漢百選

物言えるレフェリー 和田良覚

数年ぶりの更新となりました『漢百選(オトコヒャクセン)』。今回選ばれたのはHERO’Sレフェリー・和田良覚氏です。

サムライTVに出演した和田良覚氏は、秋山オイル疑惑と、自身が裁いたボビーVSホンマン戦についてコメントをした模様です。

■秋山オイル疑惑について
「僕は審判団の一員ですから、まだ公式発表もしてないと思うんで僕はコメント出来ないんですが、これだけ言えるのは、あれだけ何十試合、PRIDEから猛者とやってきたサクがああいう行動をとったのは初めて、僕はそれしか言えない。」

■ボビーVSホンマン戦について
「爆弾宣言しよっかな〜!主催者が視聴率云々で僕のレフリングを批判?してくださってるんですかね?えっ?谷川さん?残酷ショーを見せてもいいんですけど僕は視聴率関係ないんですから。それでもよければ谷川さん、また呼んでください。僕も命持ってプライド持って仕事してますから。あっ、言っちゃった!これで僕クビになりますかね?まあいいや!」

いかがでしょうか?世論を見据えての発言じゃないかという穿った見方をする人もいるかもしれませんが、谷川の会見以外関係者の誰もが口を閉ざす中でのこの発言は評価すべきでしょう。

余談ですが、和田氏の実家は茨城県常陸太田市(旧金砂郷町)にあるお寺であり、私の実家から20匏内にあるようです。また、私の職場には和田氏と高校で同級生だった人がいます。「昔から体は鍛えていた」そうです。

漢百選

※第1〜6回はブログ化する以前の『K-1心中』にて書いたものの転載です。

-----------------------------------------------

第1回 ムツゴロウこと畑正憲先生

記念すべき“漢”その1は、畑正憲先生です。

子牛の尿飲みで一世を風靡したムツゴロウこと畑先生。象や猛獣相手に無茶をしまくってきましたが、ついに体の一部を食べられてしまいました。「ゆかいな仲間たち」のロケ中、ライオンに指を食いちぎられてしまったのです。

しかし先生は悲鳴一つあげませんでした。黙って指を押さえ、医務室へ歩を進めたのです。

なんて凄い人なんだ。。。僕なんか南京シャモにつつかれただけで「ヒャッ」と声をあげてしまうのに。。。

さらに先生が凄いのは、応急処置を終えると再びライオンの檻に近づき、自分の指を食いちぎった猛獣をかばうのです。
「ほら〜、見てください。自分が悪い事したってことをちゃんと解ってるんですねぇ。あっちに行ったまま大人しくしてるでしょう。可愛いですねぇ〜」

凄い。。。凄すぎる!自分の指を食いちぎった猛獣を愛でる。まさに“漢”である。

追伸
にも関わらず、市場で蟹に指を挟まれた際には「いってぇーーっ!」と絶叫するあたりが、
「ムツゴロウ、面白すぎるよ」

-----------------------------------------------

第2回 松岡修造

松岡修造。熱い男だ。
社会的に地位のある人間だが、地位の無いものを蔑むようなことをしない。

そんな彼がK−1ジャパンのゲスト解説を努めたことがあった。果たしてどんな解説をしたのか。

当然、技術的な解説は無かったが、彼はK−1戦士をリスペクトしているかのように興奮する様子を見せていた。プロスポーツとして世界で認知されているプロテニスと、人気商売の『K−1』。その壁を全く感じさせない彼の振る舞い。

伊達公子の試合で、松岡氏が大きな旗を振って応援したことがあったっけ。一歩間違うと滑稽だが、ともに世界を相手に戦う彼女を心から応援する彼の姿に胸を打たれた人は多いだろう。

松岡修造。熱い“漢”だ。


-------------------------------------------------

第3回 誇り高き南米インディオの雄、チラベルト

この男はサッカーのパラグアイ代表で、ゴールキーパーをやっている。私は彼を“プロレスラー”に認定したい。

J2のチームが財政難で退会か!?とのニュースを見ると小躍りして喜ぶほどにサッカー嫌いの私(家族揃ってサッカー嫌いで、日本がカザフスタンに負けた時には、在日カザフスタン人一家かと見紛うほどに盛り上がった)だが勝手にそう思っている。

彼はゴールキーパーであるにもかかわらず幾度も自らが得点を挙げているらしい。どのような形で得点を挙げたかは定かではないが、もしフリーキックやPK以外で得点していたとしたら、さらに凄い。屁でもない話だが、私も中学時代の体育で、キーパーながらも攻撃に参加した挙句、カウンターで点を取られたことが幾度も有り、その都度罵声を浴びせられた経験がある。キーパーが攻撃に加わることのリスクは充分に理解できるのだ(できるかっ!)。

フィールド外でも彼は止まらない。記者や対戦相手との暴力沙汰が後を絶たないらしい。専門サイトで真相を探ってみると、彼は相手の暴挙(暴言やツバ吐等)に耐えて耐えて、我慢しきれずに爆発してしまうようだ。

敵が多いのも漢の証である。


----------------------------------------------

第4回 STV・森中アナ

今回紹介するのは、「ズームイン朝」でお馴染みの森中アナです。とかく地方局アナをいじりたがる福澤アナも、彼には一目置いてました。でも、それで“漢”に選んだのではありません。

しばらく前に森中さんがこんなニュースを読み上げました。
「ファミレスで出されたスープが熱くて子供が口内を火傷し、スープの熱さを客に説明しなかったとして両親が店を訴えた」
全くもってバカバカしいというか、、、呆れるでしょう。スープが熱いなんて親が教えろよ、このド馬鹿ぁ!

森中さんもそんな風に思ったらしく、最後に言いました。
「なんとも嫌なニュースですね。スープの熱さは親が教えることだと思うのですがね」

当たり障りの無いコメントに終始した福沢アナに比べ、森中さんは“漢”である。

ちなみに森中さんは放送局では管理職なので董
(画像引用cSTV


------------------------------------------------

第5回 最後のカストラート モレスキー

今回はクラシックだ!
むかしは、少年の美声を保つべく、声変わりの前に睾丸を除去してしまうケースがあったらしい。それによって表現できる声のパートをカストラートって言うのかな。

その最後の歌手がモレスキーだ。って言うか、モレスキー個人というよりカストラートって凄い。声のために睾丸を犠牲にするなんて、、、

睾丸は無いが、これもある意味“漢”である。

追伸
平井賢 殿
私はあなたが嫌いではないし、むしろ好きなのですが、モレスキー卿を差し置いて「歌バカ一代」を名乗るのはいかがなものかと苦言を呈させていただきます。


------------------------------------------------

第6回 小柴昌俊東大名誉教授
あの田中さんと同時にノーベル賞を受賞した彼氏。話題の多くを田中さんに奪われて、面白くない思いをしたことでしょう。

たまたま小柴教授の記者会見をTVで見ていたら、「3年後くらいにまた取るからよ」とか言ってました。

田中さんの謙虚さ、無欲さが、馬鹿大衆に大受けしているこのご時世に、そのような厚かましい発言をするドクターに“漢”を見た。
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