コメント欄では持て余すので記事に書いてレスします。あしからず(強巧かよっ)。

>>普通に考えてHERO'Sの所、高谷がマッハや川尻、川尻、石田、五味らに勝てるわけないですやん。

>“だからどうしたの?”というのが私の感想です。

所らが本来の階級で試合しているならばそれで良いでしょうが、武士道ライト級の対立概念としてのHERO'Sミドル級という同じ中量級の畑でしのぎを削っているわけです。少なくとも私はそう見ています。だからミドル級では通用しない、弱いと言ってるのです。


>そもそも階級が違ってるのだから・・

たった2圓虜垢任垢ら、ほとんどの人は同じものさしで見てるはずです。そもそもHERO'Sは“ミドル級最強決定戦”と銘打たれたカテゴリなのですから。


>それは五味はダンヘン、フィリオに勝てない。だからダメだろうって言っているようなものです。

ダンヘンはカテゴリがまったく違いますし、五味は83キロ級では試合をしてません。

例えて言うならば、ミドル級というカテゴリを市場に見立てて、所という小粒大豆(しょうりゅうだいず。納豆の原料に用いられる)と五味という小粒大豆が出荷された。所よりも五味の方が粒が良いから五味を買う。一方、ダンヘンという青御前大豆が入荷した。しかしこれは納豆の原料になる大豆じゃないから、五味とは購入の際の比較にならない。

そういうことです。所の本来の階級が65キロであろうが、彼はミドル級最強決定戦で戦っており、それと比較対照される武士道ライト級がある。どちらの試合にも、通常体重が65キロ〜80キロくらいの選手が体重を調整して出てくるわけです。そこにダンヘンは当然含まれてきません。

所や高谷がHERO'S【軽中量級】最強決定戦みたいなカテゴリで試合する分には、私は武士道ライト級とは比較しません。

高谷が須藤に一本負けした試合を見て「い」さんはどう思いました?私は「思ったとおり体格的に70キロ級では通用しない」と率直に思いました。それでもまたのこのこと出てきて惨敗した。なんで無理な階級で試合するのかと非常に冷めました。「い」さんは「うん、高谷は本来は65キロ級の選手なんだから仕方ない」と温かい目で見れるのでしょうけども、私はできません。彼はプロとしてミドル級最強決定戦に出場して負けてるのですから。須藤にコロ負けするという、ミドル級としての質の低い試合を実際に演じてるのです。試合前から勝敗が見えている試合を観させられるのは堪えられません(ゴング前のレフェリーチェックで向き合った時に体格差で「こらアカン」ですわ)。

まぁ、一番まずいのは人材不足で誰彼構わずにミドル級に出場させている主催者でしょうか。菊地昭とか(ワンマッチで結果を出しておけば)国奥あたりがエントリーすればもっと興味深かったのにと思います。