佐藤ルミナ

“キング”佐藤ルミナ

10年前の全盛期には、専門誌の巻頭特集やカラーページを席巻していた佐藤ルミナ。


今ではドサ回り演歌歌手のように地味な佇まいのルミナ。


三崎和雄のようなホホホイジャンプを多用するルミナ(いつから?)。


メジャーの舞台には全く関心が無いのか、無いように装っているのか、ルミナ。


何処となくキング・カズに似てきた気がしないでもないルミナ。


やっぱり修斗で試合をし続けることが一番の幸せなのだろうなと思わせてくれるルミナ。


地上波テレビの電波に乗りたいなんて気持ちはさらさら無いのだろう。


でも、1回限定の約束でDREAMのリングに上がり、KIDと戦って欲しい。1度限りならば罰も当たらないだろう。



━─━─━─━─━─




<○シケリム(判定2-1)遠藤雄介×>
ウェルター級チャンピオンシップではブラジルのシケリムが判定勝利で防衛に成功すると、リング上でベルトを返上。どうやら海外の団体との契約が決まったらしい。

シケリムがマイクで「修斗で戦えたことを誇りに思う」とか「修斗は素晴らしい団体。私は修斗を忘れません」などとアピールすればするほどに虚しさが募る。

ただ、修斗のベルトを獲ることが海外で高く評価されているのは間違いないとは思う。



<○日沖発(判定3-0)リオン武×>
日沖が凱旋試合でライト級タイトルを奪取することになったが、どっちがチャンピオンだかわからない試合内容だった。

それは日沖が戦極で名前を売ったからだけではなく、リーチの差からしても断然不利なスタンドの打ち合いに活路を見出すしかなくなったリオンの追い詰められ具合によるところも大きかっただろう。

試合序盤にグラウンドで上になったが容易に立ち上がられ、倒しても下から関節を狙われては、リオンも手詰まりになるというもの。

それでも日沖が鼻血を出すほどにパンチを当てたのは、王者の意地か、日沖の甘さか。

試合後のリング上で、リオンのセコンドである川口健次氏が日沖に何か諭している様子だったが、SRCのことやシケリムの王座返上を鑑みると、どうしても「お前、修斗を捨てるなよ」とか言われてるんじゃないかと勘ぐってしまう私は浅はかな人間なのか。

web新の格闘ウィークエンダー(ルミナの弟子、バンナ、パンクラス、荒鷲と円天)

<ルミナの遺伝子>
昨日開催された修斗公式戦で、佐藤ルミナの弟子にあたる土屋大喜が、戦極フェザー級GPにも出場経験のある大渡伸太郎を秒殺KOで下す番狂わせを演じました。

ルミナの元で練習を積み4戦3勝2KOの戦績を残している土屋は、ただのかませ犬ではなかった。むしろ、その凶暴な牙をむき、「石渡選手の右フックをかわす練習をしてきたんですが、それがドンピシャでハマった」と振り返るように、開始直後の右フックをかわしてスルリとバックに回った土屋。振り向きざまに逆に右スイングフックを直撃させ、石渡をこの渾身一撃のもとにダウン。すぐさま追撃に襲い掛かり、パウンドを嵐のように降らせたところで、レフェリーストップのKO勝ちとなった。時間にして、わずか20秒の出来事だ。

ルミナのような90年代に活躍した選手が指導者になり、彼らが育成した選手がデビューする。日本でも海外でもMMAはこれから優秀な人材が出てきそうです。



<バンナのボクシング>
バンナのボクシングマッチについて私が投稿したエントリーに対して、

「スケルトンがボクシングで通用したから、バンナもいけるだろうという考えはやめた方がいい」

というコメントが寄せられましたが、私はバンナがスケルトンのようにボクシングの世界ランカーになれるとは思ってません。私が言いたかったのは、K-1やバンナのアンチ層が酷評するほどバンナが見込みなしではなかったんじゃないかってこと。

そりゃ、今のバンナを見ればボクシングで通用しないのは一目瞭然でしょ?もう何度も書いてますが、左腕が完治していなかったとは言えボタに惨敗した時点でバンナは完全に終わりだと思ってます。

そんなバンナなのだから、残り少ない格闘技人生を好きなことだけやって全うして欲しいというのが正直な気持ちです。K-1ファンの皆さんもバンナには多くを期待しない方が良いと思いますよ。



