今朝は娘を従姉妹と遊ばせるために実弟宅へ連れて行きながらに、ガスト千葉・佐原店で朝食を食べました。ところがこの店、経費削減のためでしょうか、ウェイトレスがオバハン一人。呼び鈴を鳴らしてから注文を聞きに来るまで5分以上かかりました。その間に新規来店した客は立ち尽くしてるし、私より後に呼び鈴を押した人の方が先にオーダーしてるしで、あまりの惨状でした。苦情のメールでも送ろうかしら。企業にとって苦情は本当に貴重な情報源ですからね。

本社はクレームから現場の状況を知る。クレーマーはお詫びのサービスチケットを得る。

当ブログに対して、時々「文句ばかり言ってないでもっと楽しいこと書いたら」みたいなコメントが寄せられますが、K−1の現状を憂わずして何がK−1ファンでしょうか?FEGも企業としてファンのクレームにもっと傾聴してほしいと思います。

と同時に、私自身も「もっと楽しいこと書いたら」というクレームを貴重なご意見として受け止め、今後の記事に反映したい所存ですが、K−1に改善すべき点がある限りはクレームが止むことは無いでしょう。ご了承ください。

また、当ブログのアダルト広告に対しても「見苦しい」とのクレームを頂戴しました。特にブログ盟友であるMIDORI女史からは「会社で閲覧しにくいワン」と言うことでご迷惑おかけしております。アフィリエイト収入と真っ当な格闘技ファンの皆様との交流を秤に掛ければ、当然後者の方が重いものですので、今後はより少数厳選の方針でバナーを掲載しようと思います。ちなみに現在掲載中の立花里子は美し過ぎる。AVの枠だけには止まらないでしょう(実際にバイク雑誌の表紙に起用されたのを見かけましたし)。

当ブログへのもう一つのクレームですが、スポナビブログの『K-1心中ダイジェスト』から読者を誘導するのは反則ではないか?というご意見。これについては、スポナビブログに『別冊・プロレス昭和異人伝』をはじめとするまともな格闘技ブログ(左サイドのリンク集も参照ください)が増えれば、ダイジェスト版も禁止になるっしょ。アクセス解析しても、スポナビブログからよりも直接こちらに訪問してくれるケースまたは検索エンジンから訪れるケースの方が多いですから。

検索エンジンと言えば、どんなキーワードで検索して『K−1心中』がヒットしたのか調べると面白いです。“K−1心中”で検索していただいているケースが最も多いのですが(だったらお気に入りに登録してくださいよぉ)、それに次いで“金泰泳”“須藤信充”“キンボ・スライス”あたりが多いですね。根強いのが“性教育 動画”。行き過ぎた性教育の動画を紹介する記事を書きましたから。

キーワードで最近の出来事を知ることも可能です。今日のキーワードで“飯伏 流血”“飯伏 痙攣”というものがありましたが、DDTの飯伏が壮絶な試合をしたのでしょうね。その試合に関連する記事は書いてませんでしたので、ヒットしてしまった方には大変申し訳ないです。

おかげさまで人気blogランキング等において常に上位にランクインさせていただいておりますが、多数の格闘技ファンの方々からご支持をいただいている現状に胡坐をかくことなく、少数意見と言えどもクレームを真摯に受け止めてブログを書き続けたいと気を引き締めた所存です。

≫≫≫アドエスを買っても、ホットスポットでのモバイルはやっぱりパソコンが一番ですね。人気blogランキングへ