今回のエントリーは、本来はナオキックにダメ出しをして終わるはずだったが、書いているうちに私の心の奥で脈打つキック愛が首をもたげてしまい、大きく軌道修正することになった。

なので、序盤は何様だよとツッコミを入れたくなる内容となっているが、我慢して最後まで読んでいただければ幸いだ。

◇ ◇ ◇ ◇


K-1ライト級トーナメントを観戦し終えての感想は人それぞれだと思うが、最も強く印象に残ったのは、ナオキックの不甲斐なさではなかろうか?

今大会への出場が決まってから、自分がメインだとアピールし続け、煽りVの中では、どこから来たの?と尋ねたくなるような御高く留まったキャラ作りで「ライト級を担えるのは俺しかいない」的な発言。

まぁ、それは結果を出せば良しとなる煽りだが、あの始末。

さらに、前回のエントリーでも紹介したが、本人はブログで反省の弁をこのように述べた。

「対戦相手の渡部理想選手を警戒し過ぎて、あと数cmのリスキーな距離に入り込めなかった。その数cmが自分にとっての“魅せれる”プロの距離なのに、、、」

今更言うことかと怒りたくなる。KOすることが大命題のK-1においては、斬るか斬られるかの間合い、そこに入る数僂虜垢魑佑瓩佑个覆蕕覆い海箸禄叔以上前から言われていたはず。

それを甲子園ファイターが言うならまだ解るが、K-1を意識し続けてきたナオキックの言葉とは信じられない。全く呑気過ぎる。

ただ、ここで消えてしまうには惜しい男であるのも事実。それは、ヘビー級とミドル級の後塵を拝しながら成長していくK-1ライト級と、キックボクシングを世に送り出したいと願うナオキックの奮闘、苦闘ぶりをシンクロさせながら応援していきたいから。プロスポーツとして確立された野球やサッカーにはない、K-1ならではの楽しみ方だと言える(女子野球では同じ楽しみを見出だせるかも?)。

ナオキックの苦闘と書いたが、それは並々ならぬものになるはずだ。

K-1はその特性上、パンチでのKOに活路を見出だすことが勝利への近道だが、前述のスローガンを掲げキックボクサーとして戦うナオキックにはそれは許されない。キックボクサーの凄みを見せるには、キックで相手をKOする以外にないのだ。

これはハードルが高い。パンチをガードの隙間にねじ込むようにキックを命中させるのは困難だし、ガードの上から蹴るにしても3ラウンド制では相手の腕を殺す前に試合が終わってしまいかねない。

今回の渡辺戦でもガードの上からハイキックを蹴り、相手をぐらつかせるまでには至ったが、Krushで演じたような奇跡のKO劇には至らなかった。

K-1でのし上がろうにも、ナオキックのスタイルはK-1に不向きなのだ。

しかし、私は信じたい。ナオキックが進化することを。赤羽の古びたビジホのベッドの上で感じ取ったK-1の進化。ライト級を最良の形で幕開けした裕樹が、3ラウンドで相手の足を破壊する程に強烈なローキックを活用するスタイルを身につけたように、ナオキックにはミドルとハイを進化させて欲しい。3ラウンドで相手の腕を破壊し、ガードも出来ないようにしてしまうほどに。若しくは、近付いたり絶対に危険と警戒されるくらいに自在に繰り出す飛び膝をマスターしてほしい。

K-1ライト級とともに進化するナオキックが楽しみだ。

(追伸)
当ブログで行っているライト級アンケートではナオキックが断トツの一位。他意のある票も少なからず含まれてはいるだろうが、誰でも何かしらナオキックには注目する点がある証拠ではなかろうか?