中国という国

毒餃子(だっけ?)問題で中国の報道官が強調した言葉。

「これは刑事事件であり、食品安全の問題ではない」

職場に恨みがある従業員が毒を混ぜた事件という落としどころ。これしか中国の逃げ道はなかった。

容疑者とされた男は、今ごろ長いバカンスを楽しんでいることだろう。

2013紅白歌合戦レビュー

遅れ馳せながら2013紅白歌合戦のレビューを。

一番のお楽しみは、何と言っても大人気朝ドラ『あまちゃん』の劇中歌『潮騒のメモリー』でしたが、予想以上のエンタメを見せてくれました。

岩手からユイちゃんがタクシーで"時空超え"して、あまちゃんが待つNHKホールにやってくるストーリーなのですが、鉄拳のアニメが良い味出してたうえに、タクシーがNHKホールに到着したところでアニメから実写に戻るんですが、その瞬間に流れた主題歌がベストの小節だった。感動して涙がこみ上げてきた。この味付けが大切なんだわ、エンタメは。

味付けと言えば、ポルノグラフィティの出世曲『サウダージ』です(2013紅白では別の曲を歌いました)。最後のサビの部分で、絶妙な半音ずらしが為されてます。「♪あなたの傍では永遠を確かに感じたから」のあなたの「な」の部分が半音上がってることで、曲に深みが増してるんです。ここら辺はさすがak.hommaの技であり、作曲から彼が外れてからのポルノの曲には全く魅力を感じません。

紅白と言えば今やジャニーズとAKBの祭典と言っても過言ではありませんが、SEXYZONEには完璧に隔世の感がありました。マリウス葉を見ると、自分がおじさんになったどころか、おじいさんになった気分にさせられますw

AKBは最悪のステージだったんちゃうかな?なぜダンスが見所のフォーチュンクッキーで、インカムじゃなくてマイクを持たせた?理解できないぞ。片手が塞がった状態で、どうやって踊るんだよ!?

あと、フォーチュンクッキーの序盤でさしこが下がって、後衛の1人がセンターにせり出してくるパートがあるんだが、なぜそれがこじはるだったの?なぜ川栄や入山じゃないの!?あそこは、若手の振付のフレッシュさというかぶっきら棒さを楽しむ部分なんだよ。手首の内側で耳の下をなぞる振付が、さしこは艶っぽいのだが、川栄たちがやるとそれが全く無い。それが対照的で良いんだよ。

恋するフォーチュンクッキー

大島の引退宣言は別にどうでもいいや。




≫web新のTwitter

元WBA世界Sウェルター級王者の石田が京太郎に挑戦!?

とんでもなく面白い話になってんじゃねえか!!

元WBA世界Sウェルター級王者の石田順裕がヘビー級に転向し、京太郎に挑むらしい。ヘビー級転向査定試合をクリアすると、そのリングサイドにいた京太郎に挑戦を表明したって。

K-1でもこんな風なアングル作りをやって欲しかったよな。これは燃えるぜ!!


スポナビより




≫web新のTwitter

IGF大晦日大会観戦記(テレビ地上波)

わずか1時間に凝縮された録画番組でしたが、前座試合が面白かったですね。

<〇ミノワマン‐澤田敦士×>
特に際立っていたのが、MMAデビュー戦でも相変わらずのだだっこキャラを貫き通した澤田敦士。試合では、まともなボクシングができず、ミノワマンのパンチでフラフラになったところでレフェリーストップ負けになりましたが、負けを認めずに大立ち回りした姿こそ澤田の真骨頂。セコンド陣に抑えられて花道の奥に消えようとしたが、ミノワマンがマイクで「見苦しいところをお見せしました」と観客にアピールしたものだから大逆上。ダッシュで花道を駆け戻り、リングに上がってミノワマンに詰め寄りました。

いや〜、面白かったですよ。試合自体のレベルは低いものでしたが、決してUFCみたいに両者のレベルが拮抗した試合だけが面白い訳じゃないですからね。むしろ菊野や川尻の試合以外は見る気も起きなかったでしょ?


