プロ格デイリー

プロ格ザッケローニ

ザッケローニです。



<7・23 RISE80>
ヘビー級とミドル級のダブル王座決定戦が行われ、ヘビー級はランキング1位の上原誠が、ミドル級は5位の森田崇文が新王者になった。

ミドル級新王者の森田にはK−1MAX日本予選への出場権も与えられたが、森田は漫画家が本業らしく、今後は漫画家一本でやっていくとのこと。

でも、K−1MAXには"想い出出場"するんだろうな。



7・24 DDT「両国ピーターパン2011〜二度あることは三度ある〜」
<○男色ディーノ(ゲイ道クラッチ)ボブ・サップ×>
DDTで行われたボブ・サップvs.男色ディーノの試合をダイジェストで観た。

あれは楽しまねばならない試合なのかな?股間を握られて狼狽するサップの姿を楽しめない人間は利口じゃないってことなのかな?

私としてはサップにプロレスを楽しんで欲しくない。正直、不愉快。



<我龍真吾引退興行>
7月30日に京王プラザホテルにて標記興行が開催される。

相手は銀次郎。誰それ?感は否みようがない。

保住直孝とボクシングマッチで戦ってから引退して欲しい。

Boxfightで我龍-保住戦が発表された時は、ネームバリューのある日本人ボクサーと我らが格闘技村のファイターが久々に拳を交えるということで私の心は躍ったものだったが・・・。

それにしてもBoxfightはどうしてる?名もないボクサー崩れ同士で淡々と試合してるようじゃ誰にも相手にされないぞ。Boxfightの醍醐味はボクサーと格闘家の交わり。それ以外にない。

それを前面に打ち出して集客しながら、名もない若手ボクサーを育てていくこと。育ったら格闘家にぶつける。この作業を怠ってはBoxfightに未来はないと断言する。



<8月にDREAM>
TwitterのTL上で見かけた情報だが、次のDREAMはたまアリのアリーナバーションで開催されるらしい。

ってことはそれなりのビッグカードが組まれると予想して差し支えないだろう。

ところが第1弾として発表されたのが宇野vs.リオン。そんなカードは屋根裏で勝手にやってろ!

青木vs.田村あるいは青木vs.桜庭くらいの空前絶後のカードを出していかないと日本格闘技界の復興は無理だと思う。「Fight For JAPAN」を掲げる前に自分たちが立ち直らないと。

まずはメインのビッグマッチを発表することで注目を集める中でその他のカードも発表し、周知させていくやり方。往年のPRIDEはそんな感じじゃなかったかな?





≫web新のTwitter

web新のプロ格雑感101205(IGF、SMASH、佐々木信治、HIROKO)

<笑う準備をして猪木を見るな!>
パチンコ店のイベントに猪木が出向く際には、"猪木氏に対して軽率な対応は厳に慎むように"との応対マニュアルが店員らに配布されるらしい。

自尊心が人一倍高いであろうにもかかわらず、そのキャラの立ち具合から一般人に笑われることも少なくない猪木であるから、その取り扱い要注意となるのは当然だろう。

そんな猪木がIGF興行では笑いの的になってばかり。一昨日の大会でも、シンとの絡みが大うけ、いや小うけだった。

ピストルで狙撃されたという小芝居を打つくらいだから、笑いが起こることを前提でやってはいるのだろうが、私にはどうも観客の"眼差し"がしっくりこない。最初から猪木を笑ってやろうと構えているように思えてならないのだ。

IGFの会場に足を運ぶ彼らにとって、猪木とはどのような存在なのだろうか?



<マニアのおかげで成り立つプロレス 『SMASH.10』スカパー観戦記>
サムライで『SMASH.10』のTAJIRIvs.スターバックを見た。

私はこのタイトルマッチが組まれた経緯を知らないので、どう見ればこの試合を楽しめるのか分からないままに試合を観終えてしまった。

楽しめなかったのは、予習をしなかった私が悪いのか?いや、予習なしの観客にとっても楽しめるのが大衆娯楽だろう。私はそう思う。

また、試合後には別の外国人選手が乱入し、客席からはブーイングが飛んでいた。ここはブーイングするところですねとしたり顔したマニアのブーイングが。

かつてのプロレスはそうではなかった。爺さんも婆さんも、父ちゃん母ちゃんも、ちびっ子たちも、みんな本気になって悪役を怒っていた。昭和のプロレスはそれだけ迫真のエンターテイメントだったのだ。

