前田日明

所詮はマニア向け

また青木と北岡が2人して何やら呟いてるようで。青木を批判した前田日明に対して、「老害」だとか「プロレスしかやったことない人間が言うな」とか。

これだから彼らがブレイクしないんだよ。

彼らがブレイクしないから日本格闘技界も低迷するんだよ。

プロ格闘技ってのは、プロレスラーになれない人間がやるものだったのだが、K−1、PRIDEで立場が変わってきた。それでもやはりプロレスに対する僻みは根強い。そのシンボルとしての青木と北岡。

負の感情を剥き出しにしてる人間がスタアになれる訳がないのだ。

でも、この2人は口に出して言うだけ良い方だ。他の格闘家は黙ってるだけで考えは一緒。

そう言えば長南がガチ相撲に何か口出ししたとか。長南の考えなんてどうでも良いよ。問題は、長南という格闘家が世間一般にとって全くお呼びじゃない存在だってこと。もし、何か間違って長南がTBSに呼ばれていたら・・・。

ホイホイホイ。ノコノコノコ。

笑ってしまうね。




》web新のTwitter


ブログ開設!今後の発言に要注目の前田日明

本日、前田日明がブログを開設しました。

前田といえばUWFですが、現在30代の格闘技ファンはUWF直撃世代でしょう。私は学生時代、駅売店で売られているUWF解散の新聞見出しを電車の中から発見し、慌てて電車を飛び降りた記憶があります。

また、私が格闘技をやりたいと思うようになったきっかけはドン・中矢・ニールセンとの異種格闘技戦だったような気がします。

こんな時代だからこそ、私たちは前田に期待しています。商業主義一辺倒になりがちな業界に警鐘を鳴らすご意見番として君臨して欲しいと願っております。

ところで肝心の前田ブログの記事ですが、主な内容は、

・行き過ぎた秋山批判に終止符を打て
・秋山がどうこうではなく、ルール、運営の改善を
・金子賢は判定で勝っていた
・国籍問題に嫌悪感

といったところでしょうか。

金子賢VSオロゴン戦の判定への言及は意外でした。在日どうこうの発言は本当に慎むべきでしょう。秋山問題については、「秋山の過失」という点が同意しかねますが・・・

遅ればせながら・・前田はどうしたぁ!?

HERO'Sのご意見番的存在の前田日明だが、こと秋山問題に関しては沈黙を保ったまま。出身地が同じということもあって言及しにくいのでしょうが、ファンの多くが桜庭VSスミルノヴァス戦後のような一喝を期待していたのは間違いないでしょう。

前田の株は確実に下がったと言えるでしょう。

※しぶとく秋山ネタを書いてみました。アハ

何かと物騒なHERO’S

昨日から九十九里浜の温泉に家族3人で出かけておりまして、まったく格闘技関係の情報が入って来ておりませんで、たった今、帰路の途中で立ち寄ったマックでモバイルしてスポナビを開いたところ、、、

前田が怒ってますっ!!

金子賢が挨拶しなかったことがその原因のようですが、どっちもどっちのような気がします(苦笑)

でも、殺伐とした格闘技の世界では、挨拶は特に重要ですよね。小林邦昭と誠心会館の抗争を思い出してしまいました。

ただ、これで所VS金子がいっそう面白いものになってきました。前田が物騒な話題を振りまいて試合を盛り上げるのは、大人しすぎる所への親心でしょうか?

ところで宮田の相手は誰になったのでしょう?確認してみます。シャファーですか。なんだか使い勝手の良い選手ですね。でも総合的に強いシャファーは宮田の実力を計るには良い相手です。

関係ない話ですが、隣の席のおっさんが海外渡航経験が豊富であることをやたら強調して、東南アジアの女性相手に大声で話してます。

「俺はミラノ嫌いなんだよ。今年ももう3回行ってるけど」
「ミラノに石油ファンヒーター持ってくんだよ」
(なぜにファンヒーター?)
「俺はホントはミラノじゃなくてロンドンに行きたいの。ネクタイとコート買いたいの。あと生ハムとか」

波長が合ってしまったためどうしても会話が耳に入ってしまい気になります・・・

宮田VSシャファーの勝敗予想ですが、シャファーのパンチが顎に入ってから宮田は顎が気になって消極的になり、判定でシャファー勝利。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