高阪vs.トンプソン

トンプソンが計量で12kgオーバーということで,もしトンプソンが勝利しても記録上は無効試合になるという,テンションだだ下がりからのスタートになったが,試合開始間もなくして,そんなことは頭の中から消えた。

トンプソンのゴング&ダッシュにタックルを合わせるかと思ったが,スタンドでの打ち合いに。あの体格差では分が悪いと思ったが,膝蹴りとボディーブローに苦しみながらも引かずに打ち合いに応じ,遂にはグラウンドで上になる展開に。バックに回ってトンプソンの顔面にパンチを打ち込む。島田のレフェリングを知ってるトンプソン,パウンドされながらもしっかりと顔を上げて,負けにされないよう健在をアピール。第1ラウンドは,やや高阪優勢で終了。両者ともに疲労困ぱいの様子。

第2ラウンドも打ち合いの展開になり,最後はロープ際で高阪が顔面にパンチを数発当てると,後ろを向いたトンプソン。レフェリーが割って入り,高阪の勝利。

相当な消耗戦でしたが,本当ならば,序盤にトンプソンをぐらつかせた後,高阪が半歩後ろに下がって,一呼吸置いてから正確なパンチを打てれば,そこでKOできていた。でも,それを実践するのは難しいし,パンチが固くてキレがないから,なかなかそれは難しい。まぁ,打撃の選手じゃないのだからそんな指摘は野暮ですわな。

あ〜,高阪が勝って良かった。

会場でラグビー代表数名が高阪を応援していたが,大野均は人格者だな。観戦態度も素晴らしい。ちょっと次元が違う人間だよ。



○高阪(2R フェリーストップ)トンプソン×

RIZIN WorldGP 〜SARABAの宴〜勝敗予想

ぃょぃょ本日開催、『RIZIN WorldGP 〜SARABAの宴〜』の勝敗予想をしたいと思います。勝敗予想をするなんて、いつ依頼だろう?と言うか、Blog更新自体が何日ぶりだろう?^^;

このRIZINというイベントは、本日の副題〜SARABAの宴〜の由来どおり、あの化け物イベントPRIDEが、買収という形で中途半端に終わってしまったことに対する区切りと言いますか、今なお格闘技ファンの脳裏にこびり付いたPRIDEの幻影を忘却の彼方へと葬り去るためのイベントという位置付けができるでしょう(なんだそれw)。

私個人的には、それはPRIDEに熱狂した人間ですが(人付き合い悪く、人に嫌われるタイプの私の自宅に10人近く知人が集まり、PRIDE1視聴会を開催したほどで、その後も何らかの理由で生視聴できなかった1〜2のナンバーを除くほぼ全中継をPPV視聴したほどです。)、PRIDEの幻影云々は関係なくて、闘う立ち技真理教の教祖として(笑)、大晦日に散々恥をかかされた思い出への決別をするための大会といった感が強いです。

また、日本の総合格闘技は、プロレスから派生したもの、また、プロレスと関わりながら大きくなったものというイメージがあるが、そう言う意味では桜庭がシンボルであり、桜庭と対戦する青木真也はプロレスと交わらない純格闘家として一時代を築いた選手として、両極が相対する試合として、こちらもK-1恥かき日和同様に興味深いカードです。

え?青木はIGFでプロレスやってるのに、“プロレスと交わらない純格闘家”はおかしいだろうって?

青木のように格闘家としてステータスを確立した後にプロレスやる格闘家は何人もいるけど、それは本物のプロレスではないから。格闘家としてのネームバリューで小銭稼ぎしてる、単なる出稼ぎ。宇野薫、ルッテン、バンナ、アーツ、セフォー。きゃつらがプロレスのリングでやったものを皆さんは認められます?あんな酷いものを。

そう言えば青木は29日に桜庭戦やって、大晦日にはアマゾンの大巨人とプロレスルールの戯言をするらしい。IGFを観戦する予定の方、大巨人の脳天から竹割りを食らって千鳥足になる青木真也を観たら、「いよっ!プロレスラー!カッコいいね!!」と声援を飛ばしてやって欲しいものです。その場面では、千両役者と呼ばれるよりプロレスラーの方が屈辱的です。ダメージを受けたふりをするのがプロレスの本質ではないから。

なんの話を書いてるのか分からなくなりましたが、とりあえず勝敗予想だけ。

????桜庭vs青木◯
微妙だな。青木が打撃も強い選手だったら完勝するだろうけど、ありきたりにブランクを考慮して青木の勝利程度でお願いします。勝敗予想が当たったハズれたとかどうでも良いよ、このカードは。家で黙って正座してスカパー観戦するよ。

◯石井vsプロハースカ????

