キックボクシング

元AKB増田有華がキックジム通い始める?



プライベートを切り売りしてでものし上がれ!

K-1心中と相互リンクしてくださっている『Arakure-Kick』というブログがあります。

藤原ジムに所属してプロのキックボクサーになることを目指す原田優音(ないと)君の日々の鍛錬の様子を紹介しているブログです。

そのないと君がテレビに出ます。テレビ言うても『ファイティングTVサムライ』みたいなCSの糞番組と違いますよ。地上波ですよ(地上波>CSという考え方は今時どうかなとは思いますが、サムライを引き合いに出す場合はあえて糞呼ばわりしますよ)。



徳光&ピン子&ミッツの突然芸能人が家族になったらどうなる!?



この番組公式サイトの番組内容欄、3家族目をご覧下さい。

男手一つで息子を育てているというプライベートの切り売り。素晴らしいと思います。使えるものは何でも使え!の精神、あっぱれです。志さえあれば良いんです。

トキコウのひな鳥のように漫然と口を開けて待ってるプロ選手に、ないとパパの爪の垢を煎じもせずに飲ませたいですよ(ついでに俺の恥垢もブレンドしてな)。

私はないと君を応援しますよ。自分如きに何ができるかわからないが、今後は真面目に格闘技と関わってる人をサポートする立場を意識して行動していくから。

下火になった今だからこそ。





》web新のTwitter

K-1ライト級の-63kgは正解?

K-1ライト級は当初60kg以下で試合が試行されていましたが、主催者にとって芳しい結果が出なったため、また、スター候補のHIROYAの体の成長に合わせて、63kg以下に設定されて開幕しました。

その結果、過去にキックの団体で行われた60kg以下級のトーナメントを総なめした山本真弘や“伝説のキックボクサー”大月晴明らが初戦敗退し、代わりに大和や松本のようなライト級の選手が幅を利かすようになりました。

こうなると、ミドル級の選手と比較しても体重が7kg軽いだけで、背丈は自演乙やTATSUJIらと変わらず、スピードも目を見張るほど速くない。

K-1ライト級は、構想当初は「K-1SPEED」というイベント名が考えられていたように、スピードの速さが売りになるはずですが、これでは差別化が図れません。

賛否両論あると思いますが、ライト級トーナメント開幕戦を振り返ると、やはり60kg以下がベストだったのかなと思います。

60kg以下ならば、山本や大月が本来のポテンシャルを発揮出来るはずだし、山本元気や国崇のようなスピードのある選手も参戦し、まさに「K-1SPEED」的な試合が展開されるでしょう(07年3月に更新したエントリー「60坩焚爾痢K-1 SPEED』に期待!」参照)。

ただ、主催者としてはキックボクサーのハイスピードよりも63kgクラスの総合格闘家の個性溢れるキャラクターの方が重宝するし、観る側としても、キックボクサーの博覧会になるよりは、異種格闘技戦の様相を呈した大会の方が興味深いはずですから、K-1ライト級が63kg以下に設定されたことは7割方正解と言えるでしょう。

60kgの方が良いと書いたと思ったら、やっぱり63kgで正解。いったい私は今回のエントリーで何を言いたかったのか?

それは、終わったことに物言いするだけの後出しジャンケン的なブログは数あれど、それらとは一線を画し、まともな格闘技ファンの方々とK-1のこれからについてあれこれお話しができる『K-1心中』は楽しいなと。

そんな『K-1心中』の過去ログを紹介したいだけです。

それと余談を一つ。これまで70kg以下のK-1は「K-1WorldMAX」という洗練された呼び方をされてきましたが、MAXの枠内で行われることになった-63kgと区別するためにミドル級と呼ばれることが多くなりそう。これはまずい。ミドル級だのライト級だのって、いかにもキックボクシング的で垢抜けない印象を受けませんか?



・K-1SPEEDとキックボクサーのジレンマ

・今度こそK-1SPEED!!

・今年の大晦日は大月晴明vs山本KID?

・非常に残念だった上松vs.渡辺 K-1MAX

ナオキック賛歌は数年前から続いている!

・ナオキックの大晦日ロード

・ナオキックは不死鳥のように甦る

・web新の全日本キック「Krush.2」生観戦記 翼をもがれたナオキック編

・ナオキック、09年大晦日出撃宣言

・キックボクシングを世に送り出す

ナオキックの大晦日ロード

■全日本キックボクシング「Krush! 2」
3月14日(土) 東京・後楽園ホール

【決定対戦カード】

<60kg Fight/K-1ルール/3分3R(延長1R)>
大月晴明(WPKC世界ムエタイ・ライト級王者/AJKF)
石川直生(全日本スーパー・フェザー級王者/青春塾)

<60kg Fight/K-1ルール/3分3R(延長1R)>
山本真弘(全日本フェザー級王者/藤原ジム)
国崇(NJKFフェザー級王者/拳之会)

【出場予定選手】

山本元気(全日本スーパー・フェザー級1位 前全日本フェザー級王者/DTS GYM)
山内裕太郎(全日本スーパー・ウェルター級王者/AJジム)
廣野 祐(J-NETWORKスーパー・ウェルター級王者/NPO JEFA)
卜部功也(K-1甲子園2008準優勝/西山道場)
嶋田翔太(2008全日本新空手K-2軽量級王者/島田塾)ほか


ナオキックがK-1ルール初挑戦。相手はK-1ライト級で既に2勝している大月です。

最初、このニュースを聞いたときには首を傾げました。ナオキックはキックボクシングにこだわりがあるんじゃなかったのか?大晦日にK-1ではなくキックルールで試合をすることを目標にしていたのではなかったのか?

ナオキックがどんな心境でこのカードを受けたのか知りたくて、ナオキック自身のブログを読んでみました。

石川直生公式ブログ Naokick's Diary

皆様もご一読ください。

大晦日にDynamite!!でキックルールの試合を行うことで、キックボクシングというジャンルを世に送り出す。ナオキックの2009年は、その目標に向けてひた走ることになりますが、今回のK-1ルールの試合に勝つことで、目標に前進することになるのです。

ナオキックの大晦日ロードが具体的に始動した感じがします。

web新の格闘ウィークエンダー090112(WBCムエタイ、K-1惨敗、戦極、山本聖子ほか)

<MAとNJKFが統一ランキング発足>
両団体間でWBCムエタイルールを用いたランキング戦を行い、その試合結果によって統一ランキングを制定するそうです。

キックの団体がやることなんでどこまで本気なのか疑わしいし、WBCムエタイという組織もどこまでムエタイに権威を付与するつもりで活動をしてるのか不明瞭なので、この新しい流れに乗って良いものかどうか、、、。

とりあえず今後の動きを追っていきたいと思いますので、皆様方からも情報をお寄せいただければ幸いです。

今年の日本キック界は、このWBCムエタイに統一していく動きと、全日本キックのようにK-1に選手を排出していく動きとの二大潮流の中を進んで行くことになるのでしょうか?

