チェ・ホンマン

社会に対する影響力

今の格闘家で、世の中に名前が浸透している選手は何人おりますかな?

岡見何某がUFCの王座に挑戦するそうだが、格闘技マニアを除いたらそれを知ってる日本人が何人おりますかな?

自演乙から逃げまくった末の失神KO負けという失態を見せた大晦日の試合が無かったら、青木真也を知ってる日本人が何人おりますかな?

そこでご覧いただきたいのがこの動画です。



冒頭から視聴していただくのがベストですが、ご多忙の方は2分30秒の時点から観始めて下さい。クライマックスは3分40秒から4分00秒の間です。

2人は偉大でした。





》web新のTwitter

社会に対する影響力

今の格闘家で、世の中に名前が浸透している選手は何人おりますかな?

岡見何某がUFCの王座に挑戦するそうだが、格闘技マニアを除いたらそれを知ってる日本人が何人おりますかな?

自演乙から逃げまくった末の失神KO負けという失態を見せた大晦日の試合が無かったら、青木真也を知ってる日本人が何人おりますかな?

そこでご覧いただきたいのがこの動画です。



冒頭から視聴していただくのがベストですが、ご多忙の方は2分30秒の時点から観始めて下さい。クライマックスは3分40秒から4分00秒の間です。

2人は偉大でした。





》web新のTwitter

「web新のK−1GP開幕戦展望」を書くつもりが・・・

我が国では「K−1ファイターのような有言不実行ぶりだ」という例え話がよく用いられるくらいですから、私はK−1GP開幕戦出場者が前々日会見で話した内容はほとんどスルーしてますが、一応K−1サイトの管理者であり、大手格闘技ブログ管理者という立場でもある私ですから、軽く開幕戦の展望を書いてみようと思います。

ハリvsホンマン

「DREAMの誰とでも戦う」

これはDREAM.6を観戦した際の鬱憤を引きずっているハリの発言ですが、全く意味のないコメントですね。

まさかハリがDREAMでMMAの試合を行うわけがありませんし、MMAのファイター相手にK−1ルールで試合してもしょーがない。過去にはアビディがランペイジにKOされたり、晩年のベルナルドがグッドリッジにKOされるなど、K−1の恥さらし的な事件がありましたが、ハリはそんなレベルじゃない。

であれば、「DREAMの誰とでも戦う」というセリフにどんな意味があるというのか?

百歩譲って、スポーツエンタメとしてはMMAよりK−1の方が優秀なコンテンツであることをハリが証明しようとしてるのだと解釈させてもらう。

そこでホンマン戦。ハリなら余裕でKOできると考えているファンも少なくないようですが、体重100kgの人間が160kgの巨人を倒すのはとんでもなく困難なことのはずですよ。体重40kgの小男が70kgの人間と戦ったらどうなりますか?見る側としても、体格差ってものをもっと重く見た方が良いと思いますよ。

さらにホンマンはモーにKOされて、パンチをかなり警戒するようになりました。ホンマンが、KOしてくれと言わんばかりに大きな顔を突き出してくれることは極めて期待薄です。

かと言ってホンマンの攻撃力の低さは相変わらずだと思うので、盛り上がりに欠ける試合展開になることを予想。どちらが勝つかは予想できません。と言うか、こんなハンディキャップマッチの勝敗を予想する意味はないでしょう。

試合の方は、リーチの差で圧倒的に優位なホンマンが徹底してハリを突き放す闘い方をすることで、盛り上がりに欠ける展開になると思います。

もしハリが中に飛び込むことに成功すれば、運良くKO勝利ということもあり得なくはないでしょうが、まずハリの攻撃は届かない。ホンマンも攻撃力が低いからKOで勝つことは絶対にない。そんな噛み合わなさ。

こんなこと言うとやすにいさんとかに怒られそうですが、このカードで盛り上がれる人がうらやましいです。

他の試合については試合を見てから観戦記を書くということでご了承ください。期待すると馬鹿を見るので、何も期待しないでTV中継を見ようと思ってます。

無傷でK-1GPを敗退したホンマンのグッドジョブ

ヒョードルvsホンマンが発表されました。

FEGも含めた大晦日イベントの主催者らにとっては、ホンマンが無傷でK-1GPを終えてくれたことが何より嬉しかったことでしょう。「テクノ、いい仕事してくれたねぇ」みたいな。

ホンマンがGPで優勝するより、無傷で敗退する方が価値あること。それが現実です。

そんなGPやめちまえっ!

“まずは大晦日ありき”の考え方に劣後するK-1GPなんてやる価値ないでしょ?

大晦日という動かしがたい特別な日に格闘技イベントを行うことは今後も恒例行事として続くのでしょうから、その影響を受ける同月のGP開催は見直すべきではないか?

MAXのように秋口に開催してはどうか?または3月開催にして、大晦日イベント内にGP査定試合を組み込むのも面白い。

今年最後のK-1ですよともったいぶって12月に開催するんじゃなく、淡々と10月頃にでも行えば、この前のハリvsボンヤスキーのような試合だってもっと素晴らしいものに見えるかもしれません。

≫≫≫いつも応援ありがとうございます。人気blogランキングへ
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