大月晴明

K-1ライト級の-63kgは正解?

K-1ライト級は当初60kg以下で試合が試行されていましたが、主催者にとって芳しい結果が出なったため、また、スター候補のHIROYAの体の成長に合わせて、63kg以下に設定されて開幕しました。

その結果、過去にキックの団体で行われた60kg以下級のトーナメントを総なめした山本真弘や“伝説のキックボクサー”大月晴明らが初戦敗退し、代わりに大和や松本のようなライト級の選手が幅を利かすようになりました。

こうなると、ミドル級の選手と比較しても体重が7kg軽いだけで、背丈は自演乙やTATSUJIらと変わらず、スピードも目を見張るほど速くない。

K-1ライト級は、構想当初は「K-1SPEED」というイベント名が考えられていたように、スピードの速さが売りになるはずですが、これでは差別化が図れません。

賛否両論あると思いますが、ライト級トーナメント開幕戦を振り返ると、やはり60kg以下がベストだったのかなと思います。

60kg以下ならば、山本や大月が本来のポテンシャルを発揮出来るはずだし、山本元気や国崇のようなスピードのある選手も参戦し、まさに「K-1SPEED」的な試合が展開されるでしょう(07年3月に更新したエントリー「60坩焚爾痢K-1 SPEED』に期待!」参照)。

ただ、主催者としてはキックボクサーのハイスピードよりも63kgクラスの総合格闘家の個性溢れるキャラクターの方が重宝するし、観る側としても、キックボクサーの博覧会になるよりは、異種格闘技戦の様相を呈した大会の方が興味深いはずですから、K-1ライト級が63kg以下に設定されたことは7割方正解と言えるでしょう。

60kgの方が良いと書いたと思ったら、やっぱり63kgで正解。いったい私は今回のエントリーで何を言いたかったのか?

それは、終わったことに物言いするだけの後出しジャンケン的なブログは数あれど、それらとは一線を画し、まともな格闘技ファンの方々とK-1のこれからについてあれこれお話しができる『K-1心中』は楽しいなと。

そんな『K-1心中』の過去ログを紹介したいだけです。

それと余談を一つ。これまで70kg以下のK-1は「K-1WorldMAX」という洗練された呼び方をされてきましたが、MAXの枠内で行われることになった-63kgと区別するためにミドル級と呼ばれることが多くなりそう。これはまずい。ミドル級だのライト級だのって、いかにもキックボクシング的で垢抜けない印象を受けませんか?



・K-1SPEEDとキックボクサーのジレンマ

・今度こそK-1SPEED!!

・今年の大晦日は大月晴明vs山本KID?

・非常に残念だった上松vs.渡辺 K-1MAX

ナオキック賛歌は数年前から続いている!

・ナオキックの大晦日ロード

・ナオキックは不死鳥のように甦る

・web新の全日本キック「Krush.2」生観戦記 翼をもがれたナオキック編

・ナオキック、09年大晦日出撃宣言

・キックボクシングを世に送り出す

山本KID、遂にK-1再登場か!?

KIDが再びK-1に参戦することは、皆さんと同様に私も望んでました。

とりあえず当ブログのKID関連エントリーを読んでいただきたいと思います。読んでどうなるもんでもありませんがw


五輪に挑戦するKIDの勇気(06.7.23)
名もないアマチュアたちが好き勝手に自己満足の世界を謳歌する中で、世間の注目を集めながら戦うKIDの精神的な負担はいかほどか・・・


K-1でこんなカードを観てみたい(07.2.12)
山本KIDと大月晴明の“-60インパクト


山本KIDのコトノハ(08.6.27)
似非トレーナーぶりを発揮する自分の姿を省みながら、私は頭の中に山本KIDのある言葉を思い浮かべました。KIDがジムを開設した時のコメントです・・


今年の大晦日は大月晴明vs山本KID?(08.7.3)
「今の僕が言ったんじゃ、相手も迷惑だと思うし、実力を証明してから挑戦したいですね」(大月晴明)


私は全日本キックの大月とKIDの試合を昔からプッシュしてたんですが、今では山本真弘が台頭してきて、谷川EDもずいぶんと気に入ってるらしいですから、KIDの相手としては山本真弘がいの一番に来るのかな?