<〇青木‐TOSHI×>
格が違い過ぎて青木秒殺。しかしテレビからは全く青木の凄みも面白みを伝わってこなかった。作り手に問題があるなぁ。ミノワマンの煽りVも、熱弁の途中で唐突にカットするあたりに作り手の狙いは見えるんだけど、伝わりにくいというか下手糞なVだった。

とにかく素材を活かせないのがIGFだからな。もし私に声かけて下さるなら、無償で大会をプロデュースしますので、Twitterの方にご一報ください。宜しくお願いします。


<〇ロシア人‐北岡×>
2012年の6月に菊野を完封した北岡。その試合を糧にして、着実にステップアップした菊野はUFCに出場して初勝利。一方の北岡はKO負け。


<小川・鈴川×バンナ、セフォー>
酷い試合だった。相変わらずセフォーのペタペタパンチは見る者を完全に脱力させる。小川とアーツは乱闘を披露し、2014年に向けて闘いを紡いだつもりかな?(大爆笑)


<〇石井慧‐藤田和之×>
左インローが走りまくっていた石井。藤田の戦闘力を大いに削ぐことに成功した。見所はそこくらい?

完全な格闘技マッチになると猪木介入度が低くなるので、いい塩梅にして欲しいですね。





≫web新のTwitter

UFC FIGHT NIGHT シンガポール大会観戦記(ニコ生)

IMG_7033ニコ生のプレミアム会員に久々に登録した。青木が金網に入った試合以来かな?あの時は所用で出先に居て、仕方がないからマックの店内にて無線LANで視聴してたんだが、やたらと混んでる店舗だったもので、店員に長居を注意されたっけ。いい歳したオッサンが情けないよな。ノートPCいじってるところを「店内混雑しておりますので・・」と、店を出るように促されるって。

プレミアム会員登録料が525円で、UFC視聴料が525円。合計1,050円で菊野や川尻の試合を観れるんだから安いものでしょう。ただ、プレミアム会員登録料は毎月自動更新で金が引き落とされるので、早く退会しておかないといけませんね。番組表を見たけど、他に観るべきものなんてなかったもん。なんなんだよ、あの顔出しとかw そもそもネット動画なんて観てる暇ないからな。素人女が部屋で世迷言語ってるのをのんびりと視聴していられる方々が羨ましいですよ。

さて、肝心の観戦記ですが(観戦記なんて書くのいつ以来だよ?)、まず菊野は、20僂眇板杭垢里△訌蠎蠅冒瓦何もさせずに判定勝利。沖縄拳法の突きか三日月蹴りでのスカ勝ちを期待する人も多かったと思いますが、UFC初戦で、しかもウェルター級でも良いくらいに圧倒的な体格差を誇る相手を完封したのですから、評価しない訳にはいかないでしょう。私が見た限り、三日月蹴りは2発良いのが入っており、相手を後退させたり、引き込みに逃げ込む場面を作りました。突きも中当たり程度のものが数発入っており、それだけでもじゅうぶんに見応えがありました。さらに菊野の構えは米国人が好む東洋の神秘スタイルで、シンガポールにおいても試合開始直後に会場が沸きましたから、次回は本土での大会に招聘されるのではないかと思います。

続いて“ZSTの賢人”清水は、いきなり膝蹴りを前頭部に食らい、その後もパウンドを食らいまくり、最後はバックチョークでタップアウト。打撃に難ありという以前に、相手との体格差が大きかった。菊野の場合は身長差とリーチ差だけだが、清水の相手は根本的に体が違い過ぎた感がある。もし次があるならばフライ級で出直す以外にないでしょう。顔面が大きく変形するほどに殴られた清水の容態が心配です。

ストラッサー起一は、相手を金網に押し込んだところ、後頭部に反則の肘を連打で食らって悶絶。反則勝ちとなりましたが、担架に乗せられ病院送りとなりました。こちらも容態が気になります。相手は見るからに強暴そうなブラジリアンでしたが、あんな反則を犯すってことは、精神的に未熟なのでしょうね。相手あるいは負けることへの恐怖心から出してしまった反則でしょうから。

川尻は、強引に自分の型にはめて勝利するスタイルを貫き、バックチョークで一本勝ち。相手は失神しました。相手の土俵で戦わないってのは鉄則。これを貫徹できれば今後に期待大でしょう。試合後のマイクは、インタビュアーのブライアン・スタンとみずたま嬢もたじたじになるほどのハイテンション。

「もっと強い相手と戦わせろ!(おっと、フォロー忘れず)今日の相手も強かった。ビックリした」

「デイナ、ロレンゾ、俺にサブミッションオブザナイトをよこせ!」

「ここがオクタゴンのど真ん中だ!俺がDREAMだ!!」

格ヲタも条件反射で喜ぶキーワードを散りばめた名言も飛び出し、このテンションには賛否あるかとは思いますが、存在感を示したことは間違いないでしょう。

川尻の試合が終わった時点で既に日付が変わっていたので、メインは観ないで寝ました。タイムシフト放送でも観ることはないでしょうねw

いや〜、久々に格闘技中継で力が入りました。次は君たちの戦いをWOWOWで観たい!!!





