私のような単細胞人間には理解しがたいと言いますか、解り難いプロ格試合をダラダラと垂れ流し続けるだけの印象があったIGFですが、この度、ヒジ打ちなしのキックルールの試合が組まれることになった。

試合をするのは、元陸上選手でチャクリキ所属の角谷何某らしい。

何某だなんて失礼な言い方をしてしまいましたが、陸上選手がどこまでやれるのか疑心暗鬼になるのも無理はないでしょう。成功した前例がないのだから。

しかし、この新人。いきなり「バダ・ハリを倒す」と言い放った。これは素晴らしい。

この発言により、このキックルールの試合が“K−1”に昇華した。IGFで“K−1スペシャルワンマッチ”が行われるのだ!

よいこのK−1ファンには受け入れ難い考えだろうが、よいこがそれを拒否することも、IGFとK−1の相乗効果の中で生まれる一要素なのだ。

よい子は実のところ、K−1とは名ばかりの海外の単なるキックボクシングには飽き飽きしており、IGFにおける“K−1スペシャルワンマッチ”を無視できない。

現時点では角谷正義の戦闘能力には何も期待できないが、IGFに蒔いたK−1の種を確実に育んで欲しい。IGFとK−1が交われば、1+1が10にも100にもなる可能性を秘めているのだから。

数年後、「角谷何某」と呼んだことを私が謝罪するくらいに活躍してくれることを期待している。