DREAMの感想を少し。

<ウィッキーが宇野に完封負け>
ウィッキーがここのところ勢いがない。アメリカ修行が仇になっているのか?それともその成果で一皮むける一歩手前の段階なのか?

本場の技術を習得してコンプリートファイターになるのは良いけれども、所を秒殺した試合やK-1ルールで大和と渡り合った試合で見せたような持ち前の荒々しさが消えてしまったのでは本末転倒。

余程のマニアでもない限り、技術の高さよりも人間的な魅力に惹かれて格闘技を見てる訳だから。



<怖い菊野>
不気味とも言えるような薄ら笑いを見せるほどの安定した精神状態で敵を追い詰めるのがこれまでの菊野だったが、今回は怖いほどに無表情だった。精神段階がさらに1段階上がったということか?

ツイッターで嫁さん相手に夫婦漫才まがいの呟き合いをしていた人間とは思えない。

でも、私は菊野に乗れなくなってしまったんですよ。会社を興した話を聞いてから。



<所が踏ん張った>
1回戦は前田との大味な殴り合いを制し、2回戦では山本篤とのリベンジマッチを実現。こんなアングルがトーナメントに隠されていたなんて。

前回の対戦では勝利した山本にリング上で腕立て伏せまで披露され、親分のKIDからは罵声を浴びせられたとのこと。

そんな所が数年越しにリベンジを達成して決勝に進出したのだ。ここは大いに盛り上がるべきところだろう。

決勝の相手は今成。こちらも過去のグラップリングで負けた相手なのでリベンジマッチとなる。逆境ファイターの真価が問われる試合になるだろう。



<相変わらず今成>
準決勝では見事一本勝ちで決勝進出を果たした今成だが、解説の高阪の言葉が全てを言い表しているだろう。

「相手の大沢が積極的に仕掛けたからこそ良い試合になった」



<次回大会で川尻vs.シケリムが決定>
シケリムって確か修斗ウェルター級王者になった試合の直後に他団体進出を理由にタイトル返上したブラジリアンですよね。

修斗王者のまま川尻と対戦するならば乗れたんだけどな。修斗の怨念みたいなアングルで。



<止めるタイミング>
青木にはクレメンティを散々殴らせたが、松本晃市郎はあっと言う間にレフェリーストップ。どう見てもやれたよ!

相変わらずバラバラ過ぎる。人間がジャッジするのだから完璧にできなくて当然ではあるが、あまりにも差があり過ぎ。



<閉会式>
緊張感ゼロ。ロープにもたれてふんぞり返ってんじゃないよ。お前ら本当に会場に足を運んでくれたお客さんに感謝してんのか?

ニヤニヤ薄ら笑いばかりしやがって、マイクが回ってきても町内会の役員就任の挨拶程度のことしか語れない。司会のリングアナも最悪。「え〜と、次は誰に・・し・ま・しょうかね」って。もっとシャキシャキしろよ。だれるよ。

所と今成のマイクを聞いて、決勝戦が楽しみで仕方がなくなった!って人は一人もいないだろうな。所はあのボソボソが味なのかもしれないけど。

相手にストンピングをかませとまでは言わないが、言葉で噛みつけ!次の大会にお客を本気で引っ張る気があるのかなと思ってしまう。