でも、ファイトスタイルから考えると、手数が多く出入りが速い山本よりも、豪腕を当てるためにじっくりと待ち構える大月と試合した方が緊張感が出そうな気がしますよ。KIDと大月ならば、にらみ合う時間が長くても客を飽きさせないような気がしますね。

まぁ、どっちとやるにしてもつまらない試合にはならないでしょう。

ウェイトは何も60kg以下でやる必要はないですからね。62kg前後の契約体重で行えば良い。

それにしても立ち技の選手は情けない。アリスターに川尻、そしてKIDら、総合の選手に頼りっ放しで。スタア選手不在だから仕方がないけどな。60kg級のキックボクサーの中で、せめてKIDの足元に及ぶくらいの選手がいればなぁ。

ナオキックもいるけど、彼がいくら騒いでも谷川EDは勃起いや反応してくれないよ。キックの大会で淡々と試合を消化してるだけで声がかかると思ってるの?馬鹿じゃないの?

クレーム言うだけでは他のブログといっしょなんで、ナオキックに処方箋を一つ。荒療治ゆえに心して聞けぃ!

そんだけの体があるんやから、70kgに転向せい。そして魔裟斗の後釜を狙うのじゃーーーーっ!!以上。

話がずいぶんと逸れましたが、60kg級のキックボクサーたちにしてみればKIDの相手に選んでもらえるだけでも光栄なことやぞと、憎まれ口を利いて筆を置く。

シリーズ 大晦日のカードを考える【鉄の拳vs爆腕】

ad33fad6.jpg玄関のインターホンの上はアマガエルにとって特等席。見てのとおり日向ぼっこができるし、夜には外灯に“ご馳走”が集まってきます。

冬が来るまでの間、野鳥などの外敵に襲われることなくこの場所をキープできるでしょうか?

さて、気が早いようですが、予告したとおり今回は大晦日Dynamite!!のカードについて提案したいと思いますが、大晦日に関してビッグニュースが飛び込んできました。当ブログと相互リンクしてくださっているブログ『おもろー格闘技』を見て知ったのですが、なんとあの石井慧がプロ転向を決意し、大晦日にデビュー戦を行うとの新聞報道があった模様です。

まさかとは思ってましたが、これが本当ならば大変なことですね。石井vsヒョードルならば、東京ドーム開催も可能じゃないですか?今のK−1では到底やれっこない東京ドーム興行。いや、国立競技場も夢ではないかもしれません。大晦日は寒くてやってられないか(苦笑)

石井は今日開催される柔道団体戦を欠場する見込みで、今後の動向から目が離せません。我々格闘技ファンとしては、せっかく垣根を越えてこちら側に来てくれる石井を温かく迎えてあげることが大切です。何の能もない、楽しみもない一般庶民は、奔放な石井をヒール視する傾向にありますが、強くて最高に面白いこの貴重すぎる人材は格闘技界の宝なのですから。

石井vsヒョードルなんてカードが組まれたら、他の全てのカードが色褪せてしまうような気もしますが、気を取り直して本題に入ります。

Dynamite!!が2部制だろうが1部制だろうが、大晦日にK-1ルールの試合が行われることは疑いようがない。さらに言えば、魔裟斗が次に試合を行う舞台もDynamite!!だと信じてます。

主催者は「魔裟斗選手の大晦日については何も考えてない」と語ってますが、そんなわけないでしょ。既に主催者内では具体的な対戦相手選びまで話は進んでるはずですよ。

と言う訳で、魔裟斗の載冠後一発目のカードを含めた大晦日のカードを考えてみましょうというシリーズの第一回目です。当ブログがシリーズを組んでまともに継続した試しはございませんが、皆様お付き合いください。

私がK-1のカードを予想、提案するのは今回が初めてではありません。まずは当ブログが過去に提案してきたカードを振り返ってみましょう。

大晦日こそ派手なドンパチが観たいってことで、山本KIDと大月晴明の“-60インパクト”(02年7月「K-1でこんなカードを見てみたい」より)。

KIDの減量が無理ならば-62でも可。非常に刺激的なカード。大月のK-1参戦が常態化しており、いよいよこのカードも現実味を帯びてきたと言えるのでは?さらに大月自身もこのカードを熱望。

ただ引っ掛かるのは、大月がKIDの胸を借りるつもりのような発言をしたこと。

なんで?