ネムコフvsレリッジ
テオドラスvsブルーノ
モーvsマクダーリッド
モー以外、なんだかよくわかんね。予想できね。でも期待はしてる。ライトヘビー級出身の未知の強豪が集まってる点が第1回K-1GPに似てるんだよな。結果も似て欲しいな。

◯内田vsモルダフスキー????
伝統派空手出身らしい内田。マチダばりの活躍を期待。

◯高谷vsDJ????

◯所vs才賀????

マシューズvsトコフ
(誰やねん!!)

◯宮田vs日菜太????
いや、希望は絶対に日菜太の勝利ですよ。でも3分間は凌がれる可能性が高いよ。2ラウンド目もキックルールだったら日菜太の完勝を予想するけど。

????HIROYAvsウィッキー◯
紡げ、大晦日恥かき物語!

????高坂vsトンプソン◯
聞くところによると、規定体重120Kgのところ、計量したらトンピーは12Kgオーバーの132Kgだったとのこと。対する高阪は100Kgとのことで、同じヘビー級でも大人と子どもくらいの差はありますよね。

で、負けた高阪は血みどろになり、実況は「ラグビーワールドカップでは五郎丸ら日本代表メンバーに魂を伝えましたが、今宵は日本の格闘技ファンに魂を伝えました!!」と叫ぶ。

以上(笑)。

それくらい関心がないカード。でも、今年大躍進したラグビー日本代表チームのコーチとして、膝下へのタックルを教えた高阪の偉業は称えざるを得ません。また、ラグビー日本代表の選手が高阪について「組んだ瞬間にこの人には勝てないってのが分かる」云々と語っていて、他のジャンルから来たコーチのことも正当に評価しているところが印象良かったです。

とりあえずこんなん出ましたけどぉ(^◇^)



超K-1伝説

録画したまま放置してあった超K-1伝説を観た。結論から言うと(何が結論だよw)、軽量級にはほとんど期待していなかったのだが、めっちゃ面白かった!!

武尊って名前はTwitterのタイムラインでたまに見かける程度で、「ぶそん」と呼ぶのかと思っていたら「たける」だった。阿部兄に似てる地味な顔だが、左ボディーブローとテンカオがとても危険な選手だった。また、記者会見で自分の名前を出した大雅(こちらはHIROYAの弟であることをこの番組で知った)を「俺の名前を気安く口にするな」と一括。素晴らしいエンターテイナーぶりまで見せて、-55は武尊に任せておけば問題ないと思った。

寺戸は、元全日本キックの選手かな?トーナメント出場者の中で一人だけおっさんだったが、ここにもっとスポットを当てれば感情移入しやすかったかなと。30分番組ではなかなか難しいとは思うが。

瀧谷渉太(iPhoneの自動変換に登録されていて驚き!)は、数年前にKrushで見たことがある選手だが、久保坂左近がセコンドについていて驚いた。久保坂は元新空手中量級王者で、私は対戦経験はないが、遺恨はある。というのは、新空手の大会の審判控え室で、日テレの超K-1宣言に出た私が自慢話をしていたら、久保坂が新空手の会長に呼び出されてK-1jMAX出場を打診され、部屋に戻ってきて立場大逆転みたいな。そして、「K-1出場が決まりましたわ。(web新)はんは、モンスターチャレンジからコツコツ頑張ってください」という屈辱的な台詞を吐かれたのだった。笑うしかない。

話は超K-1伝説に戻るが、武尊と大雅の決勝戦も面白かった。一方的に武尊が勝つかと思ったら、大雅が踏ん張って、武尊から笑顔を消した。一緒に見ていた娘は「こんな面白い試合、見たことない」と呟いていた。

AKB総選挙雑感(どうでもいい)

