作家の深町秋生氏が自身のブログにエントリーした「勝手にブログ大賞」で、『別冊・プロレス昭和異人伝』がプロレス・格闘技部門賞を受賞しました。

これは何気に凄いことじゃないですか?作家の目に留まったブログってことですからね。これはただ事じゃない!と思う方は人気blogランキングへ投票お願いします♪

そして、深町氏の講評がまた痛快。

自身のレスリング技術を通して語るプロレス話は、凡百のファンとは違う視点を提示してくれた。

『異人伝』の、重厚な読み物としての他に比類のない特性です。管理者のshingol様は、現在よりもはるかに層が厚かった頃の全日本プロレスの入団試験に合格したほどのレスラーです。これほどの格闘家が、これほど読み物として真っ当なブログを書いている例が他にあるでしょうか?

私も素人としての自分を省みながらブログを更新しなければならないと再認識しました。とにかく高度な実践に基づく技術論は説得力が違うわけですから。素人は素人なりに慎ましく物書きしましょうよ。

元々『異人伝』はスポナビブログにエントリーしておられましたが、そこから撤退して現在に至っております。撤退の理由は今更言うことでもないでしょうが、スポナビにとってはこれほどのブログを失ってしまったことは大きな損失と言えるでしょう。

どうやらスポナビブログにはセレクトブログなる特別枠があるようですが、もし私がスポナビ事務局員だったら、頭を下げてでも『異人伝』に戻ってもらいますけど。その条件として、セレクトブログを本当の意味でセレクトし、別枠で新着記事を表示することを提示して。

それだけの価値があるブログであることは、当ブログの常連さんたちも同意してくれると思います(『K-1心中』の支援者の方々とは最近メール交換を少しだけさせてもらってますが、『異人伝』も好んで読んでおられる方が大変多いです。また、柔道やその他武道で相当の実績を積んでおられる方も多いという傾向が出ております)。


<深町秋生氏の略歴>

75年生まれ。山形県在住。

04年、宝島社主催の第三回「このミステリーはすごい大賞」大賞を受賞する。05年、1月下旬に受賞作「果てしなき渇き」の出版にいたる。

06年3月「プロレス・格闘技超異人伝」で大山倍達と梶原一騎の暴力表現について。06年11月「ヒステリック・サバイバー」を上梓。

≫≫≫こちらをクリックすると『K-1心中』への投票が完了します。面白いと感じていただけたら押して下さい。人気blogランキングへ