狩野英孝のママでも全然OKなweb新です。

今日はまず、プロ格には無関係ですが、面白いサイトを2つほど紹介してから本題に入ります。


カモメの最期

らばQ:これは幸運なのか不幸なのか…襲われたカモメの結末がありえないことに



ジェダイトレーニング

これほどまでに驚きと笑いを提供してくれる動画はなかなかお目にかかれないのでは?私もぜひトレーニング仲間に入れてほしい。

衝撃のラストも必見!再生はこちらから。


さて、大した内容ではありませんが本題です。

ゲガール・ムサシがK-1出場に色気を見せているようですが(DREAM公式サイト掲載のインタビューより)、K-1としては受け入れを検討するのでしょうか?

旬の人材はすぐにでも起用するべきだと思うのですが、それをしないのがK-1です。

かつては郷野がK-1参戦を熱望する発言をしていたにも関わらず、K-1側としては何らアクションを起こすことなく、郷野もいつしかキックから撤退し、総合に専念するという極めて残念な経緯があるので心配です。

ただ、UFC流出が噂されてはおりますが既にFEG主催興行であるDREAMに出場しているゲガール・ムサシに関しては、K-1の出方次第ですんなりと事は運ぶはず。ネームバリューもあり、並みの軽重量級キックボクサーを凌ぐ打撃技術を有しているはずのムサシが、K-1のリングで戦う姿をぜひ見たいものですが、そこで問題になるのが階級です。MAXまで減量するのは到底無理だし、逆にヘビー級は重過ぎる。

かつて郷野が全日本キックでヘビー級王者になったことがあるとは言え、全日本キックの重量級はK-1とは比較にならない低レベルな世界ですからね。

やや話が脱線しますが、MMAファイターの郷野に蹂躙され、反抗する素振りすら見せなかった全日本キックの重量級ファイターは、本当に情けない連中だと思います。プロを名乗る資格はないと思います。郷野退治に私が唯一期待を寄せていた安部康博選手は多分セミリタイヤ状態だったんでしょうが、まさか郷野に惨敗したコンボイ山下とかは未だに現役として茶を濁すかのようにリングに上がり続けてはいませんよね?

話を戻して、ゲガール・ムサシがK-1に参戦する場合の受け入れ体制ですが、いきなり新たな階級を設置するようなリスクは主催者として負いたくないと思うのでは、とりあえずは80堊宛紊侶戚鸞僚鼎妊錺鵐泪奪舛鯆鷆,径海院△修海之覯未出たときに新たな階級を設置すれば良いのではないか?意外とタレント揃いの軽重量級ですから、間違いなく良い結果は出るはずです。

その結果次第で、軽重量級が85kgのライトヘビー級を創設するか、さらに欲を言えば80kgのライトヘビー級と90kgのクルーザー級に分化されるかを決めるべきでしょう。

ムサシのK-1参戦で軽重量級にスポットが当たることになるならば、当該階級のファイターには、PRIDEで桜庭がミドル級というカテゴリーを確立したような、そんな活躍を見せてほしいと思います。