速報では圏外だった山内鈴蘭が63位にランクイン。本来ならば選抜入りできる素質があるんだが、売り出し方がダメなんだよな。何度も言うが、『真夏のSoundsGood』の時の彼女の美しさは神々しかった。それなのに、いつも糞ギャルみたいな自撮り写メばかり晒しやがって、あの馬鹿。もしらんらんを私に預ければ、宮沢りえの『サンタフェ』を超える写真集を作ってやるんだけどな。

大矢真那はずいぶん古いSKEメンバーだと思うが、着実に順位を上げ続けている。これには驚いた。ただ、24歳の大矢の顔は相当なババアに見えた。

須田亜香里はかなり順位を下げて、選抜からアンダーガールズに。そして生々しい号泣スピーチ。この残酷さが総選挙の面白さなのだろう。ついでに柴田阿弥も選抜外れて欲しかった。あいつら、見ていて疲れるんだよ。

両親が会場に来ていた木崎ゆりあは、順位が少し上がっただけで選抜入りならず。親父の仏頂面が印象的。そんな面を晒すならTVに出るな。親が娘の足を引っ張ってどうするよ?ちなみに木崎ゆりあの顔が頭に浮かばない。

兒玉遥は、研究生だった頃のフレッシュさが皆無になって、南果歩みたいな顔になってしまった。

選抜入りした武藤十夢。中学生くらいのイメージしかなかったが、いつの間にか綺麗なお姉さんになっていた。

高柳明音は、なんかもういいよって感じ。キャバクラの最古参キャバ嬢みたいな。彼女には昔から全く興味ない。でも地味に人気がある。営業に力を入れているのかな?

みるき〜に続いて北原里英まで選抜入り復帰。北原の面を見ると無性に腹が立つ。ニックネームがウナギイヌということだけは面白い。

宮澤佐江も、もういいよって思いたくなるが、その一挙手一投足を見ていると、カッコいいな男前だなと思ってしまう。

とりあえず柏木由紀が1位にならなくて良かった。博多を会場にした時点で指原1位は決まっていたようなもの。

ところで、トロフィー授与係のく太ったおばさんは何者よ?マツコデラックスかと思ったよ。

戦う君の歌を戦わない奴らが笑うだろう

中島みゆきの歌でしたか。戦う君の歌を戦わない奴らが笑うだろう、てのありますよね。世の中、そんな構図が多いですよ、実際に。



福岡放送のノンちゃん、フリーになったけどいつ間にか消えたね(笑)

イケメン祖父

私は、母方の祖父と面会したことがありません。何せ満州で戦死なされたものですから。

だから、若かりし頃の写真でしか知りません。

先日、母方の祖母の葬儀があり、納棺の儀に参列した際、祖父の写真を改めて見てみたら、驚くようなイケメンであることに驚きました。芸能人に例えるなら、宍戸開のマイナス要素を抜いて、より端正な顔立ちになった感じ。NHKの朝の連続ドラマで、ヒロインの夫役をやりそうな雰囲気でもあります。

ここに写真をアップしたいところですが、没後50年数年経って、自分の顔がネットに晒しあげられるのは、ご本人も本意ではないと思うので、非公開とします。

久々の更新なのに、与太話御免。

web新流 サラリーマン川柳

今朝のニュースバラエティー番組で今年のサラリーマン川柳入賞作品が紹介されていたが、昔に比べて悲哀が足りないと感じた。

例えば、この作品。

壁ドンを
妻にやったら
平手打ち

新婚でもなければ壁ドンに至ることすらないだろ、普通。切実じゃない。

私流に壁ドンを用いるならば??????

壁ドンは
毎夜となりの
新婚夫婦に

いかがでしょうか?

世界一アタマの回らない男

いま思い出しても恥ずかしいというか、自分の頭の回らなさに辟易するエピソードを、ふと思い出した。

もう20年近く前の話。某ミニサーキットを貸切って走行会を開いた時、そこのオーナーがハチロクに乗って颯爽と現れた。車窓を開けて私に向かってにっこり微笑むオーナー。私は駆け寄って「こんにちは。いつも雑誌で見てます」と挨拶。