<今日は北岡悟のパンクラス凱旋試合>
刺激的な言動で常にファンを振り向かせ続ける北岡。私は決して嫌いではありません。北岡-五味戦では、私はたしかに五味を応援しましたが、例えば先日行われた石井慧の公開調印式のようなイベントのように多くの格闘家が一堂に会する場に私が見物人として訪れたならば、間違いなく石井と同じくらいの声援を北岡に送ると思います。

それに比べ、今日のパンクラスに出場するセミプロ連中の意気込みコメントのつまらなさと言ったらありません。グラドルからストリッパーに転向した小向美奈子を引き合いに出した川村はまだ良いとしても、、、。以下をご覧ください。

大石幸史「明日頑張ります」

佐藤豪則「次の日が誕生日なので、勝っていい誕生日を迎えたいです」

チェ・ムベ「久し振りのパンクラスでベストを尽くします」

藤井勝久「俺の全てを賭けて戦います」

川原誠也「ヤーマン」

KEI山宮「頑張りま〜す☆」

大堀竜二「相手が格上の選手なんで、思いっきりぶつかっていきたいです」

廣瀬勲「勝ってベルトに繋げます」

中村圭志「思いっきりやりたいですね。自分の持っている力を全部出して燃え尽きたいです」

赤井太志朗「いつも通りベストを尽くして頑張ります」

村田卓実「またパンクラスのレギュラーになれるように頑張ります」

窪田幸生「頑張ります、それしかないです……ファイヤー!!」

鈴木槙吾「前回負けてしまったので、今回は勝てるように頑張ります」

GBRニュースより)

結果も出ない。コメントも面白くない。こいつらは何を目指して(一応であるが)プロをやってるんでしょうか?


<“世界の荒鷲”坂口道場閉鎖>
今日、北岡と対戦するというか生贄になる坂口征夫ですが、道場閉鎖問題でなかなか練習に集中できなかった様子です。

6月いっぱいで閉鎖することが決定した「坂口道場 狛江」に話が及ぶと、途端に落胆の色を隠せなくなってしまった。5月下旬に道場閉鎖が報じられ、「前後1週間はショックだった」と坂口。「試合に集中したいんですが、柔道教室の子どもたちへの対応などもあって……」と事務作業にも追われ、心身ともに疲れた様子を見せた。怒りの矛先は父親で狛江道場を主宰していた“荒鷲”坂口征二にも向き、「発表を1カ月ずらしてほしかった。おやじにはムカついている」と肩を落とした。スポナビより)

道場閉鎖は円天問題の影響なのでしょうか?

そう言えば以前に、格闘技界にも飛び火した円天問題についてのエントリーを書いたのですが、余りのくだらなさにお蔵入りさせてました。しかし、世界の荒鷲と円天との関係を説明する意味でも、下書き状態のままだったそのエントリーを以下に復刻させました。



<社会派ブロガーのweb新が円天問題を斬る!>
これまでも数々の社会問題をメッタ斬りにしてきたweb新が、今回は円天詐欺にプロレス界が絡んでいた問題を取り上げます。

0d66725c.gif

実際にプロレスファンで円天の会員になった人なんているのかしら?

騙されることの心地良さを知っているプロレスファンは、このような悪質な詐欺には引っ掛からないと思うんですが。

むしろ単純な格闘技ファンの方が、例えばK-1GPのチケットを「3万円天」とかで買ってそうな気がします。

マッハとルミナの敗戦に思う

桜井マッハと佐藤ルミナが修斗で揃い踏みし、両者とも一本負けしました。

1999年の修斗後楽園大会での、マッハ34秒、ルミナ5秒という脅威の秒殺競演を目の当たりにした私としては、何とも感慨深いものがあります。

しかし、この両者の力が衰えたのかというと、必ずしもそうではありません。

マッハがまさかバロンに負けるとは夢にも思いませんでしたが、その原因はこの画像に集約されているといえます(バウレビより)。バロンの頭が切れたほどですから、顔面が当たったマッハのダメージがいかに大きかったかうかがい知れます。このアクシデントが無ければ、マッハ勝利は間違いなかったでしょう。

一方のルミナも、試合後の田村の顔を見れば一目瞭然(バウレビより)。前世界王者の田村をここまで追い込んだのですから、ルミナはまだまだ第一線で活躍できることを証明したと言えるでしょう。

最後に余談で恐縮ですが、私一押しのシューター、「俺のオリジナルラーメンを食っていけ」風な佐々木信治もこの大会に出場しましたが、無念の判定負け。しかし、見せ場はいくつも作ったようなので、次回もチャンスに恵まれることでしょう。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