競技化の流れに乗るか、エンタメの方向に進むか。岐路に立つキックボクシングです。



<K-1惨敗の原因>
各メディアにおいて、武蔵やバダ・ハリらK-1ファイターの油断を指摘されてますが、絶対にそれはないです。ちびっ子の挑戦を受けたわけじゃないのだから。

フィジカル面で自分よりも圧倒的なアドバンテージを誇る相手に向き合うファイターが、潜在意識レベルであっても油断なんてするわけないです。

体力的な弱さを補うだけのボクシング技術が無かっただけ。特に武蔵。

また、バダ・ハリvsアリスターを見ると、技術が体力に凌駕され易いという意味で、一発勝負の殴り合いってのは水物なんだってことを認識させられます。ホーストもサップに2回負けたわけですから。



<菊田の想い>
自分は柔道の落ちこぼれだったので、今回の吉田戦は20年間の想いを込めて戦った。2人の金メダリスト(瀧本、吉田)に勝ったってのは何気に凄いことじゃないですか?

吉田戦後の菊田はそんな心情を吐露してました。



<チャンピオンになった北岡の次>
井上といえば、五味隆典を破って戦極初代ライト級王者に輝いた北岡悟が3度戦って勝てなかった(井上の2勝1分け)相手。北岡の初防衛戦の相手は井上で決まりじゃないですか?

ただ、井上はDREAM.3でニック・ディアスにKO負けしてるんですよね。印象が悪いか?印象にも残ってないか?

ところで、私は井上が゙足関十段゙の異名を持つ花井岳文に勝利している点に注目しました。北岡の足関節地獄対策のヒントが井上のファイトスタイルに隠されているのではないか?

北岡はサムライTVの番組にゲストで登場した際、井上に2敗していることについて「どうも相性が良くない」と語ってましたが、そうではなく、逆に足を取りに来る相手への対処が上手いのが井上じゃないかという素人考え。

余談ですが、私は十年くらい前にアマチュア時代の花井の試合を見たことがありますが、驚くほどの極めの強さでトーナメントを制してました。プロになっても良いところまで行くだろうと見込んでましたが、そうでもなかったですね、、。



<高山、荒谷を53秒殺>
レスリングのできない高山のドタバタした動きを見ていると、学生時代に通っていたキックボクシングジムの会長の話を思い出します。

「UWFの連中は、全日・新日で使い物にならない奴らの集まりだからな」



<朝青龍が激勝!進退問題の重圧に耐えた>
逆境に晒されている朝青龍を応援しないどころかバッシングしている人たちって、どんな心を持っているのでしょうか?

横審のけいこ総見で白鵬に六連敗したら大喜びしてね。

初日に朝青龍が勝利した場面の写真をスポーツ紙で見ると、いかにもガッカリしたような顔してる客の顔が写ってますよ。すごく醜い顔。



<女子レスリング、山本聖子が現役復帰へ>
女王の吉田沙保里が君臨する55キロ級での復帰を目指すとのこと。

道は相当に険しいでしょうが、応援したい。

「どうせ吉田には勝てっこない」っていう目で見られるところからスタートするわけですからね。アイドル風味なところに反感を持たれたりすることもあるかも。

逆境を跳ね退けてロンドンの切符を手にしてほしいです。

ナオキック、09年大晦日出撃宣言

のっけから長々とスポナビを引用する格好で恐縮ですが、キックボクシング界には珍しく明るい話題ですので、以下をお読みください。

全日本スーパー・フェザー級王者の石川直生は、「試練の七番勝負」最終戦として現役ムエタイランカーであるスアフワンレック・シービューガーデンを迎え撃った。第1ラウンドは石川が右ミドル、右ローを散らして攻め立てるが、2ラウンド目はスアフワンレックが鋭い左インローを立て続けにヒットさせ、石川の太ももは赤く腫れ上がる。そして、試合は突如クライマックスを迎える。
 第3ラウンド序盤、石川が飛びヒザ蹴りを放つと、これがスアフワンレックの顔面を直撃。石川は相手がよろめいたところを見逃さず、そのまま追撃の左右パンチをまとめてダウンを奪取! 横倒しとなったスアフワンレックは立ち上がることができず、石川のノックアウト勝ちが宣せられた。この電光石火の勝利にファンは立ち上がって歓喜し、全日本キックの09年はハッピーエンドの結末となった。

 これで七番勝負を5勝2敗で乗り切った石川は、自信みなぎる表情で試合後、「今年は大みそか格闘技のリングに上がることが目標です。突っ走ります!」と宣言。実質Dynamite!!への出撃をファンの前で目標として掲げてみせた。
スポナビより)

石川直生ことナオキックに課せられた試練の七番勝負。私はナオキックが過去に発言した「キックボクシングを世に送り出したい」という言葉に強い関心を抱いていたこともあり、全七戦のうち1試合は会場観戦したいと思っていました。

初戦の相手となったファイヤー原田は、負けても何らかの印象を残すタイプの選手でしたが、その良いところを出させないままに完封勝利。まずは完璧な形で七番勝負をスタートさせましたが、中盤に中弛みしたような印象を受けた私は、いつの間にか七番勝負が行われていること自体を忘れていました。

ナオキック自身も七番勝負の中弛みは自覚していたんじゃないでしょうか?ファンの関心が向いていないことは選手自身が肌で感じるはずですから(それができないなんちゃってプロ選手が多いですよね、キックにもボクシングにも。プロとは名ばかりの学芸会)。

さらに、先ほど七番勝負一覧表を作成したために知ったのですが、第四戦、第五戦はムエタイファイター相手に連敗。企画自体にもナオキック自身にも相当な行き詰まり感があったことでしょう。

しかし、驚いたことに第六戦ではムエタイの殿堂、ルンピニースタジアムに乗り込んでKO勝利を納め、今月4日の最終第七戦でもムエタイランカーを飛び膝蹴りでKOし、最高の形で締め括りました。
15b5f709.gif

上記のように七番勝負を5勝2敗で終え、格闘技としては異例の一年間に渡る企画を勝敗的にも内容的にも大成功させたナオキックですが、私が嬉しいのは、遂にナオキックが具体的にメジャー進出を宣言してくれたことです。

せっかく軽量級に対してK-1が門戸を開いたにも関わらず、ほとんどのキックボクサーが試合以外の部分でアクションを起こさない現状を苦々しく思っていた私は、早くも今年の大晦日までの楽しみが出来たことに歓喜しております。

