クルマ

JIC車高調とTANABEノーマル形状ダウンスプリング

44f0d437.jpgアクセス解析をしていたら(アクセス解析なんて書くと質問マンさんに大笑いされそうですが・・)、「スカイライン 足回り 交換」という検索キーワードでこのブログにたどり着いた方がいましたので、遅ればせながら私の愛車インフィニティG35の足回り交換ネタを書かせていただきます(こんなネタにコメントくれるのは質問マンさんだけだろうな・・)。

かっこいいクルマが好きな私は、ノーマルの車高がどうしても堪えられません。なので昨年10月にクルマを購入し、1ヶ月もしないうちにJICの車高調を入れました。

ところが乗り心地が悪い悪い。後部座席がポンポン跳ねる感じで、妻には「もう乗らない」とダメだしされる始末。ショックアブソーバー(以下、ショック)の減衰力を弱くしてもあまり効果がありませんでした。

そのため、先日リアのスプリングのみ比較的柔らかめのTANABEダウンスプリングに交換しました(画像参照)。このクルマのリアサスペンションはスプリングとショックが一体型じゃないのでこのようにイレギュラーな組み合わせが可能なのです。

果たして乗り心地は、驚くほどに改善しました。さすがにノーマル並みとはいきませんが妻も納得の乗り心地です。あとはフロントのスプリングをもう少し柔らかくすれば完璧でしょう。

車高調

b1754b07.jpg質問マンさんへの個人的な記事になりますが、車高調を装着した愛車の写真をアップしました。

ほどほどの車高、アルミホイールもほどほどに18インチ。品の良い仕上がりでしょ?(笑)

でも後部座席の乗り心地は悪いようなのでリアのバネを柔らかいものに交換しようと検討してます。実はこのクルマ、リアのバネとダンパーが一体型じゃないのです。だからリアのバネだけノーマル形状のダウンサスに交換しようかなと。ただ、そうすると曲がらないクルマになりそうなんですが、ファミリーカーだと割り切ろうと思います。

好みの問題ですが、タイヤの上部がフェンダーに隠れるほどのシャコタンや、円盤かよ!と言いたくなるような下品なデザインの20インチホイール等はどうも受け付けません。

マイカー

7e508700.jpg質問マンさん江。

マイカー

706633fc.jpg質問マンさん江。こんな感じの現状です。

マークX

3621ff03.jpg車購入を検討するようになって、最近は運転しながら対向車等に目が行くようになった。

そんな中で発見した格好良い車。トヨタのマークX(画像は特別仕様車)。

これはキタなぁ。4枚ドアでもここまで格好良ければ問題ないな。スカイラインのセダンとは大違いだよ。

しかも最上級グレードでも買えない値段じゃない。購入対象車の筆頭候補に躍り出たよ。

※格闘技ネタじゃなくてすんません。

スカイライン乗り

1b91b4d6.jpg今朝目が覚めると、すでに妻子は日中活動を始めていて、TVでは「仮面ライダー兜」が流れていました。「建物探訪」は観ることができませんでした。私たち夫婦は、今のところ生涯家は建てないと決めてますけども、「建物探訪」で紹介される工夫を凝らした居宅の数々はたいへん興味深いものです。

家を建てないと言うことは、家を建てる人に比べて経済的に余裕が生まれるはずですが、毎週末ごとに散財しているので金がありません。近頃、車を買い換えようと思うのですが、買う際にはマイカーローンを組むしかありません。

現在、我が家には私のワゴンRと妻のヴィッツの2台がありますが、どちらの車に乗るにしても遠出をするには辛いし、Fan To Drive!という感覚が起きません。

かつては私もECR33前期型スカイラインに乗っていて(画像上)、サーキット走行を楽しんだりしていました。変更仕様は、足回りはテインの車高調!(よく聞くフレーズですねw)、LSDはニスモの機械式、他は吸気部をHKSのむき出しタイプ、マフラー交換、ホイールはR32GT-R純正品、こんな感じでした。外見は車高が低い以外はほぼノーマル。これが格好良いですよね。

交換したパーツで最も効果を感じたのはやはり車高調でした。交換前はコーナー手前でサイドブレーキを使わないとドリフトに持ち込むことが出来ませんでしたが、交換してからはフットブレーキを踏んで荷重移動しただけで自然とテールスライドが発生し、自分のテクニックが向上したかのように錯覚したことを覚えています。コーナリングにおけるハンドル操作は単なるきっかけに過ぎず、“車はブレーキングで曲がる”という格言を実感しました。

余談ですが、私が一番嫌いなスカイライン乗りは、通常のスカイラインにGT-Rのエアロパーツを装着してる香具師。しかも中身はド・ノーマル。こんな車に乗っていて何が楽しいのか理解できません。

で、私が今乗りたいと思う車は、やはりスカイラインです(画像下)。一昔前の車とは違い、エアロパーツを付けなくても迫力のある外観をしています。格好良い!

しかし購入に当たって障害が多い。まず値段が高い。乗り出しで400万を軽く超えます。3.5ℓエンジンなので自動車税が高い。タイヤが18インチだからタイヤ交換の度に出費がかさんで悲鳴を上げそう。

さらに、私には妻子がいるので2ドアは不便。かと言ってセダンで格好良い車と言ったらレクサスみたいな高級車になってしまうから購入は不可能。

ま、高い買い物なので急がず焦らず、時が来るまで待とうと思います。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