中村大介

フェザー級GPより中村vs.石田

自分が更新したエントリーを後から読み返すと、各段落ごとの文末がどれも同じ調子で締められていたりして、読みにくいなぁ、恥ずかしいなぁと思うことがあり、皆様にも読みにくいという点でご迷惑おかけしてます。何かと忙しく、記事を校正する時間もなかなか取れない中で更新しておりまして、でも一度更新が途絶えると2月のようにまったく更新しなくなってしまう事態に陥ってしまうので、何とか頑張って更新しております。ご了承ください。

改めましてぃょぃょ本日開催のDREAM.7は、フェザー級GP6試合とワンマッチ3試合の全9試合がラインナップされておりますが、皆様が一番注目しているカードはどれでしょうか?

淡々と挙行される感じのフェザー級GPよりも、青木、川尻、石田、中村が登場するワンマッチ3試合の方が楽しみじゃないっすか?

私は断然ワンマッチが楽しみですね。玄人の方々にとってはフェザー級の強豪外国人の試合を見れることが楽しみで仕方ないのかもしれませんが、私はビービをビビアーノ・フェルナンデスの愛称だと思い込んでたくらいのライト感覚でフェザー級を見ています。

だから、通常であればDREAMやK-1の大会前になると素人なりの視点で見どころ等を書かせてもらってますが、今回は書けません。あえて書くならば、大塚隆史の地味顔にマヌーフやマイケル・マクドナルドばりの騎士風味トランクスは全く似合っていないってことくらいでしょうか。ちなみに「大塚隆史」でネット検索したら、こんなサイトがヒットしました。未成年者に相応しくない内容を含んでますので、あなたが成人である場合のみ、こちら「大塚隆史さんが語る、パートナーシップの重要事項☆「別れたい」に決着をつける」をクリックしてください。

さて、そのワンマッチ3試合の中でもっとも注目度の高いカードは中村大介と石田光洋の一戦じゃないでしょうか?

中村と言えば昨年大晦日Dynamite!!において所英男相手にベストファイトの呼び声高い好勝負を繰り広げたことが強い印象として残っており、また昨年中は大晦日含めて7戦7勝と勢いに乗りまくっている選手です。

一方の石田は、昨年の宇野薫戦や06年の五味戦で完敗したイメージが強いですが、外国の強豪選手相手には良好な戦績を残しているファイター。ギルバート・メレンデスやクリスチャーノ・マルセロ、五味の武士道連勝記録を止めたマーカス・アウレリオらに勝利してきた実績は評価に値するものです。

また、個人的な話で恐縮ですが、石田選手が総合格闘技TOPSに入門した最初の日に彼と打撃のスパーリングを行ったことをよく覚えています。その時の彼の実直な態度と光り輝く目を見て、私は彼のプロとしての成功を確信したものでした。

そんな私ですから、今日の試合では石田選手の勝利を強く願う立場ではありますが、一格闘技ファンとして勝敗を予想すると、タックルで倒されてからの下からの攻撃等の引き出しの多さで中村有利と見ています。

石田選手が今回の試合で勝利するには、とにかくタックルを仕掛けて押さえ込むことを念頭に置く以外にないでしょう。塩漬けなどと揶揄する声など無視してほしいと思います。

以上、ワンマッチはこのカード以外も手に汗握る攻防が続くでしょうが、とは言っても今大会の主役はあくまでフェザー級GPに出場する12人の選手です。くしくも青木に「フェザー級の選手は元気がない」と言い放たれましたが、2回戦以降は自分がお客さんを会場に呼ぶんだくらいのアピールをリング内外でしてほしいものです。


<アンケート開催中>
K-1公式サイトでは、K-1ワールドMAX開幕戦への日本人推薦枠は誰がふさわしいかのアンケートを行っていますが、投票状況の途中経過を見れないところが物足りません。そこで、当ブログでも同様のアンケートを行うことにしました。アンケートフォームは右サイドバー最上段に設置してございますので、投票をよろしくお願いします。

