ブログランキング

ブログの価値は その14

動画ブログがブログランキングの1位に居座って久しい。

海外の主要なMMAの大会を現時点では日本のテレビでは見ることができないので、ネット動画に頼らざるを得ない。その動画の在り処を教えてくれるブログが重宝されるのは致し方ないことだとは思いますが、不健全な印象は拭えません。

私は金を払っても、自宅のテレビで試合映像を観たいです。ビエラPZ800の46型を持っているからそう言ってるのではありません。念のため。

動画ブログ以外では、『カクトウログ』と『ブラックアイ2』の老舗情報系、そして『別冊・プロレス昭和異人伝』がランキング上位に食い込んでいる状況。他のブログは身内による票集めブログばかりなので無視。

K-1心中も、かつては常に1000〜3000ポイントの支持を集め、上位に押し上げていただいておりましたが、現在はランキングから“卒業”しております。しかし、K-1心中を支持してくださった方々への恩返しの意味も込めて、ブログランキングが価値あるコミニティであり続けるために、上から目線での監視を続けていこうと思います。

「ブログの価値は」シリーズも今回で14回目ですが、このシリーズに終止符を打てるように、面白いプロ格ブログが増えてくれることを願ってます。K-1心中に文句を言う人も、そんな暇があるならばご自身で面白いブログを書いてくださいよって、本当に思います。

論点や手法に関してK-1心中を猿真似しても構いませんから、読んで面白いブログを書いてほしいなぁ。二番煎じでも良いじゃない。K-1心中の副産物でもいいじゃない。

それがweb新お兄さんの願いです。

面白いブログ紹介 『新・24 hour VT People』

私に推奨されたところで嬉しくも何ともないでしょうけれど、「このブログは面白いです」と今回紹介させていただくのは『新・24 hour VT People』です。

世論に同調するだけのくだらないブログも少なくない中で、このブログは反論覚悟でご自身の意見を堂々を書いておられます。

物議を醸している三崎vs秋山についても、大多数のファンが支持している三崎に寄った内容でエントリーするのは馬鹿でもできます。しかし、管理者のサイコマフィア様はあえて三崎支持層を批判する内容でエントリーしてます。"にわか三崎応援団"というレッテル付けも良かった。ウェルター級GPでは三崎にブーイングしていた連中が、、、。滑稽さを感じますよ。

皆様、ぜひこの『新・24 hour VT People』に投票してください。管理者様のモチベーションが下らないように(笑)

ブログランキングの相対的な順位なんて気にもしていないでしょうが、投票してくれる人が多ければ、新たなエントリーを書く気も湧いてくるでしょうからね。更新しないときはホントに更新しなくなりますから、このブログ。その度に私は「更新再開を望む」ってコメント書きに行くんですが(苦笑)

やっぱり読み物として面白いブログが上位にランキングされるのが極々当たり前のことなのですから、皆様方の手で人気ブログランキングという貴重なコミニティを守っていきましょう。よろしくお願いします。

≫≫≫内輪ネタや独りよがりに終始するブログに対してランキングからの撤退を勧告する!人気blogランキングへ

ブログの価値は その9(大晦日雑感)

サップvsオロゴンのレフェリング
あれが普通の試合だったなら、あのタイミングでのストップで正解でしょう。

ルールブックどおりに厳正なレフェリングをするのがプロ。場合によってはルールブックを超越した超法規的なレフェリングをするのがスーパープロ。あえてこう書かせてもらいました。

だって、実際にフライvsトンプソンとか柴田vsホ・ミンソクは、ストップをかけるまでに通常の試合よりも猶予を与えてましたよね?そのおかげで盛り上がった試合になった。それを喜々として観戦していながら、「あなたはオロゴンがサップに殴り殺されるのを期待してるのか?」なんてことを言う偽善者とは交流したくない。偽善者は職場の中にいくらでもいるでしょう。楽しいはずのブログ上では相手にしたくないタイプです。

それに、世の中の総合格闘技が修斗だけになっても今のように熱狂的に応援できるのか?って話ですよ。むしろ、K-1やPRIDEのブームに便乗する形で格闘技ファンになった人間ほどたいそう偉そうなことを書く傾向にあるような気がしてます。調子が良すぎる。


脳内格闘家
脳内でしか格闘技をやったことがない人間を私は馬鹿にしてますが、観戦オンリーの人のことを言ってるのではありません。自分は格闘技をやったことがないという事実を受け止め、身の丈以上のたいそうな発言をしない格闘技ファンはそれで良いと思いますし、自分もどちらかと言うとその部類に入ると思ってます。若干の経験をブログのエントリーにフィードバックすることはあれど、『異人伝』のshingol様に比べたら屁みたいなもんですからね、私の格闘技歴なんて。


ここからはまともなコメントをくださった方々への個別レスになります。

>PRIDEさん
しばらく欠場するでしょうが、禊は続くなんてもう言わないで、0からの再出発で良いのでは?

