本日の金原引退興行は、菊野克紀最初で最後のUスタイルも見所だが、最も話題を集めているのは“オランダの喧嘩屋”ハンス・ナイマンだ。


http://corvette.livedoor.biz/lite/archives/52319966.html


上記リンク先にナイマンとディック・フライの写真が掲載されているが、往年の雰囲気そのままである。

いかにも強そう。

路上では絶対に関わり合いたくない。

そして、頼もしくもある。

そんな格闘家らしさに飢えているのが現在の格闘技ファンなのではないか?だから彼らの風貌が話題になっているだと思う。

現在の格闘家たちが小手先の技術に走るのも良いが、大切なことを忘れないで欲しい。

そんな教訓を想起させるオランダの喧嘩屋。奇しくもWBCでオランダ旋風が吹き荒れているが、本家オランダは格闘技の世界にある。




》web新のTwitter