しかし、七番勝負を終えたナオキックの本当の勝負は今年一年間でしょう。今回の大晦日出撃宣言が不発に終わるか、達成できるかは、今年の試合、そしてリング外でのアクションに懸かっているのですから。

今年のナオキックには要注目です。普段はキックを観ない方々もナオキックの一挙手一投足にぜひ注目してほしいと思います。

さらに欲を言えば、他のキックボクサーにも試合と試合を線で結ぶようなアクションを起こしてほしいものですね。大晦日の大舞台に繋がる線をいかにして紡ぐのか?セルフプロデュース能力のない選手は淘汰され、小さなハウスで、玄人気取りのファンの前でピョコピョコと蹴りっこをするしかあるまい。

ナオキックのアクションが他のキックボクサーたちも巻き込むようになれば面白いですね。会場観戦したくなるような盛り上がりに期待しております。

本当にお願いしますって感じ。60kg級のキックボクサーにとっては今年が勝負の年ですから、踏ん反り返ってないで能動的に動いてほしい。キックの世界でどれだけ高く評価されていても、一般大衆はあなた方のことなんて誰も知らないのだから。



ゆうこりん〔広告〕小倉優子写真集 ENCYCLOPIDIA OF YUKO OGURA
これまでの“ロリかわいい”姿とは違う艶っぽさ・オトナっぽさを引き出すため、水に濡れたり、縛られたり、大人の“ゆうこりん”がいっぱい。

史上最強のコスプレイヤー

fad32d5c.jpg愛読書の週刊アスキー(12/2号)を手に取って表紙を見てみたら、隅っこに゛史上最強のコスプレイヤー゛の見出しを発見。嫌な予感(笑)がしてページをめくったら、案の定、長島☆自演乙☆雄一郎を取り上げた記事だったおf^_^;

コスプレについては、私のような年代の人間からすると、水色のカツラをかぶった不細工な女が「あなたは死なないわ・・」などと呟くシーンくらいしか思い浮かびませんが、インタビューの中で私の琴線に触れた点は、長島が「キックは副業」であることを印象付ける発言をしていたこと。

今後、彼の動向に注目してみたくなりました。乙!

全日本キックボクシング連盟「Krush!」 web新の見どころ

全日本キックのオールK-1ルールの大会がいよいよ本日開催されます。

格闘技ファンの皆様ごとに関心のあるところは違うと思いますが、私なりの見どころを書いてみたいと思います。

<第8試合 60キロ契約/3分3R延長1R>
山本元気(全日本スーパー・フェザー級1位/DTS GYM)
桜井洋平(WFCA世界ムエタイ・ライト級王者/BOMBO Freely)


60kgと70kgの試合組まれた今大会ですが、後半3試合はすべて60kg契約ということで、あくまで主役は60kg。

しかし、桜井洋平は70kg級のちびっ子ギャングらを凌駕するリーチの持ち主です。“K-1ルールならば”ということで、パンチの強い山本の勝利を予想するファンが多いようですが、私は桜井の圧勝を予想します。

パンチ主体の山本だけに、桜井とのリーチ差に終始苦しむことになるんじゃないかと見ています。



<第7試合 60キロ契約/3分3R延長1R>
山本真弘(全日本フェザー級王者/藤原ジム)
AKIRA(J-NETWORKフェザー級王者/チームドラゴン)


K-1SPEEDのエース候補と言われて久しい山本ですが、未だにK-1のリングに上がっていません。こんなところでつまづくわけにはいかないでしょう。

ただ、相手はチームドラゴンですから、前田氏がどんな仕掛けを用意しているのか?一筋縄ではいかないでしょう(適当なこと書いてんなぁw)。



<第6試合 60キロ契約/3分3R延長1R>
寺戸伸近(全日本バンタム級1位/青春塾)
ワンロップ・ウィラサクレック(M-1バンタム級王者/タイ)


よくお笑い芸人同士がM-1王者がいかにすごいか語り合ってるシーンをTVで目にしますが、それほど大したものなんかい?

それ以上に価値がよくわからないのがムエタイのM-1です。と言ってもキックのランカー程度には圧勝するんでしょうけど。



<第5試合 70キロ契約/3分3R延長1R>
TATSUJI(2006・2007 K-1 WORLD MAX 日本準優勝/アイアンアックス)
小宮由紀博(J-NETWORKスーパーライト級1位/フォルティス渋谷)


一番楽しみな試合。TATSUJIはK-1MAXに刺激をもたらしてくれる存在だから貴重です。キックボクサー同士の、どっちが勝とうが負けようがどうでもいいような試合なんて見たくもない。

TATSUJIには周りを挑発してK-1MAXをどんどんかき回してほしいです。



<第4試合 70キロ契約/3分3R延長1R>
尾崎圭司(2007 K-1 WORLD MAX 日本第3位/チームドラゴン)
イ・スファン(2007 K-1 WORLD MAX アジアトーナメント王者/韓国)


尾崎は相変わらず「テコンドーの強さをアピールする」みたいな戯言を語り続けているようですが、相手のスファンには「尾崎ってテコンドーの選手なの?全然テコンドーの技を出してないじゃない」って皮肉られたようです。

尾崎はK-1でろくに勝てないのに、中途半端なことやってる場合じゃないと思いますよ。



<第3試合 70キロ契約/3分3R延長1R>
山本優弥(全日本ウェルター級王者/青春塾)
クォン・ミンソク(IKMF韓国ウェルター級王者/韓国)


山本はTATSUJIとのリマッチが見たかったが、そのカードを組んでしまうと、ミンソクと小宮が浮いてしまうと言うか。

そう言えば山本はアンディ・オロゴンに負けたんですよね?キックのチャンピオンだと言うのに。情けない。それでよくも王座を返上せずにいられたもんだ。

と言うかタイトルを単なる飾りだと認識してるから、K-1での敗戦を重く受け止めることもしないのか。



<第2試合 60キロ契約/3分3R延長1R>
水落洋祐(全日本フェザー級3位/はまっこムエタイジム)
卜部弘嵩(2007全日本新空手K-2軽中量級王者/西山道場)


卜部って高校の時にK-2で優勝したんですよね。なんだか最近は卜部の他にもK-2で優勝している高校生の話をちらほら耳にするような。どうなっとん?

昔みたいに「キックの登竜門はK-2」って時代じゃないからなぁ。強い人材がRISE等の見栄えのする大会に流出してるのかな?

普通、体を鍛えてる大人が高校生に負けるなんて考えられないもんなぁ。



<第1試合 60キロ契約/3分3R延長1R>
ソルデティグレ・ヨースケ(全日本フェザー級7位/U.W.F.スネークピットジャパン)
九島 亮(全日本フェザー級9位/AJジム)


全日本キックフェザー級のランキング戦みたいな。他でやっておくれっ!

今のキックボクサーはK−1しか眼中にない?

