○ソクジュ(TKO ※パウンド)ノルキア×
サイドからのタコ殴りでソクジュのTKO勝利。パウンドから腕十字に移行するのかな?と思いましたが、レフェリーがストップしてからも殴り続けたのはなぜか?

それが原因で試合後のリング上は両セコンドが入り乱れる騒乱状態に。その中で、自陣コーナーにて右足をセカンドロープに乗せて事態を見守るソクジュの落ち着き払った態度が好印象。あの橋本-小川戦の乱闘劇を彷彿とさせました。

この因縁を活用しない手はありません。ノルキア陣営にレイ・セフォーの姿がありましたから、次は是非ともセフォーvs.ソクジュを組んでもらいたいものです。つーかソクジュは準決勝が待ってるのか。



○ゲガール・ムサシ(一本 ※ストレートアームバー)マーク・ハント×
予想どおりの展開でムサシの完勝。

K-1ルールでやってもムサシが勝つだろう。なんて言うと、何も解らないよいこのK-1ファンがヒステリー起こすだろうけれど、ボクシングもキックもムサシの方がレベルが上なんだから当たり前。



○高谷(TKO ※パウンド)前田×
TBSの軽率な番組作りのせいで高谷の勝利があらかじめ分かってしまっていたので、かなり白けた気分で早送りしながら観ることになってしまいました。感想も特にないわ。強いて言うなら、煽りVに出てきた両軍団がかっこ悪かった。



○ビビアーノ(判定)今成×
今成は相変わらず自分から何もできない。自ら仰向けに寝転がる行為は何とかならないものか。“妖怪”と形容すればカッコは着くのかもしれないが、あんな戦い方が世間に受け入れられるわけがない。

え?わかる人にだけわかってもらえればいい?そうか、それなら一生貧乏やってろ。



ジャカレイ(ノーコンテスト)メイヘム
3点ポジション状態のジャカレイに対して放ったメイヘムのキック(反則。三崎vs.秋山と同じ)が頭部をえぐり、大流血。ノーコンテストに。

その最低が下る前から席を立つお客さんの姿が目立ったのが寂しかったなぁ。さらにはKIDの試合が終わるとメインを待たずに席を立った観客も少なくなかったらしい。

悲しいなぁ。でも、岐路に着くお客さんを誰も責めることはできない。



次回大会カード発表
休憩明けに次回大会の一部カードが発表されました。一番の注目は、DEEPライト級王者になったばかりの菊野克紀がDREAMに初出場することでしょう。相手は“殴り屋”アンドレ・ジダですが、菊野の凄さを味わうにはグラップラー相手の方が良かったかも。

青木vs.シャオリンも面白そう。今回のビビアーノvs.今成のようにスイングしない試合にはならないと思います。どちらかがパスガードするだけで歓声が上がるような試合になると予想。それにしても「柔術黒帯・人間白帯の青木真也です」は面白かった。青木のことが少し好きになりました。

マヌーフvs.パウロ・フィリオはイマイチ。最初の一発でマヌーフがKOするか、フィリオが押さえ込んで判定になるか。その二択じゃない?

これからも追加カードが小出しに発表にされるのでしょうが、あとは“真打”郷野の登場を待つだけか。



≫DEEPライト級王者決定戦は菊野克紀の三日月蹴りに要注目ですっ!(断言)

≫郷野聡寛はDREAMウェルター級の救世主