藤田より青木

藤田が猪木の後継者だと思う人、います?

少なくとも、私と猪木は、そう思ってません。

猪木の後継者としての要件の一つに、セメントに強いことが確実に挙げられるはずですが、藤田は強くないですからね(インディーのレスラーたちよりは強いでしょうが)。

格闘技ファンの方々としては、PRIDEでマーク ケアーに勝った試合のインパクトが強過ぎて、藤田は強いとイメージしているのだと思いますが、その当時のケアーは、薬物依存で極度のスタミナ不足でしたし、その試合以外で目立った戦績を残していません。

アマレスで実績は残しているのでしょうがが、レスリング以外の技が皆無で、打撃に関しては攻めも守りも穴だらけ。石井慧戦ではローキックでボロボロにされましたし、万能タイプの小川とガチでやったら秒殺されますよ。

強さ以外にも、プロレスマッチにおけるドタバタ結末への対応力が低いことが挙げられます。一言で言えば大根。プロ格マッチのはずが、下手くそなプロレスやってんなぁ、ってのが一目でわかる。これは問題外。今回のタッグマッチでも、相手の小川、バーネット、パートナーのミノワマンたちを上手く回すことができなくて、凡戦に終わらせたんでしょ?本当ならば、どこかで仕掛けて、バーネットの危険な部分を引き出さないとダメなのに、何も起こさず。顔ぶれが凄いのに、粛々試合を消化しただけだった。

以上のように、藤田は猪木の後継者として力不足どころか、特に見所のないレスラーであることが分かります。

で、誰が後継者として相応しいかと言えば、昨日も書いたとおり青木真也以外は考えられない。

山本戦後の振る舞いについても、早くも偽善芸人フィフィらに批判されるなど、話題性も豊富。

格闘家としての強さと大衆を巻き込む話題性。この2点において、猪木後継者として青木真也が最右翼に位置していると言うのが自然ではないかと思う。

やっぱり塩っぱかった山本勇気

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくと挨拶するほどBlogに注力してませんが、閉鎖するつもりもないので、今後もお付き合い下さればと思います。

アクセス数は、全盛期の数十分の一にまで減りましたが、それでもコメントを寄せて下さる方々には感謝申し上げます。また、今だに悪態をついてくるアンチもいて、罵詈雑言を公開するのも気分が良いものではありませんから、コメントを承認制にさせてもらってます。どうしても私とやり合いたいのであれば、完全オープン制のTwitterの方にお願いします。でも、あれですよ。アイコンが卵のまんまでフォロワー数2人みたいな捨てアカウントは相手にしませんからね(笑)

まぁ、私のアンチなんて、その程度の輩です。

さて、2014大晦日の猪木ゲノムで実現した“リアル猪木の後継者”青木真也vs.“爆撃しない爆撃機”山本勇気について、感想を一言。

自身との対戦を迫る山本に対して青木が「う〜ん、塩っぱい」とマイクしたこと以前の2人の馴れ初めは知りませんが、昨今では珍しい因縁マッチということで注目度か高かったカード。どこの誰だかも知らないチンチクリン同士の消化試合を垂れ流ししてるだけの格闘技イベントばかりですから、ストーリー性のあるこのカードが注目されるのは当然でしょう。でも、そこから何も学ばないのが日本格闘技界のお馬鹿なところなんですよね^^;

話が少し逸れましたが、地上波放送を待たずして、Twitterのタイムラインに流れてきた動画を観ることができました。

http://t.co/BqNRIb5pQa

動画を観た感想を一言で言うと、山本はやっぱり塩っぱかった。

まず、両者リングインしてからリング中央でレフェリーから諸注意を受ける場面で、因縁マッチだけあって山本は殺気立った顔をしているが、青木が右手を差し出すとそれに応じて丁寧に握手。完全に飲まれてるやん!そこはパシーンと跳ね除けるところでしょ?拍子抜けしたわ。

で、試合は「猪木会長の技」で青木が秒殺勝利した訳だが、青木に何やら口頭でさらに小馬鹿にされた山本は怒り心頭で、リングを降りないばかりかマイクアピールを始める始末。すると、それを良しとしない大柄の男(高橋ヨシキとの情報あり)が駆け寄り、激しい口調で敗者を諭すと、なんと山本は少年のような無垢な表情になり、コクリと何度も頷いて見せた。これまた塩っぱかった。呆れた。

山本は、たまたま同じリングに上がってる同階級の大物に喧嘩を売ったは良いが、格闘家としても人としても全くそのレベルではなかったと言うことなのでしょう。

私からも一言、山本、塩っぱい。

ただ、山本が喧嘩を売ったことで因縁マッチが誕生したという事実は評価しなければならない。格闘技に限らず、失敗を恐れて何のチャレンジもできない人間ばかりの退屈な世の中で、身の程知らずではあったが、山本のような存在は貴重だと思います。

失敗を恐れるな!