相武紗季のハニカミ顔が癪に障るweb新です。

録画しておいたTBSの深夜番組『格闘王』を見ました。城戸康裕の追跡ドキュメント@K−1MAX日本トーナメント。

一通り見させてもらった感想としては、キックボクシングの王者って軽い存在になったなぁと。MA日本キック王者が日本トーナメントで優勝したくらいではしゃいじゃって良いんですか?

また、山本からバトンを受けてアンディをロー攻撃で倒した、みたいなことを語ってたけど、これもなんだか情けないな。キック王者二人がかりでアンディにやっとこ勝った印象。

そして、城戸は総じて口数が多い。しかも「ざまあみろ格闘王」みたいに、何も伝わって来ないような軽口ばかり。

あと驚いたのが、1回戦で尾崎からダウンを奪った時のセコンドの会長。いつも仏頂面してるくせに、なんだいあのはしゃぎ様は?バンザイしながらジャンピング。情けない。そんなにTVが好きなのか?『非情のライセンス』風で地味にカッコいい人だなぁと昔から思っていただけに、あの会長には幻滅した。

まぁ、そもそもキックの王者がオープニングファイトに出場してるくらいだから、キックボクシングが相当地盤沈下しているってことでしょう。

K−1は眼中にない!ってやせ我慢できるようなキックボクサーはもう現れないのでしょうかね。

≫≫≫人気blogランキングへ

世に送り出したい全日本キッククオリティ

金曜の夜に、『SRS』で全日本キック60kgトーナメントのダイジェストを見ることが出来ました。

贅沢なダイジェストでした。

一回戦。

決して弱くはない大宮司を寄せ付けずにTKO勝ちした山本真弘。

古豪、村浜の光を消したナオキック。

ムエタイの強豪をKOした大月の底力(顔はコント竹田君にソックリ)。

元プロボクサーでOPBFのランカーでもあり、K-1に出ているボクシング上がりのヘナチョコとは一線を画したキックボクサーとしての実力を有する梶原龍児を相手に、歴史に残る壮絶な打ち合いを演じ、それを制した前田尚紀。

決勝戦は入場シーンまで紹介されました。山本はフランシスコ・フィリヨが使っていた曲。大月は今もなおボヨヨンロックでした。変則的な構えでかく乱しようとする大月に付き合いながらも強打を打ち込んだ山本が判定勝ちで優勝しました。

これほどまでに面白い大会をTVコンテンツにしない手はないと思うのですが。このキックリターンの総集編を22時あたりから1時間番組で流してみてほしい。

「K-1より面白いな」と感じてくれる一般の視聴者も少なくないと思います。

かつてモーリス・スミスやケビン・ローズイヤー、フランク・ロブマン、ドン・中矢・ニールセンらの試合をフジテレビの深夜枠で中継していた全日本キックですから、ぜひ今度は軽量級をTVを介して世に送り出してほしいと思います。

≫≫≫いつも応援ありがとうございます。人気blogランキングへ

K−1甲子園の久保賢司はNJKFのフライ級王者だそうです・・・

大晦日のK−1甲子園に出場した久保賢司は、一回戦で雄大に敗退しましたが、その試合中継の中で実況がしきりと久保がキックボクシング世界王者であることをアピールしていました。

それを聞いた私は、2〜3カ国のキックジムが寄り合いで開催した高校生ムエタイ大会みたいなもので優勝した程度の実績なのだろうと思っていましたが、調べてみると、

・NJKFフライ級王者

・W.P.M.O世界フライ級王者

の2つのタイトルを持っているようです。

ちょっと驚きました。悪い意味で。

まぁ、W.P.M.Oの世界タイトルについては驚くようなことではないでしょう。実体のないキックの世界タイトルなどいくらでもあるでしょうから。

しかし、NJKFという日本の格闘技ファンにその存在を認知されている団体のフライ級王者って、、、。NJKFフライ級にはまともなランカーがいないのでしょうか?もしかして久保のひとり親方?

私は久保のことは大晦日に見ただけですが、とても日本チャンピオンのレベルには見えませんでした。

まさに団体が乱立した弊害の最たるものと言えるでしょう。キック界もファンに愛想を尽かされる前に“大連立”しないと大変なことになりますよ。レベルの低いチャンピオンが何人も存在する現状を憂います。

例えばウェルター級のランカーが4〜5人しかいないのに、スーパーウェルター級の王座を新設するだなんて、馬鹿にも程があります。お笑いの世界ですよ。

一説によると全国のキックボクシングジムの数はボクシングのそれに匹敵するらしいので、国内の団体を統一する機構が誕生すれば、競技レベルも相当に向上することが望めます。

各階級の日本チャンピオンは一人で十分です。キック業界の方々にはよく考えてほしいと思います。

≫≫≫人気blogランキングへ

全日本キック 70's

結論を先に言ってしまうようで恐縮ですが、まずはじめに魔娑斗は凄い。この広告を見てください。信用第一である金融商品の広告に起用されるなんて、格闘家としては後にも先にも魔娑斗だけでしょう。さらに魔娑斗は国土交通省のキャンペーンにも起用されましたからね。凄いの一語です。

さて、このメンバーは魔娑斗の域にどれだけ近付くことができるでしょうか?

全日本キックでは、盛況のうちに幕を閉じた60kgトーナメントに続いて70kgトーナメント「70's」も開催することが決まりました。

大会の規模としては、参加人数は60kgと同じく8人ですが、優勝賞金は半分以下の200万円。会場は開幕戦、決勝戦ともに後楽園ホールということで、60kgに比べて見劣りする内容となってます。

比較対象は60kgだけではありません。70kgと言えば、K−1MAXとの勝負という見方も必然的にされるでしょう(「キックとK−1は別物」なんて了見の狭いことを言う人はこのブログを読まないでください)。

出場メンバーの顔ぶれ的にMAXと比較してどうでしょうか?私はキック通ではないので、あくまで素人目線で書きますが(いや、それが大事なんですよ)、外人選手がイマイチな気がしますょ。

ブルボーって何だか、冥王サウロンの指輪を拾ってしまいそうな名前だわ。って、それはビルボ・バギンズでしょ!(この手のボケに誰も突っ込んでくれないのでセルフしました)

スターリンに至っては、前回サムゴーと対戦してハイキックでKO負けしたわけですが(自分のグローブがアゴに云々はどうでもいい)、その敗戦の弁として「サムゴーに決して超人的な強さは感じなかった」みたいな発言をしてました。寝言は寝て言えって感じ。遊び半分のぶよぶよお腹で来日し、ハイキックでKO勝ちしてしまうことを超人的と言わずに何が超人的ですか?(笑)さもなくば、負けたスターリンが素人レベル?

でも、このスターリン。ドラゴに勝利し、山内とは引き分けてるんですね。オランダローカル以上、K−1MAX未満って感じの実力でしょうか?

