番組冒頭で2004年Dynamite!!で行われた魔裟斗とKIDの一戦のハイライトが流されましたが、あの試合を客席で観ているお客さんたちの表情がとっても素晴らしく良い顔してた。本当にスタア同士の一戦を堪能しているって雰囲気。昔、大衆が力道山や大鵬の試合をこんな感じで観てたんだろうなぁって思いました。



○HIROYA(判定3-0)ロペス×
ロペスの煽りVの中に「出典:ザンビディス」が出た時点で、これは期待できない選手なんだなぁと。良い映像が拾えなかったんだなぁと。

しかし、なかなかの強打を披露し、いきなりK-1のお家芸発動!!(爆笑)

第1ラウンド、HIROYAはダウンでしょ、明らかに。まぁ、いいや。笑えたから。

しかし、第2ラウンドからいきなり失速したロペス。ダウンを喫する。

スタミナのない選手なのか?

空気を読んだのか?

袖の下が渡されたのか?

第3ラウンドはHIROYAの猛攻に防戦一方のロペスで、HIROYAの判定勝利となりました。

たしかにHIROYAは良い体をしているし、左ボディブローも悪くない。

しかし、初めから主催者が特定の選手をプロテクトしながら育てるような手法は受け入れにくい。格闘技ファンの大半が成人男性なんだから、黄色い声援にばかり頼っていたのでは、本当のスタアは誕生しないと思います。



○ジェヒ(KO)KID×
まずKIDがどんな構えを見せるのかに注目しましたが、何とも中途半端な感じで嫌な予感がしましたが、まさかこんな負け方をするとは思いませんでした。

KIDはなぜあんなに勝ち急いだのか?

KIDはガードを下げた構えがベスト。ガードをすることでステップワークがおかしくなる。

あとは気持ちの問題。守りに入った人間は弱くなるものです。



○渡辺(KO)山本×
やっぱパンチの伸びが違うわ。MMAファイターを相手にした試合で、本当ならばK-1ファイターがこんな勝ち方をしてほしいもの。

K-1ファイターに足りないものを渡辺は持っている。それはボクシング技術とフィジカルの強さ。

山本篤をKOで退けた渡辺。次はKID戦か?

しかし、この渡辺の強さを見せ付けられては、KIDも及び腰になるだろう。



○山本(判定)ドラゴ×
佐々木希の顔をアップで映すのは止めてほしい。『漂流教室』で怪虫に殺された女児みたいな顔。

すんません。本題に入ります。



<詫び状>
私は、山本がドラゴに勝てるわけが無いと予想しましたが、山本の文句なしの完勝でした。山本を舐めてました。申し訳ありませんでした。




この試合結果を分析すると、山本の左ミドルがポイントでした。ドラゴはそれをかなり嫌がった。

そして、ドラゴは接近戦をするしかなくなった。本来であれば、もっとパンチを強打できる距離で戦いたかったはずだが、その距離は即ち山本の左ミドルの射程距離であった。

うん、前回エントリーで書いたように、やっぱり今大会のポイントは左ミドルキックだったな(笑)



○サワー(延長判定)キシェンコ×
まぁ、どこに出しても恥ずかしくないテクニカルな一戦であったのは間違いないが、何か物足りない。

それは、どっちが勝っても大勢に影響が無い試合だからか?

上級者同士の潰し合いに食傷気味なのか?

(勝敗は別にして)試合の行方が見えてしまい、驚きが無いからか?

K-1の一流選手同士の戦いを見ていると、なぜK-1が人気格闘技になったのかが見えてくる。K-1人気の要因は、力量に差のある選手を対戦させることでKO決着を意図的に量産したことなのだ。

延長戦に及んだサワーとキシェンコの死闘は、見ていて痛々しささえ感じられた。



○ペトロシアン(判定)クラウス×
サワーvs.キシェンコをフルラウンド流したならば、この試合をもっと長く見せてほしかった。

ペトロシアンのキャラ作りはやや強引か?(笑)



○魔裟斗(KO)川尻×
やっぱり格闘技の試合はこうでなくてはいけないって言うモデル的な試合だった。

格闘技はゲームであってはダメなんです。試合前からファンが体を震わせて身構えるような緊張感。私はテレビの前でこの試合を観ていて、己の心臓の鼓動が聞こえてきましたよ。

その緊張感さえあえば試合内容なんてどうでも良い。いや、試合内容も最高だった。

この試合の後にこそ、魔裟斗には「これがK-1です」とマイクで宣言してほしかった。

また後日、感想を書かせていただきます。