それで終わり。

オーナーは、デモ走行をしてくれるつもりで、わざわざハチロクに乗って現れた。普通はそれくらい理解できる。でも、その時の私の頭は回らなかった。

そのまま帰してしまったのだ。

オーナーもバツ悪かったろうな。ラブレター渡そうと思っていた相手に痴漢冤罪をかけられたお坊ちゃんみたいに。

私はそんな人間なんです。だから、「なんなんだこいつ?」と思うようなことがあっても、悪意ではないので、怒らないでくださいね。

相変わらずスターウォーズ好きの娘

昨夜は娘と『スターウォーズEP2 クローンの攻撃』を観たのだが(何百回観直せば気が済むのか?)、オビワンの訪問を受けたジャンゴが息子のボバに「荷物をまとめろ。出発だ。」と話しかけるシーンについて、私が「悪党なのだから『出発だ。』より相応しい翻訳があるはずだよね?」と話しかけたら、娘は数秒間考えて、こう答えた。

「え?う〜ん、なんだろうな???????『出発進行!!』」

・・・。

なんかもう、娘の可愛らしさと面白さが凝縮された珍回答に、じわじわと笑いがこみ上げてきました。

私「車掌さんじゃないんだから(笑)」

娘「そっか(笑)」

そんな娘の悩みは、学校でスターウォーズの会話をする相手がいないことだそうです(笑)

ヒロミの必死さに失笑

『映っちゃった映像GP』という、ネット動画を拾い集めた番組。そのオリジナリティーの無さだけでも十分に醜悪だが、番組の構成も惨憺たるものだった。

心霊、UFO、宇宙人、未確認生物など、幼児ですら笑ってしまうような“衝撃映像”を一通り見せた後、最後は座敷わらしの出る宿のロケ。出向いたのは布川と中村昌也。離婚した男同士が座敷わらしに遭遇して幸せにあやかりたいというアングル。

そんな軽薄なお笑いコーナーの締めでは、司会のヒロミが「座敷わらしだと思ったら、実は(ピー)だったらどうするの?」という下衆なジョークを言わされていた。(ピー)の部分は、矢口真里であることは言わずもがな。

これを観て笑う人が存在するのだろうか?

笑うとしたら、テレビの第一線に復帰して、行けるところまでしがみ付いていたいヒロミの必死さだろう。

映画『スターウォーズ フォースの覚醒』

朝のニュースバラエティ番組を眺めていたら、TDLでアナ雪のイベントが開催されると報じられたのだが、それを私の隣で見ていた娘が一言。

「なんだ、スターウォーズじゃないんだ」

なんて素敵な娘なのだろうか?普通、小6の娘だったら、アナ雪に喜ぶところだろうが、娘の頭の中にはスターウォーズ最新作がディズニーで作られることがインプットされており、TDLの新イベントはもしやっ!?と思ったのだろう。

昨年暮れから流れているテレビCMの影響も大きいはず。

砂漠をスピーダーで疾走するパドメ似の若い女性は、多分、ルークかレイア姫の娘だろう。

戦闘機のパイロットは何者か?無骨で気合いが漲ってる雰囲気は、天才肌のアナキン スカイウォーカーとは趣きが違っている。コックピットはかなりタイトな作りのようなので、直後に流れるミレニアムファルコン号がTIEファイターとの交戦シーンとは無関係で、Xウィング戦闘機に搭乗しているのは間違いあるまい。オレンジ色のパイロットスーツも、いかにも旧三部作に近い雰囲気を醸し出している。

そしてCMの最後に現れる、赤いライトセーバーを持った男の後ろ姿。赤いセーバーはシスの証であるうえに、なんと山田かつて見たことがない形状のクロスタイプ。暗黒面の蘇りを感じずにはいられない。

フォースの覚醒というサブタイトルについても、いろいろと考えさせられる。

『スターウォーズ フォースの覚醒』は、今年12月公開である。待ってる間が一番楽しい。

障害者も健常者も同じ人間

24時間テレビに出てくる障害者の人って、なんで海を泳がされるような苦行を課せられるのでしょうね?

バリバラに出てくる障害者みたいに「オッパイ大好き!」なんて言うのは健常者様に認めてもらえないから?障害者は障害者らしく辛い思いをしていろって?