>ボボ・ラブジルさん
KIDの試合はすごい打ち合いでしたよね。ヤヒーラも大晦日の大舞台ってことをちゃんと理解していたのでしょう。秋山が勝っていれば、08年はさらならドラマが生まれたでしょうにね。

>サップ好きさん
三崎の蹴りは微妙なタイミングでした。M-1サポートの大会は桜が咲く頃に開催するとの暗示があったようで。

>マルコメさん
ミノワマンには同階級の日本人とやってほしいですね。08年大晦日は亀田家も放送枠を狙ってるみたいですしね。

>ぽんせさん
ペタスは出来過ぎでしたね。相手が相手ってのもあったでしょうが。

>質問マンさん
>先生
本年もよろしくお願いします。暴走モードに突入しない程度にw

>ばーびかんさん
K-1も浅田真央のような美を追求してほしいです。

>BJ
あけおめです。K-1甲子園は今の若者の縮図じゃないでしょうか?形ばかり。

>九州男児さん
かみ合った試合は少なかったですね。五味の不参加は本当に残念でした。

>弁慶さん
ボビーのK-1ルールと言えば藤本戦のグダグダを思い出しますね。でもサップ戦ならば面白くなるような気がします。

>ライトさん
石田選手はまさに"ダイナモタックラー"ですよ。これ以上はない称号ですよ。

>まさわたさん
マジメな試合ばかりでは面白くないですからね。奇想天外な試合も必要です。いくら玄人気取りしていても、いつの間にか離れていきますから。

>はなさん
生観戦おつかれさまでした。秋山からの真の謝罪は絶対に望めないでしょうね。

>デンプシーロールさん
いや、大晦日は紅白を見て、正月に格闘技三昧も悪くないでしょう。サップvsボビーは、島田レフェリーならあと数秒間は猶予を与えてくれましたね。三崎のマイクは賛否両論なようです。

>最高さん
秋山に勝ったからこそ諭せたわけですね。

> 武 さん
スポナビで田村と前田のトラブルを知ったとき、まず最初に『T-style Axis』が頭に浮かびました。この確執に関して情報をつかんだらぜひブログにアップしてください。

>博士さん
博士のコメントはすごい久しぶりな気がしますが(笑)寒川のジャブに目をつけるとはさすが博士ですね。本年もよろしくお願いします。

>ベロンさん
三崎のマイクは賛否両論なようですが、会場のファンはほとんど歓迎ムードだったのでしょうね。

>すーさん
宮田は減量きつくないでしょう。あの体格で77kgは無理ですよ。

>金星さん
しっかり対策を練った上での熱い試合に期待。これから選手の契約先がどうなるのか楽しみです。

>☆mariamariapiaf☆さん
こちらこそよろしくです。

>マルコメさん
KIDはせめて64kgくらいで頑張ってほしい。そうすれば同階級のライバルも増えるだろうし。三崎のジャンプはたしかに「ホホホイ」みたいですね。思わず笑ってしまいました。

>ろくろおさn
なるほど!4点蹴りありに馴染んだ選手ならば、あそこで不用意に立ち上がろうとはしなかっただろうと!たしかにそれは言えますね。

>うぃ〜さん
賛否両論の三崎マイク。うぃ〜さんは否定派ですか。秋山は確かに油断はありましたね。そこも実力のうちでしょうが。

>前田さんあんなことするなら復帰したら?さん
田村-前田の確執は要チェックです。今後の秋山のこれからの扱いは難しくなりそうですね。

>やすにいさん
本年もよろしくお願いします。船木の弱さはあり得ないレベルでしたね。郷野もあんまりお調子に乗り過ぎると反感買いますよね。俺はメジャーリーガーだって心情が見え隠れしてますからね。

>質問マンさん
たしかに秋山問題では指導力を期待した分、前田にはがっかりしました。

>K太郎さん
本年もよろしくお願いします。秋山vs三崎はぜひ再戦が見たいところですが、三崎が受けないでしょうね。

≫≫≫いつも応援ありがとうございます。人気blogランキングへ

ブログの価値は その6

プライベートネタなんて書くな!格闘技のことだけ書け!他人にもそう言ってるんだから自分でもそうしろ!

