スターウォーズ

スターウォーズEP7の物足りなさと新境地

今月18日に公開されたスターウォーズEP7は、既に2回鑑賞してきました。2回とも2D字幕です。

スターウォーズですから面白くない訳はありませんが、何か物足りないんですよ。何が物足りなかったか考えてみました。

まず、抜群にカッコ良いシーンが無かったこと。例えば、EP2で言うと、ジオノーシスの戦いの中でトレバー卿を撃ち殺したジャンゴ・フェットが、ガンマンよろしく拳銃を指で回してから腰のホルダーにしまうシーン。あれは何百回観ても飽きない。また、ジャンゴがメイスに殺される直前、正確な射撃で猛獣を1発で仕留めるシーンも最高だった。EP7においても、行方不明だったポー・ダメロンがXウィング戦闘機に乗って登場するシーンで、戦闘翼を開く場面で「Set,Attack position!」みたいな号令があれば何百回でも観たくなるシーンになったはずだ。

あと物足りなかったのがクリーチャー。なんなんだ、あの、ソロが輸送していた怪物は。メンインブラックに出てきそうなノリの暴れ方だったけど、スターウォーズはもっと途方もないクリーチャーを登場させるべき。例えばEP1のサンドアクアモンスター。体長数百メートルはあろうかという巨大さに度肝を抜かれた。また、アニメ『クローンウォーズ』で、アナキン率いる爆撃機編隊がバルモーラ・ランで遭遇したネブレイマンタ。超巨大なエイのような生物と宇宙空間で遭遇するって、スターウォーズならではの世界観だよね。

逆にEP7で新しく見ることができたのは、ストームトルーパーの人間味。EP4をオマージュしたであろう立ち話のシーンはさて置き、宇宙から降下中の揚陸艦の中で待機する姿からはトルーパーたちの緊張感が伝わって来たし、レイに逃げられたカイロ・レンが一人でキレている場面に遭遇した2人組が踵を返して立ち去るシーンでは「あー、またやってるよ」という心の叫びが聞こえてきそうでユニークでした。ライトセーバーを持つフィンと戦ったトルーパーの白兵戦用ウエポンも凄かったし、フィンを見つけた時に裏切り者と言い放つようなシーンは、旧三部作ではあり得ませんでした。

いやー、スターウォーズって本当に良いですねー。正月が終わって席が空いてくるであろう頃に4D版を観に行こうかな^ ^

では最後に皆さん、いつものやつをご唱和お願いします。私が「なに?バルモーラ・ランだと!?」と言ったら「まずい!すぐに引き返せ!!」ですからね…って、そんな唱和があるかっ!

ヴェントレスもオビワンの前ではパダワン扱い(ネタバレなしですょ)

こんなに面白くて良いのですかいっ!?ってのが私の感想。レイトショー料金のわずか1200円で見れたことに罪悪感すら覚えてる自分。

思わず帰り際にチケット売場に立ち寄り、「1200円では申し訳ないから」と店員に一万円札を渡そうとしたら、「そーゆーのはやってないんで」とやんわり断られました。ここは頑固親父の居酒屋かっ!?

なんてのは冗談ですが、一万円払いたくなるほどに面白かった。

声優も、ウィンドウのみならず、オビワンもドゥークーもみんな゛本物゛がやってました。最高でした。

そして、良い意味で私の予想を裏切ったストーリー。これから観る方もおられると思うので詳細は書きませんが、私が『クローンウォーズ』を観ながら、思わず「ありがとうっ!」と叫びそうになったポイントだけいくつか挙げます。

・ケノービとアナキンの皮肉り合いは相変わらず。

・通訳ドロイドがジャバ・ザ・ハットの言葉を客人に伝える時、必ず「慈悲深い」とか「偉大なる」などの麗句でジャバを形容していた。

・恐るべきアサージ・ヴェントレスと言えども、オビワンの前では弟子のようにいなされる。これ、定番。

・オビワンやアナキンらとクローントルーパーとの強い絆が描かれていた。

とりあえず今日のところはそんな感じで報告終わります。

評論家気取りのくだらないブロガーが、「『クローンウォーズ』はスターウォーズの新たな可能性を示してくれた」なんて決まり文句を恥ずかしげもなく書いてそうな気がしますが、私は私なりにスターウォーズ・サーガを楽しませてもらいますよ。

この映画は観なきゃ損ですよ。狂おしいほどに面白い。上映開始三分後くらいで、思わず私は大声を張り上げながら傘を振り回しそうになりましたから。それくらい面白い。

最後にクイズです。映画を観ると、その登場人物の仕草を真似してしまう人がいますよね。ヤクザ映画を観ると、肩で風切りながら劇場から出て来る人とか(笑)

さて、web新は『クローンウォーズ』を観た後、無意識の内にどんな行動を取っていたでしょうか?

