当たり前のことですが、私は自分の書いてることが全て正しいと思っているわけではありません。しかし、コメントをいただく中で常々違和感を感じることがあります。それはプロのファイターをどのような目で見ているか、私と大きな温度差がある人がいるということです。

具体的に言うと、プロのファイターに対して異常に親近感を抱いて接しているファンのことです。たしかに同じジムで練習しているとか、どこかで接近遭遇したりとかすると親近感が湧きやすいかもしれませんが、選手を君付けで呼んだ上に「一生懸命練習してるのだから非難するな」などと、その選手を持ち上げるつもりが逆にファイターを貶めるような意見をするのはいかがなものかと思うのです。結果が全てのプロにとって、どれだけ練習してるかなんてお首にも出したくないことでしょう。馬鹿もほどほどにしろと言いたいです。

プロのファイターに対して親近感を抱くのは勝手ですが、プロとはそんなちっぽけな存在ではないのです。

日本でプロスポーツ選手といえばプロ野球やJリーグ等がメジャーですが、彼らは明らかに私たちの手に届かない存在です。いっしょに汗を流すこともないし、社会的なステータスも高いです。そのような特別な存在であるからこそ、ファンは熱烈な声援を送ることもあれば、その裏返しで遠慮無く野次を飛ばすこともあります。

野次にまつわるエピソードとして、阪急ブレーブスのエースだった山田久志投手が引退を決意したときのエピソードを以前にこのブログで紹介しましたが、新たな読者様も多いので改めて書いてみようと思います。

山田投手は在阪球団のエースとして長年君臨しましたが、当然のことながら敗戦投手になることもありました。打ち込まれると関西人特有の凄まじい野次と怒号に晒されましたが、それは自身がエースである証でもあったのです。しかし力が衰えた晩年は、打ち込まれて降板しても怒号や野次が飛ばなくなり、逆に「よく頑張ったぞ」という温かい声援と拍手に迎えられてベンチに戻るようになったそうです。そして、それが自分はもう終わりなのだと自覚する後押しになり、引退を決意するに至ったそうです。

私が今更語るようなことではありませんが、プロとはかくも厳しい世界なのです。

私はプロ野球等と同様にK-1やPRIDE等に出ている選手は雲の上の存在だと思ってます。彼らに大きく期待し、夢を託しています。だから期待を裏切るような選手には怒りを覚え、ブログではバッシングします。

これのどこがおかしいのでしょうか?

むしろ私は、例えば読売巨人軍が連敗すると「原は辞めてしまえ」「しばらくダブルナックル見てないなw」と野次る一方で、同じジムにいるのか何だか知りませんが、特定のプロのファイターに対しては、結果よりも「一生懸命練習している」過程を尊重することの方が非常に歪んでいるのではないかと思うのです。