全日本キック

web新の全日本キック「Krush.2」生観戦記 翼をもがれたナオキック編

大月vs,ナオキックの前に、前々回のエントリーで書いた「満員の後楽園ホールで自分が気持ち良く応援できればそれで満足な大馬鹿野郎なキックファン」の趣旨について誤解をしている方がおられるようなので、説明します。

以前、当ブログにこんな怒りのコメントが寄せられたことがありました。

「あなた(web新のこと)は、キックボクシングのハウス人気の現状を知らないで何を言っているんだ!」

ハウス人気って・・・(苦笑)。そいつは熱狂の坩堝と化した小さな会場で叫びながら選手を応援することに喜びを見出しているのでしょう。まぁ、それはそれで問題ない。

しかし、ハウスレベルの会場を満員にする程度で、キックボクサーたちが他のプロスポーツ選手並みの収入を得ることができますか?

私はプロ格闘家の年収と社会的地位の向上を常々願ってます。だから、ハウス人気がどうこうと声高らかに叫ぶようなキックファンを大馬鹿野郎と言ったのです。以上。

それと、人を殴ったこともない奴に何が解るのか?みたいな物言いも、私が皆様に誤解される部分かなと思うので、それについても説明します。

私は格闘技をやったことがない人を馬鹿にする気持ちは全くありません。実際、私自身もやる側というより観る側に近い立ち位置だと思ってますし。

しかし、やったこともないくせに知った風な口を利いたり、私に対してクレームをつけるような格ヲタのことは馬鹿にしますよ。

例えば、Kヲタに人気の高いポール・スロウィンスキーを私はボクシングが下手糞で問題外と批評しますが、もしそれに反論があるならば、何を根拠に言ってるんだと(笑)

あんな案山子がローキック打ってるようなの、私でも勝てますよ。言うちゃ悪いけど。

そんな感じで「翼をもがれたナオキック」に入りたいと思います。

心から信頼し合える仲間同士の対戦となった全日本キック「Krush.2」のメインイベント、大月晴明vs.石川直生。

ナオキックが2009年の目標として大晦日Dynamite!!出場を掲げてから最初の試合ということで、私は彼の意気込みを生で見たいと思い、会場まで足を運びました。

前回エントリーに書いたとおり試合前の煽りVで2人の友好関係を知ってしまった私は、かなりテンションが下がりましたが、この試合がゴールじゃないのだからと自分に言い聞かせました。

ところが試合が始まると、唖然とするくらいの凡戦が最終ラウンドまで続きました。

肘を使えない。首相撲もまともに駆使できない。ムエタイ志向の強いナオキックにとっては、そんなK-1ルールで勝とうと言うのが無理な話だったのです。

極端な話、キックとK-1には総合と立ち技と同じくらいの違いがあるんじゃないか!?

ナオキックらしい動きと言えば飛び膝のみ。しかし、自分本来の戦い方が出来ない中で繰り出したこの飛び膝も迫力に欠けるもので、まるで極楽鳥の求愛ダンスのようでした。

第1、第2ラウンドと激しい攻防もなく終了し、観ているこちらが不安になりました。元気や真弘らが作り上げた会場の熱気もメインイベントで冷え切ってしまうのか!?

しかし、第3ラウンド、迷走するナオキックを大月のバックハンドブローが捕らえました。

う〜ん・・・。正直、私はバックハンドブローが大嫌いなんですよね。だって、グローブではなく前腕が当たってKOになるケースが多くないですか?私の記憶に残っているところでは、K-1MAXで須藤元気が韓国の選手をKOした試合ですね。やったもん勝ち。あんな技は反則にすべきですよ。

そしてフィニッシュは豪快なパンチで、大月の完全KO勝利となりました。

大晦日に向けてスタートを切ったナオキックが、斜陽の爆腕にKO負け。この結果をどう受け止めれば良いのでしょうか?・・・などとヒステリックになる必要もない。

ここからナオキックがどう挽回するかを楽しむだけ。我々ファンにはそれしかできないのだから。

果たしてナオキックは今年中にキックボクシングを世に送り出すことができるでしょうか?