そんな指摘を受けました。それが捨てハンのコメントだったら読み飛ばすだけですが、常連中の常連の一人であるblackkingさんからのコメントでしたので、ちょっと悲しくなりました。

アマレスラーのスポナビブログについてのエントリーで私が言いたかったことは、プライベートネタを書くなということではりません。賢明なと言うか当たり前の方ならば理解していると思いますが、プライベートネタを書くこと自体が問題ではない。それをスポナビにリンクさせることが問題なのです。

今回のアマレスラーは、どうやらヤフーからデータ移行しながら一気に更新作業を行った結果、スポナビの見出し欄を独占してしまったということらしいです。私の対応は反省してます。まずはそっと指摘するべきでした。

それで、肝心の当ブログがプライベートネタを扱うことに関してですが、スポナビにリンクされるわけでもないし、説明するのも馬鹿馬鹿しいですが、何の問題もないことでしょう。格闘技の記事を期待してくれるのは本当に嬉しいことですが、格闘技だけの内容であれば、他に見識の高いブロガーもたくさんおられますから、そちらを読んでくださればと思います。

私は、格闘技とは無関係のプライベートネタにもコメントを頂けるのが本当に嬉しいです。ナガラ食品のホルモン鍋とかエヴァ、酒、パチンコ、育児、九十九里浜、玉袋はみ出しなど、常に笑いが付きまとう私のプライベートに対する皆様方の機知に富んだコメントがすごく楽しみなのです。

また、『別冊・プロレス昭和異人伝』のshingol様との関係のように、リンクやトラックバック機能を用いらなくても気持ちが通じ合う。

そのような多くの同好の友との心の触れ合い。そこに『K−1心中』の価値があるんじゃないでしょうか?

以前に『K−1FUNBLOG』が“打倒K−1心中”を掲げたことに私も過剰反応しましたが、それは、私がこれまで培ってきた人間関係で成り立っている『K−1心中』を追い抜こうなどと言う物言いにカチンときた訳です(今は根に持っていませんが)。

K−1という競技・イベントの中身だけだったら、FUNBLOGをはじめ熱心に更新されてるブログもあるでしょう。しかし、前述したような心の触れ合いがあるところが“他に比類なき格闘技ブログ”として『K−1心中』が認知されている所以だと私は自負してます。

≫≫≫いつも応援ありがとうございます。自浄能力の無い人気blogランキングへ

凄いものを見た!! あるアマチュアレスラーのスポナビブログ

オリンピック出場に向けて天皇杯に臨まんとする某アマチュアレスラーのスポナビブログを拝見しました。

で、何が凄いのかと言うと、試合に向けてのトレーニング内容でもオリンピックを目指すレスラーのメンタル面でもありません。

何とスポナビブログの新着格闘技ブログ一覧を、このブログが独占するという忌まわしい事態が発生したのです。

しかも内容がこれまた凄い。

身内の結婚式に出席したとか、こんな料理を食べましたみたいなエントリーまでもスポナビにリンクする始末。スポナビには滅多に投稿しなくなった私でさえ憂いております。

多分、このレスラーはスポナビ格闘技なんて見てもいないはず。だから悪びれずに、誰にも読まれないようなエントリーをスポナビにリンクさせてしまえるのでしょう。

前述したような結婚式や食事ネタ以外に、トレーニング内容やオリンピックへ向けての意気込みみたいなエントリーもありますが、言うちゃ悪いけど、我々格闘技ファンにとっては全く関心がないことなんですよ。

このレスラーは多分、先日オリンピックを断念した山本KIDよりは良い成績を収めるレベルなのでしょうが、彼がもしオリンピック出場権を手にしたところで、それを喜ぶのはほんの一握りの身内だけ。KIDのように数多くの格闘技ファンの夢を背負っているのではありません。

スポナビ格闘技は、格闘技ファンが格闘技の情報を求めて集まるところです。そのニーズとアマレスラーのブログが合致するかと言うと、首を傾げざるを得ないでしょう。

ほどほどにお願いしたいと思います。

≫≫≫有名無実な人気blogランキングへ

ブログの価値は その5

062d74b2.jpg毎度、憎まれ役を買って出ますが、今回もブログランキングの件です。

ブログランキング(格闘技ランキング)はブログの人気度を表すものですから、当然不特定多数の格闘技ファンに読まれて然るべきブログがエントリーされるはず。

しかし、現状は違います。ランキングをご覧になっていただければわかるとおり、アクセスが非常に少ない割りに、やたらポイントが高いブログが見受けられます。しかも、毎日ほぼ同じポイントで推移している。