総合ルールでやるなら胸を借りて当然ですが、K-1ルールならば立場が逆じゃない?そりゃKIDの方がK-1に参戦した回数は多いですが、そんな殊勝な発言は爆腕の名が泣きますよ。自分がやってきたことに誇りを持って欲しいですよ。

もし、大月のK-1での経験が浅いと言うならば、その前哨戦として、大月vsザンビディスを組んでみるのも面白い。契約体重は-62くらい?ぃゃ、既にザンビは-60に向けて体を作り変えてるかもしれませんよ。

この前哨戦は11月あたりに全日本キックのリングでやってもいい。そこで大月が勝つか(←難しいだろうが)善戦すれば、(ザンビにKO負けした)KIDとの対戦を口にしてもおこがましくあるまい。

まぁ、これからの3ヶ月弱の間にザンビとKID相手に連戦するのは、決して若くはない大月には荷が重いでしょうし、もし大月が今でもパティシエをやってるならそちらもこれから繁忙期に入りますので、とりあえずDynamite!!に照準ってことで・・・

今年の大晦日、一試合決まったーーーぃ!

マイク・ザンビディスvs大月晴明(K-1ルール 62kg契約)



続いて・・・

07年10月には「K-1ジャパン オールスター戦構想」を練りました(『K-1ジャパン オールスター戦構想 前編』他)。その中で提案させてもらったのは以下のカード。

金泰泳vs澤屋敷純一

武蔵vsアレックス・ロバーツ

マイク・ベルナルドvs西島洋介

天田ヒロミvs鈴木悟(85kg契約)

旧世代vs新世代の5対5団体戦
<旧世代チーム>中迫、藤本、富平、グレート草津、堀
<新世代チーム>強太郎レンジャー(現・前田慶次郎)、高萩ツトム、野田貢、佐藤匠、河野真幸

など。

そして同年12月には、ドラゴン道場興行において“禁断のカード”が遂に実現。K-1ジャパンの象徴的存在である中迫が、沢屋敷に並ぶ新世代の旗手、前田慶次郎と対戦しました。予てから私が求めていたK−1ジャパン新旧世代対決の火蓋が切って落とされたのです。

結果は、嬉しいかな悲しいかな、中迫の完全KO負け。K-1ジャパンの一つの時代の終焉を告げる形となったわけで、いつになったら中迫は一皮向けるのかと苦言を呈してきた私としても複雑な心境でした。

そして、旧世代に完勝した慶次郎は、08年に復活したジャパングランプリに出場。一回戦で武蔵を敗るなどの活躍を見せ、準優勝を果たしました。

こうして過去の提案を振り返ると、けっこう良い線でカードを考えてるな〜と手前味噌。

井戸端会議のようなものとは言え、一ファンに過ぎない私たちが「K-1はこうあってほしい」と意見し合ったことが具現化するのはファン冥利に尽きるというものです。

大晦日までの約3ヶ月間、そんな感じでカードを考えていきたいと思いますので、まともな格闘技ファンの皆様のご意見をお待ちしております。



■K−1 PREMIUM2008 Dynamite!!
12月31日(水)埼玉・さいたまスーパーアリーナ

(決定カード)
マイク・ザンビディスvs大月晴明(K-1ルール 62kg契約)

髪切りマッチと骨斬りマッチ K-1ワールドMAX追加カード

大宮司進vs上松大輔の敗者髪切りマッチですか。坊主頭の大宮司が髪切りも糞もないだろうと思いましたが、髪の毛を賭けるのはイケメン上松だけであり、大宮司はキックのベルトを賭けるらしい。

そして、私は思いました。

上松の髪の毛と大宮司が所持するキックのベルトとでは、どちらに価値があるのだろうかと。

あんまりこーゆーこと書くと、プロのキックボクサーの方に「迷惑なんだよ」とか言われるから止めときます。キックボクシングというジャンルの発展なんて微塵も考えず、自分がチョロチョロと一応のプロとしてリングに上がる姿を、職場の同僚やお友達に見てもらえればそれで大満足の“プロ”選手にね。

大月晴明vs梶原龍児も超興味深いカード。キックボクサーとしてハードパンチャーである大月と、本格的なボクサーである梶原の対決。梶原は相当の自信を持って試合に臨むと思いますね。そして結果も、大月が豪腕を発揮する間合いに入れないままKO負けすると思います。

ただ、大月も並みの選手ではありませんから、私の予想通りになるとは限りません。大月のパンチが運良く一発入れば、梶原のペースを乱し、壮絶な乱打戦になることも考えられます。

肉を切らせて、最後はどちらが骨を斬るか?こちらの試合は髪切りマッチならぬ骨斬りマッチの様相を展開することになるかもしれません。

上松高森最後に、上松に話は戻りますが、この誤植は高森啓吾への嫌がらせに他ならないでしょうね(上松プロフィールの氏名欄に注目)。本当の高森はこんな顔ですからね。真逆w