≫『クローンウォーズ』公式サイト

ヤングスカイウォーカーが再び暗黒面に足を踏み入れる物語

030b8dda.jpg今日は何の日でしょーーーかっ?

映画『クローンウォーズ』の先行上映日ですっ!!!私は今宵のレイトショーのチケットを予約済です。

『クローンウォーズ』とは、『スター☆ウォーズ』(☆マークなんて入ってないだろw)のエピソード2と3の間の物語をCGアニメで映画化したものです。

CGとはいえアニメというと敬遠しがちな御仁もおられるかと思いますが、この映画に限ってはとんでもないですよ。実写に劣らぬ出来映えであろうことは私が保証します。

そもそも『スターウォーズ』の新三部作は、実写とは言ってもCGだらけの映画のため、今回のアニメ版も違和感なく受け入れることができるはずです。

それに効果音は新三部作と全く同じ。ライトセーバーの音、戦闘機の飛行音、ドロイドの音声など、当然ですが実写と全く同じです。

登場人物にしても雰囲気がとてもよく出ています。予告編で見たドゥークー伯爵なんて、クリストファー・リーの演技以上に“セレーノの貴族”っぽい高慢さがにじみ出ているし、その配下にある分離主義勢力の幹部たちに至ってはエイリアン種族ですから実写もアニメもまったく同じといっても過言ではない出来映えで登場することでしょう。

主役のヤングスカイウォーカーにしても、大根役者のヘイデン・クリステンセン(『ジャンパー』主演)に比べればアニメの方がマシなくらいです(言い過ぎ?)。

また、『クローンウォーズ』の時系列は前述したとおりエピソード2と3の間ということで、エピソード3で惜しくも暗殺されてしまったジェダイナイトらが活躍するシーンを見ることが出来るはず。その代表格がメイス・ウィンドウであることに誰も異論はないでしょう。3では、シディアスをあと一歩のところまで追い詰めながら、血迷ったヤングスカイウォーカーに斬りつけられて形勢逆転されるとシスの電撃を受けてビルから落下し、摩天楼の露と消えたウィンドウ。思えばシディアスとヴェイダーの初めての共同作業の犠牲になったのがウィンドウだったのです。

そんな“ジェダイ最強の戦士”が『クローンウォーズ』で“復活”するわけですが、なんとその声を担当するのが、サミュエル・L・ジャクソン。メイス・ウィンドウその人なのですっっっ!ひゃっほーーーーぅ!「Not!yet!」

そう言えば新三部作でメイス・ウィンドウ役に選ばれたサミュエル・L・ジャクソンは、マスターヨーダと共演できることに小躍りして喜んだと言う話です。かなり思い入れのある役柄なのでしょう。

できればオビ=ワンの声もユアン・マクレガーにやってほしかったなぁ。クローントルーパーの声も微妙に重要だけど、まさかティムエラ・モリソン本人ではないだろうなぁ。

さて、『クローンウォーズ』のあらすじですが、銀河共和国と分離主義勢力との戦争が激しさを増す中、ジェダイ評議会にある要請が届きます。

“ジャバ・ザ・ハットの息子が誘拐された。救出して欲しい”

巨大犯罪組織の首領であるハット卿との関係を友好にすることで銀河辺境域での物資等輸送ルートを確保するなど戦況を有利に進められると考えたジェダイ評議会は、その要請を受諾。アナキン・スカイウォーカーたちを救出の任務に就かせるのだった。

・・・とそんな感じで始まるストーリーです。

やばいっ、絶対にやばい展開。アナキンとハットが関わるなんて、ただで済むわけがない。そこにドュークーの手下である゙はぐれジェダイ゙アサージ・ヴェントレスが絡んでくると、、、。

あー、もうやだ。観るのが怖い。多分、アナキンは生まれ故郷の惑星タトゥイーンで、ハットの裏切りやヴェントレスの卑劣な戦法に理性を失い、再びダークサイドに足を踏み入れることになるんだろうなぁ。母の敵討ちとしてタスケンレイダーを惨殺した時のように、、、。

[追記]
多分、ヴェントレスに追い詰められて、弟子のアソーカが殺され、アナキンは暗黒面の淵に・・・。そんなクライマックスが目に浮かぶ。

ジェダイパダワンのアソーカは、見るからに足手まといキャラだもんなぁ。

ピンキリって言葉はジェダイのためにあるようなもんでね。アナキンやケノービ、ウィンドウ、そしてヨーダのように、単独でドロイド部隊を殲滅してしまうような強いジェダイってのは、実はほんの一部なんですよ。

ちなみにナイトになれない不出来なパダワンはジェダイ農場で働くことになるんですよ。スターウォーズトリビアでした。

いよいよ上映です。

フォースは、知識と経験があって初めて活かされるもの

いや〜、今日は数年ぶりに泣きたい気分になりました。

私がフットサルチームを主宰していることは、常連の皆様はご存知かと思いますが、現在順調に活動しています。順調に活動しているチームには、人が寄ってきます。まともな人間ならばウェルカムなんですが、今日の練習に初参加した人間は、挨拶のできない成人2名でした。最悪。