これは、身内に投票を依頼するという行為が繰り返されている結果に他なりません(禁止事項には「定期的に友達や仲間同士でクリックするシステムなどを利用・制作する行為。またはこれに類似する行為。」があります)。

この状況はどうにかならないものでしょうか?システム管理者の方で何ら対処はしないようですので、やはりブロガーさんに自重してもらうしかないのでしょう。

私がなんでこんなことを書くかと言うと、当然自分のブログの順位云々が理由ではありません。本来であれば上位10傑にランキングされてもおかしくないブログが、身内票を集めているブログの存在のせいでその圏外に押し出されている現状を憂いているからです。

また、個人的に面白いかどうかはさて置き、注目はされていないが真面目に更新しているブログはいくらでもあります。そのようなブログにもっと陽が当たってほしいと願っています。

こんな風に書くと「上から目線が気に食わない」とか言われるかもですが、実はランキングの順位に反比例してなかなかに面白いことを書いているブログも少なくないのです。

一方、身内票を集めている形のブログにしても、ステージをミクシィのようなソーシャルネットワーキングサービスに変えた方が内容を正当に評価され、同好の友がより多く集まってくるんじゃないかと思います。決して内容がくだらない訳ではないので、不特定多数の格闘技ファンに向けて発信するのではなく、特定の人間に絞って発信した方が情報も適正な形で伝わるのではないかと思うのです。

生意気なことを言うようで本当に恐縮なんですが、どうかこのエントリーの真意を汲み取ってください。

〔今日の画像〕“午後7時28分の恋人”こと、NHK気象予報士の半井小絵さんです。このブログの常連さんらには不評のようですが、テレ朝やTBSのいかにも作り上げられた風の予報士らには無い落ち着いた魅力があると私は感じております。

≫≫≫いつも応援ありがとうございます。人気blogランキングへ

ブロガーに求められること それは自分を省みること

よく格闘技ライターがボクシングネタに触れる際に「ボクシングは専門外ですが・・」という断りを入れるケースが多いですけど、じゃあK−1や総合に関しては専門的な知識を有してるのかしら?半分不思議(大野幹代が懐かしい)。

さて今日は、『K−1心中』を日々更新する中で、常に心がけていることについて書いてみようと思います(「さて今日は、、」って、これで今日3つめのエントリーだろw)。

それは、自分を省みることです。

読者呼ばわりなんて最低
格闘技はマイナーな世界だけに非常にデリケートなジャンル。人それぞれに強い思い入れがあります。そのような中で「お前は何様だよ」って言いたくなる主張をしているブログには驚かされるわけですが、そのようなブログは当然面白みもないから相手にもされない。

そんなブログ主に言いたいのは、まずは「自分が発言させてもらっている」という意識を持つことが大切なんですよってこと。自分が思いついたことは他人も思いついてるわけで(突拍子もないことは別ですが)、たまたまそれを文章化しただけの話。そして、そのエントリーをきっかけに、読んでくださった方々との意見交換が始まるのがブログなのです。

そもそも自分のブログを読んでくれる人々を読者呼ばわりするなんてもっての外。文章の流れとして「読者」と表現せざるを得ないケースは仕方がないとしても、「書き手と読者」などという一元的な意識はちゃんちゃらおかしいと思ってます。

適正なポジション
一般的に「くだらないブログばかり」と言われがちな格闘技ブログですが(お前が言ってるんだろw)、そんな中でも自己の適正なポジションをキープしているブログとして評価させてもらっているのが左サイドバーのリンク集にあるブログです。

また、毎度引き合いに出して恐縮なのですが、全日本プロレスの入団試験にまで合格し、また学術的な側面からも格闘技に携わってきたアマチュアレスラーである『別冊・プロレス昭和異人伝』管理者shingol様と私如きのど素人が、同じ立場で発言できてしまうブログというツールの功罪についても常に考えていかねばならないでしょう。

そんな私は今日、マックでモバイル中。度を越えた勢いのウォシュレットにアヌスを射的され、たまらず腰が浮きました。土曜日最高!!

