藤田が猪木の後継者だと思う人、います?

少なくとも、私と猪木は、そう思ってません。

猪木の後継者としての要件の一つに、セメントに強いことが確実に挙げられるはずですが、藤田は強くないですからね(インディーのレスラーたちよりは強いでしょうが)。

格闘技ファンの方々としては、PRIDEでマーク ケアーに勝った試合のインパクトが強過ぎて、藤田は強いとイメージしているのだと思いますが、その当時のケアーは、薬物依存で極度のスタミナ不足でしたし、その試合以外で目立った戦績を残していません。

アマレスで実績は残しているのでしょうがが、レスリング以外の技が皆無で、打撃に関しては攻めも守りも穴だらけ。石井慧戦ではローキックでボロボロにされましたし、万能タイプの小川とガチでやったら秒殺されますよ。

強さ以外にも、プロレスマッチにおけるドタバタ結末への対応力が低いことが挙げられます。一言で言えば大根。プロ格マッチのはずが、下手くそなプロレスやってんなぁ、ってのが一目でわかる。これは問題外。今回のタッグマッチでも、相手の小川、バーネット、パートナーのミノワマンたちを上手く回すことができなくて、凡戦に終わらせたんでしょ?本当ならば、どこかで仕掛けて、バーネットの危険な部分を引き出さないとダメなのに、何も起こさず。顔ぶれが凄いのに、粛々試合を消化しただけだった。

以上のように、藤田は猪木の後継者として力不足どころか、特に見所のないレスラーであることが分かります。

で、誰が後継者として相応しいかと言えば、昨日も書いたとおり青木真也以外は考えられない。

山本戦後の振る舞いについても、早くも偽善芸人フィフィらに批判されるなど、話題性も豊富。

格闘家としての強さと大衆を巻き込む話題性。この2点において、猪木後継者として青木真也が最右翼に位置していると言うのが自然ではないかと思う。