≫web新のTwitter

2013年雑感を一気に呟く

2013年雑感と言っても、ほとんど今視聴してるレコ大を見て思いついたことがほとんどだと思いますw

レコ大新人賞者として新里宏太とJuice=Juiceがひとまとまりで出てきたので、これは珍しいグループだなと思ってしまった。一緒に観ていた娘も「女の中に男一人!」と驚いてたよ。

宮崎由加は気に入った。

JUJUって、化粧落としたら化け物だろうな。

AAA西島、ゆず北川、ミスチル桜井。この3人の区別がつかない。

クリス・ハートという黒人歌手が出演していたが、本気でエグザイルの黒人メンバーがソロになったのかと勘違いした。娘から「あの人と間違ってるんだろうけど、こんな太ってるわけないし。それにエグザイルのメンバーの名前は全員アルファベットだから」と、的確な指摘を受けた。

米国のサキ報道官とまゆゆもそっくり。

レコ大出場歌手一同によるヒット曲メドレー、酷かったな。特にAAAの女2人をバックに従えての坂本冬実の『フライングゲット』が気色悪かった。やる意味あったのか?レコ大も人気回復のために色んな策を練ってるつもりなのだろうが、とんでもない下品な歌番組に成り下がってるよ。

このメドレーは全般的に酷かった。昭和の曲メインだったが、そうなると、どうしても桑田佳祐のひとり紅白と比べてしまうので、クオリティの低さが際立った。

レコ大部門賞を自衛隊音楽隊が受賞するという薄気味悪さ。ここは北朝鮮か?あの女、まんま北朝鮮の歌手の顔だった。アンデウソンの脛ぐにゃり以上にゾッとしたよ。

AKBを批判する声も多いようですが、あれの何が悪いのかさっぱり解らない。テレビでAKBが歌ってるのを見てるだけで、いつの間にか自分が満面の笑みを湛えていることに気付く。口パクなんて別にどうでもいいでしょ?でも、見慣れない木佐彩子みたいなメンバーが混ざってたことに違和感を覚えた。

AKB『真夏のSoundsgood』は本当に名曲。特に終盤の「♪君〜が好〜〜きだ〜〜〜」あたりを聴くと、夕暮れの浜辺の情景が頭に浮かぶ。レコ大優秀作品賞を与えるべきだったよ、本当に。今夜のレコ大でも、前哨戦でこの歌を披露したが、山内鈴蘭をメンバーに入れてなかったのは大失態。この曲のPVで最も輝いたのがらんらんだからな。私もそれで初めてらんらんを知った(Twitterで「右翼でイキイキ踊ってるのは誰ですか?」と質問したらどなたかが教えてくれた)。そしてこのブログのタイトル画像に用いるまでに惚れ込んだのだ。

今年のレコ大はエグザイル。夫婦絡みの話は皆無だったが、ステージ上のHIROと上戸彩の取り合わせは極めて滑稽だった。しかも、このツーショットを見せるためだけの歌番組だったという。

最後にレコ大以外のネタ。今年一番笑った番組は、ダントツでガキの使い“月亭方正のおっさんクシャミ顔面受け十連発”でしょう。これは本当に面白かった。娘もこれが大好きで、特にこのコーナーのイントロ部分で松ちゃんが「これは業界初の試み」と説明したのがツボで、観る度に大爆笑。

あと笑ったのは、2013年より前の話なのだが、エグザイルのNAOTOをドッキリで引っかけた番組。NAOTOがたけし軍団に加入するというニセ企画番組の中で、NAOTOは軍団ネームとして“菅NAOTO”と命名されたのだが、それを伝達する時のガダルカナルタカの口上が最高だった。東日本大震災の数か月後で菅直人政権末期の頃だったのだが「この御時勢にとんでもない名前を付けられてしまいました」ってwww

サブちゃんは今年で紅白最後なのか。サブちゃんもネットの声とか気にしてるのかな?「紅白観てて北島三郎とか出るとチャンネル回す」みたいな声に反応したとか。他の演歌歌手も対岸の火事じゃないぞ。お前らの海のものとも山のものともつかないクソ歌なんて誰も聴きたくないんだから。

2013年は他に言及すべきことがあったかな?