自他共に認める本命らしい山内にしても、素人目線で見ると「MAXでドラゴに5回もダウンを奪われてKO負けした選手」に過ぎません。

こうして見ると、このトーナメントは“MAX未満の選手のせめぎ合い”と言った様相。たいそうに美辞麗句を並べてこのトーナメントを持て囃すファンもいることでしょうが、一般的には“K−1MAX未満”という見方をされているのが現実だと思います。

しかし、冒頭でCMキャラクターとしての活躍ぶりを紹介した魔娑斗だって、元々はこの全日本キック所属のキックボクサーだったわけです。K−1というビッグイベントが存在する限り、全てのファイターにチャンスはあります。

「70's」に出場するキックボクサーたちが、わずかな賞金を貰って満足するのか?出所不明な世界タイトルを所持して悦に入るのか?それは個人の自由ですけれど、我々ファンとしては、より高みを目指すファイターを応援する。ただそれだけのことです。

※全日本キック代々木第二大会での写真撮影禁止騒動に関して「全日本キック宮田リングアナの、嘘と沈黙」というエントリーを書きましたが、実際には会場運営を委託業者に一任していたということで、宮田リングアナ自身は撮影禁止とされていたことを全く知らなかったようです。しかし、真相は闇の中である(宮田リングアナの弁明が真相だよっ)。

≫≫≫「面白い」と感じてくれたら投票お願いします。人気blogランキングへ

キックボクシングを世に送り出す

今月25日に行なわれる全日本キック60kgトーナメント決勝大会は、代々木第二体育館で行なわれるんですね。開幕戦同様に後楽園ホールで開催されるのかと思い込んでました。

代々木第二と言ったら決して小さい会場ではありません。果たして満員御礼となるのでしょうか?

私はキックボクシングというジャンルに関して否定的な意見を多く書いてきましたが、ことソフト面に目を向ければ、マニア層だけのものにしておくには勿体無いような人材が溢れています。

今回の60kgトーナメント決勝に勝ち進んだ4人にしても、いずれもK-1のような大衆向け格闘技イベントに出場している選手と比べて遜色ない輝きを放ってます。

大月晴明vs前田尚紀

山本真弘vs石川直生

“戦うパティシエ”大月晴明は破壊力のあるパンチが持ち味で、まさに一般大衆向けの選手。

前田尚紀は、先の開幕戦で梶原を相手にキック史上に残る激闘を繰り広げました(見たのかよぉ?←キムタク@バラエティ番組風に)。修行僧のような地味な外見とは裏腹の熱いファイターです(試合見たことあんのかよぉ?)。

山本真弘は全日本フェザー級王者。しかも、、、。まずはこちらの公式サイトをご覧いただきたい。なんと、山本はキックボクシングをする傍らで税理士事務所も開いているのであるって、んなわけない。山本は日本人相手にはほとんど負けなしでしたよね?テクニック、スピード、スタミナと三拍子揃った選手であり、野良犬引退後の全日本キックのエース候補と目されている選手です(どーこーで聞きかじってきたんだいっ?)。

最後に石川直生。モデル兼業ということで、単なるビジュアル系キックボクサーにお飾りとしてスーパーフェザー級タイトルを与えているだけなのかな?程度に私は思っていましたが、「かなりクレイジーなファイトを魅せるムエタイファイターである」と石川を評しているブログをどこかで拝見したことがあります。また、いつでしたか、彼が「キックボクシングというものを世に送り出したい」と発言したことをきっかけに、私は急に注目するようになりました。

キックボクシングを世に送り出す。

このスローガンは、石川に限らず、全てのキックボクサーが掲げるべきもの。タレントが揃い、身を削るような凄い試合をしているのに、一般世間に全く届いていないという現状を打破しなければ。

後楽園ホールをフルハウスにする程度で満足していたのでは先が見えてます。今回の代々木第二大会がどれだけの熱を生み出すか?そして、その熱がキックを世の中に送り出す火種と成り得るか?

キックボクシングファンならずとも、この大会は応援しなければならないでしょう。

≫≫≫冷ややかな視線に晒されながら、マックでモバイルしながらこの記事を書きました。応援のワンクリックをお願いします。人気blogランキングへ

我輩はボクサーである。 チームドラゴン梶原龍児

3日に後楽園ホールで行われたJ−NETWORK主催「TEAM DRAGON QUEST 1」は、私にとってあまり興味の無い大会でした。

ところがスポナビの大会リポートを読んでにわかに注目!と言いますのは、何とも頼もしい発言をしてくれる選手が目に留まったからです。

それはメインでWFCA世界ライト級タイトルを奪取した梶原龍児です。この選手はキックボクシングという小さな枠に留まることはないでしょう。そう感じさせる発言がいくつかありました。

「僕はボクサー代表としてKのリングに上がる」

「K−1、60kgはオレが盛り上げる!」

「キックの世界タイトルをWBCやWBAのように価値を高めたい」


いかがでしょうか?そんじょそこらのキックボクサーではとても口に出来ないような素晴らしい豊富です。

その一つに「ボクサー代表として・・」とありますが、梶原はOPBFのランカーだったそうです。

我輩はボクサーである。

梶原にはこのアンデンティティを大切にしてもらいたい。キックに迎合する必要など全くない。むしろキックボクシングをぶっ壊すつもりで暴れて欲しい。

ただ、今回のタイトルマッチの勝因の一つに相手の西山が無理に打ち合いに応じた点を挙げざるを得ないのも事実。本格派のキッカーが蹴りに徹して攻めて来た場合に充分な対応を出来るようにしておかねばならないでしょう。

しかし、こんな素晴らしい人材が現れてくれることに感謝です。キック業界もK-1も、彼のような可能性のある選手を大切にして欲しいと思います。

≫≫≫ジョシュvs小川?人気blogランキングへ

60坩焚爾痢K-1 SPEED』に期待!