≫≫≫斜に構えてプロ格を論じることが大嫌いなweb新です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。人気blogランキングへ

格闘技ブログ紹介

和田圭と有賀さつきの“夜の営み”を想像すらできないweb新です(もう別れたか)。

さて、面白いブログは面白い。こんな当たり前の観点から、いくつかのおすすめブログを紹介します。

『おまえらの好きにはさせねえ』
マネジメント的側面からのアプローチと、ヤフー翻訳で必死こいて英文サイトを和訳している人たちとは一線を画す英語力に定評有り。また、ミルコ連敗の記事に引用した写真のチョイスにセンスの良さを感じます。時折『K-1心中』の名前を出していただき、恐縮しております。

『かかとおとし』
公式サイトですら取り上げないような海外のK-1大会や、K-1ファイターが絡む海外の格闘技イベントを紹介してくれます。ワイフ(本物)とのツーショット写真が微笑ましい。

『オンナだって強くなりたい♪』
テレビ東京『ブログの女王』でコンテスト最終選考に残り、熱血部門賞を受賞したブログ。記事内容はぼちぼちですが、格闘技にかける思いは本物です。また、ホースト恋しさにオランダへ修行に出かけるトンパチぶりを発揮したばかりか、逆現地妻になってしまう無貞操ぶりに一定の評価が与えられている。

『「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ』
ベースボールやフットボール関連のエントリーが多いのは残念ですが、目の付け所が違います。例えば、K-1ワールドGP最終予選で優勝した選手は、これまで毎年開幕戦で勝っているというジンクスを指摘したのはこのブログ。ってことはダグ・ヴィニーがバダ・ハリに勝ってしまう!!このジンクスが無ければ、「ハリの楽勝でしょ」で終わってしまうカードですよ。感染欲もとい(そんな欲無い)観戦欲を刺激してくれてありがとうございます。

『プロレス 格闘技 情報 ブログ - Kento!BLOG』
ニュースを紹介するだけのサイトのように思われるでしょうが、機知に富んだ注釈に思わず吹き出すことがあり、マグロ女が急に腰をグラインドし始めるような危険さを秘めてます。要注意です。

゚・*:.。..。.:*・゜゚・*<

それと、コメント欄の無いブログについて言いがかりをつける方がいますが、何か主張したいならば自分でブログを書くことです。『K-1心中』が嫌いなくせに、それを依り代にして物を言わせてもらおうって考えが理解できません。

そんな感じです。

≫≫≫人気blogランキングへ

スポナビブログに警鐘

スポナビが提供するブログサービス『スポナビ+』は、各ブロガーが新たにエントリーした記事のタイトルがスポナビの(各ジャンル)トップページに貼り出されるということで、通常のブログでは考えられないアクセス数の多さになります。

そのため、ブログの中身にそぐわないアクセス数を稼いで悦に入るブロガーもいることでしょう。しかし、アクセス数が増えたからといって、ブロガーは何をどう満足するのでしょうか?

「やったー、俺の書いてる格闘技ブログはアクセス数がすごいぞー!人気ブログになってしまったなぁ!」・・・と言った感じで、コラムニスト気取りで面白くもない記事を書き続けているブロガーはどこのどいつだいっ!?

あたしだよっ!!

ブログのアクセス数が多い要因は、書いている内容が面白いからではなく、ただ単にスポナビから誘導されているだけなのです。まずはそこをよく理解して、無駄な情報の垂れ流しにならぬように注意しなければなりません。スポナビ格闘技のトップページスペースは限られた資源なのですから。

また、予てから問題視されておりますが、スポナビ+のシステムを悪用しているブロガーがいるようです。だいたい皆さんわかってると思いますけど、同じ記事を何度も投稿し直して、常に自分の記事の見出しがスポナビに表示されるようにしている悪徳ブロガーがいるのです。

この点については『別冊・プロレス昭和異人伝』さまも警鐘を鳴らしておられます(こちらの記事。本文もかっこいいです)。

たかがブログ、されどブログ。多くの皆様が読んでくださっていることに感謝する気持ちだけは忘れずに、不特定多数の格闘技ファンの皆様方に読まれる価値のあるブログを書き続けたいと思います。

≫≫≫いつも応援ありがとうございます。人気blogランキングへ

馬風師匠のマッサージ

8ea37190.jpg『K-1心中』を読んでくださっている皆様方に対しましては、読んで下さるだけでもありがたいのに、コメント欄には励まし・共感できたの声、ありがたい忠告などなど、実生活ではあり得ないコミュニティを作り上げてくださり、深く感謝いたしております。今後も"最後のK-1サイト"としての自覚を持ち、より多くの"まともな"プロ格ファンの方々に愛されるブログ作りを心がけていく所存です。よろしくお願いします。

さて、昨日は朝から昼までフットサルの練習を行ったせいで全身筋肉痛(何せ数年ぶりのフットサルでしたから)。おかげでブログも更新できず。

日々のブログ更新が何よりの楽しみで、4歳の娘に「つまらないオトコ・・・」と言われた私が、パソコンに向かうことなく就寝したのですから、いかに疲労し切ったかお分かりいただけるかと思います。

それにしても昨日は練習終了後に温泉に入ってからタイ式マッサージを受けたのですが、その甲斐なく歩くのも苦痛なほどに全身が痛いです。ぃゃ、マッサージを受けたからこの程度の痛みで済んでいるのでしょうか?