マニアのおかげで成り立っているようなプロレスは、大衆娯楽とは呼べないシロモノだ。いつまでこんな三文芝居を演じ続けるつもりなのだろうかと首を捻るばかりである。



<プロ選手たちのブログやツイッター>
今の時代、ブログやツイッター等、個人で手軽に情報を発信できるツールを使っているプロ選手は多いが、有効活用している選手は決して多くはない。

特に目立つのが、郷野のように身内や太鼓持ち系ファンとしか交流しない選手。ちっぽけな満足感に浸るばかり。

あとは、格闘技マニア向けにしか発信していないタイプ。例えば、修斗環太平洋ウェルター級王座決定戦が決まった佐々木信治のブログ。佐々木は対戦相手について以下のように記述している。


タイトルマッチ

児山選手は同じインスピリットの選手で、普段は会うとよく話しもする仲ですが試合が決まった以上は思い切りぶつかりたいと思います。


“同じインスピリット”ってどーゆー意味よ?両者ともにインスピリットというグッズ販売会社にスポンサードされているという意味なのだろうが、これを一般の人が見たら同門対決だと勘違いするよ。

一般的には無名の選手のブログなんてどうせマニアにしか読まれないだろうと言われればそれまでだが、自ら天井を低く設定するのは残念なこと。

佐々木は私も以前から注目している有望株だけに、外の世界にも目を向けて欲しいと切に願う次第(セクシ山以上の色気を醸し出している佐々木信治をweb新が紹介したエントリーはこちら→ 『DREAM1』の裏側で 修斗・大阪大会)。



<米国に羽ばたくジョシカクの女王>

女王様HIROKO、大物の初戦相手に気合

皆様はHIROKOをご存知か?

日本女子格闘技界重量級の女王と呼ばれる大型ファイターだ。重量級とは言え容姿も端麗で、web新にとっては長野とか風香よりもよっぽど好み。

そんなHIROKOが今月17日に開催される『ジュエルス』というジョシカクイベントで大一番に挑む。相手はなんと北京五輪女子レスリング63kg級銅メダリストのランディ・ミラー。

ジョシカクの世界で、これほどの外敵が未だかつて存在しただろうか?(詳しくないので、他におりましたら教えてください)

しかもミラーはこの試合が総合デビュー戦なのだから、HIROKOにとっては絶対に負けられない試合になる。

イロモノの極みであるジョシカクが、社会的欲求をパンパンに満たしたオリンピックメダリスト(しかもデビュー戦の)と試合をするわけだから、ここでHIROKOが惨敗でもしたら、ジョシカクのステータスは大暴落するだろう。

また、HIROKOはこの試合を米国進出の足がかりにするとの意気込みを語っている。レスリング米国代表のミラーもプロ転向するくらいだから、米国の女子格闘技熱は高まりつつあるのだろう。

ここはしっかりと勝利し、2011年には全米デビューと羽ばたいてほしいと思う。



》web新のTwitter

web新のプロ格雑感101130(PUJI、アパッチ、瀧本ほか)

『MMAアイアンマン』で知り得た情報をいくつか。



<PUJIの資金調達は不調に終わる?>
PUJIが投資家を集められなかった噂

つまんねえ試合ばかり見せていて、それで出資して下さいってのは虫が良すぎる話だわな。

谷川EPだって、どこまで本気でK-1やDREAMを存続させようと考えているのか、甚だ疑問だよ。本気だったら、まずは自分が退き、もっとまともなプロデューサーを登用するのが当たり前だと思うから。

ちなみにDREAM.17は開催されず、所属選手はストライクフォースに移籍するとの噂。



<脇知弘がアパッチプロレス軍に入団>
脇知弘がアパッチプロレス軍に正式入団


Dynamite!!に出るしかないでしょ。金村を引き連れてブリブラダンスで入場。

どんなプロ格闘家よりも数字は稼げますよ。間違いなく。

脇と言えばドラマ『ごくせん』(日本テレビ)だが、もしそれがTBSのドラマだったら、アイクミもといヤンクミらが応援に駆け付けて視聴率5%上積みは確実。



<海老蔵を殴ったのはサップ似の黒人?>
海老蔵を殴ったのは、元サッカー選手でサップ似の黒人(日本人とのハーフ?)らしい。

これは是非ともDynamite!!に招聘し、RG演じるAB蔵と対戦・・・って、それは無理だわ。

田代にシミケン、高相、押尾、そしてサップ似と、Dynamite!!が犯罪者博覧会になってしまうよ。



<ゼウス、プロレス本格復帰>
このド堕落めがっ!ボクシングでそれなりの結果を出してのプロレス復帰ならばDynamite!!出場もあり得る話だったが、こいつにはもう何の価値もない。