昨日のNJKF「FIGHTING EVOLUTION III 〜進化する戦い〜」において3つのタイトルマッチが行われ、バンタム級ならびにフェザー級で新王者誕生となりましたので、ランキング一覧を修正しました(格闘技愛があるならば誤った内容を書くな、などという稚拙なロジックを恥じらいもなくコメントするクレーマーの存在を気にしているわけではありませんがw)。 バンタム級王座から陥落した国崇は、アマチュア時代に試合を観たことがあるのですが、とても自分には真似できないキックを出す時の体のバランスの良さに驚嘆した記憶があります。その国崇に完勝した米田も相当な修練を積んだ選手なのでしょう。

また、大トリでライト級王座を防衛した桜井洋平の口からK-1出陣宣言が飛び出しました。この桜井も敵なしくらいの強さを誇る選手で、魔裟斗と同門の大宮司を秒殺したこともありますから、ぜひぜひK-1にウェルカムな選手の一人であることは万人にとって異論のないところでしょう。

実はこの桜井も茨城の選手であり、つくづく茨城は"日本のブラジル"だなぁと思います(笑)

なんだかK-1の新階級構想が公になってから、キックボクサーたちの目の色が違ってきたように感じるのは私だけでしょうか?やっぱりK-1の新階級で一番ホットな戦いが観れそうなのは60坩焚爾痢K-1SPEED』になりそうです。

全日本キックボクシング連盟
フライ級
バンタム級
藤原あらし(S.V.G.)
フェザー級 山本真弘(藤原ジム)
スーパー・フェザー級 石川直生(青春塾)
ライト級 増田博正(スクランブル渋谷)
ウェルター級 山本優弥(BOOCH BEAT) ※
スーパー・ウェルター級 山内裕太郎(AJジム)
ミドル級 TOMO(正道会館)
ヘビー級 郷野聡寛(GRABAKA)
新日本キックボクシング協会
フライ級 建石智成(尚武会)
バンタム級 深津飛成(伊原道場)
フェザー級 菊地剛介(伊原道場)
ライト級 石井宏樹(藤本)
ウェルター級 正木和也(藤本)
ミドル級 松本哉朗(藤本)
ヘビー級 内田ノボル(ビクトリー)
MA日本キックボクシング連盟
フライ級 飛燕野嶋(契明)
バンタム級
岩波祐次(渡辺)
フェザー級 駿太(谷山)
スーパー・フェザー級 アトム山田(武勇会)
ライト級 木村充(土浦)
ウェルター級 白須康仁(花澤)
ミドル級 城戸康裕(谷山)
ヘビー級 神谷友和(橋本)
ニュージャパンキックボクシング連盟
フライ級 TOMONORI(OGUNI)
バンタム級 米田貴志(オグニジム)
フェザー級 久保優太(立川KBA)
ライト級 桜井洋平(B・Freely)
ウェルター級 笛吹丈太郎(大和)
ヘビー級 天昇山(キング) ※
J−NETWORK
フライ級 魂叶獅(全日本/はまっこムエタイ)
バンタム級 牧裕三(アクティブJ)
フェザー級 尾田淳史(アクティブJ)
ライト級 梶原龍児(チームドラゴン)
スーパーライト級 喜入衆(ソーチタラダ渋谷)
ウェルター級 吉川英明(チームドラゴン)
ミドル級 寒川直喜(バンゲリングベイ)
ヘビー級 澤屋敷純一(チームドラゴン)
※印・・・その階級に王者が不在であるため1位以下の選手を記載。

キックボクシング団体対抗戦

前回、国内キック主要4団体のランキング一覧を掲載したところ、澤屋敷がヘビー級王者であるJ−NETは一覧に加えないのか?と言うご意見を頂戴しましたので、さっそく調べて追加しました。

たしかにJ−NETのランキングには澤屋敷以外にもチームドラゴンの選手が多数入ってますね。

よし、このランキング一覧を眺めながら、キックの団体対抗戦を思い描いてみよう。各階級チャンピオンによるトーナメントと、1位以下の選手による団体戦。これが実現したら大変なことになるぞ!くらいの組み合わせを提案してみたい。小暇な時にでも。

全日本キックボクシング連盟
フライ級
バンタム級
藤原あらし(S.V.G.)
フェザー級 山本真弘(藤原ジム)
スーパー・フェザー級 石川直生(青春塾)
ライト級 増田博正(スクランブル渋谷)
ウェルター級 山本優弥(BOOCH BEAT) ※
スーパー・ウェルター級 山内裕太郎(AJジム)
ミドル級 TOMO(正道会館)
ヘビー級 郷野聡寛(GRABAKA)
新日本キックボクシング協会
フライ級 建石智成(尚武会)
バンタム級 深津飛成(伊原道場)
フェザー級 菊地剛介(伊原道場)
ライト級 石井宏樹(藤本)
ウェルター級 正木和也(藤本)
ミドル級 松本哉朗(藤本)
ヘビー級 内田ノボル(ビクトリー)
MA日本キックボクシング連盟
フライ級 飛燕野嶋(契明)
バンタム級
岩波祐次(渡辺)
フェザー級 駿太(谷山)
スーパー・フェザー級 アトム山田(武勇会)
ライト級 木村充(土浦)
ウェルター級 白須康仁(花澤)
ミドル級 城戸康裕(谷山)
ヘビー級 神谷友和(橋本)
ニュージャパンキックボクシング連盟
フライ級 TOMONORI(OGUNI)
バンタム級 国崇(拳之会
フェザー級 久保優太(立川KBA)
ライト級 桜井洋平(B・Freely)
ウェルター級 笛吹丈太郎(大和)
ヘビー級 天昇山(キング) ※
J−NETWORK
フライ級 魂叶獅(全日本/はまっこムエタイ)
バンタム級 牧裕三(アクティブJ)
フェザー級 尾田淳史(アクティブJ)
ライト級 梶原龍児(チームドラゴン)
スーパーライト級 喜入衆(ソーチタラダ渋谷)
ウェルター級 吉川英明(チームドラゴン)
ミドル級 寒川直喜(バンゲリングベイ)
ヘビー級 澤屋敷純一(チームドラゴン)
※印・・・その階級に王者が不在であるため1位以下の選手を記載。

頂と志は高く! キックボクシング国内王座統一を

先日引退した小林聡が最後の挨拶で「これからもキックボクシングをよろしく願いします」と語りました。この言葉を受けて、他の選手や関係者たちは何を思ったでしょうか?キックボクシングの現状を維持していかねば!などと思ったら、私は大間違いだと思います。

国内タイトルが4つも5つも乱立している競技なんて他にあるでしょうか?国内に協会が2つ存在していた日本のテコンドーですらオリンピックに選手を出せるかどうかで大騒ぎになったくらいですから、日本のキックボクシングの現状は社会的通念からしても異常であることは明白です。

ゆえに格闘技ブームと言われる昨今においてもマイナーな存在でしかないのです。

そこで私は主な団体の王者一覧を作成してみました。日本にはこれだけたくさんのキックボクシング王者が存在しているのです。さらに驚いたのは全日本キックスーパーフェザー級は王者の石川直生がいるだけで、1位以下が不在です。素人の私にはこのシステムが理解できません。あ、石川がイケメンだからこんなこと書いたわけではありませんよw

しかし、これら国内タイトルを統一できたらどうでしょうか?前にも書きましたが、わけわかめな世界タイトルなど問題にならない権威を有することになるでしょう。

選手ならびに団体関係者の方々にはぜひ国内タイトルの統一を実現してもらいたいと願います。小さなお山の大将でいたって小銭を稼ぐ程度の得しかないでしょう。キックボクシングに求められているのは改革です。既得権益を守ることばかり考えず、キックボクシングが社会に認められるプロスポーツに発展するように尽力してください。

