前々回のエントリー『自演乙はK-1MAXを守るんじゃなかったのか?』では、「僕もプロのファイターなんで、仕事として臨める舞台をちゃんと作ってほしいですね」と語った自演乙に対して、「K-1MAXは俺が潰させない」と宣言したならば能動的にK-1を盛り上げるようなアクションを起こすべきだろうという旨の内容を書いたが、それに対して乙を擁護するコメントがいくつか寄せられた。

何試合分ものファイトマネーが未払い状態なのだから乙を責めるのはお門違いだろうと。

確かにそのとおりです。私の指摘が誤りでした。

それに自演乙は立派にK-1MAXを守り抜きました。人を人とも思わぬ恐怖の青木真也から。

立ち技と総合は別ものだから…なんてのはアホなKヲタのオナニー。乙が青木に惨敗していたら、K-1MAXは完全に失墜していたと思いますよ。

理屈よりもイメージ。それを理解しているからこそ、魔裟斗も解説席であそこまでヒートアップしたのだ。

神憑り的な青木戦勝利。この貢献度は計り知れないものでした。

ただ、ギャラの未払いを示唆するような発言をするのは蛇足。自分が守ろうとしたK-1の看板に泥を塗ることはないだろうと思う。