私は世間を視野に入れた格闘家であれば、無条件で応援するつもりです。

「K-1内K-1に価値は無し」の格言同様、現状ではキックボクシングの中に価値を見出すのは難しい。しかし、これまでキックボクシングに見向きもしなかった一般世間の人間を振り向かすことができれば、キックボクシングというジャンルのステータスも格段に上がり、新たな価値が付加されます。

キックボクシングのメジャー化が現実的に困難なのは解りますが、現時点でその夢を託せるのはナオキックだけ。今回の敗戦を受けても、私のその気持ちに変わりはありません。

web新の全日本キック「Krush.2」生観戦記 セミファイナル編(山本真弘vs.国崇)

全日本キック「Krush.2」観戦記、セミファイナル編です。ナオキックが登場したメインについては明日投稿します。

○山本真弘(判定)国崇×
全日本フェザー級王者の山本真弘とNJKFフェザー級王者の対戦は、山本の圧勝に終りました。

ハイライトは第2ラウンド。山本が2度のダウンを奪い、このままの勢いであと1つダウンを奪ってTKO勝ちかと思ったら、傷口のチェックが入り、一呼吸。

普通だったら、一気に片をつけてほしくて「試合止めるなよ!」とレフェリングに文句の1つもつけるところですが、今回だけはこの中断をありがたく思いました。

フルラウンドの戦いを観たい、国崇はここでTKO負けしてしまうような選手じゃない、という思いがあったので。

だからドクターチェック後に試合が再開してから第2ラウンドが終るまでの約30秒間はハラハラドキドキでした。国崇があと1回ダウンしたら試合は終ってしまうのだから。

結局、国崇は最終ラウンドまで持ちこたえましたが、大差の判定負けとなりました。

とにかく山本の強さが際立った試合でしたが、今になって思うと、正直、国崇のフェザー級は荷が重いと感じました。やっぱりバンタム級の選手なんだろうなぁ。

K-1やキックに限らず階級制を設けているプロ格闘技には、スポットが当たる階級とそうでない階級の格差が生まれます。

人間誰でも脚光を浴びたいものですが、無理に階級を上げて苦戦するファイターの姿を見るのは忍びないものです。

話は変わりますが、国崇のブログをご覧ください。「Krush.2」の計量の後に撮影した国崇と大月、山本元気との3ショット画像が掲載されています。とても仲の良さそうな人間関係が画像から滲み出ていて、見てるこちらの顔もほころんでしまいます。この3人は同じ時期に新空手の同じ階級でしのぎを削りあっていたので、その当時から交流があるのでしょう。私もこの3人の試合はアマチュア時代から気になって注目していたものでした。

ここで皆さんに質問です。この3人の内の誰か2人のカードが組まれたとしたら、皆さんはその試合を観たいと強く思いますか?

私は観たいと思いません。プロだから割り切るとは言っても、敗者には何も残らないような死闘を、信頼し合った仲間同士が演じることは不可能だから。

キックは殺し合いじゃない、スポーツなんだ、なんてほざく馬鹿が現れそうですが、私は格闘技は殺し合いだと思ってますから。

そうじゃないと相手のことなんて殴れないでしょ?人を殴ったこともない格ヲタには解らないだろうけどな。

ところが、そんな信頼し合える仲間同士のカードが「Krush.2」のメインで組まれました。石川直生vs.大月晴明の一戦です。

試合前の煽りVを見て、私はナオキックと大月の関係を初めて知りました。大月いわく「ナオキックには人間的に嫌なところが見つからない」とのこと。

数年ぶりに会場観戦した大会のメインイベントで戦う2人の友好関係を知った私は愕然としました。

(つづく)



【余談】
「ナオキックには人間的に嫌なところが見つからない」と語った大月は、続けてこう言いました。

「山本元気の嫌なところはいくらでもあるけれど(笑)」

山本元気は一癖も二癖もありそうな人間。顔に出てますもん。でも大月のこの言葉にも、ナオキックに対するものとは別の形の信頼関係を感じ取ることが出来て、私は思わず微笑んでしまいました。

web新の全日本キック「Krush.2」生観戦記

いやー、軽くジョギングした後くらいの発汗を伴うほどにエキサイトしながら観戦した全日本キック主催のオールK-1ルール大会「Krush.2」の観戦記です。

当ブログはキックファンの方々にはあまり好かれていないでしょうけどね。特に、満員の後楽園ホールで自分が気持ち良く観戦することができればそれだけで大満足な大馬鹿野郎にはね。

余談はさて置き、オープニングファイトは印象に残ってないので省かせてもらい、第一試合と第二試合に行われたK-1甲子園組の試合から感想を書かせていただきます。



嶋田翔太(判定)林将多
まず第一試合に登場した嶋田翔太。相手はローカルのグローブ空手大会を三連覇しているらしい林です。

嶋田は蹴りで相手を圧倒しながらもパンチをいくつも被弾し、中盤以降は鼻血を流しながらの試合になりました。

なんであんなにパンチをもらうのかな?手を前に突き出して、ブロックしないからか?