精神的な癒しを求めるという観点からすると、昨日のタイ式はハズレでした。だって、担当したタイ人女性が鈴々舎馬風師匠似のおばさんだったからです。これではいくらマッサージが巧くても癒されません。

薄目を開ければ目の前に馬風、、、。癒しのサロンにおいては絶対にあってはならないことですよ!!

近場のサロンで済まそうと思ったのが失敗でした。池袋の『ミスプーケ』や神栖市(J1鹿島アントラーズでお馴染み、鹿島臨海地域の工業都市)の穴場店へ足を伸ばす気持ちはあったのですが、体が付いて行きませんでした。

格安料金だったとは言え、非常に損した気分を日曜まで引きずっております。

そんな日曜日の今日は妻が仕事と言うことで、娘と大洗海岸に遊びに行きました。海開き前と言うことで人出も少ない潮溜まりでイソギンチャクの口に指を突っ込んだりカニを捕まえたりしてそれなりに楽しく過ごし、昼食は路地裏の名店系の割烹へ行きました(画像参照)。仲居さんに「今日はパパとデートなの。いいねぇ」なんて言われると、この子はいつまでパパと仲良くしてくれるのだろうかと一抹の不安を感じたり、私が年老いて死ぬ間際のことを考えてしまったり、、、。

先のことと言えば、果たして『K-1心中』はいつまで更新され続けるのでしょうか?

タイトルどおりに解釈すれば「K-1が存続する限り」となりましょうが、それでは心許ないので(笑)、「プロフェッショナルの格闘技というものが存在する限り」私はこのブログを更新し続けるでしょう。

格闘技を見続けて30年。これからさらに30年以上見続けることになるでしょう。その間には多くの人間が格闘技を見るようになったり、人気の低迷とともに去って行ったりするでしょう。新しくプロレス・格闘技ファンになった方々にもぜひ『K-1心中』を読んでいただきたい。最初の内は嫌いでも、あなたのプロ格愛が深まれば、私の書いている内容の真意が理解できるようになるでしょう。

理解できない人は残念ながら、、、日の目を見ない阿呆コメを送信するだけ。

阿呆呼ばわりされても読まずにはいられない『K-1心中』を、今後も引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

≫≫≫いつも投票ありがとうございます。人気blogランキングへ

自分のブログを持っているならばURLを書き添えてコメントせいっ!(笑)

今月14日に更新した空手の奥義をリング上で発揮できますか?に対して、あるコメントが寄せられました(言葉遣いが粗暴なので未公開ですが)。

リング上で奥義を発揮できないのは空手に限ったことではないだろう。自分が空手家だからって空手ばかり擁護するな。

と言った内容でした。

なんでそんなことにこだわるのか理解できませんが、私は単に伝統派の達人・倉本成春氏の肉体鍛錬に感銘を受けて書いただけなんですけど。

それに私は伝統派空手を学んだ経験は皆無ですので、自分のベースである空手を擁護するために記事を書いたわけではありません。グローブを装着して戦う新空手に急所突きもへったくれもないですからね。

そんなことはどうでもええわ。

あと、コメントをくださる皆様方には本当に感謝の気持ちでいっぱいなんですが、時折私の書いた内容に刺激を受けたヲタが的外れな反論を書いてきますが、下らない内容はどうせ公開しませんから書くだけ無駄ですょ。

そんな余計な労力を使うならば、まずはご自身でブログを書いた方が賢明でしょう。他人様のブログにクレームをつけるほどのお方でしたら、ランキングトップクラスのブログを書く力量があるに違いないのですから。

って言うか、実のところは既に自分でも『あきぼーの格闘徒然草』(例)みたいな下らないブログを書いてるのでしょうけれども、1日のアクセス数が二桁台ということで、自信満々に何かを主張したところで誰も読んでくれないのが実情。で、致し方なく、嫌いなのだけれど『K-1心中』を頼ってコメントを寄せてくるのでしょう。

しかし私は勘違い格ヲタの救済ボランティアとしてブログを更新しているわけではありませんのであしからず(強巧かよ!)