障害者も健常者も、同じ人間ですよ。

子どもをお持ちの方は、ぜひNHKのバリアフリー考察番組バリバラを視聴させましょう。子どもが障害者への理解(特別な存在ではなく、我々と同じ人間なのだとの理解)を深める良いきっかけになると思います。

バリバラの特別ドラマ「悪夢」を娘と一緒に視聴しましたが、娘は1時間黙って観てましたよ。私がハウス加賀屋を指して「パパはこの人に“水戸の柔道王”と言われたことがあるんだよ」と言っても、「ふ〜ん」てな感じで、ドラマに魅入ってました。

自分が勝ち組になればそれで良いやみたいな浅ましい考え方の人ばかりですが、まずは身近なところから変えて行きましょう。

藤田より青木

藤田が猪木の後継者だと思う人、います?

少なくとも、私と猪木は、そう思ってません。

猪木の後継者としての要件の一つに、セメントに強いことが確実に挙げられるはずですが、藤田は強くないですからね(インディーのレスラーたちよりは強いでしょうが)。

格闘技ファンの方々としては、PRIDEでマーク ケアーに勝った試合のインパクトが強過ぎて、藤田は強いとイメージしているのだと思いますが、その当時のケアーは、薬物依存で極度のスタミナ不足でしたし、その試合以外で目立った戦績を残していません。

アマレスで実績は残しているのでしょうがが、レスリング以外の技が皆無で、打撃に関しては攻めも守りも穴だらけ。石井慧戦ではローキックでボロボロにされましたし、万能タイプの小川とガチでやったら秒殺されますよ。

強さ以外にも、プロレスマッチにおけるドタバタ結末への対応力が低いことが挙げられます。一言で言えば大根。プロ格マッチのはずが、下手くそなプロレスやってんなぁ、ってのが一目でわかる。これは問題外。今回のタッグマッチでも、相手の小川、バーネット、パートナーのミノワマンたちを上手く回すことができなくて、凡戦に終わらせたんでしょ?本当ならば、どこかで仕掛けて、バーネットの危険な部分を引き出さないとダメなのに、何も起こさず。顔ぶれが凄いのに、粛々試合を消化しただけだった。

以上のように、藤田は猪木の後継者として力不足どころか、特に見所のないレスラーであることが分かります。

で、誰が後継者として相応しいかと言えば、昨日も書いたとおり青木真也以外は考えられない。

山本戦後の振る舞いについても、早くも偽善芸人フィフィらに批判されるなど、話題性も豊富。

格闘家としての強さと大衆を巻き込む話題性。この2点において、猪木後継者として青木真也が最右翼に位置していると言うのが自然ではないかと思う。

やっぱり塩っぱかった山本勇気

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくと挨拶するほどBlogに注力してませんが、閉鎖するつもりもないので、今後もお付き合い下さればと思います。

アクセス数は、全盛期の数十分の一にまで減りましたが、それでもコメントを寄せて下さる方々には感謝申し上げます。また、今だに悪態をついてくるアンチもいて、罵詈雑言を公開するのも気分が良いものではありませんから、コメントを承認制にさせてもらってます。どうしても私とやり合いたいのであれば、完全オープン制のTwitterの方にお願いします。でも、あれですよ。アイコンが卵のまんまでフォロワー数2人みたいな捨てアカウントは相手にしませんからね(笑)

まぁ、私のアンチなんて、その程度の輩です。

さて、2014大晦日の猪木ゲノムで実現した“リアル猪木の後継者”青木真也vs.“爆撃しない爆撃機”山本勇気について、感想を一言。

自身との対戦を迫る山本に対して青木が「う〜ん、塩っぱい」とマイクしたこと以前の2人の馴れ初めは知りませんが、昨今では珍しい因縁マッチということで注目度か高かったカード。どこの誰だかも知らないチンチクリン同士の消化試合を垂れ流ししてるだけの格闘技イベントばかりですから、ストーリー性のあるこのカードが注目されるのは当然でしょう。でも、そこから何も学ばないのが日本格闘技界のお馬鹿なところなんですよね^^;

話が少し逸れましたが、地上波放送を待たずして、Twitterのタイムラインに流れてきた動画を観ることができました。

http://t.co/BqNRIb5pQa

動画を観た感想を一言で言うと、山本はやっぱり塩っぱかった。

まず、両者リングインしてからリング中央でレフェリーから諸注意を受ける場面で、因縁マッチだけあって山本は殺気立った顔をしているが、青木が右手を差し出すとそれに応じて丁寧に握手。完全に飲まれてるやん!そこはパシーンと跳ね除けるところでしょ?拍子抜けしたわ。