山本には、今こそ猪木の詩を噛み締めて欲しい。



掻いて掻いて恥掻いて
裸になったら見えてくる。
本当の自分が見えてくる。
本当の自分も笑ってた。



山本の巻き返しに期待します。

青木がIGFに定着することにも期待します。腕折り、そして今回のグラウンドコブラ。まさに青木こそ真の猪木後継者ですから。テーマ曲と決着の着かないドタバタ劇だけ真似してるレスラーでは猪木の後を継げませんよ。

馬鹿野郎っ!!


ダース シディアスがライトセーバーを使ってシスと戦う

映画スターウォーズのスピンオフアニメ、クローンウォーズは面白い。痒いところに手が届くような面白さ。

特にシーズン5では、なんとダース シディアスが、ライトセーバーバトルを思う存分に披露してくれるシーンがあるのだ。

映画本編の中でシディアスがライトセーバーを使うのは1シーンのみ。逮捕しにやって来たジェダイ4名と戦う場面だ。そこでは、キット フィストーら3名は容易に殺害するも、暗黒面に一歩踏み込むバーパットという技の使い手であるメイス ウィンドウ相手には劣勢となり、シスの電撃すら通じず、自分側に寝返ったアナキン スカイウォーカーの手助けで何とか命拾いした情けない姿を晒してしまう訳で、決してセーバーの使い手としての強さは感じられなかった。まぁ、実際にはフィストーらを瞬殺した訳だから、ものすごく強いのは間違いないのだろうが。

そんなシディアスが、クローンウォーズの劇中で、一体誰とセーバーを交えるのだろうか?

その相手は、エピソード1でシディアスの弟子として登場したダース モールとその弟子サバージ オプレス。頭に小さな突起状のツノが何本も生えていて、全身に赤と黒の刺青が入っているシスです。

でも…?

ダース モールは、オビワンに胴を真っ二つに断ち切られて死んだはず。

ところが、何者かに助けられ(詳細は、スターウォーズの鉄人で調べてください^^;)、命は助かったものの、下半身の代わりにクモのような機械が装着され、地下で昆虫類を貪り食いながら、狂人のようになって隠遁生活を送っていたのです。

まぁ、その辺の細かいことは置いといて、その後も紆余曲折を経て、ヒューマノイドらしい機械の下半身を身に付けて、犯罪組織を配下に従えて銀河の支配に打って出た矢先、その動きに気付いたシディアスが、なんと単身乗り込んで、よくも生きていたな、元マスターの私を差し置いて銀河の支配を企てるとは何事かと制裁を加えた訳です。

モールもオプレスも、シディアスには全く歯が立たずでした。

メイス ウィンドウって、どんだけ強いんだよ?

テレビがつまらない理由

さんまのからくりテレビの後継番組にIMALU出演とか。

Yahooニュースより


大物さんまの番組とはいえ鮮度が落ちたので打ち切りたいが,さんまへの配慮で後継番組に娘のIMALUを起用する格好なのでしょう。

大物出演者への配慮が第一なのですから,面白い番組が作れる訳ないですね。


スターウォーズの楽しみ方

(Twitterより
RT @mcakr: …スターウォーズ犬鉢垢泙粘僂泙靴拭L滅鬚い鵑任垢韻鼻∪議樟鐺シーンは早送りしがち 笑。…



見方の問題です。

例えば、エピソード3の序盤で、捕らえられたオビ=ワンとアナキンがグリーヴァスの前に引き出された後に反撃するシーン。

なぜグリーヴァスの出足があんなに遅いのか?R2の手助けで手錠を外してる最中、なぜ手をこまねいて見てるのか?

それはオビ=ワンが、フォースの力でグリーヴァスの関節の油圧を下げて、動きを遅らせたから。そんな芸当を可能にするには、フォースの使い手であるだけではダメ。半人半ドロイドのグリーヴァス将軍の身体の構造を事前に学習し、頭に叩き込んであるからこそ可能になるのです。

いかがでしょうか?スターウォーズがさらに面白く感じられるようになったのでは?