今夜は熱帯夜。

≫≫≫アクセス数が少ない割りにポイントが異常に多いブログもありますね。人気blogランキングへ

ランキング1位になっても・・・

5月24日午前6時45分の時点で『K-1心中』は、ブログランキング最大手である(ひつこいょ!って江戸っ子かょ!←二重ツッコミかょ!)『人気blogランキング』の格闘技Rankingにおいて第1位となっております。

話題に乏しい時期につき上位のブログが低調であるために暫定1位になったに過ぎませんが、やはり嬉しいものです。

まずもって、投票してくださった皆様方には心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

今思うことは・・・

私の真の願いは自分のブログが上位にランキングされることではなく、格闘技Rankingというコミニティが不特定多数のプロ格ファンにとって読む価値のあるブログで満たされるようになることです。

また、当ブログの内容はさて置き、身内票や不正投票への批判票としてクリックしてくれる人も少なからずいるのではないかと感じております。

そして、常時上位にランキングされるようになって久しいですが、内容的にまだまだ三大ブログにまったく追いついていないことは自覚しております。また10位以下にも当ブログより上位にランキングされて然るべきブログがあることも。更新するための時間が少ないことは言い訳に過ぎず、情報の量と正確さ及び言語表現等についてクオリティを高めねばなりません。

今後も私は『K-1心中』を育ててくれた格闘技Rankingというコミニティを守りながら、いつも読んでくださる皆様方への感謝の気持ちを忘れずに、何者にも媚びることなくブログを更新し続ける所存です。

ともに格闘技を見守りましょう。

≫≫≫もう1位じゃなくなってる?人気blogランキングへ

提供試合(笑) そしてブログランキング

<ProElite&SHOWTIME提供試合 HERO’Sルール 5分3R>
ジェーク・シールズ(米国)
イド・パリエンテ(イスラエル)


あんまり興味の湧かないカードが揃った『USA Dynamites!!』ですが、この"提供試合"って言葉の響きが貧乏臭い。

"提供試合"という表現はプロレスの興行でときどき見かけますけど、何とかなりませんかね?花火大会じゃないんだし。

・*゜゚・*:.。..。.:*・゚

わたくしごとで恐縮ですが、最近仕事ばかりしてる感じです。今日も残業を終えて、実家に子どもを迎えに行って帰宅。そしてブログを更新しております。

寸暇を惜しんでコラムを書いておりますが、格闘技を愛する皆様方とのコミュニケーションは何よりの気分転換です。コメントを書かれなくても、読んでくださるだけで充分なコミュニケーションだと思ってます。

同好の友との交流無くして何がブログ、何が人気blogランキングでしょうか?

「○月□日。今日の夕飯はマーボー豆腐。美味しかったで〜す。ここをクリックして私のブログを1位にしてください」

・・・・・(´−д−;`)

≫≫≫身内票で1位になったとして、果たして何を喜ぶのか?人気blogランキングへ

人気blogランキングを守る

大そうなタイトルを付けてしまいまして申し訳ありません。格闘技ジャーナリストでもなくプロのファイターでもない、単なる格闘技ファンに過ぎない私が声高らかに「人気blogランキングを守る」などと宣言したところで何の影響力もないことは重々承知しておりますが、私は書かずにいられないのです。

何せこの『K-1心中』は、ブログランキングの最高峰と言われる人気blogランキングに登録したことで多くの方々に読んでいただけるようになり、記事の更新と皆様との意見交換が楽しい毎日を送らせていただいてるわけですから。

ゆえにいつまでも人気blogランキングが有意義なコミニティであって欲しいと願って止まないわけです。

そんな思い入れがある人気blogランキングに異変が起きたのが今週はじめでしたか。彗星の如く新たなブログが出現しました。その名も『PRIDE公式ブログ』。ランキングに登場するや否やすごい勢いで順位が上がり、あっという間に格闘技Rankingで1位に登りつめました。

私としては、「PRIDE公式ブログでは仕方がないか・・」といった感じで見ていましたが、実際にそのブログをのぞいてみて驚き。訪問者に騙しリンクをクリックさせることで人気blogランキングに投票させてしまう仕組みになっていたのです。私も「HP」と書かれたリンクをクリックしてしまい、一票を投じてしまいましたよ。

さすがにその手法に対しては非難轟々で、コメント欄には「不正通報しておいたよ」みたいなコメントが多数寄せられていました。

そして、その通報の影響で不正リンク部分は管理者が削除しましたが、「何事も無かったかのようにHPを消してるな」といったコメントが寄せられ続け、遂にはブログ自体が閉鎖されてしまいました

