a53c5002.jpg昨夜から何かと忙しく、更新できずに大変失礼しました。

TOPS金沢先生が7日に生出演した『口コミ☆ジョニー』の放送内容の概要をお伝えします。

まず、ジムの入り口前から中継が始まります。村上ショージはもちろんお馴染みでしょうが、美人秘書役の夏目ナナは全日本プロレスにからんだことで、最近はプロ格ファンにも名前が知られ始めたんじゃないかと思われます。

相変わらず開閉しにくい引き戸を開けて二人がジム内へ進入すると、ジム生2人がサンドバック打ちをする様子を後ろから見守る金沢先生の姿が。

ここで出題です。一昨日のエントリー画像内のテロップでお分かりかと思いますが、

「このおじいちゃんは一体何がバカみたいに強いのでしょうか?」

という問いです。

まだ還暦を迎えたばかりの金沢先生をおじいちゃん呼ばわりするのはまだ早いような気がしますが、TV的にはそれがベストなのでしょう。

正解というかボケを考えるスタジオの面々。ケンコバの答えは、「生え際が強い?」でした。

さて、答えは何でしょうか?

おもむろにブリッヂする先生。その腹上に試し割の板が乗せられ、ジム生がそれを殴り、板が割れました。

板を通してパンチの衝撃が伝わった先生の腹筋ですが、何ともありません。

正解は、「バカみたいに腹筋が強い」でした(当ブログの常連さんの方々は、すでに先生の腹筋のすごさをご存知かと思いますが)。

「鍛えた腹筋は嘘をつきません」と誇らしげに立ち上がる先生ですが、素人ゆえの立ち位置の悪さに、その後ろから村上ショージが「かぶっとる、かぶっとるがな」とツッコミ。

先生の腹筋パフォーマンスは続きます。腹上板割りに続いては、ジム生が先生の腹筋目がけてパンチのラッシュ。それを押し返すように前進する先生。

次は、ベンチプレスのベンチ上に乗ったジム生がもう一人のジム生を背負って、先生の腹上にフットスタンプしました。それでも先生は平気です。

続いて、夏目ナナがベンチから先生の腹筋目がけてヒップドロップするはずでしたが(?)、先生を飛び越して床に着地し、一呼吸置いてから先生の腹上にそっと尻餅をつく形になりました。

何とも言えない間にスタジオ爆笑。先生はおもむろに立ち上がり、ジム内を右往左往(笑)

最後はSMの鞭(九尾の狐タイプ)で夏目ナナに腹筋を打たれる先生。それまでの強靭な姿が嘘のように痛がる先生というオチ。村上ショージが鞭を逆に持って、グリップの部分で先生を叩いてたのがさり気なく面白かったです。

以上で中継終了。スタジオの反応はなかなかに良く、番組の一コーナーとしての出来具合は、「確かに、滅多に見れないものを見たような気はしました(笑)」というケンコバのコメントに集約されているんじゃないでしょうか。

スタジオが答えを考えている時には、さてなんでしょう?みたいな感じでとぼけた表情を見せた演技派の金沢先生。茨城県が格闘技界で"日本のブラジル"と言われるようになった起源と言っても過言ではないこの"怪翁"の素晴らしさを再認識しました。

TOPSを巣立っていったファイターらに言いたい。ファイトマネーの1パーセントでもいいから先生にあげたって。

試合会場で先生を見かけたファンの方々に言いたい。いくらでもかまへんから現金とか金券を先生にあげたって。

金沢先生に会いたい方は、総合格闘技TOPSに入会するのが一番ですが、スナックブス(土浦市神立)へ飲みに行くのも良いでしょう。エントランスは非常に汚れてますが、女の子は可愛いし、料金もお安いです。料金以外にも金品を先生に差し上げたってくださいね。

よろしくお願いします。