前々回の記事では大東流合気道の達人、柳龍拳先生をインチキ呼ばわりしましたが、再度その試合の動画を観てみたら、柳龍拳がどうこうよりも、この試合に関わっている人たちは一体何をやってんだ!?という怒りがこみ上げてきました。

これは単なる公開リンチじゃないですか。素手で顔面を殴ってるようですが、これは何と言う団体なのでしょう?

私の率直な印象では、体力的に弱い柔術ヲタが、より体力の弱い年配者を虐めているように見受けられましたが、真相はいかに?

この動画を観れば観るほどに柳龍拳先生が愛しくなってきます。彼は何を訴えたくてこのような野蛮な試合に身を投じたのでしょうか?

興味のある方は大東流合気道のホムペをご覧ください。