人気blogランキングの順位には、やはり多くの方々が関心を持っておられることがわかりました。格闘技Rankingで常にトップテン入りさせていただいている『K-1心中』の管理者である私自身も気を引き締め直し、ランキングのあり方について考えてみました。

格闘技Rankingは人気blogランキングの中でもマイナーなカテゴリではありますが、登録するに相応しいブログの条件として、格闘技・プロレスに関するオリジナルの文章を不特定多数の方々に読んでもらうことが大前提としてあるわけです。

人気blogランキング利用規定の禁止事項にも書かれていますが、「定期的に友達や仲間同士でクリックするシステムなどを利用・制作する行為。またはこれに類似する行為」を行なっているブログは、面白いか面白くないか以前に、人気blogランキングにおいてはそのブログの存在自体が不正なのです。

一つ勘違いしないで欲しいのは、私は自分のブログの順位にこだわっている訳ではないと言うことです。現に『K-1心中』の上位にある『カクトウログ』と『ブラックアイ2』は由緒あるブログですから、順位に不満などある訳もありません。

格闘技Rankingが意義のあるコミニティであり続けて欲しい。その一念で今回のコラムを聞きました。最後まで読んでくださった皆様に感謝いたします。

≫≫≫実際に惨状を見て確認してください。人気blogランキングへ

ブログランキングにこだわる理由

ブログランキングの順位なんてこだわらなくても良いのでは?という、激励の意味を込めたコメントを頂戴することがありますが、私はどうしてもこだわってしまいます。いや、『K-1心中』より上位にランクインしているブログが面白い内容のものばかりであれば、私は現在の順位に不満はないのですが、、、。

実際にはどうでしょうか?人気blogランキングはオリジナルの文章の面白さを競うコミュニティのはずですが、ニュース記事のコピーとか動画のリンクとかチケットの販売が主目的である等の相応しくないサイトが横行し、それらが不正アクセスや組織票によってランキング上位に進出しているのです。これを憂わずにいられるでしょうか?

また、オリジナルの文章を掲載していると言っても単なる身内ネタに終始し、アクセス数や週間OUTポイントの異常な少なさからして、ランキングの得票数も身内の組織票であることが明白であるブログも少なくありません。

このような状況下で『K-1心中』が10位以下に低迷している現状に納得がいきません。などと書きながらランキングを確認してみたら、、、

なんと8位にランクアップしているじゃないですか!!

投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

昨日は読者の方から「仕事の合間にのぞく『K-1心中』が何よりの癒しである」というコメントを頂戴しました。仕事の合間の息抜きにもなる『K-1心中』なのです。缶コーヒーのように皆々様に愛され続けるブログでありたい。そんな思いを込めながら今後もブログを更新し続けて参る所存ですので、今後もご支援のほどよろしくお願いします。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇    ◇   ◇

報告が遅れましたが、先日『K-1心中ダイジェスト』というブログをスポナビ+1にて開設しました。『K-1心中ダイジェスト』とは、『K-1心中』の本文導入部のみを掲載したブログで、本文全体を読んでみたいと思った方にはリンクからこちら本体に来ていただくというシステムになっております。

スポナビ+1で書いたブログはスポナビ格闘技のトップページに新着記事のリンクが貼られるので、より多くの方に『K-1心中』を読んでもらえるのではないかと考えて実行してみた次第なのですが、果たしてこれまでとは桁違いのアクセス数になりました。

しかしながらスポナビのトップページは限られたスペースです。むやみやたらに新着記事をリンクさせるのは愚の骨頂でしょう。この記事のように格闘技と直接関係ないものはダイジェストに掲載いたしません。だって、(プロ格闘家のブログだとしても)「今日は昼飯にどこどこのめっちゃ美味しい味噌ラーメンを食べました」みたいなくだらない記事へのリンクがスポナビに貼られていたら誰でも気分悪くするでしょうから。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇    ◇   ◇

余談ですが、R.I.S.E.の4・12後楽園大会がどうもテンションさげさげみたいな様相です。って言うか余談と本題が逆転してるお。

須藤、TOMO、我流が欠場し、大幅なカード変更を余儀なくされました。須藤にはMAXをかき回してもらえるように予てから期待していましたが、椎間板ヘルニアで1ヶ月安静ということで、どうもヤバイ感じです。

鉄は熱いうちに打てという諺がありますが、K-1は旬の選手を即リングに上げねばいけません。須藤の旬は完全に過ぎ去った感じです。アクセス解析をすると「須藤信充」で検索して当ブログにたどり着く方が今でも多数おられます。それほど私は須藤に入れ込んだ記事を書いてきたつもりですが、期待した分、ガッカリです。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