全日本キックボクシング連盟
フライ級
バンタム級
藤原あらし(S.V.G.)
フェザー級 山本真弘(藤原ジム)
スーパー・フェザー級 石川直生(青春塾)
ライト級 増田博正(スクランブル渋谷)
ウェルター級 山本優弥(BOOCH BEAT) ※
スーパー・ウェルター級 山内裕太郎(AJジム)
ミドル級 TOMO(正道会館)
ヘビー級 郷野聡寛(GRABAKA)
新日本キックボクシング協会
フライ級 建石智成(尚武会)
バンタム級 深津飛成(伊原道場)
フェザー級 菊地剛介(伊原道場)
ライト級 石井宏樹(藤本)
ウェルター級 正木和也(藤本)
ミドル級 松本哉朗(藤本)
ヘビー級 内田ノボル(ビクトリー)
MA日本キックボクシング連盟
フライ級 飛燕野嶋(契明)
バンタム級
岩波祐次(渡辺)
フェザー級 駿太(谷山)
スーパー・フェザー級 アトム山田(武勇会)
ライト級 木村充(土浦)
ウェルター級 白須康仁(花澤)
ミドル級 城戸康裕(谷山)
ヘビー級 神谷友和(橋本)
ニュージャパンキックボクシング連盟
フライ級 TOMONORI(OGUNI)
バンタム級 国崇(拳之会
フェザー級 久保優太(立川KBA)
ライト級 桜井洋平(B・Freely)
ウェルター級 笛吹丈太郎(大和)
ヘビー級 天昇山(キング) ※
※印・・・その階級に王者が不在であるため1位以下の選手を記載。

キックボクシング世界王者の価値は

須藤と我流の欠場が残念な4月のR.I.S.E.ですが、それを差し引いてもなかなか面白そうな大会です。平日だけど観に行ってしまおうかな〜なんて思いながらカードを眺めていたら、出場選手の肩書きに目が留まりました。

■「R.I.S.E. FIREBALL 1」
4月12日(木) 東京・後楽園ホール 開場17:30 試合開始18:30(オープニングマッチ開始17:40)

アレックス・ロバーツ(空柔拳会館/R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '06優勝)
百瀬竜徳(TARGET/R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '05優勝)

マグナム酒井(士魂村上塾/R.I.S.E. MIGHTY EIGHTY TOURNAMENT '06優勝)
TOMO(正道会館/全日本ミドル級王者)

水谷秀樹(スクランブル渋谷/R.I.S.E. FLASH to CRUSH TOURNAMENT '06優勝)
村浜武洋(大阪ファイティングファクトリー/K-1ジャパンフェザー級GP '97優勝)

HAYATO(FUTURE_TRIBE/UKF世界スーパーウェルター級王者)
寒川直喜(バンゲリングベイ/J−NETWORKミドル級王者)
大野 崇(UNIT−K/ISKA世界ミドル級王者)
菊地浩一(寝屋川ジム/R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '04優勝)
裕 樹(リアルディール/R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '04準優勝)
龍 二(リアルディール/REALDEALミドル級王者)
川端健司(チームドラゴン/R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '06 3位)


みんな各種タイトルを保持しているのですが、私は昔からキックボクシング世界タイトルに果たしてどれほどの価値があるのかと疑っています。キックボクシングのためなら死んでも良いようなキック愛好家の方からの非難を覚悟して言いますが、キックの世界タイトルの価値がどれほどかと考える以前に、全く価値なんて無いでしょう。単なる興行のお飾りに過ぎないでしょう。

今回のR.I.S.E.出場メンバーで世界王者の肩書きを有しているのは、HAYATOと大野崇の二人です。HAYATOの悪口を書いてばかりの印象を与えそうで気が引けるのですが、K-1MAXの日本トーナメントで勝ち上がれない選手が世界王者って、、、?

碇シンジじゃないですが、

キックの世界王者って、一体何なんだろう?

と問いたくなってしまいます。

私の中ではそんな世界タイトルよりも、全日本キックやR.I.S.E.のタイトルの方が圧倒的に価値が高いです。

まぁ全日本キックのタイトルにしても、3つも4つも国内タイトルが乱立している中での一つに過ぎないわけですが、せめて国内タイトルを全日本に統一できないものかと私は常々思ってます。興行を打つ側からすれば「タイトルが減ると困る」となるのでしょうが、そもそもキックの日本王者が出場する大会だから観に行こう!なんて人はかなり希少じゃないですかね?

ただでさえ競技人口が少ない競技なのに、団体が乱立し、それぞれが低い頂の王者を有している現状を憂慮します。奇しくも4月のR.I.S.E.には村浜武洋が参戦しますが、彼が優勝したK-1フェザー級トーナメントのような、各団体のトップクラスが一堂に会する場を創出することが可能な組織をぜひ作ってほしいと思います。

R.I.S.E.ヘビー級キックボクサーのまとめ

先日、バンナに完勝した澤屋敷の活躍を受けて「新星が誕生した今だからこそK-1ジャパン!」「R.I.S.E.の超K-1宣言」というコラムを書いたところ、たくさんのコメントを頂戴し、R.I.S.E.には澤屋敷以外にも私が知らない有望なヘビー級キックボクサーが幾人も存在していることを知りました。

そこで、R.I.S.E.を主戦場とするヘビー級キックボクサーをここで紹介したいと思います。

■アレックス・ロバーツ
30歳。身長194センチ。空柔拳会館所属。Gバズーカ06では、澤屋敷をKOした悠羽輝を決勝で秒殺して優勝。

■悠羽輝
24歳。身長190センチ。大成塾所属(K-1レフェリー・大成敦氏主宰)。準優勝したGバズーカ06では、1回戦で澤屋敷をKOで下している。

■百瀬竜徳
27歳。身長187センチ。TARGET所属。Gバズーカ05では優勝したが、同06は1回戦負け。00年には新空手選手権で優勝しK-1ジャパンGPに出場したことがある経験豊富なファイターだが、伸び悩んでいる印象が強い。

■青柳雅英
27歳。身長185センチ。アイアンアックス所属。元正道会館所属。01年K-1アンディ・フグメモリアルでは前座で堀啓相手に塩試合の末、判定負け。R.I.S.E.では試合後の珍妙なダンスが売り物らしい。

■ファビアーノ・サイクロン
28歳。身長187センチ。ブラジル出身。R.I.S.E.戦績6勝4敗。Gバズーカ05では1回戦で澤屋敷を判定で下している。総合に転向したらしいが、K-1ライトヘビー級あたりで活躍してほしい。

■コウイチ・ペタス
26歳。身長186センチ。ザ・スピリットジム所属。R.I.S.E.戦績4勝1敗(3KO)。

■澤屋敷純一
22歳。身長184センチ。チームドラゴン所属。Gバズーカでは05、06とも1回戦敗退だったが、その後急成長。06年7月に百瀬をKO、そしてK-1でバンナに勝利し、一気にスターダムにのし上がった。

以上ですが、他に有望選手がいましたら教えてください。K-1では彼らをどんどん登用してほしいですね。

素晴らしきかなキックボクサー

26日に「凄まじきNJKF真王杯」という記事を書きました。その中で

素晴らしきかなキックボクシング。

と記述しましたが、これは誤りで、正しくは

素晴らしきかなキックボクサー。

です。ここに訂正します。


いやはやここしばらくは車選びで頭がいっぱいでして、そんな折り、めっちゃ格好良いスカイラインのコンプリートカー発見!こちらです。質問マンさん、いかがでしょうか?

