前回、国内キック主要4団体のランキング一覧を掲載したところ、澤屋敷がヘビー級王者であるJ−NETは一覧に加えないのか?と言うご意見を頂戴しましたので、さっそく調べて追加しました。

たしかにJ−NETのランキングには澤屋敷以外にもチームドラゴンの選手が多数入ってますね。

よし、このランキング一覧を眺めながら、キックの団体対抗戦を思い描いてみよう。各階級チャンピオンによるトーナメントと、1位以下の選手による団体戦。これが実現したら大変なことになるぞ!くらいの組み合わせを提案してみたい。小暇な時にでも。

全日本キックボクシング連盟
フライ級
バンタム級
藤原あらし(S.V.G.)
フェザー級 山本真弘(藤原ジム)
スーパー・フェザー級 石川直生(青春塾)
ライト級 増田博正(スクランブル渋谷)
ウェルター級 山本優弥(BOOCH BEAT) ※
スーパー・ウェルター級 山内裕太郎(AJジム)
ミドル級 TOMO(正道会館)
ヘビー級 郷野聡寛(GRABAKA)
新日本キックボクシング協会
フライ級 建石智成(尚武会)
バンタム級 深津飛成(伊原道場)
フェザー級 菊地剛介(伊原道場)
ライト級 石井宏樹(藤本)
ウェルター級 正木和也(藤本)
ミドル級 松本哉朗(藤本)
ヘビー級 内田ノボル(ビクトリー)
MA日本キックボクシング連盟
フライ級 飛燕野嶋(契明)
バンタム級
岩波祐次(渡辺)
フェザー級 駿太(谷山)
スーパー・フェザー級 アトム山田(武勇会)
ライト級 木村充(土浦)
ウェルター級 白須康仁(花澤)
ミドル級 城戸康裕(谷山)
ヘビー級 神谷友和(橋本)
ニュージャパンキックボクシング連盟
フライ級 TOMONORI(OGUNI)
バンタム級 国崇(拳之会
フェザー級 久保優太(立川KBA)
ライト級 桜井洋平(B・Freely)
ウェルター級 笛吹丈太郎(大和)
ヘビー級 天昇山(キング) ※
J−NETWORK
フライ級 魂叶獅(全日本/はまっこムエタイ)
バンタム級 牧裕三(アクティブJ)
フェザー級 尾田淳史(アクティブJ)
ライト級 梶原龍児(チームドラゴン)
スーパーライト級 喜入衆(ソーチタラダ渋谷)
ウェルター級 吉川英明(チームドラゴン)
ミドル級 寒川直喜(バンゲリングベイ)
ヘビー級 澤屋敷純一(チームドラゴン)
※印・・・その階級に王者が不在であるため1位以下の選手を記載。