格闘家・松井大二郎がZERO1へ「宣戦布告」を行った。(中略)これまでヴァンダレイ・シウバ、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンなどの強豪と対戦してきた松井は「一言でいうと、何かが足りない。『殺伐』とした雰囲気が、もっとほしかった」と、ZERO1の戦いをバッサリ。「ストロングスタイルも、UWFも、総合も全てが同じ戦いだと思っている」と“殺伐ファイト”を予告した。

「全てが同じ戦い」ですか。

だったらおまいさん、ZERO1のリングでも真面目に試合しておくれよ(かたせ梨乃のメリハリある演技のような感じで)。

間違っても、大振りのスローモーションパンチを相手に避けられ、目をまん丸にして驚くような表情を晒すことがないように。

そう言えば、会場観戦した猪木ボンバイエの第1回大会に松井も出場していたが、小路や宇野らとともに、プロレスを舐めているとしか思えない初っ切り程度の出し物をしていたな。その記憶が今もなお強く残っている。クソッタレ!

どうせまた似たようなことをするんだろうけどな。ビッチビチ!




》web新のTwitter