夏目ナナ

web新の格闘ウィークエンダー 全日本プロレス×夏目ナナ

K−1WGPシリーズがハンガリーからスタート
2008年のK−1ワールドGPシリーズの第1弾となる大会が、ハンガリーの首都ブタペストで開催されました。

この大会のメインは、ヨーロッパGP出場権を賭けたワンマッチ6試合。ビヨン・ブレギー、アティラ・カラチ、エロール・ジマーマン、フレディ・ケマイヨ、カタリン・モロサヌ、ザビット・サメドフらが勝利しましたが、6試合中4試合がKO決着。ぜひ日本でTV放映して欲しかったですね。

で、この6人にポール・スロウィンスキーほか1名の推薦選手を加えた8名でヨーロッパGP決勝トーナメントが行われ、その優勝者が9月に韓国で行われるGP開幕戦に出場します。

サメドフはヘビー級としては小兵ながら、確実に勝ちあがって来てますが、ヘビー級に対応すべく、下手に体を大きくして失敗するのではないかと心配です。できることならばライトヘビー級を早急に創設し、そこで輝いてほしいと思います。

また、世界中で私一人だけだと思いますが、フレディ・ケマイヨの名前を聞くと、SEAMOの『マタアイマショウ』がどうしても頭に浮かんできてしまいます。


バローニが欠場、五味の相手はラドウィック
『DREAM』の豪華な陣容と比較すると、余計に地味な印象を受ける『戦極』。バローニの欠場も悪印象。表向きは負傷欠場となってますが真相は?果たしてバローニとはどのような契約を経て、菊田戦を発表していたのでしょうか?

菊田の試合自体も流れてしまい、かなりのトーンダウンとなりましたが、それを払拭するかのように発表された五味の対戦相手はラドウィック。正直、イマイチ。藤田の参戦も、どうせ名もない外人選手が相手なのだろうと思うと全く萌えません。


船木のオリバー顔
グッズの"閉店セール"が行われているHERO'S公式サイトですが、この船木の顔はオリバー君みたいじゃないですか?


前田日明、HERO'Sスーパーバイザー解任
『DREAM』にとっては前田の色も高田の色も不要と言うことでしょう。

そして今般前田が立ち上げることになった『THE OUTSIDER』ですが、単なる喧嘩自慢の殴り合いで終わるのではなく、前田がガンガン試合の合間に介入し、若き荒くれどもを力づくで矯正していくようなシーンが見れることを期待してます。

スポナビの記事の中に「日本のテレビで活躍することが良しとされない容姿の選手たちは、UFCなどの海外イベントへ出場できるよう整備を進めていく。」という記述がありましたが、妙にリアル。相当なワルが用意されているのでしょう。個人的に、甲州川崎選手を思い出してしまいました。


夏目ナナ×全日本プロレス
タレントの夏目ナナさん総合プロデュースによる全日本プロレス×PLAYBOY CHANNEL異業種コラボレーション興行「PLAYBOY CHANNEL NIGHT 2008」が15日、東京・歌舞伎町の新宿FACEで開催された。スポナビより)

試合形式はタッグマッチのトーナメント。各タッグチームにAVアイドル1人がマネージャーとして付いて、勝ったチームが負けた方のアイドルを貰ってしまえるというルール。

試合の方は、どうせ明るく楽しく軽薄なものでしかないのでしょうからスルーしてぇー、web新のAVアイドルチェーーーック!!って言うか、ただのアフィリエーイトッ!!(略)

夏目ナナとbluetoothマウス

a4c3dac9.jpg先日の『口コミ☆ジョニー』では、TOPS金沢先生にヒップドロップ&鞭攻撃を加えた夏目ナナ。

web新の立花里子好きは有名だが、先生に鞭を振るった直後にカメラへ向き直って、番組特製ポロシャツをアピールした夏目嬢の姿はコミカルにして美しかった。

ちなみに土浦ロケについて『夏目ナナのレインボー日記』に書かれてあります。彼女にとっても金沢先生は印象深い人だったようです。

AV女優業は引退したようですが、彼女のブログを読んでると、何だか応援したい気持ちになってしまいますね。二昔前みたいに、元AVとかポルノ出身みたいな感じで影を背負うようなことも全くない昨今ですから、メジャーなタレントになってほしいです。

話は変わりますが、皆さんはどんなマウスを使ってますか?

私は、自宅では普通の有線レーザーマウスを使ってますが、問題はビジホでモバイルする時に使うマウスを何にするか?です。

これまで数ヶ月間考えてきましたが、とりあえず答えが出ました。

まずコードが邪魔ということで、無線か巻き取り式か。今まで持ち歩いていた普通の有線マウスは、やっぱりコードが何とかならないかなって感じでしたから。

さらに無線の場合は当然、マウス内に電池が入ります。もし出先で電池が切れたら、、、。コンビにに買いに行けば済む話ですが、夜中に服を着替えて外出するのも面倒。カバンに予備の電池を入れておけば良いだろうって言われそうですが、そこら辺に落ち度があるのが私の常なんです。

また、USBスロットに差し込む無線のレシーバーが大きくて邪魔。PCから4センチくらいの突起物が出ているなんて耐えられないざます。

と言うことで、USBからのバスパワーで動く、コード巻き取り式のマウスに決定しました!

ところが、夢のような素晴らしいマウスを発見!これを見てください。


このBluetoothレシーバーの小ささ!パソコンに付けっぱなしで問題ないですよ。このメリットがあれば、マウスの電池切れを心配するというデメリットを差し引いても買う価値ありです。

それに気の利いたホテルならば、フロントの前で全裸になり「電池ちょうだい、電池ちょうだい」ってやれば単3電池の一本くらいは恵んでくれるでしょう。

え?それはできない?そんな御貴兄にはコレ!


なんと!超薄型のこのマウスは、PCカードスロットに差し込んで充電できてしまう優れものなのです。だから電池交換は不要です。

ただ、超薄型ってことで使い勝手が悪くては本末転倒ですけどね。

と言うことで最終結論として私はこちらをチョイスします。


やっぱりレシーバーをPCに付けっぱなしってのがイイ!

どうしても電池が入手できない時は、フロント前で裸になって・・・
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