格闘技の練習会ならば、スパーリングの時にジャブでボディブローで悶絶させれば良いだけの話ですが、フットボールは格闘技以上にド素人なんで、技術的な部分で牛耳ることができないから余計にイライラしました。

メンバーもメンバーだよ。そんな人間連れて来るなよ。なんで挨拶もできない人間といっしょに球蹴りなんかやってるのかと思ったら、泣きたくなってしまいました。

とにかく挨拶のできない人間とは絶対に仲良くはなれません。通夜のようなパス回しを、わざわざ私が声出して盛り上げようなんて思いません。私に指導力がないというならば、どうぞ私のチームから抜けて下さい。私は、フットボールをやりたいけど仲間がいないという人間に対して活動の場を与えるボランティアをやってるわけじゃないから。

ちょうど昨日も、同じ職場の某が、私のチームに入りたいという話をしているってことを伝聞したんですが、私は無視しました。なぜならその人間は、もし私が孤立していたら、「(web新)さん、いっしょにフットサルチーム作りましょうよ」とは絶対に言わない人間だから。人が集まっているところに、そいつも首を突っ込みたいだけ。虫が良過ぎる。うんざりする。

私が孤立している時に、その人間は私とどのように関わるか?

ともに活動する仲間として相応しいかどうかは、それが基準になりますね。それと、練習に人が集まらない時でも、私と2人きりで練習する気があるかどうか?ですね。

c3a4c1d6.jpgさて、気分が悪いので話題を変えます。

格闘技以外の分野で、皆さんに影響を与えていることもある『K−1心中』。大画面テレビについては、恒星さんに引き続き、“金ブロの変質卿”ことNO!ムヒョンさんから、「web新さんのエントリーを読んでるうちに私も大画面テレビが欲しくなり、遂にビエラの46型を購入してしまいました」との写メが届きました。画面の映像は、お気に入り映画『モーターサイクルダイアリーズ』のワンシーンだそうです。

また、連日のパチンコ日記を読んで下さった方から、ホールでパチンコを打ってみたくなったという旨のコメントをいただきました。

そこで、ちょっとしたパチンコ指南を一つ。ここからは、パチンコとフォースに興味がある方だけお読みください。

まずパチンコを打つ上で、私は釘を読みません。と言うか読めません。打ち始めて、回らないようであれば台移動はします。

台うんぬん以前に私が重視しているのは、どのホールで打つか?です。

このホールに自分がどれだけの頻度で通っているか?どれぐらい勝っているか?負けているか?何日前に爆出ししたか?などの要素でホール選びをします。

家に近いからという理由で選んではダメです。一昨日の私は自宅前のホールで爆出ししましたが、それはたまたまその日が、そのホールで打つべき日だっただけの話です。

具体的にどう選んでいるかは企業秘密であり、経験値とフォースが物を言う部分ですから、ここでは書きません。

そして、フォースについてですが、フォースは絶対的な力ではありません。今日はこの店で打つべし!みたいなお告げがあるような都合の良いものではないのです。

例を挙げますと、映画『STAR WARS エピソード3』の冒頭で、身柄を拘束されたオビワンが、R2−D2を利用して手錠をはずし、ライトセイバーをグリーヴァス将軍から取り返して攻撃に転じるシーンがあります。何も知らない人があのシーンを見ると、グリーヴァスはなぜ手をこまねいているの?とツッコミを入れたくなるはず。

ところが違うのです。グリーヴァスが出遅れたのは、オビワンがフォースの力で動きを遅らせたのです。

しかし、それが出来たのは、フォースのおかげだけではありません。オビワンがグリーヴァスの機械の体の構造を熟知していたからなのです。構造を知っていたからこそ、拘束された状態でも辛うじてフォースを働かせ、グリーヴァスが腕を可動させるために使うシリンダーの油圧を下げ、動きを遅らせることができたのです(これについては、小説版エピソード3に詳しい記述があります)。

このように、知識や経験があって、初めてフォースは活きてくるのです。

まずはホールに通ってください。経験を積み知識を蓄えれば、今日はこのホールへ行けば勝てるという゛ビジョン゛が見えてくるかもしれません。

ただ、フォースの強弱は持って産まれたものですから、誰もが私と等しくパチンコで勝てるわけではありません。

むしろ私ほどに強いフォースを持つ人間はなかなかいないでしょう。

何せ私は、ジオノーシスのコロシアムで゛二丁拳銃の賞金稼ぎ゛に撃ち殺されたジェダイマスター、コールマン・トレバーなどよりは強いフォースを持っているらしいですから。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