失敗に終わったボクシング転向については「急がば回れ、です。結果的に自分にとっていい道になったはず」とコメントを残しているが、物は言い様だな。

プロ格村へのせめてもの償いとして、BoxFightで天田ヒロミにボコられろ。プロが相手じゃ怖いってんなら、私が相手してやってもいいぞ。全く動けない体になってしまった私だが、ハンドスピードはそれほど落ちてないので、ゼウス相手にボクシングなら余裕でしょ。



<瀧本さん、柔道界に戻る>
悔いなき人生、指導にも=柔道金メダリストの滝本さん

さん付けで呼ぶようになってしまいましたな(笑)

プロ格闘家としての通算成績は11戦6勝5敗。辛うじて勝ち越したようだが、私としては負け越してる印象。

やはり田村と菊田に負けた試合と目の負傷による長期欠場が悪い印象を残したのでしょう。

しかし、瀧本が格闘技界に残した功績は大きい。もし柔道界から転向したのが吉田だけだったら、強豪外国人以外は柔道家には敵わない、柔道家>>>日本人格闘家、みたいなイメージを持たれ続けたはずですが、瀧本の体たらくぶりが影響し、"柔道界にはヒクソンに勝てる奴はいくらでもいる"みたいな減らず口も聞こえなくなりました。

まさか「メダリストは意外と実戦には弱く、名もない柔道家の中に裏技を熟知している実戦派がいるんだ」な〜んてことは言いますまい?

この馬鹿野郎めがっ!

エフッッ・・メガァァッッ!!!




》web新のTwitter

web新のプロ格雑感100817

<SRCの希望の星になれるか!?高木健太>
22日のSRC14で行われるウェルター級GP1回戦としてのヤスベイ榎本戦を控えた高木健太の活きの良い発言に注目。



「最低1分以内で倒す。ベストは踏みつけで病院送り」

「ヌルい。和田(拓也)の試合とかホントに見ててお客さんから金取れない」

「SRCはスターがいないし、華もないのでオレがなる」

「優勝してチャンピオンになって、DREAMウエルター級も乗っ取ってやりたい。ウエルター級の日本人は誰もいないんでオレがやるしかない」

スポナビより)



これは非常に楽しみな選手が登場してくれた。競技の世界に逃げ込まないスタンスが好印象。

彼が言うとおり、6月に先行して行われた同GP1回戦で勝利した和田拓也の試合は本当に退屈だった(顔自体も健忘症風味で退屈)。満足度に応じて客が料金を決める温泉宿があるらしいが、和田の試合には100円ですら払いたくない気分だよ。

退屈な選手はこれ以上増えて欲しくない。よく見るとパ・リーグの選手みたいな名前の高木健太だが、その名に反してド派手な試合を演じていただきたいものだ。




<KG改め朱里>
ハッスル時代はKGとして活躍していた朱里。現在はSMASHという新団体で活躍しているようだ。

KG時代は無味無臭で、気になる存在ではなかったが、オフィシャルブログを見る限りではやっと色が出てきたかな?といった感じ。

何でも彼女は日本人とフィリピン人のハーフだそうで、確かによく見るとエキゾチックな顔立ちをしている。

ちなみに父と母のどちらが日本人なのかは知りませんが、乳はかなり小さいようですね。




<郷野聡寛の失態>
減量中だけに血液が脳に回り切らずの失策か!?

総合格闘家の郷野聡寛(35)が、「英会話教室で一緒だった素敵なお姉さん」(本人談)が経営するチーズケーキ店をおススメ店として自身のブログで紹介したところ、サーバー移転済みの旧サイトへのリンクを貼ってしまうというとんだ失態を演じてしまった模様です。



試合の向こう側
(文系総合格闘家 郷野聡寛オフィシャルブログ)



また、紹介したチーズケーキ店は現在休業中であり、それにも関らず強〜〜〜引におススメするあたりに郷野選手の下心が垣間見えるような気がしてなりません。




ところが、この女経営者。近頃レイキとかヒーリングに凝っているようで(苦笑)、ブログにこんなことを書いてます。


マヤ暦や、ヒーリングをするようになってから、シンクロや流れを感じることがとても多くなりました。

一つは・・

小さなネットブックが欲しいなぁ〜・・って考えていたら

友人がゴルフのコンペで優勝して、ネットブックよりも更に少しグレードアップした小さめの同じブランドのソートパソコンをゲット!

要らないからあげるよ・・!と!