世に送り出したい全日本キッククオリティ

金曜の夜に、『SRS』で全日本キック60kgトーナメントのダイジェストを見ることが出来ました。

贅沢なダイジェストでした。

一回戦。

決して弱くはない大宮司を寄せ付けずにTKO勝ちした山本真弘。

古豪、村浜の光を消したナオキック。

ムエタイの強豪をKOした大月の底力(顔はコント竹田君にソックリ)。

元プロボクサーでOPBFのランカーでもあり、K-1に出ているボクシング上がりのヘナチョコとは一線を画したキックボクサーとしての実力を有する梶原龍児を相手に、歴史に残る壮絶な打ち合いを演じ、それを制した前田尚紀。

決勝戦は入場シーンまで紹介されました。山本はフランシスコ・フィリヨが使っていた曲。大月は今もなおボヨヨンロックでした。変則的な構えでかく乱しようとする大月に付き合いながらも強打を打ち込んだ山本が判定勝ちで優勝しました。

これほどまでに面白い大会をTVコンテンツにしない手はないと思うのですが。このキックリターンの総集編を22時あたりから1時間番組で流してみてほしい。

「K-1より面白いな」と感じてくれる一般の視聴者も少なくないと思います。

かつてモーリス・スミスやケビン・ローズイヤー、フランク・ロブマン、ドン・中矢・ニールセンらの試合をフジテレビの深夜枠で中継していた全日本キックですから、ぜひ今度は軽量級をTVを介して世に送り出してほしいと思います。

≫≫≫いつも応援ありがとうございます。人気blogランキングへ

K-1でこんなカードを観てみたい

何だかんだと言われながらもなかなかのタレントが揃っているK-1ですが、その人材を100パーセント活用しているとは言い難い。それは有能なプロデューサーがいないこと、また自己プロデュースできる選手が少ないことが原因でしょう。

と言うわけで、私だったらこんなカードを組んでみたいなというものをいくつか挙げてみます。

■天田ヒロミvs鈴木悟
それぞれアマチュアボクシングとプロとで国内の頂点を極めた者同士の戦いというアングルです。天田がK-1で頂点を目指す気持ちがあるならば、ぜひ減量に取り組んでいただき、ライトヘビー級を主戦場にしてほしいです。鈴木もボクシング時代はMAXより重い体重で試合をしていたので、70kg後半で特別試合に臨むのも有りでしょう。むしろ時間をかけて肉体を作り直せば骨格が大きい鈴木もライトヘビー級の方が合うかもしれません。いや、それは無理か。

■メルビン・マヌーフvs中迫強
天田同様に中迫もライトヘビー級まで落とせば能力をフルに発揮できるはず。無差別級では伸びの無いジャブと腰の引けたローキックを繰り出すばかりの中迫でしたが、マヌーフ相手にどれだけの試合ができるかで今後の明暗が分かれるような気がします。

■石川直生(全日本キック)vs(誰でも)
男性からみても男前だな〜と感じるナオキックの地上波登場を熱望します。魔裟斗を応援している女性ファンが全員乗り換えたりして。だって頭の大きさが段違いでしょ。かつて「軽量級のキックボクシングを世に送り出したい」と宣言したナオキックにとってK-1ライト級以外に見合うステージは無いでしょう。出なければあの宣言は嘘です。

■大月晴明(全日本キック)vs山本KID
数年前から私が希望しているカードです。もうこれは判定なんて絶対にあり得ない壮絶な試合になります。つまらない試合になったら私が坊主になります。この試合だけでも金払って観に行きたいです。お互いにベストなポテンシャルを発揮するためならば別にライト級の枠にこだわらず、63キロ契約とかでも良いでしょう。ちなみに大月は新空手選手権優勝者です。プロデビュー後は10戦目にして全日本ライト級王者に!その戦いぶりを収めたDVD『大月晴明 豪腕伝説』の解説文を参考までに掲載します。
稀にみる豪腕で次々と対戦相手をマットに沈めてきた大月晴明。
その戦績は輝かしい栄光に彩られている。
LEGEND立嶋篤史、貴公子増田博正、王者林亜欧を3タテにし、リマッチでも林を下してデビュー10戦目にして全日本王座戴冠。
そしてライト級トーナメントを制覇、世界3冠王者ロンキーの戦意を喪失させ、ついには全日本キックのエース小林聡をも下してWPKC世界ムエタイライト級王座を奪取した。
稀代のKOアーティストのデビュー〜18連勝を完全ノーカット収録。
その拳には、あらゆる敵を打ち砕く力が宿っている。

こうして見てみると、K-1はライト級が意外と盛り上がるような気がします。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