格闘技界に春の息吹 DREAMウェルター級GP、K-1MAX日本予選ほか

1・4『戦極の乱』以降、格闘技界にはこれといったトピックがありませんでしたが、ここ数日で、春の息吹を感じさせてくれるようなニュースがいくつかリリースされました。

<U-FILE CAMP 中村大介の針路>
昨年大晦日のDynamite!!でDREAMフェザー級エース候補生の所英男に完勝した中村大介。昨年は所戦以外にも、DREAM3ではチョン・ブギョンとの腕十字対決をKOで制し、M-1チャレンジ等の海外の大会でも勝利を重ね、7戦7勝という破竹の勢いです。

そんな中村は今年も試合がしたくて仕方がないそうで、無差別級戦も視野に入っている模様。さらに、師匠である田村との対戦を要求してくる“外敵”を自分が迎え撃つとのこと。

田村に対戦を要求してくる選手っていまいちピンと来ませんが、2009年の中村はライト級という枠に止まらない活躍が見れそうです。




<青木がDREAMウェルター級GP参戦決定>
ライト級の枠に止まらないと言えば(前項と巧く繋いだつもりかw)、DREAMライト級エース・青木真也のウェルター級GP参戦が決定しました。

この件については賛否両論あるんじゃないでしょうか?特に玄人の方々にとっては否の傾向が強いのでは?ライト級の地盤を固めろ!みたいな。

私は大歓迎ですけど。青木が苦戦するところを見てみたいから。

でも、青木を苦戦させられるだけの相手がいるでしょうか?青木は体格的にもウェルター級として遜色ないですし、層が薄いウェルター級ですから、もしかすると青木がGPを制覇するかもしれません。

同じくウェルター級GP参戦が決定した桜井マッハには修斗で判定負けしている青木ですが、現在の両者を比較すると青木の方が上なんじゃないかと感じるファンは多いでしょう。果たしてマッハは青木の足関節を潰す技能を有しているのでしょうか?

ちなみにウェルター級GPは8名で争われるそうですが、これは良い決断だと思いました。層が薄いところに無理やり半端な選手を入れて16人揃えても、消化試合ばかりになってしまうと思うから。

私は一回戦で青木vsマッハを組むべきだと思います。




<戦極でもフェザー級GP開催>
DREAMでは既に16人中12人の出場選手が決定しているフェザー級GPですが、戦極でも同じくフェザー級GPが開催されます。

出場が決まっている選手は以下のとおり。

【参戦決定選手】
小見川道大
石渡伸太郎
川原誠也

【フェザー級グランプリ参戦選手】
日沖 発
金原正徳
山田哲也
マルロン・サンドロ
ロニー・牛若
クリス・マニュエル
ニック・デニス
ジャン・チャンソン

小見川道大については修斗での石渡戦に圧勝してフェザー級GPに参戦する形を主催者的には望んでいたのでしょうが、引き分けに終わり、石渡ともども参戦が決定するという間抜けな格好になりました。

柔道では野村忠宏に勝ったこともあるらしい小見川ですが、プロではダメダメですね。修斗での石渡戦では試合終了のゴングが鳴った後、余力が残っていることをアピールするためにリング上を走り回ったそうじゃないですか。そんなことするくらいなら試合で全力を尽くせって。この馬鹿。

それにしても戦極のフェザー級はDREAM以上にワクワク感が乏しいですね。




<K-1MAX日本予選に向けて>
HAYATOにTATSUJI、小比類巻らK-1MAX日本予選出場選手が、気持ち悪いくらいお行儀良く、1日1人のペースで試合に向けての意気込みを発信しています。

しかし、自分よりも弱そうな選手もいるという観点もあって(冗談です)個人的に楽しみなK-1MAX日本予選。大会までまだ10日もありますが、これからのエントリーでは各選手の状況を追いながら、勝敗予想などをしていこうと思ってます。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