バカヤロウ!!!

明日はいよいよ大晦日です。私は大晦日や元旦の夜の静寂が苦手。嫌でも己のダメ人生について考えてしまうから。



≫web新のTwitter

歌詞

もう30日ですね。

さて(笑)、年末はテレビ三昧という人も多いと思います。私も今、自宅でレコ大を観てます。

その中で五木ひろしの『夜明けのブルース』という曲がVTRで流れて、その歌詞を聴いて驚いた。1番のサビの最後の部分なのですが・・・

ここは松山 二番町の店 渋い男の夜明けのブルース

「渋い男の」って、あまりにも直接的過ぎる表現じゃないでしょうか?本来はその渋さを歌詞で表現するのが作詞と言うものでしょうに。

CD販売数量の減少に伴い、作詞家のレベルも低下してるんじゃないかと思いましたね。

期待通りに霊が現れる怪奇番組

最近の恐怖映像番組(ロンブー淳が司会してるようなやつ)を観ていて思うこと。

心霊スポットにタレント数名で出かけると、必ず期待通りに何らかの現象が起こる。

投稿動画には、まるでホラー映画のように明確に霊の姿が写っている。

恐怖映像番組なのだから、そのように結果が出てくれた方が視聴者としても喜ばしいのかもしれないが、余りにも稚拙で過剰な演出に、呆れる以外に手立てがないというのが正直な感想である。

むしろ、結局何も起こらずに番組が終わってしまう(期待を裏切られてしまう)、昔の心霊番組が恋しくなるくらいである。

まるで観客、視聴者の期待に応え過ぎる昨今のハイスパートプロレスを観させられているような気分になった。




≫web新のTwitter

IGFのマッチメイク

 大みそかに行われる「INOKI BOM−BA−YE2013」(日刊スポーツ新聞社後援)で、ブレット・ロジャース(32)とフィリップ・デ・フライ(27)が対戦する。主催のイノキ・ゲノム・フェデレーションが12日、発表した。

 「皇帝」エメリヤーエンコ・ヒョードル、そして、ジョシュ・バーネットと激戦を繰り広げたロジャースの参戦で、大会の一層の盛り上がりが期待される



誰も反応しねえよ!

いやね、私はIGFが盛り上がらないのを楽しんでる訳じゃないですよ。そんなわけない。

でも、他のカード含めて、こんなマッチメイクしてるようでは絶対にチケットが売れるようにはなりませんよ。

近頃は全く格闘技を観なくなった私ですが、久々に処方箋を書くならば、“IGFはリアルジャパンプロレスと絡む以外に道はない”とだけ書いておきます。




≫web新のTwitter

馬鹿になって恥をかけ

49e50633.jpg
馬鹿になれ
とことん馬鹿になれ

恥をかけ
とことん恥をかけ

かいてかいて恥かいて
裸になったら見えてくる
本当の自分が見えてくる

本当の自分も笑ってた

それくらい馬鹿になれ


-アントニオ猪木



キックボクシングにもっと客を呼びたい。一般層も振り向かせたい。

そう訴える若手のキックボクサーがいる。

私は腹が立つ。

練習して試合してるだけの人間が何を訴えるか!だ。リングという生ぬるい羊水に浸かりっきりの人間が世間を視野に入れるなんぞ百年早いわっ!

そんなに一般層を取り込みたいならば、まずは自ら世間の荒波に飛び込んだらどうだ!?バットをも容易くへし折る程に強靭な二本足が生えてるじゃないか!

私は練習と試合をしてるだけの格闘家より、通行人に冷やかされながらも路上ライブをやってる若者たちの方がある意味逞しく見える。

恥もかかずに何ができるか?ってことだ。

青木真也こそアントニオ猪木の後継者に相応しい

青木がIGFに出るかもしれない。


青木ファンの多くは、プロレスやるとこなんて観たくないだろうが、私はIGFのリングを間借りしてMMAをやる姿の方が情けなくて見てられない。


かと言って、格闘家たちがよくやるおちゃらけプロレスを青木がやる姿を観たい訳でもない(第一回猪木ボンバイエは本当に酷かった)。


私は、格闘技能力を備えているにも関わらず本領を全く発揮していないIGF所属レスラーとの格闘プロレスが観たいのだ!