嶋田は確かお父さんが主宰する空手道場で練習をしているんでしたよね。これまでは練習の量の多さがアドバンテージになって勝ってきたと思いますが、これからK-1で本格的にやっていくのであれば、練習の質、特にボクシング技術の向上が必須です。

出稽古という手段もありますが、現状であの蹴りを活かすには、亀ガードで相手のパンチを凌ぐ術を身につけることが手っ取り早いかなと思います。

もう一つ注文をつけるならば、詰めの甘さか。今回は相手のパンチが大振りで、後半は嶋田も完全に見切ってましたが、あれだけ余裕をもってフックを避けられたならば、最小限のスウェイバックの後にミドルキックを即座に打ち込むなどの攻撃を加えてほしかったですね。



○卜部功也(ドクターストップ)石井振一郎×
試合の方は文句の付けようがない圧勝でしたが、膝で相手の額をカットし、試合が中断された直後、カットしたことをアピールして軽くダンスしたような動作が何だかK-1甲子園らしくなかった。フレッシュじゃなかった。

でも私の中では、抱かれたい格闘家No.1は卜部くんです♪



ルーキーズCUP決勝
名前を忘れましたが(蒙古タンメン中本に並びながら携帯で書いてるもんでスンマセン)、勝った選手は建武館らしい攻撃力のあるファイターでした。

相手もさすがは藤原ジムで鍛えられた粘りのある選手。序盤に喫した二度のダウンのダメージが相当あったことは見た目にも明らかで、12ラウンド戦った後の畑山みたいな顔になりながらも後半から盛り返しました。

ハイライトは最終ラウンド残り10秒。ハイキックか何かで(メモしながら観戦したわけではないので詳細は各種メディアでご確認ください)あわやダウンを奪い返すかという場面を作りました。

あそこで逆転のKO劇が起きてしまうのがK-1らしさなんですが、ルーキーズCUPの選手にそこまで求めるのは酷ってものでしょう。つーか、今のK-1自体、劇的なシーンを滅多に見れませんしね。



○岩切(延長 ドクターストップ)ファイヤー原田×
いつものことなのでしょうが、会場人気が高かったファイヤー原田でしたが、試合の方は原田が人間サンドバックになったような展開でした。

ところが、本戦判定はなぜかドロー。あれは変だわ。額もカットされていたのに。

そして延長が始まると一分程度で原田が流血し、ドクターストップ。首を傾げざるを得ない判定でした。

原田って選手はどうなんすかね?スクールウォーズのテーマに乗って入場し、大見栄を切る姿はいかにもプロの選手って感じの盛り上げ上手ぶりですが、私は原田の試合を初めて生で観て、レベル的にどうなのかな?と思いました。

正直、原田の戦いぶりからは、力強さも、60kg級のスピード感を全く感じることができなかったですね。

まぁ、原田には多くを期待せず、盛り上げ役だけやってもらえればそれで良いってんなら話は別ですが。と言うか、いちいち目くじら立てないで、原田の試合は原田の試合なりに楽しむのが粋なのでしょう。



○喜入衆(判定)?×
「喜入 衆」と書いて「きいれ とも」と読みます。昨日、初めて判りました。

顔は金泰泳に似てますが、決定力不足でちょっとK-1にはお呼びじゃないかな?