凄まじきNJKF真王杯

大宮司を秒殺した桜井。

藤原VS国崇の判定スコア、5R判定 3−0(48-47、48-47、48-47) 。

この二つを見ただけでも、いかに凄まじい試合だったかうかがい知れる。素晴らしきかなキックボクシング。

これほどのものを世に広められないことがもどかしい。

K−1も今ではヘビー級とミドル級に2極化してしまったが、かつてのフェザー級トーナメントのようなイベントを開催し、軽量級のキックボクシングを世間に披露する機会を創出してほしい。



全日本キックで大乱闘

詳細はこちらを参照していただくとして、なんだか凄いことになったようですね。

会場からは石黒に怒声が浴びせられたようですが、本当に怒声を浴びるべきなのは全日本キックじゃないでしょうか?

だって、これだけ反則してしかも一時は退場してしまった石黒を、あろうことか説得してリングに戻ってもらい、試合を再開してしまったのですから。

こんなの競技じゃないですよ。一体何を考えているのか?

相手の金沢も情けない。本当に強い選手ならば相手が何を狙おうとも防げるはずですから。石黒相手に普通のキックの試合をしても、せいぜい判定勝ちを拾うくらいしかできないでしょう。

唯一の救いは、全日本キック興行部長・宮田氏のコメント。

「勝っても負けても判定という選手よりも、よっぽど魅力のある選手だし、いいものを持った選手」

そのとおりです。キックボクシングの試合は勝ち負けが重視されるのではないのです。協会もなく公式記録も残らないのだから、いかに面白い試合をするかに全てがかかっているのですから。

石黒にはぜひK-1MAXで暴れてほしい。VS魔裟斗とかVSブアカーオ、TATSUJIとの再戦なんてどうでしょうか?

キックボクシングへの憂い

土浦ジムで指導をしている阿部さんという方からコメントを頂戴しました。まずもって、ありがとうございます。

土浦ジムと言えば木村充選手が有名ですが、実は茨城県スキー連盟の某役員が木村選手を知っているらしく、「あなたも同じジムで練習してるのか?」と尋ねられたことがあるのです。

そして今、『ブログの女王』熱血部門賞受賞の『♪オンナだって強くなりたい』の記事に私がコメントした際のURL経由で、土浦ジム指導員の阿部さんが、同じ土浦の地で格闘技に励んでいたことのある私のブログにコメントを寄せてくださった次第。本当に世間って狭いものです。

ところで、私は思いました。キックの指導員である阿部さんが『K−1心中』を読んだ場合、格闘技に対する批判的な記事の内容に気分を害されるのではないかと。

また、逆にキックボクシング業界内にいる阿部さんに貴重な意見を聞けるのではないかとも考えました。

私は、キックボクシングの選手自体は素晴らしい人材が揃っているとは思うのですが、団体の乱立について憂いております。日本中に同じ階級の国内王者が何人もいては権威も何もあったものではない。せっかく頑張っている選手が正当な評価を受けられないと思うのです。

この問題は選手やトレーナーがどうこうできることではないと思うのですが、キック業界には是非とも大同団結してもらい、ボクシングや修斗あたりを見習って、しっかりとした組織作りをしてもらいたいと切に願います。

小さな小さな御山の大将でいたって意味ないじゃないですか。自分が裏方になろうともキックボクシングという競技のために尽力できる人間が現れてくれたらうれしいなと思います。

ガックリ・・須藤、MAX参戦見送り

どうかしてるよ、まったく。なんで須藤がMAXに出ないの?表向きは「4階級制覇の方が魅力的だった」とのことだけど、いったい裏で何があったのか?条件面での折り合いが付かなかったのか?本当は魔裟斗VS須藤が組まれるはずだったのが、魔裟斗の不出場で流れたのか?

魔裟斗戦が組めないならば、他の誰かを相手にワンクッション置いてもいいじゃない。須藤がいるMAXの風景だけでも刺激的だよ。

まったくファンのニーズを解ってないよ、FEGは。K-1の原点は「どっちが強いか?」「誰が最強か?」だったはず。

須藤は「俺の方が魔裟斗より強い」と公言してはばからず、しかもRISEで着実に実績を積み重ねてきたんじゃない。なのになぜ・・・?

ところでこのRISE80キロトーナメントですが、参加選手の顔ぶれを見ても知らない顔ばかり(失礼)。とは言えど体格的には須藤が圧倒的に不利。

この重量級の舞台で須藤は輝けるのか?須藤のMAX参戦は今が旬だと思うんだけど。本当に惜しい。惜し過ぎる。

「キックを世に送り出す」と宣言 石川直生(全日本キックフェザー級王者)

23日、東京・後楽園ホールで行われた全日本キックボクシング「Spear of Destiny」のメインを1RKOで締めると同時に王座防衛に成功した石川選手は、リング上でこう宣言しました。

「軽量級のキックボクシングをもっとはっきりと世に送り出したい」

この話題を聞くまで私は石川選手のことをまったく知りませんでしたが、世間を視野に入れているということで、にわかに注目選手になりました。

そして格闘技コラムのページでそのことに関する記事を書き、『石川直生Blog』にトラックバックしました。

ところが、トラックバック保留→審査→却下と相成ったようでございます。くだらないエロサイトはしっかりTBしていると言うのに!悲しいな・・・でもぉ、うちぃ、格闘技がめっちゃ好っきゃねん!

ところで彼が言うところの「キックをはっきりと世に送り出す」とは具体的にどーゆーことなのでしょうか?試合後に彼が更新したブログの2つの記事では、その具体案を垣間見ることができませんでした。

私も彼に対して【モデル兼キックボクサー】以外のキーワードが頭に浮かばないのです。

キックボクシングというジャンルが世間に目を向けてもらえるプロスポーツになるような活躍を期待しています。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