例えば、私が常々「もったいない」と口にしてきたタカ・クノウあたりとやらせたら、抜群に面白い試合になるだろう。格闘プロレスはリアルな打撃を暗黙のうちに禁止しているから、体重差もMMA程には影響しないのだ。


何が起こるか予想できないところが、猪木提唱の格闘プロレスの真骨頂なれば、相手の腕を平然と折ってしまう青木真也こそ、真の猪木イズム継承者たり得るのではないかとさえ思ってしまう。


まさかこの期に及んで青木真也とアントニオ猪木が“腕折り”を共通言語としてリンクしてくるとは思わなんだ。


少なくとも、完全に落ち目だったマーク・ケアーにPRIDEで勝ったというささやかな貯金を食い潰して生き延びてる藤田和之よりは、青木真也の方が後継者として相応しい。それは間違いない。







アウトサイダーはプロ?

長南のツイートに対する金原弘光のリプライ。



じゃぁ出てる人って格闘家?"@madchonan: アウトサイダーも格闘技でいいと思うよ。同じようなルールで同じような会場で客入れてやっているから。ただレベルはごっこだけどね。超弱!"



プロ格闘家の方々は、なんだかんだ言いながらアウトサイダーが気になるようです。

私はアウトサイダーをほとんど見たことがない(一度もないかな?)ので、どの程度なのかよく分かりませんが、アマレスラーにタックルの下手さを笑われるプロ格闘家だっているわけですから、“強いからプロ、弱いから格闘家じやない”という見方ではなく、長南が言うように、同じ会場に客を入れてるのだからプロ格闘家で良いと思いますね。

それに、下手なプロの試合よりもアウトサイダーの方が緊張感ありそうじゃないですか?





》web新のTwitter

十数ぶりにゴルフ

仕事帰りにゴルフの打ちっ放しに行って来ました。

最初のうちは上級者風の同僚のアドバイス通りに打ってみましたがなかなかうまく飛ばすことが出来なかったので、途中から思い切りガニ股で打ってみたら面白いように飛距離が出るうえに、真っ直ぐ飛ばせました。

同僚からは、「八重樫かっ!まさに自己流がベストって感じだが、コースでそれやったら指差して笑われるわ」とアドバイスを頂戴しました。

まずは自己流で確実に打つことをマスターし、徐々にスタンスを狭めていこうと思います。




》web新のTwitter

スポーツイベントもエンタメである

連敗した訳でもないのに岡見がUFCとの契約を切られました。

そのことをTwitterで
憂いている方がいたので、私が“面白くないから仕方がない”とリプライしたところ、こんなリプ返しがございました。



@yuichiro1212k: 面白くないからリリースというのはスポーツ路線とは違って完全にエンターテインメント性重視ですよね
ここから徐々にですがUFCもk-1やPRIDEと同じ道を歩んでいきそうです



何もそこまで極端な考えをしなくても良いと思いますが、スポーツ路線だから面白くなくても構わないというのは大きな間違いでしょう。

岡見みたいな選手ばかりだったらUFCの人気が出ることはあり得なかったでしょう。

主催者のデイナからしてみれば、先人たちとともに築き上げたUFCブームの甘い汁を岡見のような退屈野郎に吸われたのではたまったもんじゃねえ!ってところでしょう。

アマチュアじゃくてプロの世界なのだから。甘くないのだよ。




》web新のTwitter

超新星爆発が見たいっ!

RT @twinavi: 【話題】ついに太陽が2つに?赤い巨星 「ベテルギウス」 が謎の膨張、超新星爆発の兆候か? http://t.co/gtaXwx8YGq



その明るさは満月の百倍で、地球上の一部の地域では白夜が数ヶ月続く可能性もあるとのこと。

これは見たい。眞鍋が大仁田劇場を見たいです!と絶叫するより声高らかに見たい宣言をしたいです。

天体ショーって、ほとんど期待外れじゃん。特にしし座流星群。最初に騒いだ時は、夜中に庭にビール箱並べて、その上に座布団何枚も敷いてベッドにして、今か今かと待ってたら、チョロリ・・・チョロリ・・・と、間延びした花火大会のようなペースで単発の流れ星が降って来ただけでした。

ふざけんじゃねえやっ!て。俺は中世の頃の観測絵巻に描かれてるみたいに、一度に百個くらい降って来るイメージで待ってたんだよ!

それ以来、天体ショーを冷ややかな目で見るようになり、実際にろくでもない現象しか起きてこなかった。

しかし、今回予測された超新星ペテルギウスの爆発には期待するなと言う方が無理な話。

茨城が白夜になったら面白いな。茨城っていうか、県単位の話じゃねえかw





》web新のTwitter
BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