シリーズ化したこの話題ですが、赤蠍さんからコメントが寄せられました。表面的な事象で判断し、武士道>HERO'Sというイベントの格付けをされがちな世論(と言うか私の私論)に警鐘を鳴らすご意見です。

まずもって赤蠍さん、コメントありがとうございます。

さて、私はK-1とPRIDEのどちらを愛しているかと聞かれたらK-1と答えます。K-1を愛しているからこそ苦言ばかりになってしまいます。

が、ここ数年はPRIDEの方がはるかに面白いと感じてます。

自分の中では、かつて同じジムにいた川尻選手や石田選手が武士道で活躍していることへの羨ましさ、K-1(HERO'S)の大会運営のダメさ加減が入り混じり、ダメだし記事ばかり書いてしまいます。

言われてみると、HERO'SにはKID、須藤、宇野、ヤヒーラ、メンジバー、カルバンら強豪が揃いました。あとはこれだけの素材をどう料理するかです。このへんがどうもHERO'Sは下手糞な気がします。

赤蠍さんからの別のご指摘で、体格的に不利で勝算が低くとも高額なギャラをもらってHERO'Sミドル級のオファーを受けた軽中量級の選手(所、高谷ら)の判断は責められるべきものではないというコメントをいただきました。

たしかにKIDの成功例がありますから、少ないチャンスにかけることは間違いではないでしょう。

ただ、例えば須藤と高谷がゴング前に対峙するシーンを見ると、どう見ても高谷が勝てそうもないほどの体格差、オーラの違いが伝わってきます。試合内容にしても、先にコメントをいただいた「い」さんは高谷が中盤までは攻勢だったと指摘されましたが、私の見方としては逆に須藤の懐が深かったと感じました。

現実的にはミドル級未満では大きなイベントがないわけですから、選手の金銭的・社会的欲求を考えれば、本来の階級よりも重い階級に出場することは致し方ないので、であればKIDのように2階級上の選手を倒すだけの技術、体力を養って試合に臨んでほしいと思います。

昔からの常連さん以外にも、「い」さんや赤蠍さんのように私の記事をチェックしてくれている方々がいる、しかも内容について見識のあるコメントを寄せてくださる。今後はより一層ブログの更新に精が出ます。