ニック・ディアス

UFC137観戦記

今日はソフトボール大会からの反省会、温泉入浴と続いたおかげでほんとんどインターネットにアクセスすることもなく、録画しておいたUFC中継を試合結果を知らないままに視聴出来た。



<○日沖発(判定2-1)×ジョージ・ループ>
日本人選手の惨敗続きで、日本最後の砦的な見方をされがちな日沖発のUFCデビュー戦。

この一戦に向けて、WOWOW中継実況の高柳が温めてきたフレーズは「日本発、日沖発」だった。相変わらずだなw

第2ラウンド。「相手が流れたところを狙って」との日沖陣営セコンドの声が聞こえた直後にループのパンチが空振りして流れるとすかさず組み付いて、この日二度目のテイクダウンを成功させた日沖。そのままグラウンドで優位なポジションをキープし続けた。

UFCの試合でこんなに安心して日本人の試合を観戦出来るのは初めてじゃないか?

ところが第3ラウンド終盤に金網際で下になる不利な展開になると、そのまま試合終了。

果たして判定は2-1で日沖辛勝。とりあえず一安心。

番組でも判定の基準について話が出たが、日沖が第1、第2ラウンドにテイクダウンして優勢だったにも関わらずループに一票入ったのは、日沖が上になっただけでダメージを与えていなかったことと、リーチで上回る相手のパンチとハイキックを不用意に貰い過ぎたことが影響したのだろう。



<○ロイ・ネルソン(TKO)ミルコ・クロコップ×>
TUF優勝者のロイ・ネルソン。太った白人。さらにヒゲとあみさげを蓄えた異様な風貌。

そんな巨漢選手をマタドールのような軽快な動きで捌き、左ハイキックで一撃KOするのが、PRIDE時代のミルコ・クロコップだった。

しかし、今のミルコにそれは期待できない。

スタンドでパンチを貰い、マット・ヒューズポジションでたこ殴りされ、最後はバックマウント状態からパウンドされたところでレフェリーストップ負け。三連敗。

勝ったネルソンは、ミルコに対して一定の敬意(彼は伝説)を払った後、上機嫌でチャンピオンシップをアピール。

その後にミルコもインタビューされたが、やたらと過去の偉業を称えられ、労われ、オクタゴンから送り出された。泣き出しそうなミルコの表情も相まって、これがラストマッチなのかな?なんて感傷的になってしまった。



<○シェイク・コンゴ(判定3-0)マット・ミトリオン×>
ミトリオンスマイル(高柳語録より)



<○ニック・ディアス(判定)BJペン×>
ニック・ディアス恐るべし。本来のサウスポーに戻した第2ラウンドからはディアスの独壇場。手打ち風味の“下手ウマ”パンチを面白いように炸裂させられたBJペンはただの禿げたオッサンみたいに精気が失せていった。

殴られて自らも顔を腫上がらせ、相手の顔をそれ以上に破壊する。美しい勝ち方なんて糞食らえ。それがディアス兄貴のソウルなんだと思った。





》web新のTwitter

PRIDE33雑感

PRIDE33は驚き多数の面白い大会でしたが、なかなか観戦記を書く気が起きないのはなぜでしょうか?質問マンさんに催告されたのでとりあえず書いてはみますが、テンションが低い状態で書く観戦記なので面白くないと思います(いつも面白くないってか?)。

メインは、勝敗予想は外れましたが、ダンヘンの調子の良さは感じていました。これにシウバの体調不良が相まっての王座移動でしょう。試合の展開も私が書いたとおり、シウバの大振りなパンチを捌いたダンがコンパクトなパンチを当て、最後は強打でKOしました。

五味はなんですか?アメリカドルに目がくらんで、大きな打ち上げ花火を上げようとした結果がこれです。でも2ラウンド開始前はぞくぞくしました。王者がいよいよこれから倒されるぞって感じで。ニック・ディアスは何かに似てるなと思ってましたが、映画『D.N.A』に出てくる善良な獣人集落の酋長(羊と人間のハーフ)に似てました。

ソクジュは凄かったですね。打撃に説得力がありました。強さ、面白さ、説得力。三拍子揃ったソクジュに期待大です。ホジェリオは兄と被ってるし、試合も面白くないしで、余計な存在だったので、負けてくれて率直に嬉しかったです。

桜井マッハ選手は、完勝ではありましたが発汗量が多く、相手の健闘に若干手を焼いた印象を受けました。

三崎はもともと面白い試合を期待していませんでしたが、体が異様に肥大した感じのトリッグ相手につまらない試合展開だった上に負けました。

番狂わせの多い大会でしたが、簡単にリマッチは組まないでほしいですね。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