ラッキー@^^@

もう一つ、最近月のパワーを取り入れた女性だけの集まりを考えていたところ、昔仲良かった友人にも連絡が取りたいと思っていると、

偶然にも3人に10年ぶり?15年ぶりの友人にばったり出会ったり、

バス停で待っていたお婆さんとお話をしていて、タクシーに乗るつもりだったので、仲良くなったついでに乗せて行ってあげたら、実は母のお店に来ていた昔の常連さん

面白い事が沢山ありました。

話せばまだまだ沢山ありますが、今日はこの辺で・・^^




うわ〜ん、怖いよ〜!!!

私も実生活上でその類の女性と関わったことがありますが、真剣に話されるからこちらとしては笑いを堪えるのが大変。この真剣さは私を騙すための演技なのか、それとも本気でレイキとか信じ切ってるのか等と思い巡らせていると、ついつい顔が笑ってしまいますからね。





<HIROKO>
身長180僂離献腑轡ク選手がいたとは驚き。

HIROKO、レスリング五輪銅メダリストとヴァーリトゥードマッチ

私はHIROKOが単なるでくのぼうではないか?とうがった見方をしてますが、同じく考えている人も少なくないはず。

今度の試合で真価が問われるでしょう。





》北朝鮮とも繋がるweb新のtwitter

web新のプロ格デイリー080612 井上康生の柔道人生、亀田家、水着が主役

3ba8c212.jpg月に1〜2回のペースで「ヒュー・グラントのような顔に生まれ変わりたい」と思うことがあるweb新です。

ここ最近のニュースをいくつか。

福田首相に対する問責決議案が可決されましたが、「重く受け止めます」で終わり。何の意味があるんでしょうか?党首討論でもやった方が良いのでは?

新垣結衣が二十歳になったことを朝のエンタメ系ニュースが報じてました。二十歳になって何をやりたいかの質問に「お酒を飲みたいです」。何をしらばっくれたことを言ってるのでしょうか?

閉鎖ジムが亀田家に名義を売りますというニュース。その仲介役が平沢勝栄衆議院議員だと報じたスポニチの記事を番組で紹介したテレ朝の『やじうま新聞』でしたが、その生放送中に平沢議員から「事実無根である」と生電話が入るハプニング。オモロー。

井上康生の柔道人生をふり返る関連の新聞記事を読みました。いくつかの知られざるエピソードが紹介されていましたが、その中で印象深かった話を一つ。パラリンピックの柔道選手団の柔道着が古いのを見て取った井上は、自費で新品の柔道着を送ったそうです。井上はそれをマスコミに公表しませんでした。自分はこれだけのことをした、どこどこでボランティアしました、ってアピールする人間が多い世の中で、一服の清涼剤のようなエピソードでした。FEGも、被災地を宣伝に(以下、自主規制)。

日本の総合格闘技界では柔道着を着用することの不公平さが問題視されてますが、水泳では水着の素材がもろに記録に影響を及ぼすのですね。そして北島康介選手がスピード社の水着でオリンピックに出ることが確定となりました。誰が何と言おうと水着が主役です。

「俺は、あ・え・て、ミズノを使う」

そんな北島の浪花節が見たかった。ほんの少しだけそう思いました。

シウバvsリデル、全日本キック

UFC79でシウバvsリデル
シウバvsリデルが決まりました。

本当ならばリデルのタイトルにシウバが挑戦する形で実現させたいのでしょうが、リデルは連敗中で王座復帰の見込み薄、シウバの他のPRIDE組同様に醜態を晒す危険性ありと見て、いきなりの実現となったのでしょう。

今やらなければ、二度と実現する機会は来なくなるであろうと。


ブラジルのMMAジム「ブラックハウス」閉鎖
GONKAKUのシウバインタビューの中で触れられていました。

有名選手が離脱し、渡米する中で、オーナーがジム経営から撤退するケースが今後も増えていきそう。

シウバも渡米しましたが、これまでPRIDEで稼いだ金でも満足できないのでしょうか?むしろ資財を投じて、ブラジルのジム経営に助力するのが当たり前では?

ブラジルの総合格闘家は金の亡者にしか見えません。日本のファンを一番大切に考えているとか言いつつ、一番大事なのは身の丈以上の多額のファイトマネーを稼ぐことでしょ?


全日本キック代々木大会
明日の試合に臨む選手らの集合写真。なんで主役の選手たちをさし置いて、GMが真ん中に?

そんなことが普通に許されてしまうほどに凄い選手だったなんて、一般の格闘技ファンはわからないでしょう。私もいまいちピンと来ません。

1試合だけ勝敗予想を。

リザーブファイトの梶原vs原田。激しい打ち合いにはならず、梶原が原田を比較的容易に沈めるでしょう。

≫≫≫人気blogランキングへ
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