○廣野vs.山内×
山内って何なの?、、、と言うか、3RのK-1ルールの試合では山内は本領発揮できないでしょ。

゛全日本ウェルター級絶対王者゛と紹介されてましたが、初めて見た人には何も伝わらなかったと思います。

勝った廣野も動きが鈍臭い。K-1に出るには垢抜ける必要がある。



○山本元気(判定)梶原龍児×
予想どおり、ぃゃ予想以上に激しい試合になりました。この試合だけでもチケットを買った甲斐があったというものでした。

今大会で行われた試合の中には、第1ラウンドを様子見で終えてしまったものもありましたが、この試合は最初からフルパワーの殴り合い。観客が何を求めているかを自覚しているこの二人こそ、一般大衆にも注目されるK-1の舞台に相応しい選手です。

しっかし両者ともに終始あれだけ力を振り絞ったパンチを繰り出し続けるってのは凄いことですよ。

山本の左ミドルも何気に効いていたように見えましたが、基本的には足を止めて左右のフックを打ち合ってました。

そんな展開を私はハラハラしながら見てましたよ。前にも書きましたが、山本が新空手の試合で名もない選手のフックでスコーンと腰から崩れ落ちるように一本負けした試合を目の当たりにしたことがあって、その印象が強く残ってたから。

山本自信もあのKO負けは苦々しい思い出として記憶の片隅に残っていると思いますが、昨日の試合で完全に払拭したんじゃないですか?(それほどの記憶じゃない?)

自分から果敢に攻めることで、ウィークポイントの顎を守る。K-1も基本姿勢は攻めることです。まさに山本こそK-1ライト級を象徴する選手と言えるでしょう。



セミとファイナルの感想はまた改めて。タイトルは「翼をもがれたナオキック」を予定してます(泣)

全日本キック Krush.2

8784a5bf.jpgweb新が゛青春の杜゛後楽園ホールに帰って来たぞーっ!
(青春の杜って・・・、学生キックに一回出ただけだろw)

やっぱ最高っすね、後楽園ホールでの観戦は。

観戦記は明日に。

ゲガール・ムサシ@K-1ライトヘビー級

狩野英孝のママでも全然OKなweb新です。

今日はまず、プロ格には無関係ですが、面白いサイトを2つほど紹介してから本題に入ります。


カモメの最期

らばQ:これは幸運なのか不幸なのか…襲われたカモメの結末がありえないことに



ジェダイトレーニング

これほどまでに驚きと笑いを提供してくれる動画はなかなかお目にかかれないのでは?私もぜひトレーニング仲間に入れてほしい。

衝撃のラストも必見!再生はこちらから。


さて、大した内容ではありませんが本題です。

ゲガール・ムサシがK-1出場に色気を見せているようですが(DREAM公式サイト掲載のインタビューより)、K-1としては受け入れを検討するのでしょうか?

旬の人材はすぐにでも起用するべきだと思うのですが、それをしないのがK-1です。

かつては郷野がK-1参戦を熱望する発言をしていたにも関わらず、K-1側としては何らアクションを起こすことなく、郷野もいつしかキックから撤退し、総合に専念するという極めて残念な経緯があるので心配です。

ただ、UFC流出が噂されてはおりますが既にFEG主催興行であるDREAMに出場しているゲガール・ムサシに関しては、K-1の出方次第ですんなりと事は運ぶはず。ネームバリューもあり、並みの軽重量級キックボクサーを凌ぐ打撃技術を有しているはずのムサシが、K-1のリングで戦う姿をぜひ見たいものですが、そこで問題になるのが階級です。MAXまで減量するのは到底無理だし、逆にヘビー級は重過ぎる。

かつて郷野が全日本キックでヘビー級王者になったことがあるとは言え、全日本キックの重量級はK-1とは比較にならない低レベルな世界ですからね。

やや話が脱線しますが、MMAファイターの郷野に蹂躙され、反抗する素振りすら見せなかった全日本キックの重量級ファイターは、本当に情けない連中だと思います。プロを名乗る資格はないと思います。郷野退治に私が唯一期待を寄せていた安部康博選手は多分セミリタイヤ状態だったんでしょうが、まさか郷野に惨敗したコンボイ山下とかは未だに現役として茶を濁すかのようにリングに上がり続けてはいませんよね?

