の佐藤を相手に意地を見せ、判定勝ちを収めました。

また、6月には数年ぶりにK-1ジャパンGPが開催され、K-1ジャパンの注目度が高まっています。そこには西島洋介の参戦も予定されており、こちらも駄目ジャパンの象徴だった天田ヒロミとのボクサー対決が期待されるところです。

いかがでしょうか?

商品価値が高い秋山に対して「試合に出すな、追放しろ」と主張すること。

商品価値が著しく低下した旧世代K-1ジャパンファイターの再活用方法の提案。

この2つが同じことだと思いますか?って話です。以上。

≫過去のK-1ジャパン関連記事はこちらです。

久々にキンボ。そして天田ヒロミ・・

天田ヒロミ、暴行で書類送検は置いといて・・・

当ブログにコメントを下さるkoolpawさんのブログに書かれておりましたが、あの喧嘩屋キンボ・スライスがEliteXCと長期契約したそうです。

海外のイベントにはまったく無頓着な私ですから、EliteXCがどれほどの規模なのか、どんな選手がいるのかさえ知りませんが、準メジャーと言っても差し支えないイベントなのでしょうか?

幻想膨らむキンボ。「キンボはUFC前座クラスの誰々に負けてる」とかそんな興醒めなコメントはいらない。

是非ともキンボを日本のリングで見てみたい。死ぬまでに一度で良いから見てみたい。


≫過去のキンボ関連記事

最強の喧嘩屋キンボ・スライス

キンボ・スライスがマーサーに圧勝


そして、天田。厳しいコラムばかり書いてる私ですが、謹慎期間を無駄に過ごすことなく、しっかりと体を絞って、ライトヘビー級という新天地に帰ってくることを願ってます。

≫≫≫人気blogランキングへ
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