満州帰りの日本兵

実家の近所に、満州帰りの爺さんが住んでいて、うちに酒を飲みに来ると、中国人を惨殺した話を自慢気に語っていた。ギラついた目が恐ろしかった。

私の祖父の妹の夫も満州帰りだが、戦争から帰ってきた後は、ほとんど口をきかない大人しい人になってしまったそうだ。出征前を知らないので、私は寡黙なおじちゃんだなという印象しかなかったが、あちらで何か衝撃的なことでもあったのかもしれない。

また、私の母方の祖父は、写真でしか見たことがない。満州で戦死したからだ。記憶にあるのは、軍服を着た写真と、1通の手紙。“私が満州で見ているこの月を、日本で幸子たちも見ているのか”みたいなことが書かれていて、それを見た私は泣きそうになった記憶がある。幸子とは長女(私の母の姉)の名前である。

戦争で残虐性を剥き出しにする人もいれば、寡黙になってしまう人、ロマンチストのまま戦死する人もいる。

戦争、ダメ。絶対。

(ひでえ締めだなw)

霊界通信

私の弟は、ビターゼ・タリエルのような風貌ですが、幼少の頃から霊感が強く、時々心霊体験をすることがありました。

先日も、亡くなったばかりの伯母と電話で会話したとのこと。

どのような顛末かと言うと・・・

用事があって弟が実家に電話したところ、家族ではない人間が電話に出て、「あー、よっちゃん、元気ー?」と言われたとのこと。声と口調からして、存命中の伯母の誰かが実家に来ていて家人の代わりに電話に出たのかと思ったそうだが、その一言だけで電話が切れてしまい、再度電話をかけ直したところ、母親が電話に出て、来客中の人は誰もいないとのことだった。

「あー、よっちゃん、元気ー?」

この話し方は、先日亡くなった伯母の生前の口調そのものだ。

作り話の可能性もある。さらに、私に対する壮大なドッキリの前フリの危険性もあるのが我が家である。

しかし、弟の話ぶりからすると、真実としか思えない。

お盆には、迎え火焚いて、伯母ちゃんが来るのを待とう。

お見舞いにも行けずにごめんなさい。

くだらない若者文化の一例

ネットの掲示板に架空の体験記を小出しに書き込み、それを見た他のユーザーから感想や質問が書き込まれる。例えば“親父が危篤だから病院に駆けつけたら、俺より少し年下の美少女も病室に居て、実はその子は腹違いの俺の妹だって・・・”みたいな。

そんなもん、作り話に決まっていて、ユーザーたちもそれを知っていながら盛り上がる風潮。

おまえら、どんだけ退屈な人生送ってんだ?

作り話に同調して盛り上がる暇があるなら、実人生で何かに挑戦しろ。

芸能界の踏み台にして、須藤元気が格闘技界に帰って来た!

須藤元気は、拓殖大レスリング部監督として実績を残したり、おかしなダンスパフォーマンスが受けて、AKB紅白にまで出演したり。

芸能界で一回りもふた回りも大きくなった彼が、ついに新団体を引っさげて格闘技界に帰って来る。

個人的には正直、その団体名も知らないし、ろくに期待もしていない。

ただ、芸能界を踏み台にして、こっち側に戻って来た功績は、筆舌に尽くし難いほどに大きなものだ。

だって、格闘技界を踏み台にして芸能界入りし、チンカスみたいな三文芝居を演じてるだけの元格闘家とは正反対の偉業でしょ?

モノが違うわな。ワイナイナ。

空手美少女に見る各業界の悲惨さ

タレント業をやってる空手美少女が、空手の大会に飛び入り参加して優勝したとか。

他の真面目な参加者の、日頃の努力を踏みにじる行為だよね。本来は自分たちが得るものを、お客さんに差し上げられてしまった訳だから。

そんな団体からは離脱した方が良い。

え?団体の宣伝にもなるから良いことだ?

どこが宣伝になってるんだよ?注目されたのは、盗賊のような空手少女だけだろ!

そいつがドッキリ番組に出たのを観たけど、酷い内容だった。控え室にお化けが出る設定だったのだが、なんと後ろ回し蹴りを繰り出してお化けを退治する始末。これには茶番には慣れっこの芸人たちも微かに閉口気味の反応を示していた。

人をバカにするのにも程が有る。最近のプロレスは、ラリアート等を空振りさせるムーブが余りにも露骨でおざなりだが、それに近いものを感じた。

テレビ番組の質低下が問題視されているが、出題された問いに対して正しい解答するだけの勉強をしてきたお利口さんたちがテレビマンになってることがマズイと思う。空手美少女を売り出したい=ドッキリ番組で大立ち回りをやらせよう!という短絡的な発想しかできない。経験が乏しいから、豊かな発想ができないのだ。

・・・。

尻切御免。

挑戦しない人間たち

正しいことを言う人間が爪弾きされる。

「言いたいことは分かるけど,そんなこと実際にできるかって言ったら無理だろう」と。

反対派は、どこまで挑戦して、無理だと判断したのだろうか?