で、試合は「猪木会長の技」で青木が秒殺勝利した訳だが、青木に何やら口頭でさらに小馬鹿にされた山本は怒り心頭で、リングを降りないばかりかマイクアピールを始める始末。すると、それを良しとしない大柄の男(高橋ヨシキとの情報あり)が駆け寄り、激しい口調で敗者を諭すと、なんと山本は少年のような無垢な表情になり、コクリと何度も頷いて見せた。これまた塩っぱかった。呆れた。

山本は、たまたま同じリングに上がってる同階級の大物に喧嘩を売ったは良いが、格闘家としても人としても全くそのレベルではなかったと言うことなのでしょう。

私からも一言、山本、塩っぱい。

ただ、山本が喧嘩を売ったことで因縁マッチが誕生したという事実は評価しなければならない。格闘技に限らず、失敗を恐れて何のチャレンジもできない人間ばかりの退屈な世の中で、身の程知らずではあったが、山本のような存在は貴重だと思います。

失敗を恐れるな!

山本には、今こそ猪木の詩を噛み締めて欲しい。



掻いて掻いて恥掻いて
裸になったら見えてくる。
本当の自分が見えてくる。
本当の自分も笑ってた。



山本の巻き返しに期待します。

青木がIGFに定着することにも期待します。腕折り、そして今回のグラウンドコブラ。まさに青木こそ真の猪木後継者ですから。テーマ曲と決着の着かないドタバタ劇だけ真似してるレスラーでは猪木の後を継げませんよ。

馬鹿野郎っ!!


ダース シディアスがライトセーバーを使ってシスと戦う

映画スターウォーズのスピンオフアニメ、クローンウォーズは面白い。痒いところに手が届くような面白さ。

特にシーズン5では、なんとダース シディアスが、ライトセーバーバトルを思う存分に披露してくれるシーンがあるのだ。

映画本編の中でシディアスがライトセーバーを使うのは1シーンのみ。逮捕しにやって来たジェダイ4名と戦う場面だ。そこでは、キット フィストーら3名は容易に殺害するも、暗黒面に一歩踏み込むバーパットという技の使い手であるメイス ウィンドウ相手には劣勢となり、シスの電撃すら通じず、自分側に寝返ったアナキン スカイウォーカーの手助けで何とか命拾いした情けない姿を晒してしまう訳で、決してセーバーの使い手としての強さは感じられなかった。まぁ、実際にはフィストーらを瞬殺した訳だから、ものすごく強いのは間違いないのだろうが。

そんなシディアスが、クローンウォーズの劇中で、一体誰とセーバーを交えるのだろうか?

その相手は、エピソード1でシディアスの弟子として登場したダース モールとその弟子サバージ オプレス。頭に小さな突起状のツノが何本も生えていて、全身に赤と黒の刺青が入っているシスです。

でも…?

ダース モールは、オビワンに胴を真っ二つに断ち切られて死んだはず。

ところが、何者かに助けられ(詳細は、スターウォーズの鉄人で調べてください^^;)、命は助かったものの、下半身の代わりにクモのような機械が装着され、地下で昆虫類を貪り食いながら、狂人のようになって隠遁生活を送っていたのです。

まぁ、その辺の細かいことは置いといて、その後も紆余曲折を経て、ヒューマノイドらしい機械の下半身を身に付けて、犯罪組織を配下に従えて銀河の支配に打って出た矢先、その動きに気付いたシディアスが、なんと単身乗り込んで、よくも生きていたな、元マスターの私を差し置いて銀河の支配を企てるとは何事かと制裁を加えた訳です。

モールもオプレスも、シディアスには全く歯が立たずでした。

メイス ウィンドウって、どんだけ強いんだよ?

BOOK
Archives
訪問者数

訪問者数累計(since '06)
E-Mail & twitter


当ブログ管理人へのご連絡はこちらのメールフォームからお願いします。また、メールを受信しても見逃す危険性もありますので、コメント欄かTwitter宛にメール送信した旨を書き込んで下さると助かります。


web新のプロフィール
観戦暦:30年。格闘技入賞歴:新空手K-2トーナメント、K-1モンスターチャレンジ、土浦市長杯。戦績:17試合13勝4敗9つのKO勝利。新空手史上最短KO記録保持(5秒。但し非公認)


Recent Comments
  • ライブドアブログ