話を戻して、ゲガール・ムサシがK-1に参戦する場合の受け入れ体制ですが、いきなり新たな階級を設置するようなリスクは主催者として負いたくないと思うのでは、とりあえずは80堊宛紊侶戚鸞僚鼎妊錺鵐泪奪舛鯆鷆,径海院△修海之覯未出たときに新たな階級を設置すれば良いのではないか?意外とタレント揃いの軽重量級ですから、間違いなく良い結果は出るはずです。

その結果次第で、軽重量級が85kgのライトヘビー級を創設するか、さらに欲を言えば80kgのライトヘビー級と90kgのクルーザー級に分化されるかを決めるべきでしょう。

ムサシのK-1参戦で軽重量級にスポットが当たることになるならば、当該階級のファイターには、PRIDEで桜庭がミドル級というカテゴリーを確立したような、そんな活躍を見せてほしいと思います。

ナオキックがファイヤーを空転させてKO勝利

0de378d0.jpg昨日の全日本キックは素晴らしい大会だったようです。スポナビの試合結果一覧を見ただけで雰囲気が伝わってきました。

まず、70kgトーナメント。当初は60kgあるいは同じ階級のK-1MAXに比べて見劣りするということであまり関心が低いトーナメントだったと思われますが、蓋を開けてみると・・・

まず、スターリンが準決勝で敗退してくれたことが良かった。スターリンと言えば、このトーナメントの前哨戦となるサムゴー戦であっけなくKO負けしたことが印象強く、その程度の選手がファイナリストになったのでは権威もクソもあったものではありません。しかも敗戦の弁として、「サムゴーは超人と言われるほどは強くない」なんて語ってましたが、遊び半分のブヨブヨお腹で来日してKO勝利を収めてしまうこと自体が超人的ですよ。

次に、自らを優勝候補の本命と言ってはばからなかった山内が準決勝で敗退したことでトーナメントに重みが出たのでは?山内というと、私のようなライト感覚のファンからして見ると「ドラゴに何度もダウンを奪われてKO負けした程度」のイメージなんですよね。

え?ライト感覚で見てる人間が何を言うかですって?あ、それならこのままずっと一般社会から相手にされず、小遣い程度のファイトマネーを貰って頑張るキックボクサーをマニアの方々だけで応援し続けてくださいな。

セミファイナルのフェザー級タイトルマッチは、山本が60kgトーナメント制覇の勢いそのままにKO防衛。4ラウンドに渡って圧倒的な強さを発揮した感じです。タイトルが乱立するキックボクシングですが、全日本キックフェザー級が世界で最も権威のあるタイトルと言って間違いないでしょう。

最後に私が予てから注目していた「ナオキック試練の七番勝負」第1戦目のファイヤー原田戦。ナオキックは格の違いをまざまざと見せ付けてKO勝利。ファイヤー原田の勢い任せの熱血ファイトを空回りさせたことで、小林GMも合格点を与えざるを得ないでしょう。

ナオキック、(パンツの柄以外は)完璧ですっ!七番勝負、必ず1回は会場観戦させていただきます!

≫≫≫どらちゃさんの観戦記が読めないことが非常に残念。人気blogランキングへ

石川直生選手(全日本キックSフェザー級王者)の支援者よりコメントが届きました

23日にタイトル防衛に成功した石川選手の「キックをもっとはっきりと世に送り出したい」という発言に注目した私は、その関連記事(こちらこちら参照)を書き、石川選手のブログにトラックバックを試みましたが受け入れてもらえませんでした。

まぁその程度かとがっかりしていたところ、石川選手の支援者のいづもさんからK-1心中にコメントが寄せられました。

ping送信に不備があったのではないかと思われる、という内容でした。

pingは正しく送信されたはずだとは思いますが、いずもさん、わざわざコメントをくださってありがとうございました。いづもさん自身のブログの就職内定関連記事等も十数年前の自分を懐古しながら楽しく読ませていただきましたので、ランキングに投票させていただきました。

さて、注目の石川選手の動向ですが、10月にはジムと連盟とオスカープロモーションが三位一体となってイベントを行うようです。オスカープロモーションといったら私のような芸能に疎い人間でも知っている大手の会社です。このことから私のようなマニアではなく一般の人間を取り込む狙いが見えます。

普段は格闘技のことなど口にしないような女性ファンが付いているのは魔裟斗やKIDが活躍するK-1MAXぐらいでしょうが、石川選手の試みが新たなファンの開拓につながるのではないかと期待します。

ただ、そのようなライトなファンは他に興味の的ができればすぐに離れていきます。だから私は、新たなファンが格闘技をもっと深く愛するきっかけとなるような記事を書き続けます。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