初めからできない理由ばかり見つけてるんじゃないだろうか?

この繰り返しで,正しいことを言う人間の発信力が弱くなっていくのだと思う。

数的にはダメな人間の方が圧倒的に多い世の中だと思うので,これはどうしようもないことなのかな?

なんとかしねげ。

イメージを売る商売なのに・・・

あの橋本真也の息子であるにも関わらず、ほとんどプロレスファンに関心持たれてないですからね。TVの相撲大会でビルダーに何もできずに負けた(記録上は勇み足でビルダーの負け)ことが私としては許せません。体格差があったから仕方ない?ぃゃ、負ける戦に出る馬鹿いるか!ってこと。プロレスラーは、強さのイメージを売る商売なのに。 RT @Kondo0224: @K1_webshin 橋本の息子という要素がありながらの全く乗れない存在ってなんなんだろうか?スゴイ負の存在ではないかと思ってしまいます

独占!格闘家の60分

IMG_9075格闘技団体などがネットで番組を放送してるけど、ほとんど身内ネタで終始するトーク番組なんでしょ?

それが分かってるから私は見ない。腹が立つだけ損。

もし私が格闘技関係の番組を作るならば、2通りの案がある。

一つは選手密着ドキュメンタリー番組。格闘技の何が面白いって、勝者と敗者の明暗ですよ。実はその美味しい部分をほとんどスポイルしてるんですよ。特にテレビでやらなくなってからは舞台裏が完全にブラックボックスになってしまっている。

これはもったいない。

だったら自前で作るのだ。例えば、才賀に負けた後のナオキックに密着したら面白い映像が撮れたと思う。今でもナオキックのもがきっぷりを追えば面白い番組になるんじゃないかな?

もう一つの案は、大昔にテレ朝でやってた『独占!女の60分』のパクリ、『独占!格闘家の60分』だ。格闘家の中から6人くらいをアタッカーとして選出し、格闘技以外の事柄に挑戦する。例えば不良少年矯正とか路上駐車民間取り締まり、すっぽん捕獲、泥んこ祭り、カラスハネト駆逐、ホモ風俗潜入、万引きGメン、ホストクラブ体験、婆さん相手のデートクラブ・・・。考えればきりがない。

司会というかコメンテーター(水の江瀧子のポジション)はターザン山本。面白いかしょっぱいか、遠慮なく判定してもらう。別にターザン以外でも構わない。意外とアントンが引き受けてくれるかも。面白いものを作れたらだけど。

格闘技も仕事ならば、楽しまなくてはダメですよ。歯を食いしばってるところだけ見せてれば良いってもんじゃない。

もし何か面白いことやりたいっていう団体関係者がいましたら連絡ください。出来る範囲で真面目に企画を練りますので。もちろん無報酬です。

天才、秀才、バカ

さぁ、山手線ゲームをやりましょう。お題はアメリカの州の名前です。

マイナーな州は温存するのがポイントですね。さぁ、どうぞ!



天才「テキサス州」

we are not in texas!のフレーズで有名な州ですね。



秀才「カリフォルニア州」

アメリカ西海岸と言えばここですね!



バカ「ボルノ州!!」

・・・?

歯を食いしばらないマラソン大会

スポーツマンは善良な人間であるという嘘。皆さんの周囲を見てください。スポーツマンでもとんでもなく狡い人間やいい加減な人間がいるでしょ。

世の中の固定観念に騙されるな。

そして、スポーツは、歯を食いしばってやるばかりのものじゃない。スポーツを通じて健康で心豊かな暮らしを営む権利は誰にでもある。引きこもりにだって、ニートにだって、平等にあるもの。

5月17日に開催される大阪城マラソンは、引きこもりの人が企画したイベントです。行政主催のものは、もともとスポーツ好きの人間しか参加しませんが、ヒッキーならではのゆるい内容ですので、多くの方々にとって親しみやすいものになるんじゃないでしょうか?


One for one大阪城マラソン 5/17(土) 


さすがに大阪まで行くことはできませんが、その発想は参考になります。
BOOK
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